audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

30000円~50000円

【ANC搭載ワイヤレスヘッドホン BOSE Quiet Comfort 35Ⅱ レビュー】色濃く重厚な音で骨格感のある音を聞かせるBOSEサウンドを体現する。使い勝手もよい良機種

洗練されたデザインと使い勝手で人気があるBOSE Quiet Comfort 35Ⅱ(QC35Ⅱ)。装着感も良好で、ゆるくないしっかりした付け心地でありながら、ふかふかのイヤーマフが耳当たりよく、実に快適だ。 遮音性に関してはアクティブノイズキャンセリング(ANC)オフ…

【4BAドライバーイヤホン Westone W40 レビュー】パッションに満ちた温もり感、理知的でしなやかな瞬発力、ほどよく広く緻密な空間構成力。寛雅で清淑な音を奏でる秀逸モデル

細身でわかりやすい音質ではあるので、モニターライクとかよく言われる系統の音である。歯切れの悪い言い方だが、これには説明が必要だ。モニターライクという言葉を安易に使う人がいるが、私にはあまりその意味がよくわからない。モニターライクと言う言葉…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FX1100 レビュー】すでに生産終了でいつまで出回るかはわからないが、現状コスパ最強。優れた重厚感と広く調和的な空間表現。熱くソウルフルに叙情を歌うが、耳当たりよく聴き疲れしない音質。つまるところほぼ敵なし

正直このイヤホンの音質に不満はほとんどなくて、現状大満足しているが、それでも個人的にあまりよくないかなと思う曲から紹介すると、たとえば放課後ティータイム「Go Go Maniac」。この曲はかなり激しいスピード感があるので、より個々の音にシャープなエ…

【カナル型イヤホン qdc NEPTUNE レビュー】清明なる中高域。透明感の表現力は価格帯最高クラスの一級品

正直独特な音色なので、ファンタジックでうっとりするところはあるが、よい音かというと難しいところはある。個人的にこの価格帯では、たとえばJVC HA-FX1100の、あの濃厚で調和的、かつ空間表現的にも優れた表現力と比べると、演出感が強すぎると思うし、同…

【オーバーイヤーヘッドホン final SONOROUS II レビュー】フルスピーカー環境をコンパクトに再現するかのような音場。自然な広がりの中で色づく楽器音が魅力。個人的に超絶おすすめ

finalの高級ヘッドホンシリーズのエントリーモデル。しかし、エントリーモデルとはいえ、ドライバーは共通で、チューニングは上位機種よりも精度が高いと謳っている。たしかに音質は3万円台としては破格のレベルで、装着感の良さを考えても、5万円クラスと十…

【セミオープン型ヘッドホン beyerdynamic DT880 PRO レビュー】空気に溶け込む自然な音場。音楽で癒やされる空間を演出する最高のヘッドホン

これまでこの価格帯で紹介してきた中では、SENNHEISER HD599に近い音質。こちらは付け心地の良さやよりゆったりした音場表現で、クラシック音楽やJAZZ、R&B、バラードにより妙味を感じさせる。逆にダンスミュージック・クラブサウンドは勢いが削がれた妙に丸…

【カナル型イヤホン SENNHEISER IE 80S レビュー】低域調整機能は面白い。低音を最大にするとウーファー感が出る。ギミックを楽しみたい人には良い

低域調整でかなり重低音の振動感が増し、ウーファー感が出る。それと引き換えに中高域の精彩やリズム感の明敏性などが失われる印象。調節次第で自分好みの音を見つけられるというのがこの機種の最大の売りだろう。低域に振ると他のイヤホンではちょっと味わ…

【ヘッドホン SHURE SRH1440 レビュー】そう、喩えるならコイツは音のプラネタリウムだ。

一つ一つの音が綺羅星のように輝き、緻密でありながら、奥行き感がある良質な音のプラネタリウムとでも呼ぶべきヘッドホン。キンキンしてしまうところは若干あるが、明度と輪郭感の強い鮮烈といっていい音。しかも尖らず滑らかにのびて抜ける。まさに満天の…

【ヘッドホン audio-technica ATH-AD1000X レビュー】開放感のあるすっきりした音場が魅力。音場の広さをとことん体感できる

非常に開放的で広い音場と柔らかくまろやかさもそこそこある音質。全体的に耳当たりが良く、軽い装着感とも相まって家でリラックスして音楽を聴くのには最適。曲によってはややスカスカしがちなところもあるものの、どこまでも抜けていくようなシームレスな…

【ヘッドホン SENNHEISER HD599 レビュー】開放的で圧迫感がないが、スカスカせず密度も良好。一体性のある調和的でしかも広い音楽空間を彩る

同価格帯最強クラスの表現力で、全体的にバランスが良い音質で隙が無い。開放タイプでありながらスカスカしたところはなく、強いて言えば曲によって若干低域が深掘りされすぎて分離感を感じるところがかすかに出るかも知れないが、厚みはしっかりしているの…

【ハイレゾ対応イヤホン SONY XBA-N3 レビュー】濃密な空間表現が味わい深い。音が空間的に響いてくるその姿を丁寧に再現しようとしている

ソニー SONY イヤホン ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3 おすすめ度*1 ASIN B01LWT2XXX 特徴的なハウジングが独特の雰囲気を持っているSONYのカナル型イヤホン。装着感はそこそこよく、遮音性良好で音漏れ少なめ。ケーブル着脱可能だ。 【1】外…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FW01 レビュー】独特の有機的で調和的な音楽表現に唯一無二の価値を見いだせるか

JVC HA-FW01 CLASS-S WOODシリーズ カナル型イヤホン リケーブル/ハイレゾ音源対応 HA-FW01 おすすめ度*1 ASIN B01LZFVOJJ JVCの木製振動版を使ったWOODシリーズのイヤホン。独特の濃密でありながら有機的で優しい音の鳴り方が気に入っているシリーズだ。遮…

【ダイナミックヘッドセット Bowers & Wilkins P7 レビュー】ハイレゾ対応ではないが、それを感じさせない独特の濃密な表現に唸らされる

Bowers & Wilkins(バウアーズ&ウィルキンス)「P7」 P7 おすすめ度*1 ASIN B00G0HEPQM やや締め付けるヘッドバンドだが、ソフトレザーのイヤーマフが厚く柔らかいので付け心地は良好。 遮音性はそこそこ高く、音漏れは若干ある。 【1】外観・インターフェ…

【ハイレゾカナル型イヤホン audio-technica ATH-CKR100 レビュー】真実の音とは何か。高級機の表現はどこを目指すべきか。哲学的な問いを感じるイヤホン

オーディオテクニカ Sound Reality ATH-CKR100 おすすめ度*1 ASIN B01GO3IZ5S 高級機とは思えないシンプルでなめらかな外観のカナル型イヤホン。遮音性は良いが、音漏れはやや目立つ。 【1】外観・インターフェース・付属品 付属品はイヤーピースの替え、キ…

【カナル型イヤホン SONY XBA-A3 レビュー】のびやかさとメリハリを両立させ、抜けもきれいで自然。3つのドライバーがまさに渾然一体となって最高レベルの表現を形作っている

SONY カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 リモコン・マイク付 バランス接続対応 ケーブル着脱式 XBA-A3 おすすめ度*1 ASIN B00NW35A98 やや側面に出っ張るハウジングは好みを分ける装着感。少し重みを感じるかもしれない。ケーブルは着脱可能。遮音性はそれ…

【カナル型イヤホン Klipsch Image X11i Rev.1.2 レビュー】鮮やかでのびやか、きれいな高域が美しい

Klipsch Xシリーズ Image X11i Rev.1.2 KLIMXJI112 おすすめ度*1 バランスドアーマチュア式ドライバーを採用し、非常にコンパクトで軽量なイヤホン。耳にしっかり挿入されるので遮音性はそこそこ高く、音漏れはほとんどない。 【1】外観・インターフェース…