audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】ThieAudio Oracleの海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon icon icon
icon

THIEAUDIO Oracle

THIEAUDIO Oracle

 

 大人気中華イヤホンブランド「ThieAudio」の静電型ドライバー搭載インイヤーモニター「ThieAudio Oracle」の海外レビューをまとめて紹介します。

 

ThieAudio Oracleの特徴

  • ペンタドライバー 3ウェイクロスオーバーと3本のサウンドチューブのトリプルハイブリッドセットアップ
  • 10mmダイナミックドライバー&Sonion製デュアル静電型ドライバー
  • ノウルズDFKミッドハイ・バランスド・アーマチュアドライバー
  • Litz 5N OCC 100線×4芯銀メッキ線

 

ThieAudio Oracleの技術仕様

  • 周波数特性:20-80kHz
  • 感度:106dB/mW(@1KHz)
  • ドライバー構成
    • 低域:10mm径ダイナミックドライバー
    • 中域:Knowles製DFKバランスドアーマチュア・ドライバー
    • 高域:Sonion製デュアル・エレクトロスタティック(静電型)・ドライバー
  • ケーブル:Litz 5N OCC 100線×4芯銀メッキ線
  • ケーブル長:1.2m
  • コネクター:2ピン 0.78mm
  • プラグ:2.5mm TRRS, アダプタ2個付き
    ※3.5mm、4.4mmはアダプタは付属していません。
  • 付属品
    • シリコンイヤーチップ x1ペア
    • フォームイヤーチップ x3組(S/M/L)
    • キャリングケース×1

 

 

THIEAUDIO

 THIEAUDIOは、Linsoul Audioのクリエイティブな試みとして、2019年に発足しました。THIEAUDIOの目標は、最高のエンジニアチームを集め、オーディオファンやプロフェッショナルのために革命的なオーディオ製品をひらめかすためのクリエイティブなプラットフォームとして機能することでした。プロジェクトごとに、その分野で最も革新的で有名なエンジニアを厳選し、製品のデザイン、エンジニアリング、製造を監督しています。THIEAUDIO Phantom平面磁気ヘッドフォン、Voyager、Legacy、Signatureシリーズのインイヤーモニター(IEM)の成功から勢いを得て、私たちはハイファイオーディオの限界に挑戦し続けることを約束します。私たちと一緒に、優れた音楽パフォーマンスを体験してください。

 

ThieAudio Oracle

 

Signatureシリーズ

 THIEAUDIOのSignatureシリーズは、最新のテクノロジーと革新的なエンジニアリングを融合させ、最高級のIEMを実現するための研究開発技術の最高峰です。最初の2モデル、MonarchClairvoyanceは、IEMの最高峰として世界的に高く評価されました。この成功を受けて、私たちは新たに2つのツイントリブリッドモデル、ExcaliburとOracleをリリースすることを誇りに思っています。

 

ThieAudio Oracle

 

 ExcaliburとOracleには、デンマークのメーカーSonionの最新ドライバー技術である静電型(EST)トゥイーターが採用されています。ESTドライバーは、小さなトゥイーターチャンバーに超軽量メンブレンを搭載し、独立したトランスで駆動することで、インイヤーモニターの高音域を80kHzまで拡張することができます。実際に、このドライバーを使用することで、高音域のレスポンスが向上し、高音域の減衰が長くなり、空気感が増し、音の解像度が高まります。ESTドライバーを正しく導入することで、通常のバランスド・アーマチュア・ドライバーのイヤホンでは物足りなく感じてしまうほどです。

 

THIEAUDIO Oracle

 

Oracle:あなたの音を解き放つ

 Oracleは2EST+2BA+1DDのトライブリッド設計のIEMで、3つの異なるクラスのドライバーを独自の機能特性に基づいてマッチングさせているのが特徴です。Oracleは、プロフェッショナルなスタジオでの使用を念頭に設計され、適切なモニターとしてチューニングされています。中域はフラットな定規を使用し、楽器やボーカルを色付けしないニュートラルな再生を実現。また、ピンポイントに配置された耳介補正により、中域から高域への移行をスムーズにし、ボーカルやスネアドラムの歯切れの良さを高めています。また、ESTドライバーを採用し、音場感や解像度を向上させています。さらに、サブウーファーの存在を感じさせない中音域を実現するため、200Hzで正確にカットされた強力なサブバスエンファシスでチューニングされており、サウンドのバランスを整えています。

 

 

 Oracleの低域には新開発の10mmポリカーボネート製ダイナミックドライバーを搭載し、より深く、よりインパクトのある低域の配音を実現しました。このドライバーは、より強力なマグネットでさらに最適化され、スピードとレスポンスが向上しています。この周波数スペクトルの基本領域における全高調波歪み(THD)を低減するため、またピンナゲインの配置に優れていることから、カスタマイズしたアメリカのKnowles社のDFKシリーズ・バランスド・アーマチュア(BA)ドライバーを選択しました。私たちのチューニング能力と相まって、この新しいBAドライバーの性能には驚かされましたし、すぐに多くの人々を喜ばせるものになると信じています。さらに重要なことは、これらのBAドライバーはSonion製ESTドライバーの音色特性と完璧にマッチし、完璧なディテールの再現性、広い音場、空気感をもたらす自然な相乗効果を生み出すということです。

 

THIEAUDIO Oracle

 

 ESTドライバーの音質的な優位性にもかかわらず、その比較的低い音響出力ボリュームは、ESTドライバーを聞かせるために、すべてのドライバーをバランスよく配置する特別なエンジニアリングを必要とするチューニングを意味します。私たちはこのドライバーを扱った経験から、システム内のすべてのドライバーを正確にキャリブレーションし、ESTドライバーの性能を最大限に引き出す能力を身につけました。オラクルは、ESTドライバーの潜在能力をフルに活用した数少ないIEMであり、他のドライバーとは比較にならないほど鮮明な高音域の伸びの恩恵を受けられると確信しています。

 

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 純粋なリスニング体験として、私はThieAudio Oracleを気に入ることがたくさんありました。このブランドのIEMで気に入らないものはありませんが、今のところOracleは私のお気に入りの一つです。もちろん、デザインはClairvoyanceに少し似ているので完璧ではありませんが、音の観点からはこれ以上ないほど異なるモデルです。

 

長所:

  • ディープイメージング 
  • 存在感のある低音
  • 充実した中音域 
  • きらびやかな高音
  • 快適性 
  • ケーブル品質 

 

短所:

  • Clairvoyanceと同じ外観

 

https://majorhifi.com/thieaudio-oracle-review/

 

www.youtube.com

 

 このイヤホンのようなバランスの良いチューニングを求めるかどうかが、本当の決め手となります。フラットとは言い切れませんが、精緻に作り込まれたバランスという印象です。ディテールと解像度に優れ、低音、中音、高音のパフォーマンスが高く、バランス型とシングルエンド型のコネクタが各セットに付属しているなど、他の多くのクオリティに反論するのは困難です。アーティストが意図したものを正確に聴くことを追求するならば、Oracleはあなたの次のお気に入りのオーディオ機器になるかもしれません。

 

長所:

  • バランスのとれた音質
  • マルチエンドケーブル
  • 高価格のトライブリッド(バランスド・アーマチュア、静電型、ダイナミック型ドライバーアレイ)
  • ディテールと空気感

 

短所:

  • 適応するケーブル端がかさばる
  • シリコンチップは1組のみ
  • チューニングは万人向けではありません

 

https://www.mmorpg.com/hardware-reviews/thieaudio-oracle-iem-review-2000123447

 

www.youtube.com

 

 ミックスエンジニアとして、また演奏家として、Oracleは非常に魅力的な製品だと思います。HiFiMan Sundaraのようなディテールを持ちながら、イヤホンのように効率的で便利なIEMがあるという事実は、非常にエキサイティングな価値提案だと思います。Oracleの音色は非常に心地よく、リファレンスツールとして使うことに躊躇はありません。レコードを最初から最後までミックスする場合は、Oracleよりもマクロダイナミクスや音場感の良いものを使いたいですね。IEMではなくヘッドホンを使うという選択肢がある場合、私は耳に何も入れたくないので、ほぼ必ずヘッドホンを選びます。しかし、この1〜2週間、Oracleをニューヨーク市内に持ち込んでいますが、歩きながら、カフェで仕事をしながら、地下鉄に乗りながら、移動中にこのようなリスニング体験ができるのは、本当に素晴らしいことだと思います。OracleのIEMデザインに固有のパッシブノイズキャンセリングは、ブルックリン近辺を歩いていると、交通法規を前衛的に守るドライバーやバイクのせいであまりに不安になってしまうのです。このあたりは、人それぞれでしょう。しかし、私は今週、Sam EvianHand HabitsTothの新譜を移動中やスタジオから離れた場所で聴き、十分に楽しみました。また、パートナーが同じ部屋でビデオ編集をしながら音楽を聴くという、オープンバックのヘッドホンでは必ずしもうまくいかないような楽しみ方もしました。THIEAUDIO Oracleは、外出先やあまり理想的でない環境でのリスニング体験を求める人にとって、素晴らしい選択肢であると私は思います。

 

https://www.headphones.com/community/reviews-learning-and-news/thieaudio-oracle-review

 

www.youtube.com

 

 

まとめ

 ThieAudio Oracleはバランスが取れたサウンドを持っており、わりと評判の良い機種のようです。ただ、周波数特性の測定値を見ると、高域が少しおとなしすぎる印象を受けます。

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事