audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【ハイレゾ対応イヤホン RHA MA650 レビュー】驚きのコスパ!細密で精緻、驚異の音質に目からウロコ。上位機種とも勝負できる。女性ボーカル曲に関しては価格帯最高の味わい

RHA MA650

RHA MA650 ハイエンドイヤホン カナル型/ハイレゾ対応/Complyイヤーチップ付属/3年保証 Android用リモコンマイク搭載【国内正規品】 271556

 

おすすめ度*1

RHA MA650

ASIN

B074QQC5CT

 小型で耳への収まりは良いハウジング。価格の割に標準付属のイヤーピースの種類は多めで、嗜好にあったものが選ばれるので、装着感はかなり自由に選べる。

 遮音性は高めで音楽再生中はほとんど周囲の音は聞こえない。明度のはっきりした音なので、音漏れは思ったより感じられるので注意が必要かも知れない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 かなりの種類のイヤーピースの替えが付属する。ケーブルのタッチノイズは少しある。

 

RHA MA650RHA MA650

 

【2】音質

 全体的に明瞭感があって、煌めき度も高く、清涼感と色彩感のある音質。個人的には好みの音質なので評価はかなり甘くなるかも知れないが、それでも女性ボーカル曲の艶やかさと甘味の表現に関しては価格帯トップクラスであることは賛同いただけると思う。突き抜け感は標準以上、透明感に関してはトップクラスの高域は尖らない中盤の膨らみもあって弾力性のある光沢感を持っている。クリアな表現はとくに中域での奥行き感に貢献し、ピアノの質感も若干硬めながらキンキン撥ねない音で品格がある。弦楽も弦のしなりが感じられる音で、有機的な風味がある。低域は輪郭感で勝負しており、ボリュームで鳴らしてこないので、中高域を邪魔しないし、耳にうるさく出てこない。高層ビルの展望台から都会の摩天楼を見下ろすように、それぞれの音の鳴り方を立体感を持って俯瞰できる表現で、それが1万円を切る価格で手に入るというのだから驚くしかない。

 

[高音]:上への突抜けは標準以上で高さを感じさせる。のびやかで張りとつややかさも失われない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:かなり精緻な定位感があり、奥行きはくっきりした形で出る。奥までの密度の感覚にも不自然なところがなく、一部の音だけ極端に奥まって感じられるというような感じはしない。ピアノはコンという反響感と重みのある硬質な音。弦楽はエッジが利いているが、つま弾きはキランという感じでなく、ジャランという光沢に色合いが付いた音で鳴り、音色に色彩感が感じられて有機的に思える。

[低音]:鳴りすぎない低域。ディテール感があって音のまとまりがよい(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:背景音も緻密でディテール感は本物。全体的に細かい、球状の空間。ドーム球場の打席から、観客席の個々の観客の動きや表情が見えてしまうかのような、解像度の高い空間表現(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:シンバルは粒が細かい。ドラムはタイトで締まった鳴り方をする(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは艶やか。とくに女性ボーカルの透明感と伸び、突き抜け感に妙味あり。

 

【3】官能性

 鈴木このみ「DAYS of DASH」はボーカルの伸びやかさと突き抜け感が良好で、とにかく元気で明るい。背景になる楽器音のキラキラした色彩感も青春の輝きを感じさせて、とにかく一直線で健気な曲調で楽しく、わくわくさせる雰囲気で聞かせてくれる。

 水瀬いのり&久保ユリカ「動く、動く」はスッキリくっきり明瞭感の強いラムネ風味の味付け。全体的に明るくピコピコとした電子音の印象的な感じになる。音は滑らかでシームレス、ノイズ感のある音もほとんどそれを感じさせない。ボーカルも自然に重なって滑らかに滑っていく。展開の凹凸感は減っているが、ミニチュア的なディテール感と全体的な統一感が高まって一体性が感じられ、説得力のある感じで聴ける。突っかかりが減っている感じがするので、変化を楽しめるこの曲がスムースな聞き心地になっているのは好みを分けそうではある。

 高橋李依「Stay Alive」のような情報量の多い曲もよくこなす。ただこの曲はシンバルが強く出るので、そこはさすがに繊細に出し過ぎて逆にシャリシャリした毛羽立ちが目立ってしまうところがあり、これを綺麗と見るかうるさいと感じるかは分かれそうだ。一方でボーカルと弦楽の精彩には脱帽したくなるレベル。

 

【4】総評

 音質に関しては個人的には完全に好みで、中高域の味わいはこの価格帯では格別といえるので評価はやや甘いかも知れない。1万円以下で女性ボーカルの曲をここまで気持ちよく聞かせてくれるイヤホンは他にない。コスパに関しては上位機種のMA750以上。MA750もコスパに優れている名機種だが、このMA650は価格帯一つ下の分だけ、付属品などのバラエティを考えるとさらにお得感が増す。見た目のかっこよさ、材質感も価格帯頭一つ抜けている印象だ。文句なくオススメである。

 留意点として、細身のケーブルのせいか断線しやすいらしく、耐久性の問題を指摘する書き込みをよく見ることだけ付け加えておく。

RHA MA650

 

【5】このイヤホン向きの曲

 冒頭からディテール感の高さを生かして緻密な空間に引き込んでくる。ミニアチュールのようなぎっしりとした音の密度と煌めき感がよい。音の爆発力を細かく丁寧に表現するので、スマッシュ感も細かく、しぶきや風圧を感じさせる。それが曲全体に勢いを与えていて、メリハリも増している。タイトで締まりの良い低域も推進力を生み出し、なにより艶やかなボーカル表現の甘味が絶品。(歌組雪月花「夢見サンライズ」)

 

 ピアノの味が有機的な生命感のある感じで出る。ボーカルの声色も透明感と突き抜け感があって、この曲独特のノスタルジックな雰囲気がディテールを増して味わえる。(南壽あさ子「フランネル」)

 

  全体的にクリアで緻密。ボーカルに透明感と伸びやかさがあり、背景音にも緻密さと明瞭感があるので、煌めき感が粒の細かい形で出てしつこさがなく小気味よい。(鮎川麻弥「風のノー・リプライ」)

 

  解像度が高く、元々の繊細な音がさらに緻密に感じられる。空間の広さを表現する弦楽ののびやかさとしなりと嫋やかさのある音には少しばかり刮目するところで、これが情緒感を高めてくれている。サビでのボーカルの突き抜け感も良好。

 

 音の表現にメリハリがあるので、大抵のイヤホンでは若干間延びして聞こえやすいこの曲の魅力を十分に伝えてくれる。ボーカルの残響感の表現に精密さがあって揺らぎを丁寧に感じさせてくれる。突き抜け感の表現もよいので、サビでの開放感も気持ちよく出る。(LINDBERG「この空にちかって」)

 

RHA MA650 ハイエンドイヤホン カナル型/ハイレゾ対応/Complyイヤーチップ付属/3年保証 Android用リモコンマイク搭載【国内正規品】 271556

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。