audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

ヘッドライン

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

 

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

 あなたのヘッドホン・コレクションに最適な真空管アンプを選ぶことは、ソリッドステート・アンプを選ぶよりも複雑なプロセスになります。これは、真空管アンプの種類によって大きな違いがあり、その違いが様々なヘッドホンとどのように相互作用するかという現実的な影響があるためです。

 

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

 

要するに、真空管アンプはすべて同じではなく、すべての真空管アンプですべてのヘッドホンが正常に動作するわけではありません。

 ヘッドホン用真空管アンプは、大きく分けて「フル真空管アンプ」と「ハイブリッドアンプ」の2種類に分けられます。さらに、この2種類の真空管アンプはそれぞれ細分化されています。フル真空管アンプは、出力トランスを持つものとOTL(アウトプット・トランス・レス)のものとに、その構造によって分けられます。ハイブリッドアンプは、より微妙にその実装方法で分類されます。

 

 しかし、真空管アンプの種類を詳しく説明する前に、アンプを語る上では、まずインピーダンスの概念を確認する必要があります。これは、アンプの違いを理解するための鍵となります。

 

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

 

アンプにおけるインピーダンスの重要性

 インピーダンスは、ヘッドホン(負荷インピーダンス)とオーディオソース(出力インピーダンス)の基本仕様の一つです。ヘッドホンの負荷インピーダンスの計算は、抵抗、静電容量、インダクタンスの組み合わせで構成されており、「反応負荷」と定義されているため、非常に複雑です。

 

 インピーダンスは感度とは異なります。感度(または効率)は、特定の定格電力におけるヘッドホンの音量の測定値です。

 

 インピーダンスマッチングは、ソースとヘッドホンの間の相互作用であり、高品質のヘッドホンオーディオ再生の鍵となります。ヘッドホンとソースのインピーダンス値は同じであってはならず、一般的には「8分の1の法則」が採用されています。つまり、ヘッドホンのインピーダンスはソースのインピーダンスの8倍以上でなければなりません。これを無視すると、高調波歪みやノイズの増加、ダンピングファクターの低下、低音のロールオフなどの問題が発生します。

 

 8分の1の法則は定まったものではなく、8倍よりも小さな差でも良い結果が得られますが、ソースと負荷のインピーダンスが同じでよい結果になることはなく、負荷のインピーダンスは常にソースよりもかなり大きい必要があります。

 

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

 

 

 ヘッドホンのインピーダンスによって、必要なアンプが異なります。一般的に、低インピーダンスのヘッドホン(50Ω以下)には高い電流源が必要で、逆に高インピーダンスのヘッドホンには高い電圧源が必要となります。最近のヘッドホンは、ポータブル機器に適した低電圧増幅が必要なため、一般的に32Ω以下となっています。

 

 平面磁気型のヘッドホンは、このルールを破る傾向があります。ダイナミック・ドライバーとは異なり、平面ダイナミック・ドライバー・ヘッドホンのインピーダンス・レスポンスは、すべての周波数にわたってフラットです。同じような定格の平面磁気ヘッドホンとダイナミック型ヘッドホンでは、増幅要件が全く異なることが多く、通常、平面磁気ヘッドホンは(低インピーダンスで高感度ではあるにも関わらず)堅牢な増幅を必要とし、ソリッドステートアンプによく反応します。

 

 アンプの中のトランジスタや真空管の動作電圧や電流(またはバイアス)は、設計者によって最適化されます。主に低インピーダンス負荷用、高インピーダンス負荷用、またはその両方を考慮して設計されます。ソリッドステートアンプは、一般的に出力インピーダンスが非常に低く(0に近いものも多い)、真空管アンプは設計によって出力インピーダンスが大きく変化します。

 

 あるアンプが電流制限されている場合、低インピーダンスの負荷時に十分なパワーを出すことができませんが、高インピーダンスの負荷時には十分なパワーを出すことができます。また、アンプの設計によっても、その仕様や能力は異なります。

 

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

 

フル真空管アンプ
出力トランスについて

 一般的な真空管アンプは、真空管を高電圧で動作させ、入力信号の振幅(パワー)を増大させます。真空管アンプは、1960年代後半に固体部品が登場して真空管に取って代わるまでは、どこにでもあるものでした。その理由は、回路の小型化、消費電力の低減、歪みの低減、そしてコストの低減です。

 

 真空管アンプは実質的に消滅しました。ただし、オーディオマニアにとっては別でした。

 

 前述のインピーダンスの項で述べたように、純粋な真空管増幅回路の高い出力インピーダンスは、現代のヘッドホンが呈する一般的な低インピーダンス負荷にはうまくマッチしない。効率的な電力伝送のためには、より低い出力インピーダンスが必要であり、これは回路内の出力トランスによって実現されます。

 

 出力トランスを搭載した真空管アンプの最大のメリットは、幅広いヘッドホンとの組み合わせが可能になることですが、このメリットには文字通りのコストがかかります。出力トランスは高価であり、それはアンプの価格に反映されます。また、トランスがアンプの音に影響を与えることもあります。

 

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

 

OTL(Output Transformer-Less)について

 非常に一般的な真空管ヘッドホンアンプとして、Bottlehead CrackDarkvoice 336があります。どちらもOTL真空管アンプの一例で、入力管が小さく、出力管が大きいという非常によく似た設計になっています。固有の限界があるにもかかわらず、どちらも多くのファンを持っています。おそらく、(少なくとも部分的には)その手頃な価格のために、多くの愛好家にとって純粋な真空管アンプへの入り口となっているのでしょう。

 

 OTLアンプは、非常に「真空管らしい」温かみのあるサウンドが特徴で、通常、出力インピーダンスが高い(100Ω以上の場合が多い)ことが特徴です。この出力インピーダンスの高さのために、適切なヘッドフォンの組み合わせは、インピーダンスが250Ω以上のいくつかのモデル(BeyerdynamicSennheiserZMFなどが多い)に大きく限定されます。

 

 Beyerdynamicの一部のモデルでは、ヘッドホンのインピーダンスが600Ω程度になるため、ソースのインピーダンスが120Ωでは、8分の1の法則が適用できないのは明らかです。

 

 一般的には、300ΩのゼンハイザーHD650とBottlehead Crackの組み合わせが賞賛されています。私の経験から言うと、この2つの組み合わせは素晴らしいです。HD650はソリッドステートアンプで駆動した場合とは大きく異なり、OTLアンプとの組み合わせではダイナミクスとクラリティが向上しているようです。これは、100Hz付近の誇張された周波数スパイクに、より高い電圧が必要なためと思われます。

 

 汎用性とヘッドホンの選択範囲の広さを第一に考えるならば、OTLアンプは避けるべきです。しかし、その低価格とユニークな音の品質は、真空管アンプを検討する際に、これらの欠点を見過ごすことができるかもしれません。

 

 一般的に、平面磁気型や低インピーダンス・高感度のダイナミック型ドライバーのヘッドホンのためにOTLアンプを購入するのは適切ではありません。

 

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

 

ハイブリッド真空管アンプ

 ハイブリッド真空管アンプは、電圧利得を得るための管球ステージと、ヘッドホンを駆動するためのソリッドステート出力回路を組み合わせたものです。これは非常に汎用性の高い設計で、ソリッドステートアンプの低出力インピーダンスの利点を達成することを目的としていますが、サウンドには真空管の風味が加えられています。

 

 昔から言われている「You get what you pay for(安物買いの銭失い)」という格言は、本当によく当てはまります。低品質の真空管を低電圧で電化(美観のために点灯)した安価なハイブリッドタイプのアンプがなんと多いことでしょうか。この設計の効果はわずかで、不要な歪みを増大させるだけかもしれません。場合によっては、真空管はオーディオ回路から完全に分離されており、真空管の「見た目」のためだけに搭載されていることもあります。

 

 適切に設計されたハイブリッド真空管アンプは、一般的にOTLアンプよりも大きな電流とパワーで低い出力インピーダンスを提供します。これは通常、純粋な真空管ベースのアンプよりも偶数次の高調波歪みが少なく、結果として「真空管らしい」サウンド・シグネチャーが少なくなります。これが長所であるか短所であるか、あるいは価値のある妥協点であるかどうかは、すべてリスナーの好みによります。

 

真空管アンプの音と魅力

 真空管アンプは、ソリッドステートアンプに比べて、より説得力のある空間感覚と暖かい音色を持っているとよく言われます。THX AAAソリッドステートアンプが提供する超低歪みでクリーンな増幅を可聴スペクトルの一端とすると、オール真空管アンプはその反対側に位置し、ハイブリッドはその中間に位置します。

 

 真空管アンプの測定では、ソリッドステートアンプよりも歪みが大きいのですが、愛好家たちは「ここにマジックがある」と言います。彼らは、真空管アンプの音の良さは、グラフでは十分に表現できないと言います。多くの人は、真空管アンプが作り出す偶数次の高調波が、「よりクリーンな」アンプソースよりも耳に心地良いと感じています。

 

 もちろん、真空管アンプの光りの美しさも無視できません。

 

 真空管アンプでは、真空管を同等のものに交換したり、同じ真空管を異なるメーカーのものに交換したりする「チューブローリング」を行うことで、さらにオーディオ的な調整を行うことができます。これにより、微妙な、不明確な、物理的な方法で、サウンドをリスナーの好みに合わせてEQすることができます。

 

もう迷わない!真空管アンプの選び方ガイド

 

アンプタイプのメリット・デメリット

Amplifier Type(アンプタイプ)

Benefits(利点)

Drawbacks(欠点)

出力トランス付き真空管

  • 低い出力インピーダンス - 様々なヘッドフォンのインピーダンスに対応
  • ソフトクリッピング

 

  • トランスの高額なコスト
  • トランスの音への影響
  • 真空管は壊れやすく、消耗する(10,000時間以上
  • ソフトクリッピング

 

OTL(Output Transformer-Less)

  • 最も「真空管らしい」サウンド
  • ローコストな真空管アンプ 
  • ソフトクリッピング

 

  • 高い出力インピーダンス - ヘッドホンのペアリングに非常に限定される(>250Ω)

ハイブリッド

  • 出力インピーダンスが非常に低く、ほとんどのヘッドホンに対応しています

 

  • ソリッドステートアンプは「チューブライク」なサウンドを制限する
  • 品質や利点が疑わしい安価なオプションが多い

 

ソリッドステート

  • 超低歪曲
  • 非常に低い出力インピーダンス - ほとんどのヘッドホンをサポートします。

 

  • よりクリーンでフラットなサウンド

 

 

まとめ

 多くのソリッドステートアンプとは異なり、すべての真空管アンプがすべてのヘッドホンに対応するわけではありません。ソリッドステートアンプでは、出力パワーを気にする必要がほとんどないので、ソリッドステートアンプの選択は全体的にはるかにシンプルなプロセスです。すべてのソリッドステートアンプの音が同じというわけではなく、ヘッドホンとの組み合わせの幅が広い傾向にあります。

 

 実際、OTL真空管アンプはその逆で、ペアリングの選択肢が非常に限られています。出力トランスを備えた真空管アンプは高価になる傾向があり、OTLとハイブリッドのデザインは一般的にそれよりも少し低いので、コストも重要な検討事項です。しかし、忘れてはならないのは、何もしないで何かを得ることはできないということで、超安価なソリッドステートアンプに真空管を追加しても、良いハイブリッドアンプにはなりません。

 

 よく調べて、どのようなヘッドホンと真空管アンプを組み合わせたいのかをよく考えてください。その上で、欲しい真空管アンプを購入できるかどうか、自分のニーズに合った真空管アンプを購入できるかどうか、あるいはソリッドステートアンプを購入した方が良いかどうか、経験に基づいた判断をしてください。

 

著者 Trav Wilson:オーディオファンまたはオーディオ狂い(Audio-Phool)?私は、魔法のような特性を持つ黄金の耳を持っているとは主張しませんし、音楽を創造する能力もありません。しかし、私は幼い頃から音楽に対して深い感謝の念を抱いており、それは長年にわたって培われてきました。また、私は紛れもなくギアヘッドであり、ライト、ボタン、メーター、スイッチ、そして特に伝統的な木、革、金属、ガラスなどの素材で作られたものが大好きです。何事にも言えることですが、これは一人の人間の意見に過ぎませんので、ありのままに受け止めてください。powerchordreviews.comを運営。

 

関連外部記事

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上
  • HIFIGOYM20
    $20 OFF 600ドル以上
  • HIFIGOYM30
    $30 OFF 1000ドル以上
HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2021/08/10
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事