audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【中華イヤホン TinHiFi C2 Mech Warrior アウトラインレビュー】透明度が高く、レンジ感も優れたスタジオチューニングライクサウンド。現状におけるTinHiFi史上最高傑作のひとつ

ヘッドライン
icon
icon icon icon
icon

TinHiFi C2 Mech Warrior

TinHiFi C2 Mech Warrior

 

免責事項
  • このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにHiFiGOから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  • これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  • 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。

 

audio-sound Score

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:9.0/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.0/10.0
  • 中域:11.0/10.0
  • 低域:9.5/10.0
  • 歪みの少なさ:9.0/10.0

 

こんな人におすすめ

  • サウンドバランス重視
  • スタジオチューニングが好き
  • 解像度重視
  • 透明度重視

 

TANGZU Wan’er S.Gの概要

「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「TinHiFi C2 Mech Warrior」です。

 

TinHiFi C2 Mech Warriorの完全なレビューはこちらにあります。

 

基本スペック
  • 再生周波数:10-20000Hz
  • インピーダンス:32Ω±15%
  • 感度:104±3dB
  • ピンタイプ:2pin 0.78mm

 

TinHiFi C2 Mech Warriorの特徴

TinHiFi C2

 

  • 全く新しいメカニカルデザイン
  • カスタム開発10mmデュアルキャビティダイナミックドライバー
  • 新開発のPU+LCPコンポジット振動板
  • CNC加工された航空グレードの6063アルミ合金製イヤーシェル
  • プロフェッショナル・チューニング・アジャストメント
  • 2ピン0.78mmコネクター

 

TinHiFi C2 Mech Warriorは、全く新しいメカニカルデザインを採用した新開発のシングルダイナミックドライバーIEMです。新開発のPU+LCPコンポジット振動板を搭載した10mmダイナミックドライバーを採用しています。世界中の様々なオーディオ愛好家からの提案に基づきチューニングされ、究極の透明感とディテールを備えた高品質サウンドを約束します。C2は、その圧倒的なパフォーマンスで、ハイレゾオーディオを楽しむあなたの欲求を満たします!

 

 

TinHiFi C2

 

ユニークなルックスと新しいメカニカルデザイン

Tin HiFi C2のシェルは、航空グレードの高品質な6063アルミニウム合金製で、全く新しいメカニカルデザインとなっています。シェルは高精度5軸CNC機械加工プロセスにより処理され、高品質のテクスチャ仕上げを実現しています。

 

TinHiFi C2

 

全く新しい10mmダイナミックドライバーによる印象的なサウンド

Tin HiFi C2は、新開発の10mmダイナミックドライバーユニットにより、卓越したサウンドパフォーマンスを実現します。このドライバーは、LCP+PU複合ダイアフラム、N52ネオジウム磁気回路、CCAW 0.035mm超軽量ボイスコイルによるダブルキャビティ設計を採用しています。C2は、理論的な分解能を持たない優れた過渡応答性を実現し、高品質な性能をバジェットプライスで提供します。

 

TinHiFi C2

 

高品質コンポジットダイアフラム

Tin HiFi C2のダイナミックドライバーには、高剛性、高内部損失、ミクロン単位の厚みを絶妙にバランスさせたコンポジットダイアフラムを採用。不要な振動を効果的に抑制し、強い弾力性を持たせています。正確な高域レスポンス、深みのある低域、クリアな中域など、C2のハイエンドなサウンドパフォーマンスをサポートします。

 

TinHiFi C2

 

プロフェッショナル・チューニング・アジャストメント

C2は、世界中のオーディオ愛好家から寄せられた提案に基づき、深く最適化されています。さまざまなジャンルの音楽を引き立てる、一貫したパフォーマンスを実現するために調整されています。Tin HiFi C2で、全く新しいプレゼンテーションであなたの音楽を体験する準備をしてください。

 

TinHiFi C2

 

取り外し可能な2ピンケーブル

Tin HiFi C2には、高品質の2ピン0.78mmケーブルが付属しています。このケーブルは3.5mmターミネーションで、ほとんどのソースと互換性があります。ケーブルの2ピンコネクター付近には凹状のメモリーフックがあり、より快適な装着感を実現しています。

 

TinHiFi C2

 

 

パッケージ

TinHiFi C2のパッケージは全体として価格の標準以上と言えます。

 

シンプルで無駄がなく、処分しやすく、比較的エコです。もっと解体しやすければもっとよかったですね。

 

パッケージ内容
  • イヤホン本体
  • イヤーチップ
  • マニュアル類

 

TinHiFi C2

TinHiFi C2

TinHiFi C2 Mech Warrior
TinHiFi C2 Mech Warrior
TinHiFi C2 Mech Warrior
TinHiFi C2 Mech Warrior

TinHiFi C2

TinHiFi C2

 

ビルドクオリティ

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

 

非常に美しく頑丈に作られており、TinHiFiの伝統的なIEMからさらに造形はレベルアップしています。本体の造形に限って言えば、$100クラス以上と言われても驚かないでしょう。Tinの技術力が急速に高まっていることがわかります。

 

TinHiFi C2
TinHiFi C2 Mech Warrior
TinHiFi C2 Mech Warrior
TinHiFi C2 Mech Warrior
TinHiFi C2 Mech Warrior
TinHiFi C2

 

装着感

装着感は良好です。

 

よく造形されていますが、わずかに耳への当たりが強いところがあります。金属シェルのため、耳当たりが固く、重さもあるため、長時間使用でわずかに負担感や痛みが出るかもしれません。

 

TinHiFi C2

TinHiFi C2 Mech Warrior
TinHiFi C2 Mech Warrior
TinHiFi C2 Mech Warrior

 

音質

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

 

TinHiFi C2はほぼ完璧にニュートラルなサウンドシグネチャーを持っています。ただし高域と低域の両方でエネルギーはやや弱いため、バランス的には中域寄りになっています。

 

TinHiFi C2 Frequency Response (RAW)

 

音質についての詳しいレビュー内容はこちらを参照して下さい。

 

TinHiFi C2

 

低域

TinHiFi C2の低域は十分に直線的かつ量的に中域とのバランスが取れており、かなりモニター的に聞こえます。

 

深さは少し物足りないですが、減衰は穏やかでそれほど不足感はありません。ただし低域好きを満足させる水準にはないでしょう。

 

バスドラムは引き締まり感は悪くないように思いますが、重みに少し欠ける印象で、ドンドンではなく、タンタンに近く聞こえます。

 

エレキベースも明るい印象になりやすく、黒さの点でわずかに物足りない可能性があります。

 

逆に言えば、見通し感があり、リズム感はわかりやすいので、少し軽快なバランスで聴きたい人には疾走感のある雰囲気が好まれるかもしれません。

 

中域

TinHiFi C2の中域はサウンドバランスにおいてほぼ完全にニュートラルであるだけでなく、非常に優れた透明度を実現しています。また全体の中でのフォーカス感もよく、解像感も高いので、詳細に聞こえます。

 

ただし、適切な装着感ではディテール感に不足が出やすく、音の輪郭やソリッド感は比較的しっかりしているのに、細やかさに不足が感じられるため、立体感が良好な割に分離感はいまいちという印象になりやすいでしょう。

 

アコースティックギターの質感は非常に自然で、音像のつながりもよく、全体的に一貫性が高いですが、色づきはやや地味です。

 

高域のエネルギーが弱いせいで明度の割に輝度も低いので、やや暗めの空間で中域にスポットが当たっているようなほの明るい印象を持つでしょう。

 

高域

TinHiFi C2の高域は十分な拡張性を備えており、低価格でありながら非常に優れていると言えます。

 

ただし、スピーカー的な定位感を意識して減衰が加えられており、しかもそのエネルギーは高域の大部分において標準量より低く設定されています。そのせいで高域のディテール感は弱く、繊細さに欠ける音になりがちで、スタジオモニターとしてはやや信頼性に乏しい傾向があります。

 

一方で高域の調整は高域に敏感な人にとってはかなりセーフティです。場合によって歯擦音だけはやや強く感じる可能性があるかもしれません。

 

音質総評
  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:S+
  • 個人的な好み:S+

 

シングルダイナミックドライバーの品質は向上しており、低価格でも非常に良質なサウンドを提供できるようになっています。少なくとも中域にこだわる場合、ダイナミックドライバーが現状で最もパフォーマンスが期待でき、コスト面でも優位にあることは間違いありません。バランスドアーマチュア型が歪みが強いことはもちろん、平面駆動型も透明度に関しては、まだダイナミックドライバーの水準に到達していないようです(例外に近いのはShuoer S12)。

www.audio-sound-premium.com

 

そのため、2022年現在のオーディオマニアは実際には最高品質の音質を聴くのに、高いお金を払う必要はありません。少なくとも中域の再現度は低価格のシングルダイナミックドライバーがハイエンドのマルチドライバーハイブリッドを圧倒しています。最近のダイナミックドライバーは中域で非常にピュアな音を実現しつつ、レンジ感の点でも不足はそれほどありません。

 

そのため、レンジや解像度を改善するためにバランスドアーマチュアドライバーを搭載することは、最終的には音を汚す原因になりやすく、細かな欠点をつぶそうとして、より大きな欠点を招く結果になります。つまり、実際には全体のパフォーマンスの悪化につながることが多いです。

 

そういうわけで、現状ではよほどうまくチューニングできないならば(あるいはBAの歪特性をうまくサウンドに織り込めないならば)、ハイブリッドを採用しないでシングルダイナミックドライバーで仕上げた方が高水準のサウンドを実現できるのです。

 

すなわち、下手に1万円以上のハイブリッド構成やバランスドアーマチュア搭載の機種を探すより、ビルドクオリティとサウンドの両面で優れたTinHiFi C2のような5000円程度のシングルダイナミックドライバーの機種を手に入れる方が現状でははるかに幸せになれる可能性が高いです。C2は耳が肥えたオーディオマニア向けに文句なくおすすめできる機種の一つです。

 

音質的な特徴

美点
  • 良好なサウンドバランス
  • スタジオチューニングライク
  • 聴き心地が良い
  • 艶やかなサウンド
  • 優れた原音忠実度
  • 優秀な解像度
  • 透明でクリアな中域
  • 中域への適切なフォーカス
  • 良好なレンジ感
  • スピーカー的な定位感

 

欠点
  • ディテールの不足
  • 輝度の不足
  • 低域は量と深みで低域マニアを満足させる水準にはないと思われる

 

 

総評

TinHiFi C2は非常に低価格で非常に優れたスタジオチューニングライクなニュートラルサウンドを提供する、現状におけるTinHiFiの最高傑作のひとつと言っていいイヤホンです。ビルドクオリティの点でもTinHiFiは格段の進歩を遂げており、総じてこの価格でここまでの製品を作れることに驚きを隠せません。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事