audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【海外レビューまとめ】SIVGA Oriole:クラシックでファッショナブルなローズウッド製密閉型HiFiヘッドホン

ヘッドライン
icon icon
icon

SIVGA Oriole

SIVGA Oriole

 

本記事では、Sivgaの最新密閉型ヘッドホン「SIVGA Oriole」のレビューを総まとめしています。

www.ear-phone-review.com

 

www.youtube.com

 

SIVGA Orioleの特徴

  • 自社開発50mmダイナミックドライバー
  • スーパーソフトメモリーフォームイヤーパッド
  • ウッドハウジング
  • 優れた金属部品と人間工学に基づいたデザイン
  • 着脱式ケーブルとバランスのとれたナチュラルサウンド

 

SIVGA Orioleの技術仕様

  • スタイル:オーバーイヤー
  • トランスデューサータイプ:ダイナミック型ドライバー
  • トランスデューサーサイズ:φ50 mm
  • 周波数応答:20Hz〜20Kz
  • 感度:108dB+/-3dB
  • インピーダンス:32Ω+/-15%
  • ケーブル長:2.0 M +/-0.2M
  • コネクター:φ3.5mm
  • 重量:280g
  • パッケージリスト:
    • Orioleヘッドホン本体:1個
    • オーディオケーブル:1本
    • 麻製キャリイングバッグ:1個
    • 3.5mm-6.35mm変換アダプター:1個

 

自社開発の50mmダイナミックドライバー

ヘッドホンのハードウェア面では、SIVGAがBluetoothヘッドホンとしては珍しい50mmドライブを採用していることが特筆されます。サイズが大きくなることで、低域の臨場感や高域の伸びなど、より広い音場をユーザーに提供することができます。SIVAG Orioleは、解像度が高く、長時間のリスニングでも疲れないバランスの良い音を作ることができます。

 

SIVGA Oriole
SIVGA Oriole

 

スーパーソフトメモリーフォームイヤーパッド

適切なヘッドセットを選択する際に、快適さは大きな関心事です。現在、多くのヘッドセットには少なくともメモリーフォームのイヤーパッドが付属しており、時間をかけて頭にフィットさせることで、よりカスタマイズされた快適な装着感を得ることができます。そのため、SIVGA Orioleはスーパーソフトメモリーフォームと肌に優しいレザーのイヤーパッドを採用しています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_55061b64-6efd-497a-be9e-d4497d5a84a5.jpg?v=1665781693

 

精緻なウッドハウジング

SIVGA Orioleのウッドハウジングは、5軸CNCマシニングで加工され、サンディング、研磨、塗装、自然乾燥など、多くの手作業工程を経て作られています。ウッドハウジングの表面には光沢のあるピアノ塗装が施されています。このヘッドホンハウジングには、安定した抜群の音質を実現し、高級楽器の第一候補とされる天然高密度ローズウッドを使用していることも特筆すべき点です。レーザー彫刻によるブランドロゴも上品で個性的です。また、ハウジングのブラケットは180度回転させることができ、密閉性が高く、快適な装着感を実現しています。

 

SIVGA Oriole
SIVGA Oriole

 

優れたメタルパーツと人間工学に基づいたデザイン

Orioleは、複数の工程を経て作られたメタルパーツを採用し、高級感のある外観と耐久性を実現しています。これらのメタルパーツは科学的かつ精巧な加工によって作られており、エレガントで高級感のある外観を実現しています。また、ヘッドバンドは軽くて快適なので、圧迫感なく装着することができます。また、ヘッドバンドには高タンパク質レザーを使用し、ソフトで繊細な仕上がりになっています。

 

着脱式ケーブルとバランスのとれたナチュラルサウンド

SIVGAの特徴は、HiFiオーディオマニアが求めるケーブルのアップグレードに対応したチェンジャブルケーブルです。この装置により、バランスのとれた自然で正確なサウンドをユーザーに提供することができます。また、Orioleは楽器の分離が良く、音場が広く、ヘッドホンのハウジングが密閉されているため、邪魔にならないのが特徴です。

 

SIVGA Oriole
SIVGA Oriole

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 

Sivgaが新しいヘッドホンを発表するときは、いつも何か良いものを期待できます。Orioleは、彼らの木製ヘッドホンのライブラリにまた一つ加わった。クローズドバックヘッドホンの中でも、Orioleは私が今まで聴いた中で最もカラフルで、魅力的な低音と高音を持っているヘッドホンです。その木製のカップは、これまでと同様によく作られており、複数時間着用すると、ぴったりとした感じです。199ドルで、Orioleほど素晴らしい木製密閉型ヘッドホンはそうそうないでしょう。

 

長所:

  • 開放的な音場感
  • 重厚なイメージ
  • エキサイティングな低音
  • 鮮明なボーカル
  • 質感のある高音 
  • 優れたクラフトマンシップ 
  • リーズナブルな価格

 

短所:

  • 中低域がスカスカ
  • イヤーカップは、耳の大きい人にはフィットしにくい 

 

majorhifi.com

 

www.youtube.com

 

Orioleで、Sivgaは再び素晴らしいビルドクオリティと潜在的な賛否両論のサウンドシグネチャを持つヘッドホンを提供します。効果的なパッシブアイソレーション、小型、軽量、高効率、回転式イヤーカップのコンボは、Orioleを通勤者やポータブルリスト向けの優れた選択肢にします。私は、Orioleの外観と感触の大ファンです。快適さは良好で、同梱のケーブルも優れています。Orioleの透明度と音場は、このカテゴリーのヘッドホンとしては傑出しています。しかし、私の耳には、Orioleが中高音域をどのように処理するかによって、その周波数が少し強調されすぎて、攻撃的になっているように感じられます。

 

長所:

  • この価格帯での印象的なビルドクオリティ
  • よくできたケーブル
  • 優れたパッシブ・アイソレーション
  • 通勤・通学に最適
  • クリアできめ細かいサウンド
  • クローズドバック型としては広い音域
  • 軽量


短所:

  • ケーブルは携帯用としてはやや長め
  • プレザーパッドは、大きな耳や頭には小さい
  • ヘッドバンドのパッドはもう少し厚みがあった方が良い
  • 中高音域の存在感は、大音量では厳しいかもしれない

 

www.headphonesty.com

 

www.youtube.com

 

一日の終わりに、Orioleのバランスの取れたプレゼンテーション、ディテール、サウンドステージ、そして明らかになるキャラクターは、199ドルで多くのことを感じさせてくれます。曲の低音域の要素を引き出して、リアルなタッチを加えるタイプのヘッドホンです。ただし、特定のソースでは中高域がほんの少しキツく聞こえるので、その点に敏感な人は慎重なコンポーネントマッチングが不可欠です。

 

とはいえ、作りの良さはピカイチで、ウッドイヤーカップは驚くほど美しく、装着感もかなり快適です。また、サウンド面でも安価なSIVGA Robinよりバランスが良く、ディテールや分離も良くなっています。その結果、Orioleは、200ドル前後で有能な(そして魅力的な)密閉型ヘッドホンの選択肢を探しているなら、チェックする価値があります。

 

長所:

  • 美しいデザイン
  • 優れたビルドクオリティ
  • 緻密で開放的なサウンド

 

短所:

  • トップは少しエッジが効きすぎていることがある

 

hifitrends.com

 

www.youtube.com

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/2_5630c00d-f96f-4828-9a65-c2405cde2c6d.jpg?v=1665781751

 

まとめ

SIVGA Orioleの作りの良さには多くの人が満足しており、ブランドの実力がここでも発揮されていることが確認できました。ただ、イヤーカップの大きさは、もしかしたら少し物足りないかもしれません。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_1a28e0f8-8ff4-452f-bf3d-39830b52b637.jpg?v=1665781766

 

音に関しては、中高域に独特の癖があることが見て取れます。また、低域の不足を感じるという指摘もあるが、総じて音場は広々としていると評価されているようです。音に関する点では「開放的」という言葉が随所に見られますね。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事