audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOニュース】新開発ULTスーパーリニアダイナミックドライバー搭載シングルダイナミックIEM「Moondrop Kato」リリース

ヘッドライン

Moondrop Kato

Moondrop Kato

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

 

 Moondropは、中国に拠点を置くベテランのHiFiオーディオ・インイヤーモニター・ブランドです。高品質なIEMの研究、開発、販売を専門とし、さまざまな価格帯の製品を幅広く展開しています。Moondropは、高く評価されているKanas ProとKXXSイヤホンで、シングルエントリーからミッドレベルのシングルダイナミックIEM市場を支配してきました。

 

 本日、MoondropはKXXSラインアップのアップグレード、最新のMoondrop Katoを発表しました。Moondrop Katoは、過去2年間の設計・検証・改良を経て、歪みの少ない自然な音色でパワフルかつ魅力的なサウンドを再生するULT(Ultra-Linear Technology)ダイナミック・ドライバー・ユニットを新たに開発しました。Moondrop Katoは、このULTダイナミックドライバーに第3世代のDLC(Diamond Like Carbon)複合振動板を採用し、ハイレゾ音源の新しい体験を提供します。また、新開発のMIMステンレスキャビティを採用することで、圧倒的な立体感を実現しています。Moondrop Katoは、交換可能なサウンドノズルを採用しており、2種類のイヤーノズルが同梱されています。

 

 Katoは現在、$189で予約受付中です。予約特典として、最新のLine "K "アップグレードケーブルが付いてきます。詳細はこちらをご覧ください。

 

Moondrop Kato

 

Moondrop Katoの特徴

  • 新開発のULTスーパーリニアダイナミックドライバーを搭載
  • 第3世代DLC(Diamond-Like Carbon)複合振動板
  • 交換可能なノズルデザイン
  • 第3世代の特許取得済みアンチブロッキングアコースティックフィルター
  • 新設計のスプリングシリコンイヤーチップ
  • VDSFのターゲットレスポンスに合わせたプロフェッショナルなチューニング
  • 高品質な銅製の太い銀メッキケーブルを採用
  • 金メッキを施した0.78mmの2ピンコネクター

 

Moondrop Katoの技術仕様

  • 10mm ULTダイナミックドライバー
  • 周波数応答範囲 10Hz〜45kHz(IEC, Free Field)
  • 有効周波数帯域:20Hz〜20kHz(IEC60318-4, -3dB)
  • インピーダンス 32Ω±15%(@1kHz)
  • 感度:123dB/Nrms.
  • 歪率:<0.15%以下(1kHz, AES17 20kHz, A-weighted).

 

Moondrop Kato

 

新開発ULTスーパーリニア・ダイナミック・ドライバー

 Moondrop Katoは、新開発の10mmウルトラリニアテクノロジー・スーパーリニアダイナミックドライバーユニットを採用しています。内部と外部のマグネットを組み合わせた効率的な複合磁気回路、直線的な空気循環構造に加え、大型の真鍮製音響キャビティ、極細の輸入CCAWサウンドコイル、高周波位相導波管などを採用しています。このドライバーは、2年以上の開発期間を経て、本物のサウンドパフォーマンスを実現しています。

 

第3世代DLCコンポジット振動板

 Katoの10mm ULTダイナミックドライバーには、第3世代のDLC(Diamond-Like Carbon)複合振動板コイルを採用しています。この複合振動板は、特性の異なる3つの素材で振動板の各部を形成しています。高剛性、高減衰率、超軽量を実現しています。その総合的な音響性能はベリリウム振動板をも上回ります。

 

Moondrop Kato

 

モダンで見事、立体的な外観

 Moondropは、MIMステンレススチール素材を使用したモダンなデザインのKatoをデザインしました。イヤホンシェルは、MIM粉末冶金法で鋳造されています。表面のすべての部分は、手作業による研磨で滑らかに仕上げられています。Katoの表面は、光と影を反射して立体的に見えるようになっています。

 

バランスのとれたチューニングを実現する繊細な空洞構造

 KATOのフロントアコースティックキャビティは、FEA(有限要素解析シミュレーション)でシミュレーションされたボリュームと構造をもとに設計されています。これにより、バランスの取れたチューニングプロファイルを維持し、様々なジャンルを補完するサウンドを実現しています。また、KATOのフロントキャビティは、ドライバーに搭載された高域のフェイズガイド部品と相まって、他のいわゆる特殊なチューニング部品よりも優れたものとなっています。このペアは、プロの音響エンジニアによってVDSFのターゲットレスポンスに沿ってチューニングされています。

 

Moondrop Kato

 

交換可能なイヤーノズル

 Moondrop Katoは、サウンドノズルが交換可能な設計になっています。サウンドノズルは、ネジを使ったクイックリリース構造で簡単に交換できます。Moondropでは、素材の異なる2種類のサウンドノズル(スチール製と真鍮製)を用意しました。スチール製と真鍮製では音の特性が異なるため、好みに応じて交換することができます。

 

第3世代の特許取得済み音響フィルター

 Moondrop Katoでは、全く新しい第3世代の特許取得済みアンチブロッキングフィルターをイヤーノズルに内蔵しています。油分を含んだ耳垢がフィルターを塞ぐのを防ぎ、中高音域の音をより豊かにします。

 

新開発のスプリングシリコンイヤーチップ

 Moondropでは、特殊な拡散構造により微弱な共振を抑えるスプリングシリコンイヤーチップを新たに設計しました。また、ノズルの共振による高周波の線状歪みを低減し、より自然で心地よい出力を実現しました。また、このイヤーチップを使用することで、ユーザーはより良いフィット感を得ることができます。

 

高純度のバンドルケーブル

 Moondropは、最新製品のKATOに4芯の高純度銅厚銀メッキケーブルを採用しています。このケーブルは、超低誘電率を実現する高透磁率の混合素材でコーティングされています。このケーブルは、内部抵抗が低く、スムーズな信号伝送が可能で、ユーザーにピュアなサウンドを提供します。コネクターは標準的な0.78mmの2ピンコネクターを採用しています。

 

価格と販売時期

 Moondrop Katoは、現在$189で予約受付中です。予約期間は本日から9月16日までです。予約特典として、Moondrop社製の高品質アップグレードケーブル(最新のLine "K"、3.5mm SEと2.5mm/4.4mm Balの終端オプション)を無料で提供しています。Moondrop Katoのご予約をお待ちしております。

 

 他の商品と同様に、HiFiGOでは、$500以上のご注文には、全世界送料無料のエクスプレス便をご用意しています。また、$100以上のご注文では、特定の地域への優先配送を無料で行っています。配送ポリシーについての詳細はこちらでご確認ください。

 

コメントMoondrop「なんでも世間ではベリリウム振動板というのが流行ちょるそうじゃが、うちはそれよりええヤツ使うちょります。しかも安い。名前の由来?それを聴くさあ野暮じゃ。

 

Moondrop Kato

Moondrop Kato

Pre-Order Moondrop Kato Flagship ULT Dynamic Driver In Ear Earphone

 

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上

 

HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2021/09/08
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事