audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【物欲探訪】S.M.S.L AO200:Bluetooth 5.0 MA12070 クラスDバランスアンプ

ヘッドライン

icon

SMSL AO200

SMSL AO200

 

 興味の赴くままにオーディオ製品を取り上げる「物欲探訪」。今回はS.M.S.Lから発売されている最新のクラスDアンプ「S.M.S.L AO200」です。

 

S.M.S.L AO200の特徴

  • 深みのあるパンチの効いた低音に理想的
  • AO200のアンプステージの心臓部には、2つのInfineon社製MA12070クラスDアンプチップを採用
  • BT 5.0規格により、10mの距離で高速かつ安定した伝送が可能です
  • AO200の回路には高品位な部品を採用
  • 最適化された電源段

 

S.M.S.L AO200の技術仕様

  • 入力端子
    • 1x バランスステレオXLR
    • 1x シングルエンドステレオRCA
    • Bluetooth 5.0
    • 1x USB-A
  • 出力:スピーカー端子、1x サブウーファー (RCA)
  • THD+N:>0.003%
  • S/N比:110dB
  • チャンネルセパレーション:98dB
  • 入力感度:280mV
  • 入力インピーダンス:47kΩ
  • 出力電力
    • 2x 150W @ 2Ω
    • 2x 90W @ 4Ω
    • 2x 50W @ 8Ω

S.M.S.L AO200

バランス&シングルエンド

 あらゆるオーディオシステムと融合し、あらゆるニーズに対応するために、SMSL AO200は2つの入力を備えています。RCAのアンバランス入力とXLRのバランス入力です。各コネクターには金メッキを施し、優れた導電性と耐久性を確保しています。

 

サブウーファー出力

 AO200では、RCAコネクタからの出力により、2.1chオーディオシステムを構築することが可能です。重厚でパンチの効いた低音に最適です。

 

Infineon MA12070

 AO200のアンプステージの心臓部には、InfineonのMA12070クラスDアンプチップを2基搭載しています。これにより、92%という高い効率と低消費電力、そしてもちろん豊かなサウンドを実現しました。これらのチップは、従来のD級アーキテクチャとは全く異なる、新しいMERUSアーキテクチャを採用しています。各ハーフブリッジは、4つのMOSFET(M1-M4)とその間のコンデンサを追加電源レールとして使用し、出力ノードに3レベルの出力信号を生成します。

S.M.S.L AO200

Bluetooth 5.0

 AO200はBluetooth 5.0レシーバーを搭載しており、例えばスマートフォンから直接、離れた場所にある音楽を放送することができます。5.0規格は、10mの距離で高速かつ安定した伝送を実現します。

S.M.S.L AO200

ハイエンドコンポーネント

 AO200の回路には、最高のパフォーマンスを実現するために高品質な部品を使用しています。特に精密で低歪みのNJW1194ボリュームコントローラー、EOP1678 AOP、EROコンデンサーや低ノイズのMELF抵抗などが見受けられます。

S.M.S.L AO200

最適化された電源ステージ

 電源部も負けておりません・瞬時出力300Wのカスタム設計電源モジュールを採用しています。これにより、干渉の影響を効率よく抑えながら、美しいダイナミズムを実現しています。そのために、特にリーク量の少ない大型トランスと、2段階の入力フィルタリングを採用しています。

 

 

 

価格と販売時期

 S.M.S.L AO200¥31,000($279)amazonLinsoulなどで販売開始されています。

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事