audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】1つのイヤホンに3つの音!画期的なチューニングシステムを備えた「Hidizs Mermaid MM2」の海外レビューまとめ

ヘッドライン

icon

Hidizs Mermaid MM2

Hidizs Mermaid MM2

 

 Hidizsの最新中華イヤホン「Hidizs Mermaid MM2」の海外レビュー記事をまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

Hidizs Mermaid MM2の特徴

  • 6mm低電圧静磁場BMドライバー
  • 10.2mmダイナミックドライバー
  • チューニングバルブ3セット
  • 調整可能なチューニング(バルブ付き)
  • 環境に配慮した樹脂製シェル
  • ロゼンジカットのフェイスプレート
  • 着脱式2ピンOFCケーブル
  • 本革製イヤホンキャリーケース
  • ハイレゾ音源対応

 

Hidizs Mermaid MM2の技術仕様

  • インピーダンス:18Ω@1kHz
  • 感度: 104dB±1dB
  • 定格出力:5mW
  • 周波数応答:20Hz-40kHz
  • 重量:約 10g
  • 終端:3.5mm金メッキプラグ

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_d89d6337-2032-4a23-ab19-8f54a9aa4520.jpg?v=1648914307

 

新開発の静磁式BMドライバーを搭載

 Hidizs MM2には、Hidizsと韓国BSEがカスタマイズした新開発の6mm静磁型BM(Balanced Membrane)ドライバを搭載しています。このドライバーは、軽量かつ超薄型のミクロンレベルの振動板を採用し、高域の正確さときめ細かさを実現しています。超高域も低歪みで生き生きとしたエネルギッシュな性能を発揮します。

 

Hidizs PEK 高分子振動板搭載 10.2mm ダイナミックドライバー

 Hidizsは、PEK高分子ポリマー振動板を採用した10.2mmダイナミックドライバーを新たに開発し、低音域と中音域で卓越した性能を発揮しています。低音は、スピード感溢れるスラム音とパワフルな重低音で、より深く響きます。中音域はクリーンで正確、ボーカルは優れた透明度と詳細な楽器の音でシンプルに素晴らしいです。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/4_5c1b62df-87bb-4b0a-bf63-919db7412dfa.jpg?v=1648914334

 

3連式チューニングバルブによる調整可能なチューニング

 Hidizs Mermaid MM2は、ユーザーが自分の好みに合わせてチューニングを調整できるように、3組のチューニングバルブが付属しています。各セットは、ペアの音に独自の特性を提供し、1つは高音域を高めるシグネチャーを実現し、もう1つは低音を強化し、最後の1つはバランスのとれたサウンドプロファイルを持っています。この独自システムにより、Hidizs Mermaid MM2は、1つのペアで様々なサウンドスタイルを体験することができます。

 

ギャラリー

Hidizs Mermaid MM2
Hidizs Mermaid MM2

Hidizs Mermaid MM2

Hidizs Mermaid MM2
Hidizs Mermaid MM2
Hidizs Mermaid MM2
Hidizs Mermaid MM2

Hidizs Mermaid MM2

Hidizs Mermaid MM2
Hidizs Mermaid MM2

Hidizs Mermaid MM2

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 Hidizs MM2は、ユニークなサウンドチューニングバルブや、かなり小型の低電圧磁気静電平衡膜ドライバ1基とダイナミックドライバ1基を組み合わせた珍しいハイブリッドドライバ構成などの新しい機能を提供する、スタイリッシュな外観のインナーイヤーモニターです。MM2は、低音から高音までスムーズでリラックスしたサウンドプロファイルを提供し、長時間のリスニングに理想的です。

 

長所:

  • スムーズでリラックスできるサウンドプロフィール
  • スタイリッシュなフェイスプレートデザイン
  • ユニークなドライバー構成
  • 豊富なアクセサリー

 

短所:

  • 限られた技術力
  • リラックスしたサウンドプロファイルは、万人向けではないかもしれない
  • 平均的な中音域の明瞭さ

 

https://moonstarreviews.net/hidizs-mermaid-mm2-iem-review/

 

www.youtube.com

 

 Mermaidシリーズに加わったMM2は、独自のグラフェンコートされた振動板とダイナミックアーマチュアドライバーの最近の進歩により、Hidizsのイノベーションに対する評価を表明するものです。

 

 チューニングオプションやフィルターを搭載するのはHidizsだけのものではありませんが、フェイスプレートを打ち抜くことで、MM2の内部キャビティにアクセスしやすくなり、3つのフレーバーがそれぞれ異なるサウンドに変化させることが可能になりました。音質的な欠陥は予想の範囲内であり、適切な機器と組み合わせることで解決できるものです。

 

 Hidizs MM2は、平均以上の性能とドライバー・コントロールを備え、競争が激化している低価格帯の製品群の中で素晴らしい選択肢です。

 

長所:

  • 柔軟なチューニングフィルター
  • 疲れない音質
  • 快適な装着感

 

短所:

  • Bass Filterは圧倒的な存在感

 

https://headfonics.com/hidizs-mermaid-mm2-review/

 

www.youtube.com

 

 ポータブルオーディオの世界では、マグネトスタティック(静磁型)ドライバーは決して新しいものではありませんが、HidizsはMM2において新しいひねりを加えることに成功しました。チューニングバルブを実装した方法は、特にこの価格帯では魅力的です。しかし、MM2がバランス・バルブですでに暖かい音であることと、トレブル・バルブが私が期待した音でなかったことに少し戸惑いを感じました。チューニングバルブはHidizsの素晴らしいアイデアですが、実行には少し足りなかったようです。

 

長所:

  • 可変チューニングで最も手頃なインイヤーモニターの一つ
  • 充実した付属品
  • 優れた技術力

 

短所:

  • BalancedとTrebleのバルブでわずかにアッパーミッドのアグレッシブさ

 

https://www.audiophilian-reviews.com/2022/04/hidizs-mm2-review.html

 

www.youtube.com

 

 なぜ人々は自分でチューニングしないのでしょう?チューニングフィルターをねじ込むことで、うるさいYouTuberをねじ込むことにもなります...その悪いダジャレは許されるかもしれません。HidizsはMM2とチューニングフィルターできちんとした仕事をしており、特に異なる音の特徴を学びたい初心者に役立ちます。それでも、MM2は20ドル安くてもいいと思います。でも、もしかしたらHidizsは自分の好きな価格でチューニングできるかもしれませんね。

 

長所:

  • このクラスでは最高のステージング
  • 解像度
  • セパレーション
  • ねじ込み式フィルターによるチューニングのオプション
  • 素晴らしいケーブル

 

短所:

  • 音色は有機的とは言い難い
  • イヤーシェルが大きい
  • ローズゴールドは万人向けとは言えない

 

https://www.audioreviews.org/hidizs-mm2-review-jk/

 

www.youtube.com

 

 IEM市場は、ほぼ毎日新しいモデルが登場するため、100ドル以下のセグメントは最も冷酷な市場です。Hidizs MM2は、素晴らしいアクセサリーと非常にユニークなフィルターシステムで際立っており、様々なレベルの低音を提供しています。

 

 しかし、残念なことに、中音域と高音域のチューニングがややずれており、それが体験を悪くしています。高音域のロールオフは、このレンジのIEMに期待される解像感を最も損なうものです。

 

 Hidizs MM2は、もう少し価格が低ければ、より良い価値を提供できたと思いますし、Jürgenと同様に、私も音だけで判断すると、20ドルから30ドルほど低い小売価格を想定しています。しかし、アクセサリーは高品質なので、それらのグッズのために追加料金を支払っていると考えればおそらく納得できるでしょう。

 

長所:

  • 優れた純正ケーブル
  • 快適性
  • 価格の割に演出が良い
  • 良好なセパレーション
  • 魅力的な低音域のレスポンス
  • チューニングフィルターで低音と高音のレベルを変更可能

 

短所:

  • Hidizs MM2ケーブルのローズゴールドのアクセントが嫌われるかもしれない。
  • 中低域の後退
  • 中高音域は、高音フィルタとニュートラルフィルタで強調されます
  • 7kHz以降の急な高音域のロールオフ
  • 競争力をつけるには、もっと低価格にする必要がある

 

https://www.audioreviews.org/hidizs-mm2-review-kazi/

 

レビュー記事

www.audio-sound-premium.com

 

 

まとめ

 Hidizs Mermaid MM2のチューニングシステムについては好意的な評価が多いですが、サウンド面については価格帯で最高という水準ではないかもしれません。非常に高く評価するレビュアーもいますが、もっと平凡な機種と評するレビュアーもいます。 

 

 周波数特性を見る限り、サウンドバランスはやや中域中心的で、どのフィルターノズルでも高域が少なすぎる気がします。

 

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事