audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

TIN HIFI

【HiFiGOニュース】TinHiFi、第4世代DLC振動板を搭載した最新型シングルダイナミックドライバーIEM「T2 2022」を発表

Tin HiFiは、ダイナミックドライバーIEMのクラシックなT2シリーズをアップデートし、新しいT2 2022をリリースしました。T2 2022は、第4世代のDLC(ダイヤモンドライクカーボン)ダイアフラムを搭載したダイナミックドライバーをアップグレードし、音楽出力を…

TINHIFI T2 DLC:デュアル10mm DLCドライバー搭載中華イヤホン

Tin HiFiは、人気のIEMのアップグレードモデル「TINHIFI T2 DLC」を発表しました。

【ニュース】ベリリウムメッキ振動板採用のHiFi中華イヤホン「TINHIFI T1S」登場!

TinHiFiから、エントリークラスIEM「TInHiFi T1S」が発売されました。

【HiFiGOニュース】Tin HiFi P1 MAX:4つのアップグレード

本日、Tin HiFiはもう一つの新しい平面磁界型ドライバーIEM「Tin HiFi P1 Max」をリリースしました。

【特集】滑らかで低歪のハイエンド級サウンドを実現する最新平面駆動型中華イヤホンコレクション 2022

イヤホンの製造技術は日々進歩しており、とくにここ数年、素材やドライバー構造において技術革新が進んでいます。今回はその中でも独特の均質性の高いサウンドで人気のある平面駆動型ドライバーを採用したイヤホンを特集します。

【コラム】TinHiFi T5の海外レビューまとめ

TinHiFiの中華イヤホン「TinHiFi T5」の海外レビューをまとめて紹介します。

【中華イヤホン TinHiFi T3 Plus アウトラインレビュー】完璧な中域による正確無比な質感表現。スピーカーサウンドを完全に再現する前方定位感。高い解像度、超低歪。優れたビルドクオリティ。すべてが価格を超えている

非常に正確な質感表現はこの価格帯で得難いだけでなく、全イヤホンを探してもここまで中域を丁寧に作り込んでいるものは稀でしょう。またピークディップの少ない高域も非常に素晴らしく、EQで低域と高域を上げるだけでかなり完璧なモニターイヤホンになりま…

【中華イヤホン TinHiFi P1 Plus アウトラインレビュー】解像度と空気感に優れ、強調されたステージングによる開放的な広い音場が魅力。エネルギッシュで楽しいが、金属的に聞こえやすいのが難点

TinHiFi P1 Plusは中域の広さを重視してチューニングされているようです。非常にステージングの良い開放的で広大な音場表現が魅力ですが、音は少し金属質に聞こえやすい傾向があります。

【コラム】中華イヤホン Tin HiFi P1 Plusの海外レビューまとめ

TinHiFiの新作平面駆動型イヤホン「Tin HiFi P1 Plus」についての海外レビューをまとめて紹介します。

【ニュース】TinHiFi G2:大口径ドライバー搭載イントラコンカ型中華イヤホン

TinHiFiからイントラコンカ型イヤホン「TinHiFi G2」が発売されました。

【コラム】中華イヤホン Tin HiFi T3 Plusの海外レビューまとめ

人気ブランドTin HiFiの最新作「Tin HiFi T3 Plus」についての海外レビューをまとめて紹介します。

【特集】注目度の高い、中華イヤホン。今買うならこれだ!(シングルDD編)[2021年12月号]

この記事では、世界中のオーディオ情報を収集している当ブログが、今最も評価が高く、最先端で流行している中華イヤホンの中から、最新の注目機種を紹介します。

【HiFiGOニュース】Tin HiFi T3 Plus:最新型10mm LCP振動板ダイナミックドライバー搭載中華イヤホン

Tin HiFi T3 Plusは、最新の液晶ポリマー(LCP)振動板コイルを採用した片側10mmのダイナミックドライバーを搭載しています。T3 Plusは、Tin HiFiが培ってきたノウハウを活かし、ユーザーにバランスのとれたサウンド体験を提供するためにチューニングされて…

【HiFiGOニュース】Tin HiFi P1 Plus:定番の平面磁界型IEMのアップグレード版を発表

Tin HiFiは、2019年に革新的な平面磁界型イヤホン「P1」をリリースしました。これは、世界中のオーディオ愛好家のニーズを満たし、ブランドの大成功を収めました。Tin HiFiは昨年、P1の後継機種であるP2をリリースしましたが、これもHiFiオーディオコミュニ…

【ニュース】あの平面駆動型人気機種がアップグレード!「TinHiFi P1 Plus」登場

TIN HiFiは高精度な造型の金属ハウジングデザインと良質なチューニングでオーディオファンから高い支持を得ているイヤホンブランドです。TINは今回、人気の平面駆動型イヤホンである「TinHiFi P1」をアップグレードし、「TinHiFi P1 Plus」をリリースしまし…

【特集】滑らかで低歪のハイエンド級サウンドを実現する最新平面駆動型中華イヤホンコレクション 2021

イヤホンの製造技術は日々進歩しており、とくにここ数年、素材やドライバー構造において技術革新が進んでいます。今回はその中でも独特の均質性の高いサウンドで人気のある平面駆動型ドライバーを採用したイヤホンを特集します。

【特集】注目度の高い、中華イヤホン。今買うならこれだ!(シングルDD編)[2021年9月号]

この記事では、世界中のオーディオ情報を収集している当ブログが、今最も評価が高く、最先端で流行している中華イヤホンの中から、最新の注目機種を紹介します。

【HiFiGOニュース】「Tin HiFi T2 Evo」発表。クラシックT2シリーズの最新作

最新のTin T2 Evoは、OG T2、T2 Pro、T2 Plusに続く、有名なT2シリーズの4番目の製品です。このシリーズは、高品質の仕上がり、優れたアクセサリー、ハイレゾリューション・サウンド、そして手頃な価格で知られています。T2 Evoは、これらの原則をすべて踏襲…

【ニュース】人気機種の後継機「TinHiFi T2 EVO」

TinHiFiの人気機種「T2」の後継機「T2 EVO」が発売されました。HiFiGOなどで取り扱いが開始されたようです。

【ニュース】TinHiFi T5がHiFiGOで発売されました

低価格で高品質なIEMを製造していることで知られるTinHiFiの最新モデル「TinHiFi T5」がHiFiGOで取り扱い開始されたようです。

【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![Whizzer Kylin HE01/TinHiFi T4/Moondrop SSR ]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつなぎ、日本ファルコムのサウンドをレコーディング用のHATSから録音して実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は新作のWhizzer Kylin HE01と個人的に愛…

【HiFiGOレビュー】Tin HiFi P2:パッケージ内容とクイックレビュー

今月初め、Tin HiFiは、最新のインイヤーモニターのフラッグシップペアであるTin HiFi P2をリリースしました。 強力な平面磁界型ドライバーユニットを搭載した最新のフラッグシップIEMです。Tin HiFiの製品ラインナップに精通している人にはピンとくるかも知…

【HiFiGOニュース】最新の平面駆動型IEM Tin HiFi P2が注文受付中です!

平面駆動型ドライバー搭載IEM Tin HiFi P1の大成功の後、TinはTin HiFi P2を発表しました。これは、P1と同様に、ユーザーに最高の音質体験を提供する名声を博した平面磁気ドライバーを搭載した、このブランドの最新のフラッグシップ製品です。このIEMは、パ…

【中華イヤホン TinHiFi T2 Plus フラッシュレビュー】輪郭がはっきりしており、リズム感が良く、空間が風通しが良く清潔で、引き締まったキレのあるサウンドを奏でる

今回取り上げる機種はTIN HIFI T2 Plusです。TinHiFiは中国のインイヤーモニター(IEM)メーカーで、OEM/ODMを中心に製品提供をしてきましたが、2017年に独自ブランドTinHiFiを立ち上げ、そのコストパフォーマンスの良さからオーディオ愛好家の間でたちまち…

【HiFiGOガイド】予算は$500未満!!財布に優しいおすすめのオーディオ構成ガイド

今日、私たちが購入計画を練る際、オーディオ市場には私たちオーディオファンを常に混乱させるほどの多数の製品があり、また初心者のオーディオファンにとっては最初のhi-fiオーディオシステム構成を理解するのに精一杯になりがちです。市場には30〜50ドルか…

【コラム】Moondrop StarfieldとTINHiFi T4 比較まとめ。大人気中華イヤホン2機種、比較しているレビューを集めてみたよ!あなたの好みはどっち?

かっこよすぎるデザインで話題になっているMoondrop Starfield。しかもお値段も手頃で買いやすく、ぶっちゃけ欲しい気がしている今日この頃です。ほかに欲しいものがあるので、ちょっと我慢してるんですが、そのうち買う気がします。まあそういうわけで毎日S…

【HiFiGOガイド】200$以下で選ぶ、文句なくオススメできるベストな中華イヤホンTOP3

200ドル以下の価格帯は、コスパの良い機種と高級機種の境目にあたり、最も曖昧なところです。一部のメーカーはかつては400ドル以上で提供されていた技術を応用して、この価格帯で大幅なパフォーマンスの向上を実現しており、この付近は現在最も競争力のある…

【HiFiGOガイド】リーズナブルなポータブルDACとIEMの、おすすめの組み合わせをチョイスしてみたよ!

ポータブルアンプやDACを使えば、低価格なモデルのイヤホンでさえ、99%の確率で普段携帯電話で音楽を聴いている音より良い音が聞こえるでしょう。イヤホンの中にはインピーダンスがとても低く、ほとんどの音源で問題なく利用できるものもありますが、音源の…

【中華イヤホン TIN HIFI T4 レビュー】解像度重視のデジタル的サウンドで鮮やかくっきりツルツルに流れるように音楽を音像重視で楽しめます。おすすめ

高解像度で音場も広めに聴きたい人にとって、このイヤホンは価格帯では最良の選択肢の一つかも知れません。とにかく聞き苦しい感じがほとんどなく、どんな曲も流れるようなスムーズ感で聴けます。ビルドクオリティも高く、装着感もよいのでずっと音楽を聴い…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事