audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOニュース】FiiO、ESS Sabre DACチップセット搭載のAndroid音楽プレーヤー「FiiO M11 Plus」を発売

ヘッドライン

FiiO M11 Plus

FiiO M11 Plus

 

 

 昨年、FiiOがAndroid Musicプレーヤー「M11 Plus」を発売した際、絶版となったAK4497*2 Dual DACチップセットを搭載し、数量限定で発売しました。発売と同時に、ESS M11 Plusも準備中であり、後日発売予定であることをブランドから伝えられました。

 

 M11 Plus LTD(AKM DAC)は発売後すぐに世界中のほとんどの店舗で在庫切れとなり、ESS仕様のモデルを待つことになりました。そして本日、ESS Sabre DACチップセットを搭載した、まったく新しいFiiO M11 Plusをお届けします。

www.ear-phone-review.com

 

 最新のM11 Plusは、2つの高性能ES9068ASデコードチップを搭載し、AKMモデルよりも優れたSNRとTHD+N定格で賞賛に値する性能向上を実現しています。MQA拡張だけでなく、USB DACモードでもMQAレンダリングが可能で、USB DACモードでもMQAをフルサポートします。

 

 これらのアップデートにより、M11 PlusはAKMバージョンと同じ価格、こちらから$749.99で購入できます。

 

FiiO M11 Plus

 

FiiO M11 Plusの特徴

  • ES9068AS*2 Dual DACチップセットをアップグレード
  • Neutrally Pure THX-AAA 78*2 Headphone Amplifierを搭載
  • S/N比を向上させ、パフォーマンスを向上
  • オクタコアSnapdragon 660 CPUによる高速性能
  • 第6世代ハニカムデザイン
  • 5.5インチベゼルレス18:9タッチスクリーンディスプレイ
  • カーボンファイバーパネルを採用した新世代のインタラクティブ・インテリジェント・ボリューム・システム
  • 自社開発第4世代FPGA+NDKフェムト秒水晶発振器による新デジタルオーディオ浄化システム(DAPS)
  • 新開発のAndroid 10 OS
  • グローバルMQA 8Xデコード対応
  • ハイレゾ対応Bluetooth 2Way(V5.0コネクティビティ)
  • バッテリー駆動時間の向上
  • 出力パワーの向上

 

FiiO M11 Plusの技術仕様

  • 出力電力(SE):≥210mW(32Ω)
  • 出力電力(Bal): ≥660mW(32Ω)
  • S/N比(SE):≥122dB
  • S/N比(Bal):≥126dB
  • RAM: 4GB
  • ROM:64GB
  • LPF:OPA927*2

 

FiiO M11 Plus

 

FiiO M11 Plus ESS Vs FiiO M11 Plus AKM(以前のモデルとの違い)

 FiiOは、M11 Plus ESSの新バリエーションでいくつかのアップデートを行いました。DACチップセットをAK4497*2からES9068AS*2に変更しただけでなく、ローパスフィルターをOPA1662*2からOPA927*2に変更し、ESS DACチップセットと一致させました。これにより、高SNRを実現し、よりクリアな音質と背景特性を実現します。また、「M11 Plus ESS」は定格出力が向上し、32Ω負荷時で最大660mWのクリーン出力を実現しています。また、バッテリー駆動時間もAKMの11.5時間からESSの14時間に向上しています。

 

DACチップをアップグレードし、高品位なパフォーマンスを実現

 FiiOは、M11 Plusに搭載されている高性能なES9068ASオーディオデコードチップを2個搭載したDACチップセットをアップグレードしました。このチップは、AKM社製DACのS/N比と歪率を上回る性能を達成するために調整されています。

 

FiiO M11 Plus

 

THXアンプモジュールによるクリーンでパワフルな出力

 FiiOは、M11 PlusのためにTHX AA-78ヘッドホンアンプモジュールを搭載しました。M11 ProやM11 PlusのAKMバージョンにも搭載されましたが、今回、最大660mW@32Ωの定格出力を実現し、より高い出力パワーを実現しています。ローパスフィルターチップは、OPA1662からOPA927に変更されました。

オクタコアSnapdragon CPUによる軽快なユーザーインターフェイス

 M11 Plus LTDで、FiiOは8コアのSoCチップSnapdragon 660を実装し、非常に滑らかでスマートフォンのようなユーザーインターフェースを提供する音楽プレーヤーを実現しました。このデバイスは、4GBのRAMを搭載し、最新のAndroid 10 OSでフル機能を提供します。

 

FiiO M11 Plus

 

カーボンファイバースライドタッチボリュームパネル

 M11 Plus LTDの革新的なスライド式タッチボリュームパネルは、コミュニティから好評を博しています。M11 Plus ESSでは、タッチパネルをカーボンファイバーでデザインし、M11 Plusの第6世代ハニカムデザインと密接にマッチするようにしました。

 

3段階のゲインモードで複数のヘッドホン接続が可能

 FiiO M11 Plusは、2.5mm、4.4mmバランス、3.5mmシングルエンドの3つのヘッドホン出力端子を搭載しています。また、4.4mm出力端子はバランスライン出力機能を搭載しています。3段階のゲインモードを搭載しており、高感度なIEMやヘッドホンをM11 Plusと簡単にペアリングすることができます。

 

FiiO M11 Plus

 

バッテリー駆動時間の向上

 FiiO M11 Plus ESSは、1回の充電で最大14時間の連続音楽再生が可能な6000mAhのバッテリーを搭載しています。QC3.0/4.0の27W急速充電に対応しています。

 

他のすべては、ユーザーが愛したM11 Plus LTDのまま

 FiiOは、オーディオ回路をESSチップセットを中心に変更しただけで、その他はオリジナルのM11 Plus LTDと同じです。ハイレゾ対応Bluetooth接続、3rd-Gen All to DSDテクノロジー、Exclusiveショートカットボタンなど、複数の機能を搭載しています。

 

 

価格と販売時期

 FiiO M11 Plusは、AKMバージョンと比較して、価格に変更はありません。詳細はこちらでご確認ください。

 

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上

 

HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2022/01/11
  • 著者:HiFiGO

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事