audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

30000円~50000円

【3BAイヤホン SIMGOT EK3 レビュー】透明感があり、繊細さを充分感じさせながら、全体的なトーンタッチは優しく、朗らかな音色で聴き心地が安定している。スピード感への対応も柔軟。おすすめ

スピード感のある曲から豊かなたっぷりしたメロウな曲まで比較的万能にこなせるところがあります。透明感やや強めで全体を見るとモニター的ではありますが、一方でどの音域でも一定の広がりが感じられ、抱擁感があるので、聴き心地は高度に安定しています。…

【aptX対応ワイヤレスヘッドホン Bowers & Wilkins P7 Wireless レビュー】ツヤを鮮やかに感じさせつつ、ウォームな聴き心地の安定感も大事にしている秀逸機種。おすすめ

音に適度な厚みと解像度と迫力を持たせつつ、その楽しい感じを丁寧に聴き心地よいところに落とし込んでいる機種です。音の出し方は緻密ではありませんが、ほどよく輪郭感があり、若干デジタルな印象を受けますが、調和的な温かみもあって、空気感重視に聞こ…

【ハイレゾ対応ヘッドホン JVC HA-SW01 Reレビュー】音色に有機的なしなる暖かみと重みを出して表現する、繊細かつ優美、雄渾な表現力が最大の魅力。おすすめ

基本的にパンチが強く、押し出し感は強めなので、奥行きを感じて俯瞰して聴くというよりは、演奏に近づいて包まれて聴くスタイルの出音になります。とくに没入してJAZZを楽しむというような用途にはほぼ最強クラスのパフォーマンスを発揮してくれるでしょう…

【インイヤー型イヤホン Astrotec Lyra Collection(150Ω) レビュー】自然な甘味のある中高域の艶やかさを丁寧に聴かせる良機種。Astrotecらしく出音が少し派手ではある。リケーブルできないのがつらい

リケーブルができないところがやや残念ではあるが、Astrotecらしい押し出し感のある、透明感を兼ね備えた音質は魅力。音を粒立ちよくきれいに聞かせてくれる感じがあり、華やかで艶やかである。ただインピーダンスは高めでおそらく再生にゲインを必要とする…

【モニターヘッドホン SONY MDR-M1ST レビュー】派手さを抑制し、聴き心地を意識したモニターイヤホン。奥行きはあまり強調せず、音は結構無愛想だが、前進的な音響で音楽構造を把握しやすい。おすすめ

個人的には聴いていて楽しいかって言うと、そうでもないヘッドホンです。プロ機材を使ってレビューしているわけではないので、あくまでホビー用途としてどうかという話になるのですが、DAPの違いみたいなのを研究するにはいいかもしれないけど、普段から楽し…

【ANC搭載ワイヤレスヘッドホン BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 レビュー】デザインと装着感、そして何よりノイキャン性能が素晴らしい。音質もより見通しが良い音になった。課題は通信品質。

デザインはよく、装着感も非常に満足でき、ノイキャン性能は現状最高クラスであり、DTM的ながら解像度も高い音質を持っています。ほとんど欠点のない機種ですが、通信品質だけは個人的に満足できる感じではなかったのだけが非常に惜しいところ。またここまで…

【高級イヤホン試聴レビュー HIDIZS MS4】厚みのある自然な音が低域から高域まで豊かに響いてくる良質サウンド[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

海外レビューなんかを読んだけど、結構評価分かれてる機種。まず低域は温かみがあって、結構深くまで出ているけど、地熱感があるのでクリア感はそれほどでもない。このあたりを肯定的に評価する場合は優れたベースサウンドという評価になるけど、否定的に評…

【高級イヤホン試聴レビュー Klipsch X20i】百合のような優美なフォルムに、豊かで優雅な音を備える。どんな音楽も麗しく聴かせるクリプシュサウンドの極致[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

クリプシュの音がどうして好きなのかっていうと、やっぱり音が柔らかい感じなのにボンヤリしてないってところに尽きると思います。個々の音のディテールや手がかりをあまり強調せずに全体としてゆるやかな感じで温かみを加えて聴かせてくれるので、音にしっ…

【高級イヤホン試聴レビュー radius HP-TWF41 ドブルベ ヌメロキャトル】ピエゾドライバー搭載で金属的な響きに手がかり多め。JAZZで結構盛り上げてくれるイヤホン[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

ピエゾ振動板の効果は金属的な手がかりの発色にもっとも効果を発揮していることは間違いないが、Noble Audio Khanのような明るい感じではなく、このイヤホンでは濃いめの質感で聞こえる。そのせいか、パーカッションには派手さを抑えた、落ち着いたJAZZ風の…

【高級イヤホン試聴レビュー Westone B30】Westoneらしい緻密で正確な音とウォームな音味が維持された低域モデル。中域に重心が落ち着く安定感がある[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

鮮烈な高域の音に目を奪われがちだったW30に比べると、B30の高域はマイルドで、むしろ中域の真ん中のほうに焦点が合うようになった。そのあたりはちょうど清潔感と温度感のバランスが良いところで、ほどよい解像度と密度感を味わうことができる。どちらかと…

【高級イヤホン試聴レビュー Campfire Audio IO】ぶっとい眉毛のように中高域が目立つ独特の骨太な表現力を持つ。これが意外と面白い[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

最初は中高域のインパクトにびっくりさせられて、「なんじゃこりゃ?」って思ったけど、聴き込んでみたら、むしろ楽しくてハマリました。これは個人的に「あり」です。 一番いいなって思ったのはやっぱりロックかな。ただボーカル周りの清潔感と濃厚感の出し…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FD01[ステンレスノズル] レビュー】金物のソリッド感とエッジに優れたキラキラすっきりサウンド。硬質だが繊細さに優れる。おすすめ

ステンレスノズルはとにかく金物の精彩が素晴らしい。同じように金物を強調するチタンノズルと比べてカチカチした感じがなく、さわやかな後味があるのが特徴。ノズルの中では一番明るめの色彩になることもあり、シンセなどの光沢にもツヤツヤ感がきれいに出…

【カナル型3BAドライバーイヤホン TFZ SECRET GARDEN 3 レビュー】濃いめで、明瞭感もあり、個々の音のキャラクターをはっきり出す音。ギミック付きで面白い機種ではある

音はカチカチしててちょっと人工的なところがあって好きじゃないけど、個々の音をはっきり聴かせるキャラクター性を出す聴かせ方が好きな人もいるかも知れない。個人的には同じ値段なら、qdc 3SHをおすすめするけど、これはこれで悪くないのかも知れない。

【完全ワイヤレスイヤホン Bang & Olufsen E8 2.0 レビュー】そのさわやかで見通しの良い音場は健在。高級感と機能性を増し、最大再生時間も向上。安定動作にはアプリ必須。おすすめ

今回Bang & olufsen E8 2.0を手に入れることができましたので、レビューをお届けいたします。なるべく中立的に書いたつもりですが、商品提供を受けて執筆した記事なので、本当に中立的かは自信がありません。PRレビューなんだということをあらかじめ了承して…

【完全ワイヤレスイヤホン SENNHEISER MOMENTUM True Wireless レビュー】完全ワイヤレスイヤホンとは思えない豊かな音場表現と雄大な空間表現で聴かせる。本格オーディオセットの音を完全ワイヤレスで実現した名機。ただしコスパは悪い。おすすめ

私の個人的な印象だと、AVIOT TE-D01bとかNUARL NT01AXなんか比較的なんでもいけますって感じで、オールラウンドに近い印象があるが、このMTWは結構好き嫌いが激しいところがあって、「これはすごくいい!」ってのと「おいおい、そりゃないだろ!」って落差…

【ANC搭載ワイヤレスイヤホン BOSE QuietControl 30 レビュー】音質のパワフルさ、パンチ力はさすがのBOSEサウンドでワイヤレスイヤホンではトップクラス。ただし耐久性に厳しい指摘あり

プロによるおすすめのワイヤレスイヤホンランキングでは上位常連のBOSE渾身のモデル。音質に関しては批評家を唸らせている。一方でamazonのカスタマーレビューなどでは批評家視点に比べて評価が芳しいとは言えず、耐久性に問題があるとの指摘が多く、使用感…

【ANC搭載ワイヤレスヘッドホン BOSE Quiet Comfort 35Ⅱ レビュー】色濃く重厚な音で骨格感のある音を聞かせるBOSEサウンドを体現する。使い勝手もよい良機種

洗練されたデザインと使い勝手で人気があるBOSE Quiet Comfort 35Ⅱ(QC35Ⅱ)。装着感も良好で、ゆるくないしっかりした付け心地でありながら、ふかふかのイヤーマフが耳当たりよく、実に快適だ。 遮音性に関してはアクティブノイズキャンセリング(ANC)オフ…

【4BAドライバーイヤホン Westone W40 レビュー】パッションに満ちた温もり感、理知的でしなやかな瞬発力、ほどよく広く緻密な空間構成力。寛雅で清淑な音を奏でる秀逸モデル

細身でわかりやすい音質ではあるので、モニターライクとかよく言われる系統の音である。歯切れの悪い言い方だが、これには説明が必要だ。モニターライクという言葉を安易に使う人がいるが、私にはあまりその意味がよくわからない。モニターライクと言う言葉…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FX1100 レビュー】すでに生産終了でいつまで出回るかはわからないが、現状コスパ最強。優れた重厚感と広く調和的な空間表現。熱くソウルフルに叙情を歌うが、耳当たりよく聴き疲れしない音質。つまるところほぼ敵なし

正直このイヤホンの音質に不満はほとんどなくて、現状大満足しているが、それでも個人的にあまりよくないかなと思う曲から紹介すると、たとえば放課後ティータイム「Go Go Maniac」。この曲はかなり激しいスピード感があるので、より個々の音にシャープなエ…

【カナル型イヤホン qdc NEPTUNE レビュー】清明なる中高域。透明感の表現力は価格帯最高クラスの一級品

正直独特な音色なので、ファンタジックでうっとりするところはあるが、よい音かというと難しいところはある。個人的にこの価格帯では、たとえばJVC HA-FX1100の、あの濃厚で調和的、かつ空間表現的にも優れた表現力と比べると、演出感が強すぎると思うし、同…

【オーバーイヤーヘッドホン final SONOROUS II レビュー】フルスピーカー環境をコンパクトに再現するかのような音場。自然な広がりの中で色づく楽器音が魅力。個人的に超絶おすすめ

finalの高級ヘッドホンシリーズのエントリーモデル。しかし、エントリーモデルとはいえ、ドライバーは共通で、チューニングは上位機種よりも精度が高いと謳っている。たしかに音質は3万円台としては破格のレベルで、装着感の良さを考えても、5万円クラスと十…

【セミオープン型ヘッドホン beyerdynamic DT880 PRO レビュー】空気に溶け込む自然な音場。音楽で癒やされる空間を演出する最高のヘッドホン

これまでこの価格帯で紹介してきた中では、SENNHEISER HD599に近い音質。こちらは付け心地の良さやよりゆったりした音場表現で、クラシック音楽やJAZZ、R&B、バラードにより妙味を感じさせる。逆にダンスミュージック・クラブサウンドは勢いが削がれた妙に丸…

【カナル型イヤホン SENNHEISER IE 80S レビュー】低域調整機能は面白い。低音を最大にするとウーファー感が出る。ギミックを楽しみたい人には良い

低域調整でかなり重低音の振動感が増し、ウーファー感が出る。それと引き換えに中高域の精彩やリズム感の明敏性などが失われる印象。調節次第で自分好みの音を見つけられるというのがこの機種の最大の売りだろう。低域に振ると他のイヤホンではちょっと味わ…

【ヘッドホン SHURE SRH1440 レビュー】そう、喩えるならコイツは音のプラネタリウムだ。

一つ一つの音が綺羅星のように輝き、緻密でありながら、奥行き感がある良質な音のプラネタリウムとでも呼ぶべきヘッドホン。キンキンしてしまうところは若干あるが、明度と輪郭感の強い鮮烈といっていい音。しかも尖らず滑らかにのびて抜ける。まさに満天の…

【ヘッドホン audio-technica ATH-AD1000X レビュー】開放感のあるすっきりした音場が魅力。音場の広さをとことん体感できる

非常に開放的で広い音場と柔らかくまろやかさもそこそこある音質。全体的に耳当たりが良く、軽い装着感とも相まって家でリラックスして音楽を聴くのには最適。曲によってはややスカスカしがちなところもあるものの、どこまでも抜けていくようなシームレスな…

【ヘッドホン SENNHEISER HD599 レビュー】開放的で圧迫感がないが、スカスカせず密度も良好。一体性のある調和的でしかも広い音楽空間を彩る

同価格帯最強クラスの表現力で、全体的にバランスが良い音質で隙が無い。開放タイプでありながらスカスカしたところはなく、強いて言えば曲によって若干低域が深掘りされすぎて分離感を感じるところがかすかに出るかも知れないが、厚みはしっかりしているの…

【ハイレゾ対応イヤホン SONY XBA-N3 レビュー】濃密な空間表現が味わい深い。音が空間的に響いてくるその姿を丁寧に再現しようとしている

ソニー SONY イヤホン ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3 おすすめ度*1 ASIN B01LWT2XXX 特徴的なハウジングが独特の雰囲気を持っているSONYのカナル型イヤホン。装着感はそこそこよく、遮音性良好で音漏れ少なめ。ケーブル着脱可能だ。 【1】外…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FW01 レビュー】独特の有機的で調和的な音楽表現に唯一無二の価値を見いだせるか

JVC HA-FW01 CLASS-S WOODシリーズ カナル型イヤホン リケーブル/ハイレゾ音源対応 HA-FW01 おすすめ度*1 ASIN B01LZFVOJJ JVCの木製振動版を使ったWOODシリーズのイヤホン。独特の濃密でありながら有機的で優しい音の鳴り方が気に入っているシリーズだ。遮…

【ダイナミックヘッドセット Bowers & Wilkins P7 レビュー】ハイレゾ対応ではないが、それを感じさせない独特の濃密な表現に唸らされる

Bowers & Wilkins(バウアーズ&ウィルキンス)「P7」 P7 おすすめ度*1 ASIN B00G0HEPQM やや締め付けるヘッドバンドだが、ソフトレザーのイヤーマフが厚く柔らかいので付け心地は良好。 遮音性はそこそこ高く、音漏れは若干ある。 【1】外観・インターフェ…

【ハイレゾカナル型イヤホン audio-technica ATH-CKR100 レビュー】真実の音とは何か。高級機の表現はどこを目指すべきか。哲学的な問いを感じるイヤホン

オーディオテクニカ Sound Reality ATH-CKR100 おすすめ度*1 ASIN B01GO3IZ5S 高級機とは思えないシンプルでなめらかな外観のカナル型イヤホン。遮音性は良いが、音漏れはやや目立つ。 【1】外観・インターフェース・付属品 付属品はイヤーピースの替え、キ…