audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【特集】なぜ安いのにいい音?最新おすすめ激安中華イヤホンコレクション 2023

ヘッドライン
icon
icon icon icon
icon

なぜ安いのにいい音?最新激安中華イヤホンコレクション 2023

なぜ安いのにいい音?最新激安中華イヤホンコレクション 2023

 

中華イヤホンとは?

中華イヤホンとは中国で製造されている中国独自ブランドのイヤホンのことです。amazonなどのネット通販の拡大により、2010年ごろから流通が増え、現在では爆発的な人気を得るようになってきました。音質に対するコストパフォーマンスが優れていることで知られています。

 

5年前くらいまでは中華イヤホンというと安かろう悪かろうの製品の代名詞でしたが、ここ数年は技術的進歩も早く、さらに中華イヤホンブランドは最新技術の導入に非常に熱心なため、サウンドパフォーマンスは大幅に改善しました。現在では日本をはじめ先進国の一流ブランドに勝るとも劣らない製品が生み出されています。

 

パッケージも非常に美しいIKKO OH10

2万円前後でありながら、パッケージも非常に美しいIKKO OH10

www.ear-phone-review.com

 

割安で良い音の中華イヤホン。なぜ安い?

中華イヤホンの進歩は世界経済の動向と密接に関係しています。2000年代以降、中国は世界の工場として躍進し、オーディオ製品においても世界的な生産拠点となります。

 

主要なオーディオブランドが軒並み中国に製造拠点を構え、中国の深圳や東莞などにそうした一流ブランドのオーディオ製造施設が集まり、最先端のオーディオ関連技術が中国に集約されるようになりました。

av.watch.impress.co.jp

 

2000年代後半から2010年代にかけて、そうしたオーディオブランドで知識と経験を積んだエンジニアやデザイナーが独立したり、OEMやODMを請け負っていたメーカーが販売ノウハウに習熟して、独自ブランドを立ち上げる動きが活発化します。

 

こうした独自ブランドは当時急速に発展していたamazonやeBayといったインターネット通販流通網を活用し、中間コストを排除することで大手ブランドよりも高いコストパフォーマンスを実現しました。

 

初期の中華イヤホンはパッケージやビルドクオリティは良質とは言えませんでしたが、現在では1万円台でもきれいで豪華なパッケージを備えるようになり、ビルドクオリティも先進国の同価格帯の製品以上のものが提供されるようになっています。

 

何より、最先端の音響技術を取り入れるのが早いため、中華イヤホンは音質面でも有利です。中華イヤホンは開発から製品化のスピードも早く、モデルチェンジが早いのも特徴です。売れる商品の改良にも熱心です。

 

この記事では2023年1月時点で最新の中華イヤホンの低価格モデルを紹介します。

 

 

Truthear HOLA

Truthear HOLA

 

Truthearは最新のルーキー中華イヤホンブランドでありながら、低価格と高音質、高いパッケージとビルドのクオリティを両立させ、人気ブランドとして急速に躍進しているメーカーです。

 

その最新のエントリーモデル「HOLA」はポリウレタン懸濁液コンポジット液晶ドームダイヤフラムとn52磁石の二重キャビティ内部磁気回路ダイナミックドライバーの採用し、価格帯で高水準のサウンドを実現しています。

 

HRTF(頭部伝達関数)に基づく聴覚ニュートラルに近いサウンドバランスを実現し、線形歪みもこの価格帯ではまれなほど低く、客観的に優秀と言えるサウンドを実現しています。

 

Truthear製品の特徴である豪華なパッケージとビルドも備えており、価格を考えるとお買い得感が高いイヤホンと言えるでしょう。

 

Truthear HOLA

 

レビュー

www.audio-sound-premium.com

 

 

HZSound Heart Mirror ZERO

HZSound Heart Mirror ZERO

 

HZ Sound Heart Mirror Zeroは、人気モデルのHeart Mirrorを完全に再設計し、最適化したバージョンです。新しいチューニングプロファイルと新しいアップグレードケーブルを搭載しています。Heart Mirror ZeroはOG Heart Mirrorと同じ音響構造を持ちながら、新しいチューニングにより、インパクトのある低音域とクリーンで生き生きとした高音域のレスポンスを実現しています。10mm CNT振動板ダイナミックドライバーユニットを搭載し、解像度の高いクリアなサウンドを実現します。

 

低域の力強さ、中域の甘さ、高域の自然さを追求したチューニングが施されています。原型モデルを超える音楽性と音質を低価格で実現することを目指した製品です。搭載されている10mm径のダイナミックドライバーには、高剛性カーボンナノ振動板、高性能NdFeBマグネット、輸入CCAWボイスコイルを採用されており、価格帯で比類のないサウンドを実現します。

 

低価格でありながら高解像なサウンドを実現しているだけでなく、パッケージも価格の水準以上で、総合的な満足度の高さが期待できるため、明るいモニター的な音が好きなら、かなりおすすめできる製品と言えます。

 

HZSound Heart Mirror ZERO

 

レビュー

www.audio-sound-premium.com

 

HZSOUND Heart Mirror Zero

HZSOUND Heart Mirror Zero

 

Kiwi Ears Cadenza

Kiwi Ears Cadenza

 

Kiwi Ears Cadenzaは、音響学的にチューニングされ、現代のオーディオマニアに特徴的なバランスのとれたサウンドシグネチャーを生成します。これは、10mmベリリウムコートドライバーに合わせて3Dプリントされたカスタムデザインのハウジング構造によって達成されました。低音は、ベリリウムを使用したドライバーの特徴であるインパクトの強さとアタックの速さを維持するように調整されています。

 

低音の減衰が早いため、中音は濁りや膨張のない自然な音を保つことができます。中音はベリリウムが生み出すスピード感により、豊かでみずみずしく、驚くほどきめ細かいサウンドを実現します。高音域のレスポンスは、ハーマン基準のスタイルを反映しており、自然なカーブで疲れを感じさせず、それでいてミクロのディテールに富んだ、空気感あふれるサウンドを実現しています。

 

十分に深みのある低域となめらかで耳当たりの良い高域、そしてメロウで艶やかに聞こえる中域を備えたサウンドバランスの良いイヤホンを探しているなら、Cadenzaは見逃せない一品と言えるでしょう。

 

Kiwi Ears Cadenza

 

レビュー

www.audio-sound-premium.com

 

 

TANGZU Wan’er S.G

TANGZU Wan'er S.G

 

Wan’er S.Gは、TANGZU Audioの全く新しいシングルダイナミックドライバー方式のインイヤーモニターです。10mmPET振動板ダイナミックドライバーユニットを搭載し、HiFiクオリティの性能を誇ります。軽量で快適な人間工学に基づいたイヤーシェルを採用し、デザイナーがプリントしたフェイスカバーを装着しています。Waner SGは、そのプロフェッショナルなチューニング調整で高品質のパフォーマンスをわずかな投資であなたにもたらします。

 

TANGZU Audioは、最新のWANER SGに高性能ダイナミックドライバー構成を採用しました。高音質PET振動板コイルを採用した10mm径の大型ダイナミックドライバーを左右に1基ずつ搭載しています。このドライバーは、ハイパワーN52磁気アーキテクチャの恩恵を受けています。広い周波数帯域に渡り、スムーズでフルボディーなサウンドを実現します。

 

TANGZU Wan’er S.Gは優れたオーディオスペックと耳当たりの良い濃厚なリッチサウンドを備えたイヤホンです。ビルドクオリティやパッケージクオリティも低価格とは思えないほど充実しており、総じて支払った値段以上の満足感を与えてくれるでしょう。

 

TANGZU Wan'er S.G

 

レビュー

www.audio-sound-premium.com

 

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事