audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

JVC

JVC

JVCとは?

JVCの源流は、1927年に米ビクター・トーキングマシンカンパニーの日本法人として日本ビクター蓄音器株式会社が設立されたことに始まります。2008年、JVCはケンウッドと合併し、JVCケンウッドとなりました。2011年から日本国内において、JVCブランドでオーディオ製品を展開しています。JVCは旧社名「日本ビクター」の英語表記「Japan Victor Company」から採られています。苦しいなかでも研究開発を忘れない社風で、旧日本ビクターが開発したホームビデオ規格「VHS」は一世を風靡しました。海外企業の現地合弁会社として出発し、東芝や松下電器の傘下に入るなど紆余曲折を経ながらも一貫してオーディオビジュアル事業に関わってきた日本を代表するメーカーです。

JVC製品情報 | ブランドビジョンヘッドホンの響子ちゃん | ヘッドホンナビ | JVC公式Facebook

JVCオススメ製品

HA-FX1100HA-FW01 | HA-FD7 | HA-FX99XHA-XC70BT | HA-ET900BT | HA-XM30X and more...

JVC関連記事

【コラム】私が見たいJVCのCMを一生懸命考えてみた!(聖闘士星矢コラボ篇)【コラム】「ヘッドホンの響子ちゃん」って知ってますか?(附・JVC HA-FD01SPのご報告。)

 

 


【完全ワイヤレスイヤホン JVC HA-LC50BT レビュー】正直デザインが好みじゃないので、買おうか迷った。でも音質はいいし、EQは楽しいし、接続品質も良い。おすすめ

正直なところ、ある意味JVCらしい「求めてたのは、こういうのじゃないんだけど」って感じのあるデザインで、妙にAVIOTかNUARLあたりを意識して失敗した感じがあるにはあるんだけど、ぶっちゃけ音質面ではディテールはよくまとまっており、JVCらしいスパイシ…

【コラム】JVC HA-FX1100の素晴らしい音質をさらに楽しくする自作イコライザー「スイープノイズアフェア」をご紹介!清潔感が増し、ボーカルの聞こえがよくなり、金物の発色が良くなります。

私は熱心なJVC党ですが、特にHA-FX1100は手に入れてから特に愛用し続けていると言って良く、最近は他のWOODシリーズの出番がありません。とにかく情緒的で温もり感のある低域と、その弾力的な空間の中から浮き上がるように聞こえてくる中域と高域が非常に優…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FD01[ステンレスノズル] レビュー】金物のソリッド感とエッジに優れたキラキラすっきりサウンド。硬質だが繊細さに優れる。おすすめ

ステンレスノズルはとにかく金物の精彩が素晴らしい。同じように金物を強調するチタンノズルと比べてカチカチした感じがなく、さわやかな後味があるのが特徴。ノズルの中では一番明るめの色彩になることもあり、シンセなどの光沢にもツヤツヤ感がきれいに出…

【コラム】入手困難なスパイラルドット++の手持ちがさすがに底を突きかけているので、代替イヤピを探していたら、ちょうどいい時期に発売されたAZLA SednaEarfit Lightとかいう神イヤピについて

私はJVC党で、イヤピはスパイラルドット++派だということをつねづね公言してきました。 実際スパイラルドット++は中高域の分解能がよろしくてガチャガチャする感じやキンキンする感じ、シュワシュワかすかに聞こえる音の端の風切り音みたいな干渉音が改善さ…

【コラム】NUARL NT01AXとAVIOT TE-D01d用イヤーピース入門。というか、ほぼスパイラルドット++を紹介するだけ

まあ私は根っからのJVC党なんで、普段使っているイヤーピースは基本スパイラルドット系だということをあらかじめお断りしておきます。正直この記事の結論もほぼ決まっていて、うーんやっぱりスパイラルドット++がいいんじゃない?って話です。レビューは標準…

【特集】名曲「17才」で、JVC HA-FD01SPの各ノズルを味わい、聞き比べる!

今回は課題曲をJVC HA-FD01SPに付属する各ノズルで聞き比べて、その音質の違いを語ってみよう、そういう企画特集記事になります。これは予定では10回くらいシリーズにして続けたいです。というか、ノズル交換するの結構めんどいので、1回に1,2曲を比較するの…

【特集】audio-sound @ hatena ベストバイ大賞 2018【ワイヤードイヤホン/ワイヤレスイヤホン】

一足早く完全ワイヤレスイヤホンについてはベストバイ大賞を発表させて頂きました。今回はワイヤード(有線)イヤホン、ワイヤレスイヤホンでのベストバイを発表させて頂きたいと思います。 しかし、正直に告白しますと、今年は完全ワイヤレスイヤホンをなる…

【特集】audio-sound @ hatena ベストバイ大賞 2018【完全ワイヤレスイヤホン】

年の瀬とはいえ、まだもう少し今年が続きますが、せわしない一年がほぼ過ぎようとしています。今年は大変お世話になりました。皆様からの日頃のご愛顧にいつも感謝しております。 今年も様々なオーディオ製品を紹介させて頂きましたが、その中から誠に勝手な…

【特集】JVC HA-FD01SPのりん酸銅ノズルは思いも寄らぬ良ノズル!ドライでソリッドなのに光沢抑えめ、なめらかな音出しで後味爽やか。これが限定版の実力というヤツか!

つい先日購入のご報告をしたばかりですが、面白すぎてレビューが全然出来そうにないJVC HA-FD01SP。このモデルはHA-FD01に限定のリン酸銅ノズルが付属している特別版なのですが、そのリン酸銅ノズルが率直に言って凄すぎます。 とりあえず標準のステンレスノ…

【コラム】私が見たいJVCのCMを一生懸命考えてみた!(聖闘士星矢コラボ篇)

こんにちは。寒さの厳しい中、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今日は秋葉原でポタフェスやってますね。行こうかと思いましたが、あまりの寒さに断念しました。そもそも人混みのあるところが苦手です。というわけでポタフェスにいかずに充分に残った余暇を使…

【コラム】「ヘッドホンの響子ちゃん」って知ってますか?(附・JVC HA-FD01SPのご報告。)

列島が急に冷え込んできました。皆さん、お体をお大事に過ごされているでしょうか。私はちょっと風邪気味になりまして、このまえ駅で電車を待っている時、鼻がムズムズして結構な勢いでくしゃみしちゃったら、衝撃で耳に付けていたJVC HA-XC70BTが耳からポー…

【特集】2万円台の情感表現力の王者はどちらだ? SENNHEISER HD599 と JVC HA-FX1100 を課題曲で聞き比べる!

JVC HA-FX1100のレビューでうっかり「空間表現でSENNHEISER HD599に遜色ない」などと言いつつ、その後に「実際には差がある」というようなあいまいぼかした書き方をしてしまいました。文章全体のまとまりの面からも、レビュー記事では詳しく掘り下げませんで…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FX1100 レビュー】すでに生産終了でいつまで出回るかはわからないが、現状コスパ最強。優れた重厚感と広く調和的な空間表現。熱くソウルフルに叙情を歌うが、耳当たりよく聴き疲れしない音質。つまるところほぼ敵なし

正直このイヤホンの音質に不満はほとんどなくて、現状大満足しているが、それでも個人的にあまりよくないかなと思う曲から紹介すると、たとえば放課後ティータイム「Go Go Maniac」。この曲はかなり激しいスピード感があるので、より個々の音にシャープなエ…

【特集】実力・評判ともに拮抗。amazonの激安セールで手に入れたJVC HA-FX1100 と Westone W40を課題曲で聞き比べた!

どちらも調和的な音場表現で低域にかなりの存在感があり、音に厚みがあるという点で共通性があって、しっかり情感をのせて聞かせてくれるタイプのイヤホンなのですが、より突っ込んで迫力と叙情を強調してくるHA-FX1100のほうが徹底している観があります。W4…

【コラム】完全ワイヤレスイヤホン製品を放浪した末に、改めてJVC HA-ET900BTに再び向き合う。その音質のコスパの良さを実感させられた[完全ワイヤレス深掘り]

最近完全ワイヤレスイヤホンでは、audio-technica ATH-CKR7TWとRHA TrueConnectに、ワイヤレスではThe House of Marley SMILE JAMAICA WIRELESS、有線ではJVC HA-FX1100に夢中だったが、ふとしばらく聴いていなかったJVC HA-ET900BTを聴く気になった。おそら…

【特集】新宿&秋葉原で路上テスト敢行!都心部での完全ワイヤレス&ワイヤレスイヤホン&Bluetoothオーディオレシーバー通信安定性テスト

去る11月2日、3日、4日の3日間に秋葉原&新宿に連泊して、いろいろ買い物してきました。しかしただ買い物するだけではつまらない、せっかく人口密集地に行くのでワイヤレスオーディオの通信性能を試そうではないかと選り抜きの製品をかき集めて持って行き、…

【特集】注目の「完全ワイヤレスイヤホン」おすすめ6機種を課題曲で聞き比べてみた。[完全ワイヤレス深掘り]

恒例の完全ワイヤレス特集です。最近、いろいろと情報もそれなりに仕入れ、いくつかの機種を手に入れて携行し、いろいろ聴き歩いた結果、なんとなくトレンドというものがわかってきました。これからも少しずつゆっくりではありますが、いろいろ完全ワイヤレ…

【特集】池田綾子の名曲とともに味わう完全ワイヤレスイヤホン―第1回「旅人」

この曲はアルバム「オトムスビ」に収録されている曲です。池田綾子さん、結構旅好きなのでしょうか。旅や道を題材にした曲はそれなりに多い気がします。 さて曲を聴いてみて下さい。勢いがあって力強いこの曲の曲調は、素直に胸に浸透してきます。歌詞には物…

【完全ワイヤレスイヤホン JVC HA-XC70BT レビュー】中低域付近に圧があり、低音の存在感を高めている。その低音はほどよい締まりのある音。JVCらしいエッジ感も味わえ、全体として熱気のある音楽空間を演出する良機種

2018年9月上旬現在15,000円程度とまだ割高な印象だが、年末にかけて1万円近くまで徐々に値が落ち着くだろうと思われる。音質は完全ワイヤレスでは抜きんでているので、現状でも十分にコスパは良いが、ライヴァルとなるSE-C8TWとの価格差を考えるともう少しこ…

【特集】日本ファルコム名曲とともに紹介するおすすめイヤホン3選

家庭用ゲーム機やホビーパソコンが一般的となった1980年代初頭。日本のコンピュータゲーム黎明期であるこの時代から続く老舗のコンピュータゲーム会社が日本ファルコムだ。今ではメジャーなゲームメーカーの一つである。 さてそんなファルコムだが、音楽にや…

【ワイヤレスイヤホン JVC HA-FX27BT レビュー】厚ぼったい低域がエネルギッシュな足場を作る。JAZZ向きか

骨太で中低域付近に熱量を感じるので、比較的どんな曲も多少なりともJAZZっぽく聞かせてくれるイヤホンという感じ。もっさり感は出てしまうので、好みを分けそうだが、価格的には手を出しやすく、落ち着いた雰囲気で音楽を楽しみたい人には悪くない選択肢。…

【ワイヤレスイヤホン JVC HA-FX36BKS レビュー】黒光りするいぶし銀的な音を鳴らす

低域は深掘り方向で出るので、ブーミーな感じではなく上品で落ち着いて感じられる。全体的に黒い背景を丁寧に作って、その上に渋光りする音をまぶしていく鳴らし方で個人的には好み。ただ音に派手さはないため、一聴した印象は地味に思えるかも知れない。 価…

【DJヘッドホン JVC HA-XM30X レビュー】深みと重みはあるが、重量感は強すぎず中高域を邪魔しづらい低域。若干密度が高く、情報量が多い曲ではガチャガチャしやすいところもある

タイトで良質な低域はなかなかに魅力的で、中高域の精彩もなかなかで充実した密度の高い音楽空間は楽しい。ただし前面に出てくるような支配的な低域好きからすると量感的に乏しく感じられるかも知れない。装着感は悪くなく、使い勝手の面でも価格標準以上の…

【ワイヤレスイヤホン JVC HA-ET900BT レビュー】広い空間表現、クリアでスパイシーな味付け。JVCらしいエッジ感は健在。遮音性良好。何より安定した通信性能。他社製価格上位機種と比べても遜色ない使い勝手

価格的に完全ワイヤレスモデルではミドルレンジに当たり、低位機種で飽き足らない人をターゲットにしたと思われる商品。しかし音質的には上位機種に劣らぬ空間表現と解像度で、緻密かつ伸びやかな音楽空間を丁寧に作っていて、かなり完成度は高く思える。と…

【ポータブルヘッドホン JVC HA-SR77BKS レビュー】ブーミーな低域と清涼感のある中高域。比較的万能

ブーミーで少し自己主張の強い低域と清涼感のある中高域の対比は比較的万能に曲を楽しませてくれるだろう。ブーミーな低域の被さる感じだけは好みを分けそうだが、この価格帯のヘッドホンとしては標準以上の表現力を感じる。

【スポーツイヤホン JVC HA-ETR40 レビュー】ややシャリ感の強いシャープネスサウンド

低価格なスポーツイヤホンとしては標準レベル以上の実力を感じる。装着感も含めた使い勝手も悪くなく、バランスは悪くない印象。パンチのある爆発力がある表現もスポーツを盛り上げ楽しくしてくれる。3000円以下では悪くない選択肢のように思う。

【ポータブルヘッドホン JVC HA-S200 レビュー】尖りはなく、耳当たりの良い音。全体的にもっさりとした重厚感が出やすいが、ほどよいタイトさのある低域が特徴

味付け的には重厚に傾いているが、低域がタイトでぼやけたり支配的になったりしないので、中高域を阻害する場面は少ない。耳当たりも良く、尖った音になりづらいのも使い勝手の良さにつながっている。軽量で持ち運びには便利。廉価で気軽に持ち運べるのもよ…

【スタジオモニターヘッドホン JVC HA-MX-10 レビュー】明度の高い、くっきりした濃淡のある音の表現が取り囲んでくる

鮮明度が高く、個々の音が透徹してはっきり輪郭を伴って聞こえてくる。透明感があるとはいえ、その鳴り方は薄っぺらくなく、若干眩しい濃淡の強い鳴り方だ。そのせいか密度が高く感じられるので開放的には感じづらい気がする。 密度重視で音の存在感を楽しむ…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC SOLIDEGE(HA-FD7) レビュー】ソリッドでドライなキレのよい独特のサウンドが中毒的。塩味のあるサラダ味

独特の表現が気に入ったのなら、コスパは無限大。一方で、ソリッドな音色が不快なザラザラ感に聞こえてしまう場合は、肌に合わないだろう。個人的にはクラブサウンドやロックミュージックに独特のキレのある味わいがあり、しかもドライでありながら、のびや…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FX99X-B レビュー】圧倒的存在感がありながら、かぶさることなく中高域を引き立てる低域。熱気のあるパワフルサウンドが中毒的

XXシリーズ初のハイレゾ対応モデルはその期待に応える見事な表現力。ドライ傾向ではあるものの、艶やかさも失わない表現力を持ち、低域も音場全体を引き立てる良質なもの。全体的にパンチの利いたアタック感あふれる表現になっているのも魅力的で、パーカッ…