audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】快適性重視の大注目モデルにANC搭載版登場!SONY LinkBuds Sの海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon

SONY LinkBuds S

SONY LinkBuds S

 

 独特のデザインによる高い外音との共存性で話題になった人気機種の上位版、SONYの最新完全ワイヤレスイヤホン「SONY Linkbuds S」の海外レビューをまとめて紹介します。

 

 

www.youtube.com

 

SONY LinkBuds Sの特徴

  • コンパクトなデザインと高い装着性
  • 外音取り込みによる「ながら聴き」と高性能ノイキャンによる「没入」を両立
  • LDAC対応と「DSEE Extreme」で様々な音声コンテンツを高音質に
  • コンパクトながら高いバッテリー性能を実現
  • IPX4相当の防滴性能

 

www.youtube.com

 

 

長時間装着しても快適な小型軽量設計

 ノイズキャンセリングとハイレゾ対応で世界最小・最軽量設計に加えて、耳から飛び出す量を抑えることでイヤホンの重心が頭に近く、安定した装着性を実現しています。また、イヤホン本体と耳の接触面を増やした「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」を採用しました。耳の複雑な凹凸にも干渉しにくい形状になっており、長時間装着しても快適にご使用いただけます。

 

人間工学的なデザインで快適にフィット(引用元:https://www.sony.jp/headphone/products/LinkBuds_S/

 

外音取り込みによる「ながら聴き」と高性能ノイキャンによる「没入」を両立

 音声コンテンツを聴きながら、周囲の音も聞こえる「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載。従来モデルよりも信号処理における外音取り込み量を増やすことで、より自然な外音取り込みを実現。さらに、高性能ノイズキャンセリング機能も搭載し、コンテンツを楽しむ際には高い没入感も両立しています。また、ユーザーの使用環境に応じて、ノイズキャンセリングと外音取り込みを自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」も搭載しています。

 

高い通話性能とセンシング技術による新しい音体験

 高度な音声信号処理を行う高精度ボイスピックアップテクノロジーにより、高い通話品質を実現。AIによる機械学習アルゴリズムで実現されたノイズリダクションシステムが周囲の環境ノイズを抑え、あなたの声をクリアに抽出します。さらに、センシング技術を活用したサービス連携により、新たな音体験を提供します。自動で音楽再生を行う「Auto Play」(ベータ版)やARゲームではソニーの立体音音響技術も掛け合わせた新しい体験をお楽しみ頂けます。

 

充実した基本性能と高い操作性

 ノイキャンON時は最長20時間と長時間使用可能なロングバッテリーライフと突然の外出時も安心なクイック充電にも対応。さらに、音切れしにくい高い接続性や雨や汗を気にせず楽しめる防滴性能等充実した基本性能を実現しています。

 

ハイレゾワイヤレスで高音質を楽しめる

 LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ音質。また、DSEE Extreme搭載により、AndroidでもiPhoneでもCD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源も、ハイレゾ級の高音質で楽しめます。

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 少し前に、Sonyはドーナツ型のLinkBudsをリリース しました。LinkBudsは魅力的なオープンデザインとユニークな外観で大きな注目を集めたイヤホンです。しばらくの間、SonyはそのモデルにLinkBudsブランドを代表させるだろうと思いました。しかし、なんと、ソニーはそれで完成させていたわけではありませんでした。今では、LinkBuds Sがいます。これは、プレミアムな$ 200(£180、AU $ 350)の値札が付いていますが、ソニーの主力製品であるWF-1000XM4(280ドル)といった、より伝統的なノイズ遮断およびノイズキャンセリングイヤホンのセットです。Beats Fit Proを含むこの価格帯の競合他社製品を打ち負かすことができるかどうかは不明ですが、多くの点で魅力的です。

 

長所:

  • 快適な装着感を実現する軽量・コンパクト設計
  • 非常に良い音と良好なノイズキャンセリング機能(アンビエントモード使用時)
  • ソニーのLDACオーディオコーデックに対応
  • スピーク・トゥ・チャット機能

 

短所:

  • マルチポイントBluetoothペアリング非対応
  • ワイヤレス充電機能なし
  • 騒がしい場所からの通話には不向き

 

https://www.cnet.com/tech/mobile/sony-linkbuds-s-review/

 

www.youtube.com

 

 ソニーのLinksBuds Sは、一日中装着していても快適で、優れた透明度モードと直感的な操作性を備えた有能なワイヤレスイヤホンです。

 

 これまでLinkBuds WF-L900とプレミアムWF-1000XM4という二極化した機種の間に、アクティブノイズキャンセリングを搭載し、かつ一日中快適に装着できるイヤホンは存在しませんでした。LinkBuds Sは、飽和状態のワイヤレスイヤホン市場で数あるモデルと見た目や音はあまり変わらないかもしれませんが、同社の上位ヘッドホンから定評ある機能を借りることで、穴あきスタイルのLinkBudsで失った信頼をある程度取り戻したと思います。さらに、素晴らしいトランスペアレンシー(外音取込)モードと軽量なデザインは、本当に何時間も耳に入れたままにしておくことが可能です。

 

 とはいえ、一流のオーディオ品質が最優先なら、AirPods Proの方に舵を切るかもしれません。AirPods ProはLinkBuds Sと同程度の価格で販売されていることが多く、比較対象は非常に多いのですが、WF-1000XM4の割引を気長に待つのもいいでしょう。ソニーのWF-1000XM3も150ドル/AU$180以下で見つけることができ、今でも最高のノイズキャンセリングイヤホンのひとつです。しかし、バッテリー駆動時間、周囲への配慮、直感的な操作性を少なくとも同等に考えるなら、ソニーのLinkBuds Sは勧めやすいモデルです。

 

長所:

  • 一日中快適
  • 優れた低音処理能力
  • アンビエントアウェアの効果
  • 直感的な操作性

 

短所:

  • ANC性能は中程度
  • 中音域の音質がまちまち

 

https://www.tomsguide.com/reviews/sony-linkbuds-s

 

www.youtube.com

 

 ソニーのLinkBuds(179.99ドル)は、しっかりとフィットしないオープンなデザインと、歪みを伴う弱い低音で、私たちを感動させることはありませんでした。しかし、LinkBuds S(199.99ドル)はまったく違います。この新しいノイズキャンセリングイヤホンは、何よりもまず、一貫性のないオープンデザインを捨て、より優れた音質を可能にするクローズドデザインを採用しました。また、オリジナルモデルにはなかった平均以上のANC(アクティブノイズキャンセリング)機能を備えています。このため、価格は高くなりますが、得られる機能と性能に見合ったものとなっています。しかし、LinkBuds Sが通常のLinkBudsより改善されていることは間違いありませんが、JabraのElite 7 Proは同等の音質とANC性能に加え、長いバッテリー駆動時間と完全防水設計を備えており、エディターズチョイスとしておすすめするのはこのイヤホンです。

 

長所:

  • 豊かな低音と鮮明でクリアな高音による高品質なオーディオパフォーマンス
  • 効果的なノイズキャンセリング機能
  • アプリ内EQ、カスタマイズ可能なコントロール、Spotify Tap対応
  • 防水設計

 

短所:

  • バッテリーの持ちが悪い

 

https://www.pcmag.com/reviews/sony-linkbuds-s

 

www.youtube.com

 

 LinkBuds Sは良好な音質とソリッドなアクティブノイズキャンセルを持ち、シーンによって強度を選択することができ、他の機能を満載している優れたワイヤレスイヤホンです。LinkBuds Sの最大の問題は、その価格が超安価ではないことです。ソニーの優れたWF-1000XM4が頻繁にLinkBuds Sの価格に近い割引をされていることを見ると、そちらのほうがおそらく、ほとんどの人にとってより良い選択肢です。

 

 しかし、あなたが素晴らしいWF-1000XM4の約束の多くを実現するコンパクトなイヤホンのデザインを探しているなら、それはLinkBuds Sに目が向くことでしょう。さらに、ソニーのイヤホンは頻繁に価格が下がるので、今後数ヶ月の間に150ドル付近でLinkBuds Sを手に入れることができるかもしれず、その時はお買い得である可能性が高いです。

 

https://www.gearpatrol.com/tech/audio/a40011950/sony-linkbuds-s-review/

 

www.youtube.com

 

 LinkBudsが常に周囲の音を聞いていたい人に最適だとすれば、LinkBuds Sは両方の世界でベストを与えてくれます。20ドル高くても、通常のものよりこちらを手に入れるのは理にかなっています。特に、少しデジタルな響きを持つ透明感のあるサウンドモードでも構わないという方にはおすすめです。LinkBudsとAirPods Proは、そこではまだクラス最高の体験を提供しています。

 

 しかし、それ以上に、LinkBuds Sはあなたがイヤホンに求めるものすべてを与えてくれます。一日中使えるバッテリー駆動時間、コンパクトなビルド、そして豊かなサウンドを手に入れることができます。最も重要なのは、Adaptive Soundモードが、あなたがしていることに基づいて、リスニングモードを自動的かつインテリジェントに切り替えてくれるということです。その体験はクールであり、あなたが新しい技術に興味があるなら、これらは試してみるためにピックアップする価値があります。

 

 また、もしあなたがお使いのシステムに深く統合できる相性の良い機種を探しているなら、ソニーのLinkBuds Sはほとんどプラットフォームに依存せず、高速ペアリングのおかげでAndroid向きになっています。iPhoneをお持ちの方で、すべてのAppleデバイスで同期するイヤホンをお求めの方は、AirPods Proに注目です。

 

https://www.thestreet.com/personal-finance/sony-linkbuds-s-review

 

 

まとめ

 SONY LinkBuds Sはレビュアーの間でわりと評判がよさそうです。やはり課題は初売り価格がご祝儀に近く、ほとんどWF-1000XM4と変わらないことです。そのコンパクトさがとても気に入ったという人以外は、値下がりを待って買うというほうが現実的に思えるでしょう。

 

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事