audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【物欲探訪】Open Audio Mercury:Open Audio Studio「Element」シリーズの最新ハイブリッドイヤホン

ヘッドライン
icon icon
icon

OPEN AUDIO MERCURY

OPEN AUDIO MERCURY

 

 興味の赴くままにオーディオ製品を取り上げる「物欲探訪」。今回取り上げる機種は気鋭のブランド「Open Audio」から発売された、エントリーハイブリッド中華イヤホン「OPEN AUDIO MERCURY」です。

www.ear-phone-review.com

 

OPEN AUDIO MERCURYの特徴

  • 5ドライバーハイブリッド構成
  • 9.2mm PUソフトサスペンディング・ダイナミックドライバー
  • バランスドアーマチュア型ドライバー4基
  • 快適な装着感
  • 3チャンネル3周波分割

 

OPEN AUDIO MERCURYの技術仕様

  • インピーダンス:8Ω(@1kHz)
  • 歪率:<0.1%@(1kHz)
  • 感度:110dB SPL(@1mW)
  • 周波数特性:5Hz~40kHz

 

www.youtube.com

 

ハイブリッド・ドライバーによる本格的なハイレゾ体験

 Open Audio Mercuryは、9.2mm PUダイナミックドライバーとカスタムチューニングされたバランスド・アーマチュアドライバーを片側4基ずつ搭載した5ドライバー・ハイブリッド・セットアップを採用しています。これらのドライバーは、低域をダイナミックドライバー、中域をデュアルBAユニット、高域をデュアルBAユニットで生成する3ウェイの周波数クロスオーバーに配置されています。

 

豊かで生き生きとしたサウンドチューニング

 Open AudioのフラッグシップIEMであるMercuryは、自然で生き生きとしたサウンドを再生するために、プロフェッショナルなチューニングと調整が施されています。広い周波数帯域に渡って非常に明瞭な音を再現し、ボーカルの音質が際立っています。プロ仕様の3ウェイ周波数クロスオーバーにより、出力信号の歪みは極めて少なくなっています。

 

 

クイックサンド・テクノロジーによる革新的な新デザイン

 Open Audioは、革新的なクイックサンド(Quick Sand)テクノロジーによってMercury IEMの美しいシェルを作り上げました。各ユニットは複雑な工程を経て、独特の質感とエレガントな仕上がりになっています。また、膨大な耳穴のデータをもとに空洞の形状を調整し、世界中のユーザーに快適でしっかりとした装着感を提供します。

 

 

高品位な純正ケーブル

 Open Audio Mercuryには、新品の高品質ケーブルが同梱されています。ケーブルは4芯で、各芯に8本の高純度ワイヤーを使用しています。このケーブルは、サウンドパフォーマンスを最適化し、ユーザーの皆様に本物の体験をお約束します。

 

 

 

まとめ

 Open Audio Mercuryは周波数特性などを見ると、整っているようで、サウンドバランスは悪くなさそうです。デザインもよく、少し興味があるんですが、レビューがいまだに見当たらないので、どんなものかよくわかりませんね。

 

 

サウンドハウス

人気のワイヤレスイヤホン おすすめランキング

どれを選んでいいか分からない、接続の仕方がイマイチ分からないという「ワイヤレス初心者」の方々のお悩みを一気に解決!自分に合ったワイヤレスイヤホンの選び方、おすすめの製品をご紹介します。

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事