audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

SONY

【コラム】音楽CDをPCやDAP用の高音質ファイルに変換するなら、「SONY Music Center for PC」がおすすめ!簡単にflac形式に変換できる

CDをflac形式のファイルに変換するPCソフトウェアはたくさんあります。フリーソフトから有料ソフトまで便利な機能が付いているものも多いですが、フリーソフトは機能が多くても直感的に使いづらくて、結果的に使い勝手が良くないものもあります。慣れればそ…

【ワイヤレススピーカー SONY SRS-XB20 レビュー】厚みのあるベースとドライ気味な中高域で渋めのロックサウンドを奏でる。R&Bもよい

音質的にはドンシャリ系。後継機種のSRS-XB21に比べると、出力がよい分、メリハリを感じる。高低の立体感では、SRS-XB21のほうが突き抜け感を感じてより攻撃的なのだが、音場の印象では、XB20のほうがより広い印象を受ける。低域でもXB21がどうしてもブーミ…

【ワイヤレスイヤホン SONY WI-SP600N レビュー】骨格のしっかりした満腹感のある音を鳴らす。JAZZやロック向き。

音質的にずば抜けている印象はない。ただよく聴いていると、中低域で意外と芸が細かく、細かな分解能や音色の発色の良さを感じる。全体的に自己主張が強い感じではなく、曲に少し厚みを持たせて素直に聴かせるといった感じ。その意味で派手さは感じないが、…

【特集】池田綾子の名曲とともに味わう完全ワイヤレスイヤホン―第3回「海の唄が聴こえる」

この曲はアルバム「オトムスビ」に収録されています。このアルバムではいくつかコラボ曲が収録されており、この曲は長谷川久美子さんとのコラボデュエット曲になっています。 鮮やかなピアノに乗せた出だしから、独特のノスタルジックな味があります。ピアノ…

【完全ワイヤレスイヤホン SONY Xperia Ear Duo XEA20 レビュー】音質はあまりよくはない。ただ環境音はよく聞こえ、デバイスコントロールとしての魅力はある。

このイヤホンはどちらかといえば、スマートスピーカー的なデバイス制御をウリにしているところもあり、音質だけで勝負しているわけではないのだろう。環境音が丸聞こえするところは、車の運転時などにはよいかもしれない。音質的にはあまりコスパが良い感じ…

【完全ワイヤレスイヤホン SONY WF-SP700N レビュー】通信安定性はだいぶ改善された。音質もさすがのSONY。しかし、価格設定は強気でコスパはいささか難しい。

音質的にはWH-1000Xよりはだいぶ空間的に近めでシャープネスが増し、若干シャリっぽくなった傾向を感じる。JVC HA-ET900BTに似たような傾向の音だが、より弦楽やピアノ音に厚みを感じるイメージだ。シャープネスと色気のバランスが良く、比較的万能に聴かせ…

【コラム】世間でべた褒めされ、絶賛されている SONY WF-1000X を絶対に買わない理由

SONYから出ている完全ワイヤレスイヤホン、WF-1000X。巷間ではなぜか非常に評価の高い製品である。日本だろうが外国だろうが、完全ワイヤレスイヤホンランキングやレビューを見ると大抵べた褒め。フランス人評論家なぞ、「音質はロールスロイス級」と大絶賛…

【特集】日本ファルコム名曲とともに紹介するおすすめイヤホン3選

家庭用ゲーム機やホビーパソコンが一般的となった1980年代初頭。日本のコンピュータゲーム黎明期であるこの時代から続く老舗のコンピュータゲーム会社が日本ファルコムだ。今ではメジャーなゲームメーカーの一つである。 さてそんなファルコムだが、音楽にや…

【ワイヤレスポータブルスピーカー SONY SRS-XB31 レビュー】どこでもミュージック体験!持ち運ぶのが楽しいポップスタイルな外観と音楽

LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ相当の音質が楽しめるというコンセプトはSRS-HG10と共通。ただこちらはハイレゾ対応ではない。SRS-HG10に比べるとスピーカー出力が向上しているが、それが素直に量感と立体感に表れている。SRS-HG10にはやや骨格の細いとこ…

【特集】ドイツ人評論家が選んだ完全ワイヤレスオススメモデル BEST 10 2018

普通のイヤホンに対する完全ワイヤレスイヤホンの優位は明らかです。かつてケーブルの絡まりをほどきながらイヤホンを使っていた人々は、いまは完全ワイヤレスイヤホンによって、ケーブルに煩わされないという贅沢な開放感を失うことはありません。 オーディ…

【特集】フランス人評論家が選んだ完全ワイヤレスオススメモデル BEST 10 2018

2017年は完全ワイヤレスイヤホンにとって躍進の年になりました。2016年に始まった完全ワイヤレスイヤホンの市場は、爆発的に拡大したのです。私たちはこうした流行を目の当たりにして、TOP10ランキングを作ることにしました。ランキングは連続再生時間や周波…

【ハイレゾ対応ワイヤレススピーカー SONY h.ear go 2 SRS-HG10 レビュー】地平線をしっかり意識させる重厚な低域の上に、音楽を構築する。SONYらしく付加価値で勝負している機種

LDAC対応でハイレゾ相当の音質が楽しめるのがウリ。テスト機に用いたのはSONY製のLDAC対応プレーヤー NW-A27HN。SONY製品同士相性は悪くないはずだが、aptX対応のライヴァル機DENON Envaya DSB250BTに色味でやや負けている印象を受ける。同価格帯で競合関係…

【特集】日本ファルコム名曲とともに紹介するおすすめイヤホン3選

家庭用ゲーム機やホビーパソコンが一般的となった1980年代初頭。日本のコンピュータゲーム黎明期であるこの時代から続く老舗のコンピュータゲーム会社が日本ファルコムだ。今ではメジャーなゲームメーカーの一つである。 さてそんなファルコムだが、音楽にや…

【ワイヤレスイヤホン SONY WI-C300 レビュー】音質・使い勝手は外出時使用の状況をよく追究してまとめあげられている良機種。ただ価格的な立ち位置的にコスパは中途半端なところあり

全体的に外出時に音楽を楽しむというコンセプトをよく追求している印象がある。価格的には音質水準や仕様の面からやや割高に思うものの、SONYブランドの名に恥じないバランスの良い使い勝手で満足感は高く思う。 とはいえこれといって飛び抜けてすごいと思う…

【カナル型イヤホン SONY MDR-XB70 レビュー】量感のある低域が一番の魅力だが、中高域も精彩が感じられるバランスの良さがある

低域は重厚だが、深掘りされて中高域を阻害しない。中高域にもそれなりの精彩があり、バランスは悪くない印象。低域をしっかり味わいたいが、中高域も犠牲にしたくないというわがままをかなり高いレベルで実現している。低域はブーミーな振動感あるが、ドラ…

【ハイレゾ対応ヘッドホン SONY MDR-1A レビュー】のびやかで突き抜け感のある高域、充実した中域、すべてを優しく深淵から支える低域の三位一体

ソニー SONY ヘッドホン MDR-1A : ハイレゾ対応 密閉型 折りたたみ式 ケーブル着脱式/バランス接続対応 リモコン・マイク付き ブラック MDR-1A B おすすめ度*1 ASIN B00NW353KE ヘッドバンドの当たりは良く、軽めの装着感だ。イヤーマフは柔らかく密着度も高…

【aptX対応ワイヤレスイヤホン SONY MDR-XB80BS レビュー】ドライでビターなテイストが魅力の低域重視型モデル

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン MDR-XB80BS : 防水/スポーツ向け Bluetooth対応 リモコン・マイク付き ブラック MDR-XB80BS B おすすめ度*1 ASIN B01M0PKNUJ かなり大きめのイヤーフック形状をしたワイヤレスイヤホン。耳当たりは意外に柔らかく、装着感は…

【ハイレゾ対応イヤホン SONY XBA-N3 レビュー】濃密な空間表現が味わい深い。音が空間的に響いてくるその姿を丁寧に再現しようとしている

ソニー SONY イヤホン ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3 おすすめ度*1 ASIN B01LWT2XXX 特徴的なハウジングが独特の雰囲気を持っているSONYのカナル型イヤホン。装着感はそこそこよく、遮音性良好で音漏れ少なめ。ケーブル着脱可能だ。 【1】外…

【カナル型イヤホン SONY MDR-EX250 レビュー】空間表現の広さに妙あり。スカスカしたところはあるものの、繊細さのある音は低価格とは思えないほど上質

ソニー SONY イヤホン MDR-EX250 : カナル型 ブラック MDR-EX250 B おすすめ度*1 ASIN B00ZE3V2BO 小型のハウジングで耳になじむ。遮音性はそこそこ高く、音漏れもほとんどない。 【1】外観・インターフェース・付属品 付属品はイヤーピースの替え、携行ケ…

【カナル型イヤホン SONY XBA-A3 レビュー】のびやかさとメリハリを両立させ、抜けもきれいで自然。3つのドライバーがまさに渾然一体となって最高レベルの表現を形作っている

SONY カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 リモコン・マイク付 バランス接続対応 ケーブル着脱式 XBA-A3 おすすめ度*1 ASIN B00NW35A98 やや側面に出っ張るハウジングは好みを分ける装着感。少し重みを感じるかもしれない。ケーブルは着脱可能。遮音性はそれ…

【ハイレゾ対応ヘッドホン SONY MDR-10R レビュー】大味なサウンドを奏でるハイレゾ対応MDR-10シリーズのベーシックモデル

SONY 密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 リモコン・マイク付 ブラック MDR-10R/B おすすめ度*1 SONYのハイレゾ対応ヘッドセットMDR-10シリーズの基本モデル。比較的軽量なフレームと厚めのイヤーパッドで付け心地は良いが、長時間聴いていると少し蒸れやす…

【カナル型イヤホン SONY MDR-EX150 レビュー】コスパ良好。低価格イヤホンではかなりの作り込み。自然な味わいのフラットに近いサウンド

ソニー SONY イヤホン MDR-EX150 : カナル型 ホワイト MDR-EX150 W おすすめ度*1 2000円以下で購入できる廉価なモデル。だがSONYの底力を感じる音質でとても最底辺価格のものとは思えない。エントリーモデルとしてはかなりのコスパが感じられるモデルだ。遮…

【カナル型イヤホン SONY MDR-XB50 レビュー】圧倒的低音。その質量の中で聞こえるきれいな中高域

ソニー SONY イヤホン MDR-XB50 : カナル型 ブラック MDR-XB50 B おすすめ度*1 SONYの低音重視シリーズ「EXTRA BASS」の低価格モデル。この価格帯では圧倒的ともいえるほどの低音の量感が特徴。遮音性は良好で没入感が高いが、音漏れは多め。 【1】外観・イ…

【カナル型イヤホン SONY XBA-C10 レビュー】のびやかで透明感に満ちた中高域がきれいで美しいコスパ良好モデル

ソニー SONY イヤホン XBA-C10 : カナル型 バランスド・アーマチュア型 ブラック XBA-C10 B おすすめ度*1 バランスドアーマチュア型のカナル型イヤホン。廉価なモデルだが尖りや刺さりの少ない綺麗な音を鳴らすバランスドアーマチュアドライバを搭載しており…

【カナル型イヤホン SONY XBA-300 レビュー】緻密でしかも精彩さのある中高域は神がかっているレベル

ソニー SONY イヤホン ハイレゾ対応 カナル型 トリプル・バランスド・アーマチュア型 ケーブル着脱式/バランス接続対応 XBA-300 おすすめ度*1 バランスドアーマチュアドライバーを3つ備えた高精細な音が特徴のカナル型イヤホン。ケーブルはリケーブル可能。…