audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】ドイツから舶来せし黒き刺客!SENNHEISER HD 400 Proの海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon icon icon
icon

SENNHEISER HD 400 Pro

SENNHEISER HD 400 Pro

 

 SENNHEISERの最新モニターヘッドホン「SENNHEISER HD400 Pro」の海外レビュー記事をまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

SENNHEISER HD 400 Proの特徴

  • オープンバック・サーキュマルデザイン
  • ニュートラルなサウンド再生
  • 長時間のリスニングに適したパッド付きヘッドセット
  • 6Hz~38kHzの周波数特性

 

SENNHEISER HD 400 Proの技術仕様

  • タイプ:開放型
  • インピーダンス:120Ω
  • 周波数特性:6Hz~38kHz
  • 共振周波数:なし
  • 最大音圧レベル (SPL):110 dB at 1 kHz / 1 Vrms
  • 全高調波歪み(THD):0.05%未満

 

モニタースピーカーを耳元で再現

 SENNHEISERはHD 400 PROを設計する際に、スタジオのニーズに特別な注意を払いました。たとえば、このモデルは、オーディオプロデューサーがモニタースピーカーでコンテンツを聞くのと同じ方向感を再現するために、「わずかに角度を傾斜させて」埋め込まれた120Ωのトランスデューサーを備えています。

 

 SENNHEISERによれば、これはモニタースピーカーの間のスイートスポットに座っている感覚を正確に再現していると述べています。トランスデューサー自体はポリマーブレンドで作られており、強力なマグネットで駆動することで、「完全にクリアで明確な低音」を実現しています。

 

SENNHEISER HD 400 Pro

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 

 ミキシングとマスタリング、そして前述の音漏れの注意点を除けばトラッキングに最適なリファレンス・ヘッドホンです。この上なく快適で、特にリーズナブルな価格を考えると、驚くべきレベルの透明度と分離度を提供します。クローズドバック型は、より低音でパンチのあるサウンドを提供するかもしれませんが、ここで提供される精度は高くはありません。録音された音楽を最高の状態で聴くことを楽しむのはもちろんのこと、制作に真剣に取り組んでいるのであれば、間違いなく候補となる製品でしょう。

 

長所:

  • 長時間セッションでも非常に快適
  • 優れたステレオセパレーション
  • 極めて正確でニュートラルな再現性
  • 録音に隠された深みとディテールを明らかにする
  • 音質を考慮した上で、魅力的な価格を実現

 

短所:

  • すべてのオープンバック型ヘッドホン同様音漏れがある
  • 左右どちらにケーブルを接続するか選べると理想的

 

https://musictech.com/reviews/studio-recording-gear/sennheiser-hd-400-pro-review/

 

www.youtube.com

 

 SENNHEISER HD 400 Proは、開放的なカルーラルヘッドホンで、刺激のない温かみのあるサウンドが印象的でした。また、装着感もよく、取り扱いも簡単です。しかし、分析的なサウンドを期待するのであれば、細かい音にもかかわらず、必ずしもここで求めているものを見つけることはできないでしょう。ゼンハイザーのヘッドホンにありがちな暖かいサウンドシグネチャーは、その点であまりにはっきりしています。しかし、比較的シンプルなパッケージとプレーンな外観と同様に、非常に広い周波数応答で編集、ミキシング、マスタリングに適したヘッドホンであるという事実を隠すことはできません。すべての周波数帯域が均等に表現され、鮮明であるという利点があります。SENNHEISER HD 400 Proは、控えめに差別化されたサウンドで作業をしたい人にとって、使い勝手の良いツールになるでしょう。

 

https://www.headphonecheck.com/test/sennheiser-hd-400-pro/

 

www.youtube.com

 

 HD400 Proは、400豪ドルの提示価格よりも何倍も高いモニタリングのアップグレードを表しています。 それらは非常に快適で自然な音であり、120Ωのインピーダンスはどんな機材にでも接続できることを意味します。

 

長所:

  • ナチュラルな周波数応答

  • 非常に快適

  • 用途の広い120Ωインピーダンス

 

短所:

  • ケースや予備のイヤーカップは同梱されていません

 

https://www.audiotechnology.com/reviews/sennheiser-hd400-pro

 

www.youtube.com

 

 Sennheiser HD 400 Proは、音響のプロに明確に焦点を当てています。それが自宅であってもスタジオであっても。優れた中立性と魅力的な価格で、それは十分に機体に応えてくれるでしょう!

 

長所:

  • バランスの取れたニュートラルな応答
  • 優れた明瞭さと存在感
  • 軽量でありながら耐久性のあるビルド
  • 快適なフィット感


短所:

  • ポーチは付属していません

 

https://homedjstudio.com/sennheiser-hd-400-pro-review/

 

www.youtube.com

 

 このステルスな外観のヘッドホンは、オープンバック設計と広い周波数応答を備えており、非常に高い精度を実現します。

 

長所:

  • リッチでありながら正確なリスニング体験
  • 広い周波数応答
  • 非常に快適

 

短所:

  • 安くない

 

https://www.musicradar.com/reviews/sennheiser-hd-400-pro

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

まとめ

 SENNHEISER HD400 Proのレビューをよく確認していくと、おそらくそれはニュートラルよりは中域で響きを強調して、少し厚みのある音を聞かせてくれそうな気がします。元SENNHEISERの著名なエンジニアであるアクセル・グレル氏もそうですが、SENNHEISERはわりと厚みのある音を好む傾向がありますね。実際ロシア語のレビューサイトで周波数特性を見つけましたが、中域で奥行き感を強調しているようで、「ああ、そういえばグレル氏のチューニングしたUrbanista Lisbonも3kHzあたりを妙に弱くしてて、こんな感じだったなぁ」と思いました。ただし、HD560Sとの比較などから考えると、実際には3kHzの落ち込みは大きくなく、わりとニュートラルかもしれません。

 

 そういうわけで実際のところ、もしかすると、中域はステージングが強調されていて、おそらく立体感の再現度は少し正確じゃないんじゃないかと思っていますね。とはいえ、逆に言えばSENNHEISERチューニングが好きなら、きっと気に入るだろうことは容易に想像できますし、レビューを見る限り評判は良さそうです。

 

 まあ為替の影響もあるのかもしれませんけど、国内販売価格は競合「audio-technica ATH-R70x」とほとんど変わらなくなってます。「ATH-R70xよりはるかに安い!お得!」ってのがセールスコピーの一つだったんですけどね。

 

SENNHEISER HD 400 Pro

SENNHEISER HD 400 Pro

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事