audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300

Shanling MTW300

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

 

完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

 完全ワイヤレスイヤホン(TWS)は、高品質のパフォーマンスと使いやすさでBluetoothイヤホンの市場で徐々にその存在感を増しています。私の意見では、ネックバンドスタイルのBluetoothイヤホンと比較して、より優れたワイヤレスエクスペリエンスを提供します。さらに、多くのブランドは現在、HiFi IEMなどと同じく、さまざまなドライバー構成でそれらを設計しています。

 

 個人的には、管理が煩わしいケーブルがないため、通勤やトレーニングセッションにTWSを使用することを好みます。

 

 ごく最近、Shanling AudioはプレミアムTWSのイヤホンMTW300をリリースしました。これは、成功を収めている低価格TWS MTW100のアップグレードとして提供され、MTW300には新しい高度なテクノロジーがもたらされています。私はMTW300のユニットを自分用に手に入れました。今日は、これらの最新のTWS Bluetoothイヤホンの開梱体験とファーストインプレッションを共有します。それでは始めましょう。

 

Shanling MTW300

 

Shanling MTW300

 MTW300は、中国のオーディオ機器メーカーShanling Audio社の最新の完全ワイヤレスイヤホンです。ShanlingのTWSイヤホン「MTW」シリーズの上級モデルとして発売されます。Shanling MTW300は、クアルコム社の最新Bluetoothチップ「QCC3040」を搭載し、最新のBluetooth V5.2に対応しています。また、IPX7の防水性能、長時間のバッテリー駆動、タッチコントロールなど、複数の先進的な機能を備えています。

 

 ご興味のある方は、こちらのストアページでMTW300の詳細や機能をご確認いただけます。

 

Shanling MTW300

 

パッケージとアクセサリー

Shanling MTW300

 

 ShanlingはMTW300をシンプルな長方形の箱に入れており、その箱の正面にはイヤホンの画像が表示されています。正面にはShanlingとMTW300のブランドロゴ、裏面には主な特徴がプリントされています。中身は、イヤホン本体、充電ケース、イヤーチップ6ペア、充電ケーブル、クイックスタートガイドです。パッケージは非常にシンプルで、この製品を使い始めるのに必要な付属品がすべて揃っています。HiFiGOのYouTubeチャンネルでは、以下のような開封ビデオをご覧いただけます。

 

パッケージ内容

 パッケージの内容は以下のとおりです。

  • Shanling MTW300 TWSイヤホン
  • 専用充電ケース
  • 6組のシリコンイヤーチップ
  • Type-C充電ケーブル
  • クイックスタートユーザーガイド

 

Shanling MTW300

 

デザインとビルドクオリティ

 Shanling MTW300のイヤホン本体は、グレー・ブラック仕上げの美しい頑丈な作りになっています。イヤホンのフォームファクターは、快適な装着感を実現するためにカスタムIEM形状になっています。イヤホン本体の内側には、マグネット式の充電ポイントがあります。

 

 フェイスパネルには、中央がわずかに凹んだ形状になっており、Shanlingのロゴがプリントされています。この凹みは、タッチコントロールポイントとして機能し、非常に簡単に操作することができます。フェイスパネルはわずかに光沢があり(輝いてはいないが、滑らかな仕上がり)、インナーキャビティは薄型のマットな外観になっています。デザイン面では、シンプルな外観と滑らかな仕上げにより、美しさとステルス性を同時に実現しています。

 

Shanling MTW300

Shanling MTW300

 

 充電ケースは、フェイスパネルと同様に滑らかな曲線を描くやや光沢のあるグレーの仕上げになっています。内部には、イヤホンを置いて充電するための2つの空きスペースがあります。また、他のTWSのイヤホン充電ケースと同様に、使用しないときにはイヤホンを持ち運ぶために利用できます。イヤホンと充電ケースの全体的な作りは非常に頑丈で、手に持ったときの感触も良好です。

 

Shanling MTW300

 

ペアリングと接続安定性

 Shanling MTW300は、充電ケースから出すと、瞬時にペアリングモードになります。スマートフォンのペアリング画面にもすぐに表示され、ほぼ瞬時に接続されます。接続は非常に強力で安定しています。

 

 オフィスのテーブルの上に置いたスマートフォンで音楽を再生しながら、室内を歩き回ってテストしました(8~9メートル程度の距離までは安定していました)。しかし、12~15メートルの距離になると、信号が途切れたり、遅れたりするようになります。私はHuawei Mate 40 RSで使用しましたが、使用期間中はかなりスムーズに接続できました。

 

音質

 Shanling MTW300は、V字型のサウンドシグネチャーを持つ、生き生きとしたエネルギッシュなサウンドレスポンスを提供します。低音が強調され、迅速でパンチの効いた低音域のレスポンスが得られます。中音域はクリーンで透明感のあるレスポンスを持ち、高音域はキラキラしていますが聴き疲れません。低音域は中低音にインパクトがあり力強さを感じますが、低音域はもう少しランブルがあってもいいのではないでしょうか。ボーカルは、男性ボーカル、女性ボーカルともに、さわやかで清潔感があり、やや温かみのあるタッチを持っています。全体的に解像度が高く、透明感があり、親近感や没入感があるので、その出力サウンドが楽しくて仕方がありません。私の意見では、この価格帯の現在に手に入るTWSの中で最も良い音の一つです。

 

Shanling MTW300

 

低域

 低音域は、パワフルな中低音を強調しています。このイヤホンは、パワフルな低音域のおかげでパンチの効いたレスポンスを示し、他の周波数とうまく調和しています。低音は、音楽の中でドラムのキックやパンチの1つ1つが明らかになるようなクリーンな質感を持っています。MTW300の重低域は少しおとなしめです。Lordeの「Royals」やBillie Eilishの「Bad Guy」など、低音の効いた曲では重低域の存在感が感じられますが、中低音のパワフルなスラムがそれを補っているものの、やや拡張性に欠けます。

 

中域

 MTW300では、中域がやや後退しています。これにより、低音の盛り上がりによる濁りを防ぎ、クリーンで透明感のある中音域のレスポンスを実現しています。ヴォーカルは自然なトーンで、やや温かみのあるタッチを持ち、スムーズで質感の高いサウンドです。

 

高域

 ShanlingはMTW300の高音域のレスポンスをスムーズで疲れないように調整しています。このイヤホンは十分な輝きを示し、歯擦音を出さずに出力を没入させ、楽しくさせます。高音域の低い領域では、バイオリンやエレクトリックギターなどの楽器のディテールと透明感がよく表現されています。しかし、高音部はロールオフしているように感じられ、結果として疲労感のないレスポンスとなっています。

 

音場と分離感

 MTW300は音楽に親密なアプローチを持っています。狭くは聞こえませんが、それほど広く聞こえません。それは私たちの音楽が適切に輝くための適切なサウンドステージを提示します。楽器のディテールとセパレーションは一流で、複雑なトラックでも非常に優れた楽器のディテールを提供します。

 

Shanling MTW300

 

 DPS-L2は、そのレトロな外観から平均的なサウンドのデバイスという印象を受けるかもしれませんが、Oriolusは現代のオーディオプレーヤーの先進的な輝きと機能をすべて備えています。DUNU EST112との組み合わせでは、非常に開放的で洗練された音が出力されます。背景のヒスやノイズは目立たず、豊かなトーンできめ細やかな音が出力されます。ボーカルは自然で豊かなトーンを持っており、感情的でドラマチックな出力になっています。低音域はパンチが効いていて、高音域は広がりがあります。DPS-L2の出力には厳しさは感じられず、むしろ滑らかで自然な音が出ています。出力に関しては、DPS-L2は非常にパワフルで、外出先でIEMを駆動するのに十分なパワーを持っています。これだけのパワーがあれば、接続されたイヤホンのスケール感もよく、広がりのある音響表現が可能になります。これこそがフラッグシップ機に求められることではないでしょうか。

 

バッテリー駆動時間

 私の使用期間(約1週間)の印象では、このイヤホンのバッテリーの持ちはかなり良いと思います。イヤホンは1回の充電で約8時間使用できます。充電ケースで3回フル充電すると、1回の充電で最大24時間使用できます。

 

Shanling MTW300

 

総評

 Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティで、単純に気に入りました。個人的にはどこにも物足りなさを感じず、今では通勤時やジムで日常的に使用しています。

 

 もしあなたが、100〜150ドル程度の予算で、パンチの効いた楽しい音を出すTWSのBluetoothイヤホンを探しているなら、MTW300はあなたの完璧なパートナーになるでしょう。

 

 Shanling MTW300の技術的な詳細と特徴は、こちらのページで確認できます。

 

Shanling MTW300

Shanling MTW300

 

SHANLING MTW300 True Wireless HiFi Earphone

 

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上
  • HIFIGOYM20
    $20 OFF 600ドル以上
  • HIFIGOYM30
    $30 OFF 1000ドル以上
HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2021/05/02
  • 著者:HiFiGO

 

PR

BGVP DM8
BGVP DM8

BGVP DM8は完璧なパッケージであり、それは美しい外観、強力なサウンドを持っており、お財布に優しい価格で購入可能です。ユーザーは$350でこの素晴らしい製品を手に入れることができ、高品質なオーディオファン向きの音楽パフォーマンスを楽しむことができます。我々は以前、このブランドのDM6、DMG、Zeroや他の製品を試してみましたが、それらはどれも非常によくできていました。

BGVP DM8
BGVP DM8

BGVP DM8は滑らかで安定的、温和でウォームなサウンドで、中域を丁寧に聴かせるイヤホンです。その甘くふっくらとした、ニュアンスの柔らかい調和的なボーカル表現はどこか懐かしく、メロウでノスタルジックな雰囲気があります。マイルドで耳当たりが良く、音量を上げても荒れるところのないイヤホンです。ビルドクオリティやパッケージクオリティも価格の標準以上のため、この価格帯で音楽的な中域を持つイヤホンを探している人の最適解になりえます。

BGVP DM8

 

BGVP DM8
BGVP DM8

【関連記事】

 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事