audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】イヤーピースって本当に効果あるの?

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

f:id:kanbun:20200314170656j:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

イヤーピースって本当に効果あるの?

 通常、インイヤーモニター(IEM)のパッケージには、ポケットいっぱいのイヤーピースが付属しています。しかし、さまざまなイヤーピースを提供するアフターサービスブランドはさらにたくさんあります。イヤホンからの音質出力に関して、これらのイヤーピースはどれほど効果的に機能するのでしょうか、あるいは、イヤーピースが実際に音質を変化させるというのは単なる神話なんでしょうか。さまざまなインイヤーモニターがありますが、それを楽しむことが出来るのは快適にフィットし、適切なレベルの遮音性とイヤーピースのローリングが役立つ場合だけです。イヤホンの付属品として、あるいはアフターサービスとして別途購入して選択できるさまざまな種類のイヤーピースが用意されています。イヤーピースローリングとは、さまざまなイヤーピースを変更するという意味です。自然なサウンド出力を提供する通常のシリコンイヤーピースのように、イヤーピースのペアが実際にイヤホンの音質出力に影響を与えるというのは神話ではありません。

 

標準添付のイヤーピース 

 購入するのがどのレベルのインイヤーモニターであるか、たとえばエントリークラスであるか、ミッドレンジであるか、ハイエンドかは重要ではありません。一般的に、IEMのパッケージには2種類のイヤーピース、シリコンイヤーピースとフォームイヤーピースがあります。シリコンイヤーピースは最も一般的なタイプのイヤーピースで、10ドルのイヤホンであれ1000ドルのイヤホンであれ、どちらを購入しても、常に付属しています。改良されているアフターサービスのイヤーピースのほとんどもシリコン素材で作られています。購入したパッケージにはたくさんのシリコンイヤーピースが入っているかもしれませんが、フォームチップに関しては、通常はパッケージ内に1種類または2種類のペアが入っているにすぎません。

 

シリコンイヤーピース

 シリコン製のイヤーピースは、最も一般的なタイプのイヤーピースで、通常、インイヤーモニターに最初からバンドルされています。 標準的には、2つの最も一般的なタイプのシリコンイヤーピースがあります。

 

シングルフランジ

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_68d0c3e2-ffb0-441c-b328-481a2380ad5b_1024x1024.jpg?v=1584117312

  名前が示唆するように、単一レベルのシールを備えたシリコンイヤーピースは、シングルフランジイヤーピースとして知られています。シングルフランジタイプは最も一般的なタイプのシリコンイヤーピースであり、イヤホンから最も自然な音を出力すると同時に、シリコン素材と快適なフィット感で汗や皮脂に対する耐性を提供します。シングルフランジは、ノイズ分離においては平均的なレベルを提供します。 口径の広い開口部など、さまざまなタイプのシングルフランジイヤーチップがあります。

 

ダブルフランジ

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/5_89b46cb2-04de-47a2-a2e3-421913fbe322_1024x1024.jpg?v=1584117339

 ダブルフランジタイプのイヤーチップは、いくつかのペアのインイヤーモニターのみにバンドルされているくらいで、付属していることは非常にまれです。これらのイヤーチップには2レベルのシリコンシールが付いており、外耳道の奥まで入り込み、鼓膜付近で音を忠実に再現します。ダブルフランジイヤーピースは、シングルフランジチップのような自然なサウンド出力を提供しながら、より良いノイズ分離を提供するように設計されています。イヤーピースは耳から簡単に脱落しませんが、イヤーピースが耳深くまで届くため、そのフィット感は万人に快適とはいえない可能性があります。このタイプは通常パッケージに含まれていることはないため、アフターサービス市場で購入する必要があります。

 

 トリプルレベルのフランジイヤーピースもありますが、非常にまれで、あまり使用されていないことに注意してください。

 

メモリーフォームタイプ

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_ee16b757-8016-420b-a0c3-b6dbe7f15e1f_1024x1024.jpg?v=1584117365

 メモリーフォームイヤーピースは、シリコンイヤーピースに比べてパンチの効いた低音レスポンスとゆるやかな高音部を提供しますが、これはあまり快適でないフィット感、ロールオフされた高音レスポンス、より狭いサウンドステージといった代償をもたらします。音の出力はシリコン製のイヤーピースに比べてバランスが取れており、適切にフィットする場合は、これを用いてのノイズ分離が最適です。外部ノイズが完全に遮断されます。このタイプのイヤーピースは、通常、高域が少し明るいIEMに推奨されます。これにより、シリコンのイヤーピースに比べてサウンドが少しスムーズになり、音質が滑らかになります。フォームタイプの音質出力は非常に優れていますが、すべての人に快適なフィット感を提供できないという独自の問題があります。しかし、このタイプが耳に適切にフィットする場合、IEMから最高の遮音性を得ることができます。フォームイヤーピースの別の問題は、フォームが非常に簡単に割れてしまうため、これらのイヤーピースの寿命がシリコンイヤーピースと比較してそれほど良くないことです。また、フォームなので、これらは耐汗性や耐油性を提供できません。そのため、ジムで使用した後に、洗浄する必要があるかも知れません。

 

有名なアフターサービス市場のイヤーピース
スピンフィット

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/2_7ec768f4-f59f-4e28-a99d-435d24031352_1024x1024.jpg?v=1584117389

 Spinfitは、世界中のオーディオファンの間で広く知られている最も有名なアフターサービス市場のイヤーピースメーカーです。いくつかのIEMに特化した製品もあれば、ユニバーサルタイプのものもあります。Spinfitイヤーピースは、高品質のシリコン素材で構成されており、イヤーノズル上のガイドチューブによってシリコンフランジが柔軟でねじれ、耳の輪郭に合わせて曲がることができるため、フィット感と遮音性が向上します。音質の出力は詳細でバランスが取れており、周波数範囲の低域と高域に適切な拡張があります。個人的にはSpinfit CP100が最適です。DUNU DK3001 ProおよびTinHiFi T4で使用しています。 Spinfit CP145、CP155など、市場には他にもさまざまなモデルがあります。それぞれのモデルには、異なる外耳道チューブの色と形状があります。 Spinfitは、標準のイヤーチップと比較して、はるかに優れたフィットと分離を提供します。Spinfitには、シングルフランジ設計だけでなく、ダブルフランジ設計など、さまざまなバリエーションがあります。

 

JVC スパイラルドット

JVCスパイラルドットは、広い口径を備えたシングルフランジシリコンイヤーピースです。このイヤーピースは、パンチの効いた低音レスポンス、自然な響きのボーカル、自然な高域を備えた、前方に広がるサウンド表現を提供します。このイヤーピースは、周波数の低域と高域でより良い拡張を提供します。 JVCスパイラルドットの唯一の課題は、少なくとも私にとっては良好な遮音性が得られないことです。JVCスパイラルドットでは適切なノイズ分離が得られませんが、音質の出力は非常に良好です。しかし、誰もが異なる耳の構造を持っており、JVCスパイラルドットによりフィットする可能性もあることに言及したいと思います。

 

コンプライメモリーフォームイヤーピース

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/ezgif.com-webp-to-jpg_1024x1024.jpg?v=1584117540

 低反発フォームのイヤーピースに関しては、オーディオ愛好家の間で広く知られているブランドは1つだけです。Complyは、非常に高品質のフォームチップを作っています。このモデルは、パンチの効いた、深みのある、打ち込みの良い低域のセクションとのびやかな高域のセクションを提供します。ComplyメモリーフォームイヤーピースなしでBGVP DM6のペアを使用することはできませんでした。このイヤホンは非常に明るく、シリコンチップでは高域がピーキーすぎます。Complyフォームイヤーピースは良質のフォームで構成されており、他の安価なフォームイヤーピースのように磨耗したり簡単に割れたりすることはありません。これらには3つの異なるバリエーションがあります.Comply Foam Comfortはドーム型の構造で快適性が向上し、Comply Foam Isolationは通常のメモリフォーム設計で優れた遮音性が得られ、Comply Foam Sportは広い軸の開口部が前方に向かうサウンド表現を実現しています。

 

 そういうわけで、これからは現在のIEMのフィット感の問題にうんざりする前に、イヤーピースローリングを試みてみることをお勧めします。それによってイヤホンそのものに対する意見が変わる可能性があり、IEMを簡単かつ快適に楽しむことができます。ご質問やご質問がある場合、または次のIEMまたはイヤーピースを選択する際にサポートが必要な場合は、HiFiGOのFacebookページでお問い合わせいただくか、support@hifigo.comまでメールでお問い合わせください。

 

  • 元記事の公開日:2020/03/13
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事