audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン QoA Pink Ladyのレビューまとめ

QoA Pink Lady

QoA Pink Lady

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

QoA Pink Ladyのレビューまとめ

 市場に新しいブランドが出現すると、オーディオ市場はいつも賑々しく活気づきます。 QoAはそのようなブランドの1つです。 2018年に2人の実の姉妹(SophieとYouko)によって設立されました。 ブランドQoAはKineraの姉妹ブランドとして位置付けられています。 同社の目的は、高いコストパフォーマンスと高い信頼性を追求し、素晴らしいリスニング体験と献身的なサービスを提供し、技術力と人間性を等しく重視する技術志向のサービス会社を作ることです。

 

 QoA Pink Ladyこちらのストアページで購入できます。

 

AboutAudio.org Review

 Pink Ladyは、シンプルで端正なデザインのほどほどのサイズのパッケージに入っています。ちなみに、Pink Ladyはカクテルの名前であるため、パッケージの前にあるカクテルの軽やかなレンダリングイメージがこのIEMを象徴しています。仕様およびその他の詳細は背面に記載されています。また、ボックスの横にある「男性専用というわけではありません」というフレーズに着目すると、その名前にふさわしいことと思え、十分に興味深く思えます。

 

 人間工学に基づいた形状により、イヤーピースは耳にぴったりと収まり、耳障りなエッジや突起はありません。

 

 このケーブルは非常に柔らかく、軽く、しっかりと構築されています。音質自体は、Pink Ladyの意図したサウンドシグネチャーで非常にうまく機能し、品質も非常に良好です。ケーブルの2ピンは、凹型でないイヤピース用に作られており(Pink Ladyと同じ)、直径が0.78mmであるにもかかわらず、凹型2ピンソケットを備えた他のIEMと互換性がないことに注意が必要です。

 

 製品とブランドの両方の名称から、このIEMがソフト、フラット、あるいは薄いサウンドシグネチャーを持っていると信じるように思われたかもしれません。その推測に見合った、なだめるような女性的な高域について言及することを忘れることは出来ません。特に、Pink Ladyは、量感があり質の高い低域を好む人や、音全体に豊かな質感を体験したい人に最適です。

 

QOA Pink Lady Review: Affordable with posture - About Audio Reviews

QOA Pink Lady Review: Affordable with posture It's always exciting to see new brands busting into the portable audio market - and here's another one, called QOA (Queen Of Audio). There are lots of new IEM brands being established on a regular basis, though this one is quite different - or maybe I should say it stands out from the crowd.

レビューのハイライト

 詳細なサウンドインプレッション、ビルドインプレッション、ケーブルインプレッション、パッケージ開梱インプレッションが提示されています。

 

Headphonesty.com Review

 QoA Pink Ladyは、150ドルの価格帯でマルチドライバーインイヤーモニター(IEM)を探しているエントリーレベルのオーディオマニアに最適です。 QoAは周波数スペクトルのあらゆる側面を正確に使用できる能力があるブランドなので、価格帯で最も競争力のある選択肢の1つになります。

 

 高域はより明るいプロファイルを持っています。高音は上手に伸びて輝きます。中域と同様に、風通しの良い広々とした特徴があります。このプロフィールにより、ピンクレディの解像度は抜群です。ほとんどのジャンルの曲でディテールと解像度を十分に引き出してくれるでしょう。

 

 Pink Ladyの中域は風通しがよく広々としています。シャイな中低域から移行してくるので、中域下はやや凹んでいます。より高い中域に向かって、ポジショニングはより前方に目立ちます。これにより、特に女性ボーカルの場合、楽器とボーカルが驚くほど分離されます。

 

 Pink Ladyの低音は深く伸びています。重低域で振動し、中低域に移動するときに優れたコントロールを維持します。速度は平均です。低域はいくらか温かみがあり、フルボディに聞こえます。これらの2つの要素は、分析的ではない自然な音を生み出します。

 

Review: Queen of Audio Pink Lady - Underrated Gem

(Last Updated On: November 25, 2019) Gorgeous and sweet, this is the way Queen of Audio (QoA) portrays the Pink Lady to the audiophile community, winning many hearts. On behalf of the readers, I would like to thank Dali Enterprise for recommending me to the manufacturer and making this review possible.

レビューのハイライト

 パッケージ開梱、ビルドクオリティー、フィット感と遮音性、ドライブ感、詳細な音のインプレッション、長所と短所について読むことができます。

 

Moonstar Reviews

 QoA Pink Ladyは、V字型のサウンドシグネチャーを備えたIEMであり、ニュートラルな色調よりわずかにウォームであることがわかります。 低域は深く、フルボディで暖かみがあります。 中域は柔らかく音楽的ですが、高域は少し明るく、伸びが良いです。

 

 QoA Pink Ladyには、かなり正確な楽器の定位に適した音場があります。 音場には平均的な幅がありますが、この価格カテゴリーのIEMにしては奥行きがかなり良いです。

 

 QoA Pink Ladyは、エンターテインメントとディテールを音楽的な方法で組み合わせた楽しいインイヤーモニターであり、ディテールのみに焦点を当てた薄くてニュートラルなオーディオ愛好家のIEMとは対照的です。 美しいモニターデザインと便利なジッパーケースも素敵なアクセサリーです。

 

Queen of Audio Pink Lady IEM Review

Introduction: Queen of Audio (in short QoA) is a Chinese company who has been founded by Steve Tong who we know from the company Kinera. The QoA Pink Lady is an In-Ear Monitor with a Hybrid Driver Configuration, which features 2 BA's (Balanced Armature) Driver + 1 Dynamic Driver.

レビューのハイライト

 パッケージ開梱、詳細な音質分析、TFZ King IIおよびFiio F9 Proとの長所と短所との比較について読むことができます。

 

Project A3 Reviews

 Pink Ladyは全体的に、ウォームな音質に寄せた魅力的なパッケージを提示する有能なパフォーマーです。リラックスして音楽を聴くための機器を探している人に堅実な選択肢を提供していることは、どんなスタイルの組み合わせに対しても柔軟性を発揮し、得意ではない分野でも十分に対応できます。

 

 Pink Ladyは、人混みの中でも目立つ外観を持ち、パフォーマンスは必要充分なので、ユーザーがただし書きを読んでいるならば、その外観に対して合理的​​な理解が得られます。

 

 Pink Ladyの全体的な特徴はやや暖かく、中低域から中域までの特徴的なマイルドブースト、堅牢な低域、そして紳士的な高域があり、全体として心地よいリスニング体験に向いていて、強い偏りはなく、非常に豊かでも、非常に分析的でもありません。

 

 Pink Ladyの堅牢な低音レスポンスは、ハウスミュージックからヒップホップに至るまでのモダンなトラックやジャンルに追いつくことができます。重低域と中低域はどちらも適度にテクスチャーが施されており、重低域は音楽に盛り上がりと深みを与えるのに役立つ重厚さと響きを提供します。

 

 中域の周波数は、通常、シグネチャーの最前列と呼ばれるものに最も近くなります。わずかに暖かいチューニングは、ボーカルとメロディーの明瞭で強力な押し出し感につながるボーカル範囲のほぼ全体が穏やかな強調を持っていることを意味します。この強調は、音楽から感情や深みを感じさせるテクスチャーの様相を提供してくれます。

 

 Pink Ladyのチューニングで最も控えめな部分である高域は、礼儀正しい雰囲気で、必要な高域のノートとパーカッションが聞こえるほど十分に存在感があると説明されていますが、実際には目立つようには聞こえません。

 

 Pink Ladyは、ステージング、分離感、および解像度において平均のスコアです。

 

Long Live the Queen - QoA Pink Lady Review

QOA is a new brand based in China. I was contacted by their rep. a month ago asking me if I would be interested in reviewing and according to their representative, the name, QOA stands for "Queen of Audio", established by 2 sisters from the industry, a rather rare case as so far I've seen most of the audio brands run by and composed of primarily by men.

レビューのハイライト

 パッケージ開梱、長所と短所、フィットと互換性、詳細なサウンドインプレッション、Kinera IdunおよびiBasso IT01との比較について読むことができます。

 

The Little Audiophile Reviews

 The Queen of Audio Pink Ladyは、手頃な価格のパッケージでパフォーマンスと品質の両方を実現する素晴らしいIEMです。エネルギッシュで楽しいサウンドは、主流の「オーディオファン」のプレゼンテーションからは確実に外れますが、そこに残されているのは、有能で攻撃性のない毎日使えるイヤホンとその本当の意味での実現です。

 

 Pink Ladyは、ここでそのダイナミックドライバーを使用しています。低域はアグレッシブでエネルギーに溢れ、かなりの量の鳴動と闘志を表現しています。また、十分に厚くて有機的であり、非常に堅実な基礎を生み出しています。

 

 大胆な低域からつながっているのは中域です。中域は低域に比べて少し低く座っていますが、それでも大きな存在感を持っています。中域はかなり前向きで、特にボーカルが心地よく親密で、この領域にはあまり空間がありません。男性と女性のボーカルはどちらも同程度に目立っており、息が詰まっていてオーガニックであり、粒子の粗さを感じます。ダイナミックドライバーが中域下もカバーしているのではないかと思います*1

 

 高域全体が良好なアタックとディケイで適切に制御されており、広々としたサウンドになり、「頭内的」には決して聞こえません。高音域のロールオフはかなり遅く伸びます。したがって、Pink Ladyはかなり風通しの良い雰囲気で聞こえます。

 

Queen of Audio Pink Lady

Specifications: Driver: 1 x Dynamic + 2 x Balanced Armature Driver Impedance: 16 ohms Frequency response: 20 - 20,000 Hz Sensitivity: 112 dB Connector: 0.78 mm 2-pin Disclaimer: I am not affiliated with Queen of Audio (QoA) in any way and they sent the Pink Lady over as a review unit.

レビューのハイライト

 フィット感と運転性、詳細な音の印象、iBasso IT01およびFiio F9 Proとの比較について読むことができます。

 

Headfonics

 もしThe Queen of Audio Pink Ladyがお買い得かと尋ねられたら、その通りでしょう。たったの119ドルですって?このIEMはオールラウンダーのようには思えないので、万能で便利なIEMを探しているならば、このイヤホンはそういう用途には向きません。

 

 アンプをほとんど、あるいはまったく必要としない、非常に滑らかでリラックスしたサウンド体験に興味があるのならば、このイヤホンはおそらくこの価格帯で主力になる製品です。Pink Ladyは、JAZZや遅い音楽トラック、そしてYouTubeのポッドキャストを本当に楽しませてくれます。私のスマートフォンにある3.5mmジャック以外に財布を痛めることがなく、何かを必要とすることがないというのは素晴らしいことです。

 

 ちくしょうめっ! これが119ドルだってよ?Pink Ladyは、この価格帯でこれまで使ってきたIEMの中で最もスムーズで美味な低域エクスペリエンスを提供してくれると考えています。

 

 ソフトではあるが適度に深いレスポンスが好きな人は、このIEMが本当に好きになるだろうと、私は非常に安心して言うことが出来ます。ただし、それはあなたが低域好きの場合のみです。そうでない場合は、低域へのバターのように非常に滑らかな物理的インパクトと一体化したソリッド感を見逃すことになります。

 

 このIEMは、手がかりとボディの質感がやや前向きです。つまり、このイヤホンの音質は超前傾的でもなく、中域が劣位に置かれているわけでもありません。広いスケールの録音や、音が近い個人的な録音にもぴったりで、十分に魅力的です。

 

 魅力的な要素は、実体感の面ではかなり低く、Pink Ladyのアプローチは柔らかく、聞きやすく、リズムの打ち込みに厳しさがないことを意味します。

 

 ロックやメタルのジャンルはこのIEMの得意分野ではありませんが、Pink Ladyはジャズに関してはちょっとした達人だと思います。

 

 Pink Ladyの音場は、幅や高さよりも奥行きが明確です。しかしそれでも解像感の点で、いずれかの領域に不足があるということはありません。

 

Queen Of Audio Pink Lady Review | Headfonics

The Queen Of Audio Pink Lady is a 2BA+1DD Hybrid 3 Driver universal monitor with an SRP of $148.75. You can find it on HiFiGo currently for $119 here. Disclaimer: The Queen Of Audio Pink Lady was sent to us for the purposes of this review and does not have to be returned.

レビューのハイライト

 フィット感と運転性、詳細な音の印象、iBasso IT01およびFiio F9 Proとの比較について読むことができます。

 

Youtubeレビュー

Porta-Fi:心地よいウォームチューニングを備えた素敵なハイブリッドIEM

 

 あなたが私と同じくらいこの機種に感激しているなら、こちらのHifigo.comからこの機種を購入することができます。

 

Remark: If the author doesn't like the review listed here, pls contact us to remove the portions.

 

QoA Pink Lady

QoA Pink Lady

 

  • 元記事の公開日:2020/03/18
  • 著者:Vishal Tripathi

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:元記事には中域部分の引用はなく、低域部分の引用が2度繰り返されていますが、意図を汲んで中域部分を引用翻訳しました。ただし低域が大事なので2度繰り返している可能性もなきにしもあらずです。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事