audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】中華イヤホン Tri i3 Proの海外レビューまとめ

ヘッドライン

Tri i3 Pro

Tri i3 Pro

 

 Triの平面駆動型イヤホン「Tri i3 Pro」についての海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

Tri I3 Proの特徴

  • 信頼の3ドライバー構成(1平面駆動形+1DD+1BA)
  • 10mmフラットダイヤフラムダイナミックドライバー搭載
  • 新しい快適なデザイン
  • 高級航空グレードのイヤーシェル
  • 高精度5軸CNC加工によるカービング・ワンピース・モールディング
  • 高品質な5N OFCケーブル
  • インピーダンス:15Ω
  • 感度:103dB
  • 周波数応答範囲:20Hz-40khz
  • 標準的な0.78mmの2ピンコネクター
  • ユニバーサル3.5mmターミネーションプラグ

 

Tin HiFi P1 Plusの技術仕様

  • インピーダンス:15Ω
  • 感度:103dB
  • 周波数応答範囲:20Hz - 40khz
  • Standard 0.78mm 2pinのコネクター
  • ユニバーサル3.5ミリメートル終端プラグ

 

定評あるI3が装いも新たに

 TRI Audioは、オーディオ愛好家の皆様の体験を向上させるために、信頼のおけるI3を改良しました。I3は、よりスムーズなサウンドを実現するために、新たなチューニングを施しました。パワフルなダイナミックドライバー、高性能なBAドライバー、そして平面磁気ドライバーのトリプルドライバーハイブリッド構成は健在です。こちらのDDは、フラットな振動板を採用した10mmのダイナミックドライバーにアップデートされています。

 

www.youtube.com

 

海外レビューの紹介

 TRI I3 Proは優れたIEMで、$200以下のトップコンテンダーです。その正確さと透明感は傑出しています。シェルがもっと人間工学的で、購入時にバランスケーブル終端オプションがあれば、より完璧に近くなっていたでしょう。

 

長所:

  • 中域の優れた透明感、クリア感
  • 正確な低音
  • 伸びやかできれいな高音
  • 立体的な音場感
  • 高品位ケーブル
  • 耐久性が高く、人目を引くシェルデザイン

短所:

  • ケーブルのバランス端子オプションがない
  • シェルは人間工学に基づいたデザインではない
  • 中音域の質感のなさ

 

https://www.headphonesty.com/2021/12/review-tri-audio-i3-pro/

 

 TRIのi3 proは優れたIEMであり、$200以下のトップコンテンダーです。最もまとまりのある、正確なサウンドを持つIEMの一つです。それはほとんど本来そうなっているはずのもの以上の音を追加しません。ほとんどの場面でベストとは言えませんが、最高の高音域の明瞭度を持ち、他のすべての面でも立派に機能しています。中音域は最も弱い部分ですが、分離がよく、何かの影になることもないので、性能にほとんど影響を与えません。ただ、エネルギー感や前に出る感じはないですね。

 

 もし、自分が何を求めているのかわからないけれども、細部にわたって精度が高くなければならないのであれば、i3 proは最高の選択肢となるはずです。

 

https://theheadphonelist.com/tri-i3-pro-review-easy-to-recommend/

 

Tri I3 Pro

 

 TRI I3 Proは、低音域と中高音域を増強し、透明感、透明感、躍動感、ダイナミクスを向上させましたが、豊かさと音の重さは犠牲になりました。

 

長所:

  • オリジナルの心地よい独特の平面磁気音響特性を維持しつつ、透明感とダイナミクスを向上させたこと
  • ノズル付きイヤーピースの小型化
  • アクセサリーの追加

短所:

  • チューニングの見直しにより、滑らかさ、豊かさが減少したこと
  • 高音の伸びが足りないこと
  • 強力なアンプが必要なこと

 

https://www.audioreviews.org/kbear-tri-i3-pro-review-jk/

 

 KBEARは原音を壊さず、わずかな変化(それが意図的なものであれ、物理的なサイズ変更の結果であれ)を加えて、これらを別物にしているのです。オリジナルのi3と新しいi3 Proは、どちらも手元に置いておく価値があるほど互いに異なっています。なぜなら、もし新型が旧型と完全に入れ替わったとしたら、旧型の購入者は初代i3を持っていることを軽視されたり、満足できなかったりするかもしれないからです。

 

 新しいi3 Proは、オリジナルのi3が大きすぎたり、重すぎたり、携帯性に欠けると感じた人たちのための「選択肢」なのです。オリジナルのi3をより洗練させ、トーンダウンさせたものを、より小さなフォームファクターで聴きたい人のためのものです。オリジナルのi3は低音が強すぎて、中音域のクオリティをもっと聴きたいという人には、このリリースは時間や財布を費やす価値があるかもしれませんね。

 

長所:

  • ビルドクオリティ
  • デザイン
  • 開封体験
  • 快適さ(新しい軽量デザインのおかげで、IEMが耳の中で存在感がより軽くなっています。)
  • 中音域の改善
  • 高音域の改善
  • 価値

短所:

  • オリジナルのi3と比較すると、低音の品質が劣る。

 

以下は短所でも長所でもなく、マイナーチェンジによる違いのみです。

  • 初代i3と比較して、音場が若干狭くなった。
  • ノズルの2段階設定ができなくなった

 

https://www.head-fi.org/showcase/tri-i3-pro-in-ear-monitors-1planar-1dd-1ba.25356/review/27346/

 

 i3 Proは、オリジナルのi3とは少し異なるキャラクターを持っています。温かみのあるUシェーピングから、よりニュートラルで技巧的な表現へと微妙にシフトしているのです。低音は少し抑えられ、中音は前に出され、高音は明るくなり、オリジナルのキャラクターと音楽性はそのままに、よりフラットなレスポンスとなりました。旧モデルの伸びやかで広々とした質感はそのままに、より正確なプロファイルが作成され、ケーブルの交換によりオリジナルの質感のほとんどが復元されました。さらに、小型化されたサイズ、より快適な装着感、充実したアクセサリーが加わり、勝者となるためのレシピが完成しました。そのユニークなドライバー構成と高品質の音楽サウンドで、i3 ProはIEM市場の中で特別な位置を占めており、強くお勧めします。

 

長所:

  • パワフルな重低域
  • 滑らかで開放的な中音域
  • クリーンな高音
  • 広がりのある音場
  • 美しい造形と演出

短所:

  • ステージングがオリジナルほど広くない。
  • 高音域はもっと伸びた方が良い
  • ケーブルに制約がある

 

https://www.head-fi.org/showcase/tri-i3-pro-in-ear-monitors-1planar-1dd-1ba.25356/review/27114/

 

Tri I3 Pro

 

 I3 proは、この価格帯の中では非常に勧めやすい製品です。比較的良い経験を提供してくれるからというだけでなく、それを超えるからです。このモデルの中音域の能力は、平面型ドライバーでのみ可能です。ドライバー間の一貫性は素晴らしいですが、聴くときにどのドライバーがホイールに乗っているのか明確に特定できます。IEMのような感覚ではなく、クローズドバックのような感覚です。

 

長所:

  • 非常に広く正確な音場
  • 中音域のイメージングと分離
  • 非常に柔軟なチューニングで、様々なジャンルに対応できる
  • ディテールが滑らかで、音楽性も高い

短所:

  • 高音域が少し足りないので、イメージングとステージングに不利
  • キックドラムや一部の楽器のディテールがぼやけ、高音域が不足することがある

 

https://www.head-fi.org/showcase/tri-i3-pro-in-ear-monitors-1planar-1dd-1ba.25356/review/27065/

 

 I3proは、低音のバランスが悪くコントロールが難しいため完璧とは言えませんが、それでも没入感のある魅力的なホログラフィックサウンド体験を提供する仕掛けをたくさん持っています。実際、プラナーならではの中域のテクニックを駆使した充実した音色という点では、ハイブリッドプラナーとして最高峰かもしれません。ただ、低音とバよりも存在感が欲しいところです。


 暖かく、豊かで、楽しく、よく解像した低音で、耳を痛めず、重厚なダイナミックさと柔らかい高音のバランスの取れた音質です。

 

長所:

  • 温かみのある音色なのに解像度が高い
  • 中域が素晴らしい
  • レイヤリングが上手
  • 没入感のあるホログラフィックな音
  • 美しいボーカル
  • 滑らかな音色
  • 中高域のアタックが速い
  • 透明感が良い
  • 親しみが湧くサウンド
  • ハイブリッド平面型としては適正な価格である

短所:

  • コントロールされていない低音と調整不足の低音
  • 重低域とキックドラムの分離の悪さ
  • 空気の不足
  • 楽器の分離の正確さの不足
  • テクスチャーが詳細ではない
  • トーンバランスが完璧ではない
  • 平面ドライバーの潜在能力が十分に生かされていない

 

https://www.head-fi.org/showcase/tri-i3-pro-in-ear-monitors-1planar-1dd-1ba.25356/review/27002/

 

 平面型ドライバー、ダイナミック型ドライバー、バランスドアーマチュア型ドライバーを搭載したトライブリッド型IEMです。TRIは旧型のI3を改良し、TRI I3 proを発表しました。この値段でこの音は素晴らしいですし、私は本当に満足しています。


長所:あらゆること

  • よく伸びる低音
  • スムーズな高音
  • 絶妙な中音域
  • 巨大な音場
  • ゲームに最適なイメージング
  • サイズ
  • 楽器やクラシック音楽はこのIEMで輝く
  • メタルに最適

短所:この価格帯ではほとんどない

  • ケーブルは最高でもミーハー
  • 純正ホワイトチップはとにかく悪い
  • 圧力上昇の問題
  • フィット感
  • 装着感はあまりよくない
  • 低音のインパクトは、私の好みよりはかなり低いです。
  • 最高のパフォーマンスを発揮するためには、適切なアンプが必要です。

 

https://www.head-fi.org/showcase/tri-i3-pro-in-ear-monitors-1planar-1dd-1ba.25356/review/26979/

 

 $200以下の価格帯になると、トライブリッドの選択肢が3つ(以上)出てきます。Tri i3 Pro、BQEYZ Spring 2、BQEYZ Summerの3つです。

 

 どれを選ぶかはあなた次第です。この3つを比較してみましたが、率直に言って、どれも完璧ではありません。

 

 それぞれに長所と短所があります。どの点を重視するかは、あなた自身、あなたの好み、そしてあなたの音楽ライブラリ次第です。

 

 Tri i3 Proについて言えば、Tri i3 proはかなり優秀だと思います。素晴らしいサブベース、無駄のないミッド、滑らかな解像度の平面型による高音域、大きなサウンドステージ、良好なイメージング、そしてディテールの良さ。最近のヒップホップやポップスを中心に聴くなら(あるいはサブバスが太い音楽なら)、Tri i3 Proはインパクトのある鳴動感に満ちた重低域によって本気で輝かせてくれるでしょう。

 

 しかし、ロックやサブベースを使わない音楽を聴く場合は、Tri i3 Proの低音は、フラットな中低音のために、無駄が多く、物足りないと感じるかもしれません。

 

 全体として、Tri i3 Proはかなりまともなトライブリッドであり、一部の人に勧めても構わないと思います。もちろん、完璧ではありません。しかし、適切な音楽とライブラリーがあれば、Tri i3 Proは真価を発揮することができるのです。

 

長所:

  • 透明感のある、開放的で滑らかな音質
  • 伸びやかな低音
  • 素晴らしい重低域
  • 無駄のないクリーンな中音域
  • 滑らかで解像度の高い高音
  • 大きな音場
  • 良好なイメージング

短所:

  • 高音の落ち込み
  • 中低音
  • ケーブルの相乗効果がない
  • 空気圧の上昇
  • ダイナミクス

 

https://www.head-fi.org/showcase/tri-i3-pro-in-ear-monitors-1planar-1dd-1ba.25356/review/26915/

 

Tri I3 Pro

 

 TRI I3 Proは、多くの点で2019年のオリジナルよりアップグレードされ、いくつかの点ではサイドグレードとなっています。

 

 アップグレードされたのは、シェルのサイズとそれによる快適さ、ノズルリップの追加、クリーニングクロスの付属...そして価格もです。音はより明るく、生き生きとして、より透明で、よりダイナミックになりましたが、豊かさと音の重さが犠牲になり、有名なChiFiのピークに、少なくともわずかですが、入り込んでいます。

 

 とはいえ、TRI I3 Proは、そのユニークな音の魅力によって、まったく別の生き物であることに変わりはなく、したがって、アップグレードした価格であっても競争力があります。悲しいことに、最近、ChiFiのコミュニティでこのような現象が見られます。

 

長所:

  • オリジナルの心地よい独特の平面磁気音響特性を維持しつつ、透明感とダイナミクスを向上させたこと
  • ノズル付きイヤーピースの小型化
  • アクセサリーの追加

短所:

  • チューニングの見直しにより、滑らかさ、豊かさが減少したこと
  • 高音の伸びが足りないこと
  • 強力なアンプが必要なこと

 

https://www.head-fi.org/showcase/tri-i3-pro-in-ear-monitors-1planar-1dd-1ba.25356/review/26907/

 

 特に音楽のジャンルやスタイルを少数に絞っている人にとっては本当に悪くないIEMなので、このセットが好きな人の気持ちがわかりますし、もっと多くの人が楽しめると思います。正直なところ、BAと平面駆動型の音色はかなり良いので気になりませんが、私の膨大なライブラリにとっては、紛れもなくまともなIEMであるものの、特定の分野でしか成功しないかもしれないアンダーパフォーマーです。この価格なら、トリブリッドドライバの構成を考えるともう少し期待していますが、それでも(KBEAR)TRIの良い試みであったことは確かです。

 

長所:

  • サイズとフィット感
  • 良好なBAと平面的な音質
  • 低音の量と質が良い
  • クラシック、インストゥルメンタル向き

短所:

  • ドライバーの左右差
  • 高中音域の鈍化
  • 周波数特性のバランスが若干悪い
  • 全体的な音質の悪さと汚れの表現
  • 特定の曲で光る癖の強いチューニング

 

https://www.head-fi.org/showcase/tri-i3-pro-in-ear-monitors-1planar-1dd-1ba.25356/review/26874/

 

 

まとめ

 Tri i3 Proはウォーム系だったi3より少しモニター寄りになっています。中域が明るくなったようですが、音場は少し狭く聞こえるようになっているようですね。 

 

Tri i3 Pro

Tri i3 Pro

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事