audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】中華イヤホン Tripowin × HBB Meleの海外レビューまとめ

ヘッドライン

Tripowin × HBB Mele

Tripowin × HBB Mele

 

 著名レビュアーHBBとコラボした人気ブランドTripowinの新作イヤホン「Tripowin × HBB Mele」についての海外レビューをまとめて紹介します。ちなみに私のレビューはこちらからどうぞ。

 

Tripowin × HBB Meleの特徴

  • 超高性能・低価格インイヤーモニター
  • 独自のアキュチューン技術
  • 丈夫でエレガントな筐体
  • プレミアム4芯OCC銅ケーブル
  • 音場の奥行き、解像度、ディテール再現性の向上

 

Tripowin × HBB Meleの技術仕様

  • ドライバー:10mm グラフェン・ダイナミック・ドライバー、デュアル・キャビティ
  • インピーダンス:16Ω
  • 定格出力:10mW
  • 最大出力:30mW
  • 周波数応答範囲:10 Hz- 34 KHz
  • 感度:109dB
  • コネクタ:2pin 0.78mm

 

コミュニティによる、コミュニティのための

 Tripowinは、オーディオマニア界の伝説的なオーディオ評論家の一人である「Bad Guy, Good Audio Reviews」(通称Hawaian Bad Boy)と提携し、市場を揺るがす次の超性能、格安インイヤーモニターを開発しました。Tripowinは長年にわたり国際的なブランドで最も人気のあるオーディオ製品を製造しており、この技術的ノウハウとHBBが何千ものHiFiオーディオ製品を扱ってきた経験が融合し、Meleという完璧な製品を作り出しました。オーディオ愛好家の方々を第一に考えて設計されたProject Meleは、最高のオーディオ性能とプロフェッショナルなチューニングを約束し、誰もが手に入れやすい廉価なプライスを実現しています。 

 

www.youtube.com

 

海外レビューの紹介

 tripowin meleはblon bl03に似たU字型のチューニングで、その落ち着いたリラックス感のある中高音域により、多くの人にとって非常に心地よい、好感の持てるチューニングになっています。聴き疲れ感とは程遠く、長時間聴いていても疲れることはありません。付属品と価格帯を考えると、全体として十分な価値があると思います。

 

長所:

  • 暖かみのある低音
  • 聴き疲れ感がない

 

短所:

  • 軽くて、音に重厚感がない
  • 密閉性が悪い

 

https://www.head-fi.org/showcase/tripowin-x-hbb-mele.25419/reviews#review-27586

 

Tripowin × HBB Mele

 

 MELEのサウンドマークは、オリジナルのBlon Bl03と似ています。しかし、その音は特別なものでも、ひどいものでもなく、むしろ合理的な角のある形をしています。この音は、中低域にあまり流出しない、かなり暖かい中低域と並んで、甘い重低域の鳴動感とローエンドの鮮やかな拡張に完全なスポットライトが当てられています。高音は滑らかで、完璧なバランスで動き出し、その結果、ピークや無意味な歯擦音から遠ざかっています。

 

長所:

  • ナイスチューニング
  • ウォームで低域強調型
  • 疲労感がない
  • 製造品質
  • 価格に対する価値
  • 歯擦音がない

 

短所:

  • ディテール
  • 中低音
  • 女性ボーカル

 

https://www.head-fi.org/showcase/tripowin-x-hbb-mele.25419/review/27449/

 

Tripowin × HBB Mele

 

 私はBLON BL-03が$20のイヤホンとしてもたらしたものが大好きで、素晴らしい音だと思っていました。しかし、フィットはよくなかったため、オーディオマニアではない友人には、そのほとんどが暖かく多彩なサウンドを気に入ってくれたにもかかわらず、彼らに薦めるのをためらってしまったのです。Meleは、BL-03が成し遂げたことを基に作られ、その点では成功したと言えるでしょう。見た目も高級感があり、価格も手ごろで、リラックスできて疲れない、楽しいチューニングはそのままです。

 

 おすすめの製品かって?もしあなたが、BLONを楽しんでいたけれども、フィット感が嫌だった、あるいは、お金をかけずにBLONからステップアップしたい、と思っているなら、おそらくこれは完璧なソリューションになることでしょう。BGGAR/HBBと彼のミュージックライブラリのファンなら、これはいいピックアップになるでしょうし、彼の仕事をサポートできるかもしれません。BLONやそのチューニングが好きでなかった人は、これを愛用するのは難しいかもしれない。とはいえ、Meleは提示価格の割によくできたセットで、特に素晴らしい音色を持つ暖かいサウンドのセットを求める人々にとっては、その価格帯の適切な選択肢として位置づけられるでしょう。

 

長所:

  • ウォームチューニング
  • 聞き疲れない
  • 品質
  • 価格

 

短所:

  • 高域と中域にヴェールがかかっている
  • シェルの傷

 

https://www.head-fi.org/showcase/tripowin-x-hbb-mele.25419/review/27021/

 

Tripowin × HBB Mele

 

 ドラムとギターに魅力があり、多くのジャンルをうまく演奏している素晴らしいセットです。作りも解像度もblon03より一段上です。この作り、チューニング、音色、解像度で$50とは!予算重視のオーディオマニアにお勧めの一品です。

 

長所:

  • フィット感、分離、解像度、トランジェントにおいてBlon03より優れている。
  • 深みのある低音
  • 満足のいくギターバイト
  • クリーンな表現
  • 価格帯の中で最も優れた品質

 

短所:

  • 高音域のロールオフにより解像力が低下するが、歯擦音や聴き疲れを防ぐことができる
  • 女性ボーカルはBlonの方が良いのでは

 

https://www.head-fi.org/showcase/tripowin-x-hbb-mele.25419/review/26746/

 

Tripowin × HBB Mele

 

 

まとめ

 Tripowin × HBB Meleについては、全体的に聴き疲れ感、歯擦音などの刺激的な要素の無さが魅力だというのが上のレビューからわかると思います。そのため、普通のイヤホンで高域でサ行が刺さったり、メタリックな音がすると思っているような高域に敏感な人にはかなり良い選択肢です。逆に大抵の人には少し高域が不足しすぎているかもしれません。

 

Tripowin × HBB MELE

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事