audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】美しく均整の取れた音色で大人気!「Open Audio Mercury」の海外レビューまとめ

ヘッドライン
パソコン工房GeForce RTX 3070 Ti / 3060 / 3050搭載ノート大幅値下げ!
icon icon
icon

Open Audio Mercury

Open Audio Mercury

 

日本や欧米ではあまり知られていませんが、中国大陸では大ヒットしており、評判の高い中華イヤホン「Open Audio Mercury」の海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

OpenAudio Mercuryの特徴

  • 5ドライバーハイブリッド構成
  • 9.2mmPUソフトサスペンション・ダイナミック・ドライバー
  • 4基のバランスド・アーマチュア・ドライバー
  • 全く新しいクイックサンド・プロセスによる革新的な設計
  • 高品質のケーブル
  • 高解像度の透明度と鮮明なボーカル、自然なサウンド
  • 快適な装着感
  • 3チャンネル3周波分割

 

OpenAudio Mercuryの技術仕様

  • インピーダンス:8Ω(@1kHz)
  • 歪み:<0.1%@(1kHz)
  • 感度:110dB SPL(@1mW)
  • 周波数応答:5Hz-40kHz

 

OpenAudio Mercury

 

5ドライバー・ハイブリッド構成

OpenAudioは、長年の研究の結果、フラッグシップモデルに5ドライバーハイブリッド構成を搭載しました。新開発の9.2mmPUダイナミックドライバーと、カスタムチューニングされた高性能バランスド・アーマチュアドライバー4基を搭載しています。プロ仕様の3ウェイ周波数クロスオーバーを搭載し、圧倒的なサウンドパフォーマンスを実現します。ダイナミックドライバーはスピード感のある低音域を生み出し、中音域にデュアルBAドライバー、高音域にデュアルBAドライバーを搭載しています。

 

クイックサンド・デザイン・テクノロジーによるユニークな外観

OpenAudioは、Mercury IEMの美しいイヤーシェルをアーティスティックにデザインしています。流砂のデザインにならい、一組一組のフェイスプレートに複雑でカラフルなドローイングが施されています。流砂をイメージした複雑でカラフルなドローイングを施し、美しいテクスチャーを表現しています。

 

OpenAudio Mercury

 

ハイクオリティサウンドと高音質ケーブルの組み合わせ

OpenAudio Mercuryには、新品の高品質なケーブルが同梱されています。ケーブルは4芯で、各芯に8本の高純度ワイヤーを使用しています。このケーブルは、サウンドパフォーマンスを最適化し、ユーザーの皆様に本物の体験をお約束します。

 

快適性を追求した設計

Mercuryのイヤーシェルは耳介・外耳道サンプルの質量データから深く研究し、設計されています。外耳道への圧力を軽減し、快適な装着感を実現するために、空洞と通気孔の設計を最適化しました。また、周囲の騒音からの遮断性も高めています。

 

OpenAudio Mercury

 

パッケージ

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury

 

www.youtube.com

 

world.taobao.com

 

ビルドクオリティ

Open Audio Mercury

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury

Open Audio Mercury

Open Audio Mercury

Open Audio Mercury

Open Audio Mercury

 

装着サンプル

Open Audio Mercury

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury

 

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 

テストした後、Mercuryは確かにポップボーカルを聴くために非常に優れた音質を実現していると結論付けることができます。ダイナミックドライバーとバランスドアーマチュアドライバーのハイブリッドサウンドシステムを使用して、完全かつ繊細なボーカル、衝撃的に強力な低域、高周波はまた、分析リスニングに堪える包括的な感覚をもたらすことができ、ヨーロッパとアメリカのポップス、さらに香港と台湾のアジアンポップスを聞くのが好きな人には非常に適していると言えます。また、Mercuryの仕上がりと外観は完全にその価格のポジショニングに見合っており、トップストリームに属します。

 

zhuanlan.zhihu.com

 

www.youtube.com

これまでMercuryのボーカル再現性を褒めすぎたかもしれませんが、高音域と低音域のダイナミックな解像度を項目分けして子細に分析すると、Mercuryは4,000元の価格で完璧なイヤホンではないかもしれません。Mercuryは実際には奥行き感や滑らかさなどで問題を抱えています。一部の上位クラスのイヤホンと比較すると、高域と低域の倍音が十分に繊細に表現されず、トラックの全体的な再生に偏りがあります。しかし目を引くのは、Mercuryのチューニングが5ドライバーの能力を真摯に最大限に反映し、偏りのない音を実現していることで、フラッグシップとして高い人気にふさわしいと言えます。高度なHiFiオーディオ品質を実現し、情熱的なポップス向きのサウンドで、少なくともこの価格では、Mercuryはほぼベンチマークのイヤホンと言えると思います。

 

baijiahao.baidu.com

 

 

OpenAudioが経験から学び、独自の明確な目標を持っていることは間違いありません。Mercuryは確かにこの価格帯における完璧な答えであり、個人的な好みの点でも、最も好評を博すだろうと思えるイヤホンです。この価格帯のキープすべきモデルとして個人的にプライベートモデルを1ペアを作ったほどです。ポップスのレパートリーは現在の私の主流であり、チューニングは私のリスニングトレンドと非常に合っています.........。そして流砂のモチーフの外観デザインは非常に美しいです。


www.zfrontier.com

 

www.youtube.com

 

いよいよ結論です。 手に入れた当初は主にM7で長く聴いていたので、公式で言うところの「ポップス向けフラッグシップ」だとしばらく思っていました。強調されたポップス向けの色づきを加えるサウンドチューニングは、低価格帯に多いのですが、高価格帯になると、万能性が重視されてくるためにニュートラルな表現になることが多いのではないでしょうか。

 

しかし、このMercuryは、高価格帯で最高のポップサウンドを聴かせてくれる巧妙な音作りがされており、ソロポップス好きの私に新しい選択肢を与えてくれましたし、ポップソング好きな方がここにいれば、きっとあなたも一聴しただけでその音に惚れ込むでしょう。こんなありきたりな超懐メロオヤジの私でも、その若々しい音に深く感銘を受けてしまいました。

 

手持ちの他のフロントエンド(上流機器)と組み合わせて聴いてみたのはつい最近のことですが、このイヤホンのポテンシャルは、前項で紹介したいくつかのフロントエンドにつないだときのような「ポップ」だけではないことに気づきました。このイヤホンは本当に押し出しがよく、小さなテールでも簡単にドライブでき、きちんとマッチングすれば、いわゆるニュートラルなバランスの万能サウンドも、簡単に実現することができます。

 

baijiahao.baidu.com

 

WeChatのグループチャットをときどき開いたときに、このイヤホンの話題をよく見かけます。ほとんどの友達がイヤホンについて私に尋ねるとき、「万能性」と「人気」という言葉がかなり頻繁に出てくることがわかってきました。

 

これはMercuryが人気である理由を説明するものです。Mercuryがこれほどまで継続的に話題を集め続けていること、そして、その口コミの一貫した好評価の背景は、音作りに確かなチューニングが存在していることに起因しています。

 

以前にも質問を受けましたが、市場でここまで人気を集めるイヤホンはあまりないのですが、なぜMercuryは際立っているという「錯覚」があるのでしょうか?私のレビュー記事を読んでいただければ、多かれ少なかれ答えは理解できたと思います。つまり、このイヤホンはわざとらしい音作りをしておらず、公平な心でゆったりと聞かせ、強みを感じさせてくれるものなのだと思います。

 

www.163.com

 

 

レビュー

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

 

まとめ

Open Audio Mercuryは公式には女声ボーカルポップス向きのイヤホンとして設計されています。そして、そのメーカーの主張通り、多くのレビュアーがこのイヤホンでポップスを楽しんでいることはすぐにわかると思います。しかし、何人かが指摘しているように、それは安いイヤホンのような露骨な色付けをしておらず、サウンドバランスはかなりニュートラルです。そのため、実際にはその得意ジャンルはポップスに限定されず、もっと広く万能性があります。

 

Open Audio Mercuryはどこか懐かしい、柔らかで暖かな聞き心地とニュートラルバランスがうまく調合された絶妙のブレンド具合になっていることが、こんなにも多くの人を引き付けた理由なのでしょう。

 

現在以下のamazonリンク先から購入できるMercuryは最新の2.0モデルであり、オリジナルからさらに洗練されたサウンドに調整されています。価格はかなり安くなっており、オリジナルを買うよりお得です。興味がある人は確認してみてください。

 

OpenAudio Mercury

OpenAudio Mercury 2.0

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事