audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【物欲探訪】今なら2万円以下!Topping史上最高レベルのコンパクトヘッドホンアンプ「Topping L50」

Topping L50

Topping L50

 

 Toppingは、中国に拠点を置くデスクトップオーディオギアの最大手メーカーのひとつです。エントリーレベルからハイティアのオーディオファンまで、幅広い製品を展開してきました。ほとんどの製品は5万円以下の非常に安い価格で手に入りますが、ハイエンドに勝るとも劣らない高スペックな製品を展開しています。

 

 Topping L50は、6.35mmシングルエンドと4ピンXLRバランスのヘッドホン出力端子を備えたNFCAヘッドホンアンプです。AudioScienceReviewでフラッグシップのTopping A90を超える評価を得たモデルで、コンパクトサイズにも関わらず、良質なSINADとあらゆるヘッドホンを駆動するのに十分な電力を提供することができます。

 

 最大3500mW x2@16Ω、300Ωでも540mW x2を出力する非常にパワフルな出力を持ち、最も要求の厳しいヘッドホンを問題なく駆動するのに十分な性能を持っています。アンプのゲインは、High、Medium、Lowの3段階で設定可能です。また、DACにプリアンプ機能がある場合、L50とアクティブ/モニタースピーカーを接続するためのパススルー・バイパスモードも備えています。

 

 現在Topping L50こちらのストアでセールウィーク価格で販売されており、商品ページにあるクーポンを利用することで、2万円以下という非常に安い価格で手に入れることができます。

 

 

開封動画

www.youtube.com

 

Topping L50の特徴

  • 新設計のNFCA(ネスト化フィードバック複合アンプ)回路を搭載
  • 4ピンXLRバランスヘッドホン出力搭載
  • 6.35mmシングルエンドヘッドホン出力を装備
  • 圧倒的なパワー(定格出力3500mW)
  • 3段階のゲイン切り替え
  • 高感度、低感度のヘッドホンにも対応
  • 出力電圧が高い。
  • 超低出力インピーダンス
  • 入力パススルー

 

Topping L50

 

フラッグシップを超える性能

 Topping L50はオーディオスペック測定で有名な海外のレビューサイト「AudioScienceReview」でToppingのフラッグシップで定評のある「A90」以上の評価を獲得し、最高の推奨製品としておすすめされています。サイズはA90よりコンパクトでありながら、よりクリーンな出力を提供するため、手頃なヘッドホンアンプを求めている全てのオーディオファンに現状最高の環境を廉価に提供します。

 

Topping L50

 

NFCA増幅回路を再設計

 Toppingは、最新のヘッドホンアンプであるL50のためにNFCA回路を再設計しました。それはA30 Proと同じ動作原理に基づいており、300ΩのインピーダンスでL30の2倍のパワーを提供することができます。超低歪率と高S/N比、ダイナミックレンジを維持しながら、オーディオ信号をクリーンで高品質に増幅するように最適化されています。Topping L50は、0.3uVの超低ノイズと145dBの高ダイナミックレンジ、0.00006%のTHD+N定格を達成しています。

 

Topping L50

 

感度の高いヘッドホンとTopping L50のペアリング

 3段階のゲインスイッチにより、ユーザーは高感度で要求の厳しいヘッドホンをTopping L50で簡単に使用することができます。

 

 このアンプは、最大3500mWまたは16Ωで3.5Wという驚異的にパワフルな出力を持っています。600Ωでも290mWの出力があり、ヘッドホンに命を吹き込むには十分すぎるほどです。ヘッドホンのインピーダンスで次のアンプを選ぶのではなく、Topping L50を選べば、繊細なヘッドホンにも厳しいヘッドホンにも簡単に対応することができます。

 

 L50の出力インピーダンスは0.1Ω以下と非常に低いため、感度の高いIEM/ヘッドホンを使用しても、バックグラウンドノイズやヒスを気にすることはありません。

 

Topping L50

 

インプット・パススルー

 Topping L50には、アクティブ/モニタースピーカーに直接出力するためのインプットパススルー機能があります。この機能はL50の電源が切れていても動作します(この時点では明らかに増幅されていません)。L50はシングルエンドRCAとバランスTRSの両方のパススルー・ポートを備えています。

 

Topping L50

 

シングルエンド+バランスの両構成

 Topping L50は、シングルエンドとバランスの両方の入出力を備えています。最新のデスクトップDAC「E50」と組み合わせて、TRSバランスまたはRCAシングルエンドの入出力機能を使用することができ、RCAとTRSの入力パススルーも備えています。ヘッドホン用には、4ピンのXLRバランスと6.35mmシングルエンド端子を備えています。

 

E50とのマッチングを前提に設計

 Topping L50は、高品質のデスクトップDACと組み合わせて使用することができますが、最新のE50を念頭に置いて設計されています。E50とL50の両方は、デザイン、シャーシ、カラーオプションが完全に一致しており、お互いにマッチしています。

 

Topping L50

 

 

まとめ

 現状最高の高コスパヘッドホンアンプであるTopping L50がクーポン込みで2万円以下で買えるチャンスは非常に魅力的です。現在私もレビューユニットを試用していますが、A90に劣る点はVrmsくらいで、その他の全てにおいて勝っています。

 

 個人的に気になる点といえば背面のバランス入力がXLRでなくTRSフォーンプラグであることくらいで、XLRばかり使っている私は新たに変換ケーブルを買う必要がありました。

 

Topping L50

 

Topping L50

Topping L50

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事