audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】予算は$500未満!!財布に優しいおすすめのオーディオ構成ガイド

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

f:id:kanbun:20200427103230j:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com


予算は$500未満!!財布に優しいおすすめのオーディオ構成ガイド

 今日、私たちが購入計画を練る際、オーディオ市場には私たちオーディオファンを常に混乱させるほどの多数の製品があり、また初心者のオーディオファンにとっては最初のhi-fiオーディオシステム構成を理解するのに精一杯になりがちです。市場には30〜50ドルから2000ドルまでの製品があり、50ドルと500ドルの製品には違いがあるため、どの製品が最適か、どの製品がニーズに適しているか、 初心者でも経験豊富なオーディオファンでも楽しめる500ドル未満の最高のオーディオ設定を決定する方法が求められています。そこで今回は、オーディオファンが探求を始める足がかりになる、あるいは現在の構成をアップグレードするために手に入れることができる、500ドル以下の価格帯で最高のおすすめオーディオセットアップのいくつかを紹介したいと思います。

 

 これから紹介する私たちの推奨セットアップは、組み合わせとしては2つの製品に絞っており、1つのソースになるDAPやDACと、イヤホン(IEM)で構成され、オーディオファンの仲間のために構成をできるだけシンプルに保っていることに留意して下さい。

 

Fiio BTR5 Bluetooth DAC/AMP+KB EAR Diamond

価格
 約$205(22100円相当):BTR5($124.99)+ KB Ear Diamond($79.99)

長所
 ワイヤレスBluetooth Hi-Res音質、コストパフォーマンス、BTR5のデュアル出力ポート

短所
 IEM側の高音のロールオフが少し早い

 

FiiO BTR5

FiiO BTR5

KB EAR Diamond

KB EAR Diamond

 

 3.5mmジャックがあるかどうかにかかわらず、音楽を楽しむために使用するスマートフォンをすでに持っているけれども、音質のエクスペリエンスをアップグレードしたい場合、あなたが探すべき最初のアップグレードは、Fiio BTR5を入手することです。

 FiiO BTR5は、LDAC、APTX HDなど、最新のHi-Res Bluetoothコーデックをすべて備えた非常に強力なBluetooth DAC / AMPです。BTR5は初心者のオーディオファンにとっても非常に優れたエントリー製品であり、高性能ES9218PデュアルDAC構成、3.5mmシングルエンドを含むデュアル出力ポート、2.5mmバランスポートなどの機能が搭載されています。Bluetooth 5.0接続を備えており、安定したラグのない音楽体験を提供します。 BTR5をUSB DACとしてPCに接続することもできます。

 KB EAR DiamondはBTR5と適切に組み合わさり、明瞭なサウンド出力を提供します。それは金属製の筐体と美しい外観を備えたプレミアムなビルドクオリティを持っています。 IEMには、自然で豊かなボーカルとクリスピーな楽器のディテールを備えた、素早くパンチの効いたベースがあります。両方の製品の合計費用は$204.98になっています。

 この組み合わせは約$200で、音楽鑑賞への優れた入り口を提供してくれる設備投資になります。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

ほぼ同価格の代替構成

 Bluetooth DAC / AMPが不要でスタンドアロンのDAPを探している場合は、Shanling Q1 DAPとKB Ear Diamond IEMの組み合わせでも良いでしょう。

 

Shanling Q1+KB Ear Diamond

価格
 約$200(21517円相当):BTR5($119)+ KB EAR Diamond($79.99).

長所
 ソースとしてスタンドアロンなDAP、持ち運びが簡単、優秀なコストパフォーマンス

短所
 BTR5と違い、DAPにバランスポートがない

 

Shanling Q1.

Shanling Q1.

 

 スタンドアロンのDAPを購入する場合は、KB EAR DiamondShanling Q1と組み合わせてみてはどうでしょう?

 Shanling Q1は、小型のフォームファクターを備えた、キュートな外観の強力なサウンドDAPです。 フォームファクタが小さいため、他のガジェットと一緒に持ち運ぶのが非常に簡単です。 Q1にはBTR5、ES9218Pと同じDACが搭載されており、どちらの場合も音質は似ています。Q1はスタンドアロンのソースとして機能し、スマートフォンをソースとして使用する代わりに、MicroSDに曲を保存できます。 また、Bluetooth接続を備えているため、Q1でもワイヤレスヘッドホンを使用できます。BTR5と比較したQ1の唯一の欠点は、2.5mmバランスポートを備えていないことです。

 KB EAR DiamondはShanling Q1と相性が良く、鮮明で明瞭なパワフルなサウンド出力をユーザーに提供します。

 この組み合わせの総費用は$198.99で、やはり約$200であり、趣味への設備投資としては良好です。

 

ワンポイントアドバイス

 上記のどちらの構成でも、$30ほど予算を上乗せし、代替イヤホンとしてTin Hifi T4/Moondrop StarfieldをKB Ear Diamondの代わりに選択して、より自然でバランスの取れたサウンド出力を得ることができます。

www.ear-phone-review.com

 

Hidizs AP80 Pro+Moondrop Blessing 2

価格
 約$490(52688円相当):AP80 Pro($169.99$)+Blessing 2($319.99)

長所
 非常に詳細なサウンド、スムーズなユーザーインターフェイス、AP80 Proのバランス出力ポート、比類のないサウンド出力

短所
 AP80 ProはAndroid OSでないため、ストリーミングサービスが使えない

 

Hidizs AP80 Pro

Hidizs AP80 Pro

Moondrop Blessing 2

Moondrop Blessing 2

 

 Hidizs AP80 Proは、2基のES9218P DACチップを備えたデュアルES Sabre DACチップ搭載の強力なDAPです。オール・アルミニウムCNCフレーム構造と小型フォームファクターデザインによる優れたビルドクオリティを備えています。コンパクトなフォームファクターデザインにより、このDAPは他のガジェットと一緒に持ち運ぶのが非常に簡単です。日本のALPS製ボリュームノブとSAMSUNGのIPSタッチスクリーンディスプレイを搭載し、高解像度コーデックをサポートするBluetoothを含むすべての最新機能を備えています。 このDAPの唯一の欠点は、ストリーミングサービスに対応せず、Android OSを採用していないことです。したがって、ストリーミングアプリを使用することはできず、オフラインミュージックライブラリにのみ依存しています。

 これをMoondropの優れたIEM Blessing 2と組み合わせると、は素晴らしいエクスペリエンスが生み出されます。Blessing 2は、現在$500ドル未満で入手できるIEMの最高の製品の1つです。両側に1基のダイナミックドライバーと4基のバランスドアーマチュアドライバーを備えた5ドライバーハイブリッドドライバー構成を内蔵しています。このペアは、リッチで明瞭なボーカル、深みがあり、パンチの効いたベース、卓越したディテールの再現により、比類のないサウンド出力を生成します。このイヤホンは、最高の精度でマイクロディテールを取得し、刺さりや尖りの兆候を示しません。このイヤホンは、あらゆるジャンルの音楽に適しています。 AP80 ProとBlessing 2の両方の合計価格は$489.98で、$500未満でできる最高の組み合わせの1つです。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

ワンポイントアドバイス

 Moondrop Blessing 2は、最終的な予算に応じて、Shanling Q1またはFiio BTR5のいずれかと組み合わせることができます。Blessing2は、500ドル未満で入手できる最高のイヤホンの1つなので、これをコレクションに加えることを検討しても損はないでしょう。

 

iBasso DX160 2020+Tin Hifi T4/Moondrop Starfield

価格
 $510(54653円相当):約DX160(399.99$)+ T4/Starfield(109.99$)

長所
 パワフルなDAP、オープンAndroid OS、ストリーミングアプリ、バランスのとれた自然なサウンド出力、フルHD 1080P画面

短所
 価格は$500を少し越えます

 

iBasso DX160 2020

iBasso DX160 2020

Tin Hifi T4

Tin Hifi T4

 

 iBasso DX160は、500ドル未満の価格帯で現在市場で入手可能な最高のDAPの1つです。デュアルCS43198 DACチップを搭載した高性能デュアルDAC構成を備えています。 DAPはオープンなAndroid 8.1 OSを実行でき、ユーザーはストリーミングアプリを自由に使用できます。3.5mmシングルエンドと4.4mmバランスポートを含むデュアル出力ポートを備えており、最大限の音の明瞭さを持ち、パワフルなサウンド出力を提供します。また、1080PフルHDディスプレイ、オクタコアARM CPU、32GB ROM、2GB RAMなどの最新機能もすべて備えています。

 DX160をTin T4またはMoondrop Starfieldとペアリングすると、くっきりとした透明感のある高品質のサウンドエクスペリエンスが実現します。これらのIEMは両方とも、バランスの取れた自然なサウンド出力と、深いパンチのある低域、生き生きとした豊かなボーカル、そしてディテール感のある拡張された高域を持っています。これらの組み合わせは総じて優れたサウンド出力を提供しますが、残念ながら私たちの予算を少し超えており、その価格は$509.98です。これは$500の価格範囲をわずかに$10上回ってしまいますが、ユーザーに高品質の明瞭なサウンドを提供してくれます。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

ワンポイントアドバイス

 iBasso DX160 2020とMoondrop Blessing 2を組み合わせることができます。予算は500ドルを超えていることはわかっていますが、これは究極の組み合わせであり、長期的なアップグレードは考慮しなくて良くなります。この組み合わせはまとめて$719.98かかります。

 

編集後記

 このリストが皆様の次回のお買い物でお役に立てば幸いです。今後、$1000未満のセットアップに関する推奨構成をリストアップする予定です。次回に乞うご期待。良い音楽を楽しみながらお待ち下さい。

 

  • 元記事の公開日:2020/04/26
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事