audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】Astell&Kern AK UW100の海外レビューまとめ

ヘッドライン

icon

Astell&Kern AK UW100

Astell&Kern AK UW100

 

 Astell6Kernの最新完全ワイヤレスイヤホン「Astell&Kern AK UW100」の海外レビューをまとめて紹介します。

 

www.youtube.com

 

Astell&Kern AK UW100の特徴

  • 【True Wireless Sound】ワイヤレスオーディオの新たなベンチマーク
    完全ワイヤレスイヤホン(TWS/トゥルー・ワイヤレス・ステレオ)は、音楽を自由なスタイルで楽しんでもらう為の手段として、長い間Astell&Kernの製品開発において焦点となっていました。AK UW100は、ワイヤレス環境でも可能な限り「原音に忠実」というAstell&Kernの基本理念を再現するべく誕生しました。
  • 【32bit Hi-Fi DAC】デジタル信号はDAC(デジタル・アナログ・コンバーター)で耳に聞こえるアナログ信号に変換します。多くの一般的なTWSのシステムでは、消費電力の低減を優先する為、DACはBluetoothチップセットと統合されています。しかし音質の向上を目的とした場合、これは物理的な限界があります。AK UW100は、32bit Hi-Fi DAC「AK4332ECB」を外部DACとして搭載。BTチップセットからI2Sで伝送しAK4332 DACでコンバートします。さらにAstell&Kernデジタルオーディオプレーヤーで培った独自のアンプ技術やオーディオ回路技術を融合させることで、BTチップセット内蔵DACとは全く異なるレベルの低歪みで高品質なサウンドを実現しています。
  • 【Knowles社製バランスド・アーマチュア・ドライバー】AK UW100は、Knowles社のバランスド・アーマチュア(BA)をドライバーに採用しました。シングルフルレンジで搭載することにより、あらゆるジャンルにおいてクリアで正確な音の再現を可能にしました。
  • 【Hi-Fiクオリティサウンドの為のBluetooth】AK UW100はPremium Tier BluetoothチップセットQCC5141を搭載。Bluetooth 5.2への対応により、広い範囲で安定した接続性を実現。そしてQualcommの次世代高音質コーデックであるaptX™ Adaptiveに対応し、Bluetoothオーディオの欠点であるレイテンシーを大幅に改善しました。aptX™ Adaptiveはコンテンツやワイヤレス環境に応じてビットレートを調整する機能を備えており、ビット深度24bit/最大ビットレート420kbpsまでに対応しています。Qualcomm True Wireless Stereo Plusを搭載したスマートフォンを使用している場合、イヤホンと対応機器間の接続がより強固かつ両方のイヤホン間でシームレスなペアリングが可能になり、消費電力が低減されます。AK UW100は、プレミアムBluetoothテクノロジーと次世代の高品質ワイヤレスコーデックを組み合わせたメリットを提供します。
  • 【クラス最高レベルのPNIとアンビエントモード】AK UW100は、人間工学に基づき数多くのシミュレーションを経て開発された軽量で密閉性の高いデザインにより、クラス最高レベルのパッシブ・ノイズ・アイソレーション(PNI)を実現しました。低周波ノイズを遮断することに特化した一般的なアクティブノイズキャンセリングとは異なり、中高周波の不要な周囲のノイズを効率的に低減します。外の音を聞きたい場合は、左のイヤホンのタッチ操作対応フェイスプレートを1回タッチするだけでアンビエントモードが起動します。イヤホンのタッチ操作や専用アプリでアンビエントレベルを4段階切り替えることができます。

 

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 A&K UW100は、これまでテストした最高のワイヤレスイヤホンに匹敵する音質で、使用する喜びを感じさせてくれる製品です。しかし、この価格であれば、購入者は素晴らしい通話品質、確かな防水性、アクティブノイズキャンセリングも期待できるはずです。

 

 音質については、A&K UW100を超えるイヤホンはないでしょう。しかし、音質が重要であるのと同様に、それがすべてではありません。同じ価格で、Master & Dynamic MW08を購入することができます。こちらはバッテリー寿命が長く、通話品質も良く、ANCも搭載しています。一方、Bluetoothマルチポイント機能はなく、ワイヤレス充電はMW08Sに50ドルでアップグレードすることで可能になります。

 

 数ドル安いソニーの280ドルのWF-1000XM4は、機能が満載で(Bluetoothマルチポイントを除く)、イコライザーで好きなように音を調整できます。私はUW100の方が好きですが、それでもソニーは最高です。

 

長所:

  • 優れた音質
  • 非常に優れた遮音性
  • Bluetoothマルチポイント
  • ワイヤレス充電
  • 装着感検知

短所:

  • 通話品質が悪い
  • アクティブノイズキャンセリング機能なし
  • IPX規格の防水性能はありません

 

https://www.digitaltrends.com/home-theater/astell-and-kern-ak-uw100-review/

 

Astell&Kern AK UW100
Astell&Kern AK UW100

 

 

 Astell&KernのAK UW100は、テクノロジーとセンスが見事に融合したBluetoothイヤホンです。バランスド・アーマチュア・ドライバーと高品質DACは、確かにこのヘッドホンの優れた品質に貢献していますが、最終的にはAK UW100をチューニングした人々の耳こそが、このような特別な選択を可能にする称賛に値するのです。本当に特別な存在なのです。

 

長所:

  • 驚異的なサウンド
  • 使いやすいタッチコントロール
  • ノイズをほぼ完全に遮断

短所:

  • イコライザーがあまり役に立たない
  • 非常に大きく、耳の小さい人には大きすぎるかもしれません。

 

https://www.techhive.com/article/626387/astellkern-ak-uw100-review.html

 

Astell&Kern AK UW100
Astell&Kern AK UW100

 

 まずはAK UW100の音についての結論から述べましょう。AK UW100は、私がこれまで聴いてきたTWSイヤホンの中で、特にチューニングが圧倒的に優れているんです。以前、B&O E8 3rdSONY WF-1000XM4の音を評価したことがありますが、どちらもAK UW100に比べると若干見劣りします。

 

 もちろん、ハード的なクオリティという点では、Astell&Kern AK UW100は完全ワイヤレスイヤホンの最強とは言えません。しかし、AK UW100の音は、単純にクオリティで勝っているわけではありません。バランスド・アーマチュアユニット1組という限られたハードウェアの制約の中で、ハイレベルで抜けが良く、充実したサウンドを引き出しているのが、その音質の力なのである。

 

https://www.qucox.com/ak-uw100-review/

 

Astell&Kern AK UW100

 

 

まとめ

 Astell&Kern AK UW100の海外レビューはまだそんなに多くないようですが、その数少ないレビューを読む限り、そのサウンドはかなりべた褒めされていますね。マルチポイントに対応しているのは地味にうれしいポイントです。

 

Astell&Kern AK UW100
Astell&Kern AK UW100

¥39,800(税込)

 

 
 
 
 

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事