audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【海外レビューまとめ】Tripowin Rhombus:1BA + 1DD ハイブリッド・パフォーマンスIEM

ヘッドライン
icon icon
icon

Tripowin Rhombus

Tripowin Rhombus

 

Tripowin Rhombusについての海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

Tripowin Rhombusの特徴

  • Knowles 33518バランスド・アーマチュア・ドライバー+10mm LCP/PUドライバー
  • ソフトウェア・エンジニアによるCNCシェル・デザイン
  • 着脱可能な高音質ケーブル
  • 正確な音響

 

Tripowin Rhombusの技術仕様

  • 感度(1KHz):105dBSPL/mW
  • オーディオインターフェイス:3.5MM
  • インピーダンス(1KHz):>24Ω
  • ドライバー:Knowles 33518バランスド・アーマチュア・ドライバー+10mm LCP/PUドライバー
Tripowin Rhombus
Tripowin Rhombus

Tripowin Rhombus

 

TRIPOWINについて 

TRIPOWINは、最新かつ最先端のドライバー技術を駆使し、驚異的なオーディオパフォーマンスを低価格で提供します。妥協のないドライバーの品質とエンジニアリングの経験に焦点を当て、国際的な賞賛を集める数々のオーディオソリューションを生み出してきました。オーディオマニアのコミュニティと密接に連携しながら、私たちは常に価格を超えた最高のサウンドを創造するために努力しています。それは、財布に負担をかけない素晴らしいオーディオです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0040/7201/3924/files/Tripowin_Rhombus-2.jpg?v=1662116596

 

プレミアムHi-Fiドライバー

Rhombusは、アメリカのKnowles 33518バランスド・アーマチュア・ドライバーと、新しい10mm LCP/PUコンポジット・ダイナミック・ドライバーを搭載しています。33518はKnowlesの最新のウルトラ・トレブル・トゥイーター・ドライバーで、極めて高いディテール再現性を容易に実現することが可能です。Tripowinの新しい10mm LCP/PUドライバーは、液晶ポリマーダイアフラム層をドームとして、ポリウレタン層をサスペンションエッジとして、複合設計で構成されています。この新しい設計により、シングルダイナミックドライバーのような音の均一性と、マルチドライバーセットアップの音色分布と特性を実現しています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0040/7201/3924/files/Tripowin_Rhombus-3.jpg?v=1662116592

 

LCP層のタイトな振動板張力により、驚くほど速く緻密な中高音域の再生を可能にし、PU層は大きな波長を遅くして低音の鳴りを大きくし、豊かな中音域を実現しています。このダブルレイヤーコンポジット振動板には、ダブルレイヤーハイテンション銅ボイスコイルもマッチングし、よりレスポンスの良いドライバーの動きを実現しています。ヘッドホンに見られる強力なN52マグネットシステムと組み合わせることで、Rhombusはスピーカーのようなダイナミクスと豊かな質感の音楽体験を生み出します。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0040/7201/3924/files/Tripowin_Rhombus-6.jpg?v=1662116593

 

正確な音響

Rhombusは、音楽の楽しさとモニターの正確さのバランスを見つけるために音響学的に設計されました。新開発のダイナミックドライバーは、驚くほどパワフルなサブバスパンチと、豊かな中音域の質感を実現します。しかし、中音は濁ったり、肥大化したりしないようにうまく調整されています。高音はKnowlesのウルトラ・トレブル・バランスド・アーマチュア・ドライバーによってよく伸びていますが、突き刺さるような周波数がなく快適です。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0040/7201/3924/files/Tripowin_Rhombus-4.jpg?v=1662116597

 

ソフトウェアエンジニアリングによるCNCシェルデザイン 

Tripowin Rhombusは、5軸のCNC機械加工プロセスで切断された航空宇宙グレードのアルミニウムで構成されています。このプロセスの精度は、すべてのユニットバッチに完全に均一な音響キャビティ彫刻を可能にし、ユニット間のチャンネルのアンバランスを低減します。ダイナミック型ドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーには、それぞれに最適な音響チャンバーを設計。各ドライバーのチャンバーは、ノズルの手前にある中央のチャンバーで結合され、音色のミキシングと不要な高調波共振を除去しています。最後にフェイスプレートは、Rhombusの名前の由来となったユニークな多面体ポリゴンデザインで構成されています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0040/7201/3924/files/Tripowin_Rhombus-5.jpg?v=1662116592

 

着脱式ケーブル 

Rhombusは、3.5mmプラグに終端する着脱可能な2ピンケーブルを採用しています。この着脱式ケーブルにより、他のケーブルと組み合わせて、Rhombusの寿命を延ばしたり、さまざまなオーディオデバイスのケーブルプラグのニーズに対応することができます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0040/7201/3924/files/Tripowin_Rhombus-7.jpg?v=1662116601

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0040/7201/3924/files/Tripowin_Rhombus-8.jpg?v=1662116602

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

この価格帯のIEMを購入する場合、ほとんどの購入者は非常に似たような考えを抱いています。そのほとんどが30~40ドルのIEMからのアップグレードであり、アップグレードを望んでいるのです。エントリーレベルのハイブリッドIEMでより良い明瞭度とバランスを求めるなら、Tripowin Rhombusで100ドル以下の最高のIEMの1つを見ていることになります。Rhombusは、マニアが座っていられるような優れた食いつきと攻撃性を提供し、楽しいことが好きな人が夢中になれるような十分な繊細さとコントラストを持ち、アップグレードを求める人を満足させてくれるでしょう。

 

Tripowin Rhombusは、初心者のための最初のアップグレードに最適です。

 

theheadphonelist.com

 

www.youtube.com

 

Tripowinは、信頼性の高い素敵なサウンドの格安IEMを作る方法を知っているにもかかわらず、Rhombusは、より標準的な経験をすることになります。しかし、その性能は完全に無難なものです。低音はそこそこ、高音はいい味を出していますが、パンチとリニアなステレオフィールドの欠如が、この価格帯の他のモデルに対してそれをバックアップする位置に追いやります。欠点はあるものの、この価格帯でRhombusは悪い選択肢ではありませんが、改善点はそこかしこにあります。

 

長所:

  • スムーズな低音
  • エネルギッシュな高音
  • デザイン
  • フィット感
  • 価格


短所:

  • リニアな音場感
  • 中音域の曇り

 

majorhifi.com

 

www.youtube.com

 

私はTripowin Rhombusとの時間を本当に楽しんでいないことを言わなくてはいけないのは申し訳なく思うところです。私は、自分が気に入ったセットだけをレビューしたいのですが、そうしないよりは、4、5日楽しめるものを聴く方がずっと好きです。しかし、私は自分が感じたことだけを言うことができ、Rhombusは私には合いませんでした。

 

コンポーネントが悪いわけではないのですが、相性が悪いというか、実装に工夫が必要な気がします。BAドライバーが音を支配し、アッパーミッドに集中することで、他のすべてを背景に追いやっているような感じです。

 

オーディオは最も主観的な体験の一つですから、このIEMを楽しむ人がいるのは間違いありません。残念ながら私はその一人ではありません。

 

english.achoreviews.com

 

www.youtube.com

 

つまり、Tripowin Rhombusは、1DD + 1BAのハイブリッド構成であるにもかかわらず、1BA IEMのようなサウンドを実現しています。バランスド・アーマチュア・ドライバーの典型的な例ですが、低音はこのIEMの得意とするところではありませんが、「ハイブリッドサウンド」の面影はあり、これは一部の人々にとっては好ましい品質かもしれません。

 

そのシェルの美しさは非常にユニークですが、Rhombusは音質だけではその価値がありません。同じ価格帯の製品で、この点ではRhombusを凌駕するものがたくさんあります。Aria Snow Edition7Hz Salnotes Zero、そして超低予算のCCA CRA+など、挙げればきりがありません。

 

Tripowinは、多くの優れた低価格の選択肢と新しいIEMブランドがこのような速いペースで出てきているため、会社が存在感を保ちたいのであれば、本当にゲームをステップアップする必要があるのです。Tripowin Leáは良かったですが、Rhombusは同じレベルの洗練さと価値をもたらしてくれません。

 

nextrift.com

 

www.youtube.com

 

サブベースは、79ドルのIEMの中に詰め込まれるには不適格であるため、たまにサブベースがキックされると、それはスリルでした.........。そう、それはとても良いもので、速く、きれいで、深みがあります。このような場合、このような弊害が発生する可能性があります。私は、Rhombusが皆のためになることを確信していないのですか?しかし、私は一介のレビュアーであり、このようなスタイルの再生は私のリストの最初にはないことを忘れないでください。それでも、ここで紹介された技術的なことに敬意を払わずにはいられません。この音には、あなたが知るべき音楽性を示し、注目させる何かがあるのです。それはまるで、自分が何もかも知っているわけではなく、授業が進行中であることに気づく登校初日のようなものです。ビルドが狂気じみてる......本当にビルドが食欲をそそります!

 

超コントラストで、超ビビッドで、ちょっと攻撃的です。このレスポンスには、最高レベルの技術力と洗練性があり、あなたを特別な喜びの旅に誘います。中音域が重要であることを忘れないでください。

 

Tripowin Rhombusはお勧めできるかって?ええ。でも、強いお酒のように、薬が一杯追加されているようなものです。そのため、私が最初に警告しなかったかのように振舞うのは勘弁してください。

 

長所:

  • 中高音域の要素を豪華に品定め
  • 価格帯をはるかに上回る、超高速で詳細な10mmDDの低音域レスポンス
  • Knowles 33518バランスド・アーマチュア・ドライバー
  • 10mm LCP/PUドライバー、デュアルテクノロジー複合特性
  • 戦車のようなビルド
  • 私がここ数年で紹介された中で最もマッチョな作りのIEM...............だったかな?
  • 5軸CNC加工による堅牢な構造
  • アグレッシブな2ピンアングルにより、ケーブルをオーバーイヤーにし、ケーブルフロップを防止
  • 中高域のディテールとアグレッシブな前進を両立させたエッジの効いたサウンド。
  • 超クールなルックス
  • 夢のようなフィット感
  • わずか5.5gの軽量化
  • アルマイト処理
  • 鮮やかな
  • コントラスト
  • タイト
  • 音像の大きさ、アクションの多さ
  • 時にスリリングでありながら、常に抑制された隠れた低音
  • 中高域が前に出るのを除き、3つの帯域すべてにおいて整然としている
  • 暖かみがありながら、説明的になるギリギリのところ......しかし、やはり暖かみがある

 

短所:

  • 中高音域を前面に押し出したスタイルで、万人向けではないかもしれない。
  • BAの音色を隠そうとせず、わずかに、しかし期待通りの音色を見せる。
  • 10mmLCP/PUドライバーとKnowles BAというシンプルな構成にお金をかけているのでしょうか?

 

www.head-fi.org

 

www.youtube.com

 

このリリースでTripowinの目標を理解することはできません。それは、より鮮明で低音のハーマンの目標を達成するために不器用な試みのように感じられますが、自然なバランスはそこにありません。


また、LCPダイナミックドライバーに大きな期待を寄せていましたが、ハイブリッドの中で最も悪い部分であり、低音と中音を隠してしまうので、私の最終的な評価に影響を与えることは確かです。

 

また、エントリークラスのKnowles BAは高音域しかカバーしておらず、少し場違いな感じがして、音色のバランスにまとまりがありません。

 

このRhombusは決して悪くはありませんし、つまらない音でもないのですが、100ドル以下のIEMのオーバーパックに加えるには、「何でも屋」のIEMとしか言いようがありません。


この価格帯のIEMならTripowin LeaやOlinaの方が良いですよ、あと10個くらいは提案できます。

 

だから、この機種は最後に検討したらどうでしょう。なぜさらに気になりますか?

 

長所:

  • オーソドックスな構造
  • キレのある高音
  • 飽きのこないバランスの良いU字型
  • 歯擦音のない無難なチューニング

 

短所:

  • パンチのない暖かい低音
  • ダークで無駄のない薄い中音域
  • 高音域がややアンバランス
  • ボーカル好きには向かない
  • 音像定位が悪い
  • 平均的な解像度
  • 輝きや自然な響きに欠ける
  • 突出したものがない

 

www.head-fi.org

 

www.youtube.com

 

レビュー

www.audio-sound-premium.com

 

まとめ

Tripowin Rhombusの特徴的で美しい外観は、基本的に好意的に受け止められているようです。しかし音質は、多くのレビュアーが指摘しているように、少々癖があるのは事実でしょう(詳しくは私のレビューへどうぞ)。

 

低域から中域にかけては比較的整ったニュートラルな音で、おそらくその点に不満を持つ人は少ないでしょうが、中域と高域のつながりがやや悪く、音楽に統一感がない印象を受ける人も多いのではないでしょうか。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事