audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】SeeAudio X Crinacle Yume: Midnightの海外レビューまとめ

ヘッドライン

icon

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

 

 See Audioの人気中華イヤホン「SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight」の海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

www.youtube.com

 

See Audio X Crinacle Yume Midnightの特徴

  • Crinacleによるチューニングアジャストメント
  • カーボンファイバー製フェイスプレートを採用
  • 強力なトリプルドライバー・ハイブリッド構成
  • リキッドシリコン振動板を採用したダイナミックドライバー
  • カスタムチューニングされた2つのBAドライバー
  • 低周波フィルター変換(L.F.C)技術
  • 高品質な5N OCC銀メッキ銅ケーブル

 

See Audio X Crinacle Yume Midnightの特徴

  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:106dB±1dB
  • 周波数応答:20Hz-20kHz
  • THD+N: ≤2%
  • 遮音性:26dB
  • コネクタの種類:2pin 0.78mm

 

SeeAudio X Crinacle Yume: Midnight

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 音質面では、この価格帯でMidnightはおすすめできるIEMです。バランスよく、かつ低音を強調したサウンドは、現代の音楽リスナーの多くを魅了し、聴感上もほとんど間違いがありません。ただ、その音に見合うだけの品質と付属品があればと思います。

 

長所:

  • 豊かな低音域と圧倒的な低音域の両立
  • 伸びやかで飽きのこない高音域
  • スムーズで楽しい音
  • バランスのとれた自然な中音域
  • ボーカルの表現が非常に良い
  • 付属ケーブルも充実

 

短所:

  • 付属品は廉価版FHE:Eclipseコラボの高水準には及ばない
  • ソフトな高音は、高音楽器用には輝きが足りないかもしれません。
  • ハイブリッドな音と音色が特徴的
  • フェイスプレートに潜在的な品質上の問題がある
  • デザイン性に欠ける

 

https://www.headphonesty.com/2022/03/review-seeaudio-x-crinacle-yume-midnight/

f:id:kanbun:20220415130242p:plain

 

www.youtube.com

 

 総じて、Midnightは$200以下のヘッドホン/IEMの中でも最高のチューニングが施されており、その点は言い過ぎではないでしょう。非常によくチューニングされています。また、フィット感もよく、私の好きなタイプのケーブルを含むアクセサリーの素敵なバンドルが付属しています。技術的な性能は、IEM自体に搭載されているハードウェアによってかなり制限されることを除けば、全体的に素晴らしいパッケージです。ドライバーの選択なのか、それともオーバーダンプなのか分かりませんが、そのチューニングが最高であることを考えると、望みは多く残されています。

 

 それにもかかわらず、同価格帯の他のIEMと比較して、このIEMを聴く気にならないのです。おそらく私は、ある閾値を超えると、音色よりも技術的な性能を重視するようになり、それが自分にとって目立った小ネタでなくなるのでしょう。どうなんでしょう。Midnightのように、特徴的な音色が私の完璧な基準に達していなくても、より洗練されたものに目が行ってしまうのです。

 

 何とも言えませんね。Midnightは好きですが、十分とは言えません。これはレビューするのが大変でした。もしかすると、私のCrinacleとのコラボレーションに対する基準は、もっと高く設定されているのでしょうか?

 

https://www.audiodiscourse.com/2022/02/seeaudio-yume-x-crinacle-midnight-review.html

f:id:kanbun:20220415130527p:plain

 

www.youtube.com

 

 See Audio Yumeは優れたイヤホンでしたが、Midnightはそれをさらに良くしています。Yumeを検討していたが、低音が薄いという報告を受けて保留にしていた場合、この進化は、高域にさらなるディテールと空気を追加しながら、Yumeに不足していたダイナミズムを追加します。 $199という価格は、詳しく調べてみる価値のある、確かな選択です。

 

https://www.mmorpg.com/hardware-reviews/see-audio-x-crinacle-yume-midnight-2000124433

f:id:kanbun:20220415130756p:plain

 

www.youtube.com

 

 SeeAudio X Crinacle Yume Midnightは、SeeAudio Yumeより30ドル高く販売されており、周波数帯域の両端でわずかなチューニングの変更により、技術的性能が向上したと考えられています。私はYumeを聴いたことがないのですが、この点でまだ物足りなさが残っていたので、これが顕著な改善であれば、技術的にかなり劣っているのでしょう。この点については、私もYume Midnightがかなり高性能であることを期待して調整を行ったのでしょうが、実際に何が行われたのかの詳細が全く分からないのではどうしようもありません。当事者自身が正確に知らないということもあるのだろうが、今後の展開のために内緒にしている部分もきっとあるのだろう。Yume Midnightは、Yume Midnight 2を作るためのベースとして、まったく別のドライバーを搭載したものだと考えています。

 

 このように、いくつかの長所と短所を挙げましたが、それでもYume Midnightはほぼポジティブな見通しをもっています。低音はサブウーファーのように聞こえることもありますが、EDMのような頭でっかちな音ではありません。たとえそうであっても、このよくできた実行は、他のジャンルに関係なく、より積極的に付加するように感じます。中域も多くの楽器を輝かせるのに十分なレンジを持っており、ロック、ポップス、そしてジャズの大半はここでうまく再生されるでしょう。しかし、高音域のレスポンスは、私にとってはヒットというよりミスであり、前述のイメージングの問題の助けになりません。少なくとも、HiFiGOがこれらの懸念を解消する量産型の機械組み立て式ケーブルを出荷するまでは、純正ケーブルは私にとってうまく機能しなかったことを心に留めておいてください。今は、初期ロットを購入した顧客が希望すれば、ケーブルの交換を受けられるかどうかを待っているところです。

 

 もしこのIEMにCrinacleのラベルがなかったら、オリジナルのYumeが比較的好調でも、注目されることはなかったと思います。そういう意味で、今回のコラボレーションはSeeAudioにとって、確実に売上に結びつくものであり、それだけでも価値があると思います。Yumeの$30アップとしてふさわしいかについてはあまり語れませんが、それでも$200にしては非常に良いセットだと思います。特に、MOONDROP×Crinacle Blessing2:Duskのような、$300を超えるセットが欲しくても手が出なかった人にとっては、かなり魅力的なものになりそうです。最近発売された他の$200の大作は、どれも余裕があるくらいにチューニングが違っていて、現在注目の7Hz Timelessでさえ、Yume Midnight lより悪いところがいくつかあります。Yume Midnightは、$200前後、場合によってはそれ以上の価格帯で、私の好みのセットの一つであることは間違いない。しかし、特に技術的な面では、この製品に焦点を当てたはずなのに、まだ物足りなさを感じているようで、決して必需品ではありません。

 

長所:

  • 低音、中音、高音をそれぞれ独立した領域とし、ブリードオーバーのないチューニングが可能
  • 低音ブーストにより、ディテールを失うことなく様々なジャンルの音楽を楽しむことができる
  • 良好なダイナミックレンジとコントラスト
  • ボーカルや楽器を引き立てる豊かな中音域
  • 優れた楽器とチャンネルのセパレーション
  • 疲れない、伸びのある高音域のレスポンス
  • 歪みが少ないため、EQで簡単に拡張可能
  • 平均的な大きさの耳で快適に装着できる
  • 稀に見るSSとXLを含む、複数のサイズのシリコンイヤーチップの異なるセットが提供される
  • 邪魔にならない派手さのないIEM
  • 非常に機能的なキャリーケース

短所:

  • 12dBのブーストにもかかわらず、低音域の量感がまだ不足しているように感じられる
  • イメージングが若干霞んでいる
  • 女性ボーカルは男性ボーカルに比べて若干貧弱に感じられることがあるが、これはチューニングによるものである
  • 高音域が空洞になる
  • オリジナルロットでは、装着時の使い勝手が悪いケーブルが使われていた

 

https://www.techpowerup.com/review/seeaudio-x-crinacle-yume-midnight/

f:id:kanbun:20220415131016p:plain

 

レビュー記事

www.audio-sound-premium.com

 

 icon

まとめ

 SeeAudio X Crinacle Yume: Midnightは2万円台で買える中華イヤホンとしては悪くない機種のようです。ただ、原型機のYumeはサウンドバランスは良好でしたが、技術面で優れた機種ではなかったところがあり、SeeAudio X Crinacle Yume: Midnightでも基本的な部分は改善されていないようです。それでもYumeが人気のあるIEMであることを考えると、悪くない製品だと思います。

 

SeeAudio X Crinacle Yume Midnight

SeeAudio X Crinacle Yume Midnight

See Audio Yume:Midnight

$199.99

 

 
 
 
 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事