audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】中華イヤホン TRN VX Proの海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon

TRN VX Pro

TRN VX Pro

 

 TRNの大人気イヤホン「TRN VX Pro」についての海外レビューをまとめて紹介します。ついでに私のレビューHiFiGOレビューもお楽しみください。

www.ear-phone-review.com

 

TRN VX Proの特徴

  • 高精度の音響ハウジング:完全にフライス盤で削られた航空宇宙グレードのアルミニウムシャーシ。 すべてのシェルは、5軸CNCマシンを使用して航空宇宙グレードのマグネシウム合金からフライス盤加工されます。プロセス全体で、高度な訓練を受けた職人が操作する21種類のダイヤモンドルータービットが必要であり、最終的に完全に手作業で仕上げられます。
  • テクノロジーの飛躍的進歩:2年間の徹底的かつ入念に開発されたブレークスルー9ドライバーハイブリッドテクノロジー長年の経験、真に卓越した構成の10mmダイナミック+8バランスドアーマチュアドライバー、4コア銀メッキ銅ケーブルより豊かでバランスの取れた透明なサウンドを実現します。
  • 高度なポリマー材料:VX Proは、高剛性と弾性を備えた高度なカーボンナノチューブダイアフラムを採用しています。 このユニークな素材は、トランジェントの速い、深くインパクトのある低音を実現します。 強力な電源を必要とせずに、ドライバビリティを大幅に向上させるデュアルマグネットシステムを組み込んでいます。
  • 高精度の音響ハウジング:完全にフライス盤で削られた航空宇宙グレードのアルミニウムシャーシ。 すべてのシェルは、5軸CNCマシンを使用して航空宇宙グレードのマグネシウム合金からフライス盤加工されます。プロセス全体で、高度な訓練を受けた職人が操作する21種類のダイヤモンドルータービットが必要であり、最終的に完全に手作業で仕上げられます。
  • 快適な装着感:安全で安定したイヤフック。軽量のイヤフックは人間工学に基づいて設計されており、激しい動きでもイヤフォンを所定の位置にしっかりと保持しながら、長時間の耳輪の周りに快適に装着できます。

 

TRN VX Proの技術仕様

  • 周波数特性:7Hz~40kHz
  • インピーダンス:22Ω
  • 感度:106dB/mW
  • ケーブルコネクタ:qdc 2pin

 

10mm CNT DD+8BA ハイブリッドイヤホン

 長年にわたる音響工学の経験を慎重に蓄積し、ついに9ドライバのハイブリッド技術にブレークスルーをもたらしました。TRN VX-PROの開発には2年の歳月を要しましたが、この記念すべき瞬間に立ち会うことができ、大変嬉しく思っています。10mm径のダイナミック型CNT振動板と8個のバランスド・アーマチュアを搭載し、より豊かで滑らかな、洗練されたサウンドを実現しました。ハイブリッドドライバー搭載イヤホンのフラッグシップモデルとして、VX-PROは特別な存在です。

 

www.youtube.com

 

海外レビューの紹介

 全体として、TRN VX Proは$100以下の価格帯の平均的なハイブリッドIEMです。楽しいブーミーな低音、エネルギッシュな高音、きちんとした音場、そして良いイメージングを持つ楽しいサウンドです。

 

 TRN VX Proを薦めるかって?それは場合によります。すべてノーマルの状態だと、TRN VX Proはせいぜい平均的なレベルだと思います。イヤーチップとケーブルをSpinfit cp-145とTACable Obsidianに変更すると、VX Proはより楽しくなりますが、その分、希望価格の$88より$30多く現金で支払うことになり、TRN VX Proの価格は$118になります。$118なら、BQEYZ SummerBQEYZ Spring 2、あるいはSeeaudio Yumeのようなハイブリッド(やトライブリッド)機を買うために、もう少し節約した方が良いと思います。

 

 TACable ObsidianやSpinfit cp-145のようなアクセサリーがすでに家にあるのであれば、おすすめです。VX Proを手に取り、チップとケーブルを交換し、V字型の楽しいサウンドのIEMとしてお好きなように使ってください。

 

長所:

  • フルボディの低音
  • 厚い中音域
  • 前方の親密なボーカル
  • エネルギッシュな高音
  • 良好なイメージング
  • ディテールの再現性

短所:

  • 低音のにじみ
  • 濁った中音域
  • 高音域の粒状性
  • 音場感
  • 透明度・解像度
  • バランスド・アーマチュアっぽい音
  • 音のまとまり(音像一貫性)

 

https://www.head-fi.org/showcase/trn-vx-pro-1dd-8bas.25493/review/27336/

 

TRN VX Pro

 

 TRN VX Proは、初代のバンシー(叫び声の大きいイヤホン)なTRN VXの後継機です。VX Proは、前モデルよりも音色が良くなり、TRNのマルチドライバーの巨体よりもシャウト感が抑えられたのが特徴です。しかし、これは2歩進んで1歩下がるケースで、中低音のにじみと8kHzのスパイクが、このセットを偉大さから遠ざけています。

 

 付属品も充実しており、装着感や分離も良好ですが、中途半端な技術的な問題と上記のような音色の問題が、いくつかの作業を台無しにしています。さらに、ドライバーの左右差は、一部の人にとって残念すぎる可能性があります。

 

 私はVX Proは非常にまともだと思いますし、毎週リリースされるCHIFI製品の中では平均的なセットと呼ぶでしょう。TRNは、VXの前任者と比較して、より「西洋的」になり、バンシーらしくないチューニングをすることを学びました。残念ながら、平均的であることは、このCHIFI産業がいかに速いペースで動いているかということを考えると、今となっては十分ではありません。VX Proが、超低価格帯のCHIFIで際立った存在になるには、何か特別な分野があるのでしょうか?残念ながら、私には何も思いつきません。

 

長所:

  • 付属品が充実している
  • 2ピンケーブル - 一般的にMMCXより寿命が長い
  • 運転がしやすい
  • 快適で素敵なシェル
  • 平均以上のアイソレーション
  • 一般的なTRNよりもシャイニーでない

短所:

  • 平均以下のアイソレーション(注:原文ママ。長所と矛盾。レビューを読む限り、こちらが間違い?)
  • 左右差
  • 中途半端な技術
  • 低域が遅いため、中低域がにじみ、支離滅裂になる
  • 歯擦音とシンバル/ハイハットの強調された8 kHzスパイク

 

https://www.head-fi.org/showcase/trn-vx-pro-1dd-8bas.25493/review/27281/

 

 

 全体的に低音がにじんでいて、低音のレスポンスが遅い気がします。この価格帯では他に良い選択があると思います。低音のにじみと高音のキツさが嫌な人にはお勧めできません。

 

長所:

  • 鮮明なボーカル
  • ディテール
  • 深いサウンドステージ
  • イメージングが良い

短所:

  • 高音が少しきつい
  • 純正ケーブルが良くない
  • 低音のレスポンスが悪い

 

https://www.head-fi.org/showcase/trn-vx-pro-1dd-8bas.25493/review/27253/

 

 TRNのVX Proは1日数時間、1週間を通して聴いていますが、非常に好感が持て、一般リスナーにも喜ばれるのではないでしょうか。

 

 $88という価格では、その地位を確立しています。トップレベルのIEMに勝るとも劣らず、今年のベストバジェット製品の称号を得ることもできませんが、それなりに良いものです。

 

 私はTRNに対して何も持っていません、彼らの最近のリリースのほとんどは、私にとってヒットより多くのミスのようなものです。しかし、VX PROは私の耳には間違いなくヒットです。聴き疲れすることなく、非常に聴きやすいイヤホンです。

 

 とはいえ、VX Proに弱点がないわけではありません。前方定位が強いため、奥行きに欠け、それがそのまま楽器の分離の悪さにつながっています。しかし、メタルやハードコアにこだわらない限り、ほとんどの曲で問題なく聴くことができます。おおむねOKでしょう。

 

長所:

  • 歯擦音が強くない
  • 良好なV字型チューニング
  • パッケージングの改善
  • 堅牢なビルド

短所:

  • 中高音域にピークがあるため、楽器によっては音がはねることがある
  • 楽器の分離が悪い

 

https://www.head-fi.org/showcase/trn-vx-pro-1dd-8bas.25493/review/27069/

 

 

 籠もって聞こえがちなウォームなオーディオソースよりもニュートラルでトランスペアレントなオーディオソースの方が相性が良く、クアッドDACと組み合わせると開放的で生き生きとした音になるのが美点です。


 TRN VX PROは、弟分のTRN V90Sよりグレードアップしているのでしょうか?

 

 透明度や解像度の点では、こちらの方が優れています。ウェイトトーンはさらに良くなっています。つまり、より充実した音で、満足感で勝ります。

 

長所:

  • 明瞭度・分解能
  • 前方に響く音
  • 明るくても歯擦音が強くない

短所:

  • 少し金属的で鼻につく
  • 楽器の分離がもっと良い
  • 音場感が平凡

 

https://www.head-fi.org/showcase/trn-vx-pro-1dd-8bas.25493/review/27049/

 

 TRN VX Proは好みのイヤホンです。欠点があるのは確かです。しかし、ここでは$70前後のIEMについて話しているのです。それでも、ブルース、ジャズ、クラシック、アコースティックなどのジャンルを聴き、予算に限りがあるのであれば、VX Proを試してみるのもいいと思います。

 

https://www.androidbrick.com/trn-vx-pro-review/

 

 

 TRN VXは、名盤に迫る意欲的なIEMです。低音の心地よさ、優れた中音域の解像度、高音域の正確さに負荷がかかっています。VXは高域が少し強すぎるかもしれませんが、高音好きや微細なディテールを好む人は、このIEMから本当のスリルを得ることができるはずです。

 

長所:

  • 堅牢なメタルシェル
  • 優れたビルドクオリティと快適性
  • 着脱式ケーブル
  • 微細なディテール
  • 楽器分離

短所:

  • 高音域が強すぎる
  • 物足りない付属品

 

https://primeaudio.org/trn-vx-6ba-1dd-review/

 

 

 

まとめ

 いくつかのレビューにあるように、TRN VX Proは洗練されたVXといった具合でよりニュートラルに近くなり、順当にサウンドバランスが良くなっています。基本的に上位互換と考えて差し支えないでしょう。

 

 わりとよくできており、個人的には比較的好きなイヤホンですが、好き嫌いの分かれ目は高域にあります。私の感覚だとそれほどきつさを感じませんが、かなりぎりぎりに調整されているため、高域に敏感な人にはかなり不快に聞こえる可能性があります。

 

 高域は聴覚の個人差が大きいところでもあり、評価の分かれ目になりやすいですね。

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事