audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】ヘッドホンアンプの選び方

ヘッドライン

ヘッドホンアンプの選び方

ヘッドホンアンプの選び方

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

 

ヘッドホンアンプの選び方

 ヘッドホンを適切に駆動するために、外部アンプが必要かどうかという疑問が出てきます。そういう場合、どのようなアンプを購入するのがベストなのでしょうか?ご想像の通り、その答えは必ずしも簡単ではなく、大抵の場合、さらなる疑問を引き起こします。あるヘッドホンは、本当にアンプに投資しないと機能しないのでしょうか?それはどういう意味ですか?アンプを聴かずに比較するには?

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

 一般的には、どんなソースにどんなヘッドホンを接続しても音が出ます。ヘッドホンジャックがあれば、その機器にはヘッドホンを駆動するための何らかの内部増幅機能が備わっているので安心です。もちろん、その音は最適なものとは程遠いかもしれません。

 

 再生される音楽の質は、いくつかの要素から成り立っています。

 

  • ヘッドホンの入力感度と入力インピーダンス
  • アンプの出力インピーダンス
  • アンプの種類
  • アンプの電流と電圧

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

 ヘッドホンの中には、アンプのパワーに関係なく、ほとんどのソースで使用できるように設計されているものがあります。また、オーディオファイル向けに特化したハイエンドヘッドホンの中には、適切なペアリングをしないと最高のサウンドが得られないものもあります。最高の音質を得るためには、アンプとヘッドホンのマッチングが重要です。

 

ヘッドホンの仕様

 この記事では、あなたがヘッドフォンを1台(または2台、または3台)お持ちで、それに最適なアンプをお探しの場合を想定しています。まず最初に、ヘッドホンに付属している技術仕様書を見てみましょう。どのようなアンプが必要なのかを知るには、2つの項目が鍵となります。

 

 ヘッドホンの感度とインピーダンスは関連していますが、直接の関係はありません。同じメーカーのヘッドホンでも、インピーダンスが低くて感度が高いモデルや、その逆のモデル、さらにはその中間のモデルなど、さまざまなモデルがあります。

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

ヘッドホン感度とアンプパワー

 ヘッドホンの感度は能率と同義であり、特定の電力定格での音量(デシベルで測定)の測定値です。 感度と音量は直接関係しています。 2つのヘッドホンが同じアンプパワーを受け取ると、感度の高いモデルの方が音量が大きくなります。

 

 ヘッドホンの感度測定値は、多くの場合xx dB(1kHz @ 1mW)として表示されます。 つまり、1mWの電力で1kHzのトーンを供給した場合、ヘッドホンはxxdBのサウンドを生成します。 非常に鈍感なヘッドホンは90dBの範囲にあり、敏感なヘッドホンは約105dBです。 快適な(そして安全な)リスニングレベルは60〜80dBであるため、1mWのアンプパワーで十分であるように思われます。

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

 しかし、残念ながらそれほど単純な話ではありません。音楽スタイルによって、ダイナミックレンジ(音楽の中で最も静かな音から最も大きな音までの強度の差)が異なります。クラシック音楽は一般的にポップスよりもはるかに大きなレンジ(最大20db)を持っており、これは100倍のパワーを必要とすることを意味します。

 

 そのため、最初に想定された1mWの必要アンプパワーがすぐに100mWになってしまうのです。ここで、アンプは一般的にパワーレンジの上限でより多くの歪みを発生させることを考慮します。そのため、低歪率で100mWを出力するためには、1000mW(1W)以上のアンプが必要となります。

 

ヘッドホンインピーダンス

 ヘッドホンのインピーダンスは、電子回路における「負荷」のインピーダンスと考えることができます(単位はオーム[Ω]です)。似ていますが、抵抗はDC(直流)の機能であるのに対し、インピーダンスはAC(交流)に関係します。ヘッドホンの増幅回路は交流です。

 

 ヘッドホンの一般的なインピーダンス規格は32Ω前後ですが、4〜600Ωの間で変動します。この範囲を、ホームオーディオやカーオーディオの2、4、8、16Ωの規格と比較してみてください。インピーダンスの評価は、全体的な音質の指標ではありません(一般的な考えとは異なり、高ければ高いほど良いというわけではありません)。

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

 適切な感度(±100dB)を持つ32Ω(またはそれ以下)のヘッドホンは、追加の増幅なしにほぼすべてのソースで容易に駆動できるはずです。しかし、様々なタイプのドライバー(例えば平面磁気型とダイナミック型)は、感度やインピーダンス定格では十分に把握できないほど、必要な増幅量が大きく異なる場合があります。

 

 平面磁気ドライバーのヘッドホンは、可聴周波数スペクトル全体にわたって単一のインピーダンスを持っています。逆に、ダイナミックドライバーを搭載したヘッドホンは、再生する周波数によってインピーダンスが変化します。そのため、技術仕様書に記載されている単一周波数のインピーダンス測定値は、誤解を招く恐れがあります。

 

アンプのインピーダンス

 アンプ(または「ソース」)のインピーダンスは、ヘッドホンのインピーダンスと相互に影響し合います。アンプのインピーダンス定格は、0に近いものから120Ω程度(特殊なOTL真空管アンプの場合)まで様々です。一般的には、アンプのインピーダンスは低い方が良いとされています。

 

 最適なサウンドを再生するためには、ヘッドホンとアンプのインピーダンスを適切にマッチさせる必要があります(イコールではありません)。

 

 一般的には「8分の1の法則」(ヘッドホンのインピーダンスは、アンプの出力インピーダンスの8倍以上が望ましい)がありますが、2〜3倍程度の組み合わせがうまくいく場合もあります。ヘッドホンのインピーダンスがアンプと同じか低いと、ドライバーのコントロールが悪くなり(ダンピングファクターが低い)、低音が緩くなったり、歪みが大きくなったりします。

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

ヘッドホンアンプの種類

 ヘッドホンアンプは、オーディオ信号のパワーを増加させます。これは、入力に対する出力電圧、電流、または電力の比率として定義され、ゲインによって測定されます。ゲインが1の場合はユニティーで、増幅がないとみなされます。

 

 アンプは一般的に、真空管式(xDuoo TA-03Sのような)、ソリッドステート式(SMSL VMV P1のような)、ハイブリッド式(xDuoo TA-10Rのように両方を組み合わせたもの)の3種類に分けられます。どのタイプにもメリットとデメリットがありますが、一般的には、ソリッドステートアンプの方が真空管ベースのものよりもクリーンであると考えられています。一般にソリッドステートアンプのほうが計測される歪み(望ましいものであれ、望ましくないものであれ)が低くなる傾向があります。

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

 真空、ソリッドステートの両カテゴリーには多くのサブカテゴリー(真空管-OTL、三極管など、ソリッドステート-THX、負帰還など)がありますが、それは今回の記事の範囲外です。

 

 また、アンプは用途によっても細分化されます。バッテリーやソースで駆動するモバイルアンプはポータブルとみなされ、スマホやタブレット、DAP(Hidizs DH1000のような)に接続するように設計されています。デスクトップ・アンプは、一般的に家庭用電源から電力を供給し、ポータブル・アンプよりも物理的に大きくなります(SOUNDAWARE P1のように)。アンプには、内蔵DACを含む内蔵型や、外部機器との複数の接続に対応するための入出力端子を備えたものもあります。

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

 一般的に、アンプをバランス型、アンバランス型(シングルエンド)と呼ぶことがあります。バランスとシングルエンドは、アンプ自体のトポロジーではなく、機器間(DACとアンプ、アンプとヘッドホン)の相互接続を指しているので、これは少し誤解があります。

 

 通常、アンプがバランス型と呼ばれるのは、チャンネル間でグランドを共有していない差動アンプで、入出力の接続がバランス型である場合です。完全なバランス(ディスクリート)アンプは、各チャンネルの入力から出力まで、独立した独自の重複した回路を持つ必要があります(DAART Yulong Aquila IIのように)。

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

 バランスアンプでは、出力インピーダンスが実質的に2倍になります(その結果、ダンピングファクターは1/2に減少します)。しかし、バランス出力の方がシングルエンド出力よりも大きくなることが多いです。アンプの定格出力がシングルエンド出力とバランス出力で等しい場合、そのアンプは内部で離散的にバランスをとっておらず、バランスの入出力しか備えていない可能性があります。

 

 一般的なバランス入力は、2つの3ピンXLRソケットで、シングルエンド入力は1対のRCAジャックが一般的です。バランス型デバイスの相互接続を使用する主な利点は、コモンモードノイズ除去によるグランドループノイズの除去です。

 

 バランスヘッドホン接続には、4ピンXLR、デュアル3ピンXLR、2.5mmTRRS、4.4mm Pentaconnがあります。シングルエンドのヘッドホン接続は、3.5mmまたは6.35mmのTRSが一般的です。

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

アンプの電流と電圧

 アンプは、ヘッドホンを十分に駆動するのに十分な電力を生み出すことができなければなりません。もちろん、効率的で低インピーダンスのヘッドホンであれば、これは簡単で影響も少なくなります。様々な設計のアンプにはそれぞれ異なる仕様と能力があり、中にはより厳しい負荷を駆動できないものもあります。

 

 一般的に、低インピーダンスのヘッドホンはより多くのアンプ電流を必要とし、高インピーダンスのヘッドホンはより多くのソース電圧を必要とします。小型のポータブルアンプでは、モデルによって仕様が大きく異なりますが、高い出力電圧を出すことに苦労します。

 

 

ヘッドホンアンプの選び方

 

まとめ

 ヘッドホンアンプは、感度、インピーダンス、定格出力などが大きく異なります。つまり、すべてのアンプがすべてのヘッドホンにマッチするわけではありません。特に駆動が難しいヘッドホンの場合は、適切なマッチングを見極めることが、最高品質のサウンド再生を実現する鍵となります。

 

 ヘッドホンとアンプの両方の技術仕様を読み解き、それらを比較して理論上の適切なマッチングを決定することに慣れておく必要があります。しかし、実際の経験に勝るものはありません。時には、すべてのルールを破るような素晴らしいサウンドのヘッドホンとアンプのペアリングができることもあります。

 

著者 Trav Wilson:オーディオファンまたはオーディオ狂い(Audio-Phool)?私は、魔法のような特性を持つ黄金の耳を持っているとは主張しませんし、音楽を創造する能力もありません。しかし、私は幼い頃から音楽に対して深い感謝の念を抱いており、それは長年にわたって培われてきました。また、私は紛れもなくギアヘッドであり、ライト、ボタン、メーター、スイッチ、そして特に伝統的な木、革、金属、ガラスなどの素材で作られたものが大好きです。何事にも言えることですが、これは一人の人間の意見に過ぎませんので、ありのままに受け止めてください。powerchordreviews.comを運営。

 

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上
  • HIFIGOYM20
    $20 OFF 600ドル以上
  • HIFIGOYM30
    $30 OFF 1000ドル以上
HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2021/04/27
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事