audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【海外レビューまとめ】Yanyin Canon:4BA + 1DDハイブリッドIEM

ヘッドライン
icon icon
icon

Yanyin Canon

Yanyin Canon

 

Yanyinの大ヒットIEM、Yanyin Canonの海外レビュー記事をまとめました。

www.audio-sound-premium.com

 

www.youtube.com

 

Yanyin Canonの特徴

  • 医療用樹脂製シェル、人間工学に基づいたデザイン
  • 1ダイナミック+4バランスドアーマチュアHiFiハイブリッドイヤホン
  • 3つのチューニングスイッチ、変更可能なコロケーション
  • プロフェッショナルクロスオーバー技術
  • 高品質の単結晶銅銀メッキケーブル

 

Yanyin Canon

Yanyin Canon

 

Yanyin Canonの技術仕様

  • 駆動ユニット:1DD(生体振動板)+4BA(ノウルズ)
  • インピーダンス:8Ω
  • 感度:128db
  • 周波数応答範囲:5HZ-20KHZ
  • 遮音性:26db
  • ジャック:2pin 0.78mm/3.5mm
  • カラー:ブラック
  • ノズル:4.5mm

 

Yanyin Canon
Yanyin Canon
Yanyin Canon
Yanyin Canon

Yanyin Canon

 

医療用樹脂シェル&エルゴノミックデザイン

流砂の質感を持つ黒色の医療用樹脂シェルは手作業で作られており、イヤーシェルを軽量化するだけでなく、ユーザーに快適でしっかりとしたフィット感を提供します。ビッグデータの分析によると、イヤホンの形状は人体の耳介と合成されており、耳介にきめ細かく合わさり、より快適に装着できます。

 

Yanyin Canon
Yanyin Canon
Yanyin Canon
Yanyin Canon

 

1ダイナミック+4バランスドアーマチュアHiFiハイブリッドイヤホン

バイオダイアフラムのダイナミックドライバーは、低音のアタックとレスポンスを速く正確に保つことができます。バランスド・アーマチュアは、美しい音質、超高分解能、超高周波バランスド・アーマチュアの優れた拡張性を持ち、周波数応答範囲は22 kHzに達する。専門的なチューニングを施し、豊かで生き生きとしたサウンドをクリーンな背景に表現することできます。

 

Yanyin Canon

 

3チューニングスイッチ、変更可能なコロケーション

3つのスイッチによる独立チューニング、電子クロスオーバー技術、歪みのない高い演奏性、全周波数帯域をカバーする可変範囲を持っています。インターバル周波数帯域を独立して担当し、互いに協調し、コロケーションを変更し、スタイルを自然に切り替える。この丹念な技術がCanonにも応用され、再び価格対価格比がはじけ、様々なスタイルのレパートリーを手軽に演奏できるようになっています。

  • スイッチ1は低周波ゲインを制御
  • スイッチ2は中間周波数のゲインを制御
  • スイッチ3は超高周波ゲインを制御
  • ON方向はゲインをオンにし、デジタル方向はゲインをオフにします。
  • 各スイッチは互いに干渉することなく独立して調整できます。

 

Yanyin Canon

 

プロフェッショナル・クロスオーバー技術

Yanyin Canonでは、経験豊富な音響エンジニアが、プロのクロスオーバー技術を用いて5ドライバー構成を3ウェイ周波数分割にアレンジしています。これにより、ドライバーは低歪みレベルを維持しながら完璧に動作できるよう調整されました。良好な雰囲気と強力なインパクトを持つ低域、豊かなラインを持ち、音楽全体の結節点となる中域、優れたディテールと適度な拡張を持ち、歯擦音を適切にコントロールする高域によって、耳に近いボーカル、正確な中高周波接続を実現し、さらに複数のスイッチチャンネルの微調整により、中国、米国、日本、韓国のポピュラー音楽の鑑賞に最適化されています。

 

Yanyin Canon

 

高品質単結晶銀メッキ銅ケーブル

4本のグラファイトパウダーを使用した干渉防止用単結晶銀メッキ銅ケーブルを採用。ケーブルは比較的柔らかく、タッチノイズは目立ちません。

 

Yanyin Canon

 

パッケージ

Yanyin Canon

Yanyin Canon

Yanyin Canon

Yanyin Canon

Yanyin Canon

Yanyin Canon

 

ビルドクオリティ

Yanyin Canon
Yanyin Canon
Yanyin Canon
Yanyin Canon

Yanyin Canon

 

装着感

Yanyin Canon

Yanyin Canon
Yanyin Canon
Yanyin Canon

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 

Yanyinの中級機であるCanonは、その機能で素晴らしい価格性能比を実現していると私は考えています。Canonの良いところはたくさんあります。Yanyinのクラフトマンシップは印象的で、素材やアクセサリーの品質も同様です。

 

Canonは、その価格帯で成功し、その変更可能なプレゼンテーションで最大500ドルの競合他社と比べても際立っています。どんなソースとも相性が良く、幅広いジャンルで美しく機能するIEMを探しているなら、Canonを試してみることを強くお勧めします。

 

www.headfonia.com

 

www.youtube.com

 

全体として、私はYanyinがここで非常に魅力的なセットを開発したと思いますし、もっと注目されてもいいはずです。Mangird Tea 2とよく競合していますが、Tea 2の方が技術的なパフォーマンスと細部の再現性が高いにもかかわらず、私はCanonの方をより好みます。結局のところ、チューニングに尽きますね。純正のチューニングも良いのですが、スイッチ類のチューニングがとても良いんです。このスイッチのおかげで、低音もしっかり出るし、ボーカルも前に出るようになりました。この構成だと、Tea 2よりもずっと楽しい音になり、日常的に使うには欠点があまり気にならなくなりました。平たく言えば、より楽しいので、毎日持ち歩く可能性が高くなるのです。

 

349ドルと高価ですが、Tea 2と互角に戦えます。トレードオフの関係で、どちらかが優れたIEMであると自信を持って言えるとは思いません。低音重視で毎日使えるサウンドを求めるならYanyin Canonを、低音重視で毎日使えるサウンドを求めるならTea 2を。より詳細でより良い技術的なものを求めるのであれば、Tea 2をお勧めします。

 

長所:

  • 独自の美学
  • 確実な装着感
  • チューニングスイッチで音に大きな変化
  • メインストリームで聴くのに適した、楽しいサウンド

 


短所:

  • 平均的な音場とイメージング
  • Mangird Tea 2よりやや劣る技術的性能
  • イヤーチップやアクセサリーの種類が少ない

 

www.mmorpg.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

Yanyin Canon

 

まとめ

Yanyin Canonは、その音の完成度の高さとチューニングスイッチにより、多くのレビューが高い満足度を得ていることは間違いないでしょう。

 

Yanyin Canon

 

デザインも優れています。パッケージ内容はやや保守的で、最近のこの価格帯のイヤホンによく付属するプラグ交換式デザインのケーブルはありませんが、ケーブル自体の質は価格に見合ったものと思われます。プラグ交換可能なケーブルが必要な場合は、15ドルほど追加で支払ってQKZ Q1 MAXを購入することを検討してもいいかもしれません。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事