audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【ゲーミングヘッドセット Koobee V6(GH) レビュー】2ドライバー搭載でパワフルなドンシャリサウンドを奏でる。パワーを持て余し気味なところもあるが、迫力は出る

Koobee V6(GH)

ゲーミングヘッドセット ps4 イヤホン ヘッドフォン ゲーム用 ゲーミングイヤホン 高音質 二重スピーカー/マイク付き/1.5mケーブル付き/PlayStation 4/デスクトップPC/ノートパソコン/MacBook/タブレット/スマートホンに対応(ブルー)

 

おすすめ度*1

Koobee V6(GH)

ASIN

B0791TVYQ9

 大きめの2ドライバー構造のハウジングはお世辞にも装着性が高いとは言えない。標準のMサイズイヤーピースではまともに耳に収まらないので、手に入れたらすぐに、付属しているトリプルフランジイヤーピースに交換すべき。装着感が劇的に向上するだけでなく音質も大幅に向上する。

 それでも大きいハウジング構造とイヤーウィングは干渉しやすく、とくに眼鏡をかける人には少しつらいところがある。

 普通のシリコンイヤーピースでは浮き上がるが、前述のように標準添付のトリプルフランジイヤーピースを用いれば遮音性も高くなり、没入感が改善される。音漏れも少なめ。

 

 ちなみにamazonのページでは製品名がGHとされているが、これはゲーミングヘッドセットの略ではないだろうか。製品マニュアルにはV6と記載されており、箱にもV6と明記されており、製品シールが貼られているが、そこにもProduct Numberは「V6」であると明記されている。そのシールには元々の製造元と思われる会社名が書かれており、それによれば「Dongguan Zeming Electronics」製。Googleで検索してみたが、この企業のホームページらしきものはエラーが出て正常に見ることが出来ず、詳細は不明だ。

 Dongguan(東莞)といえば深圳と並ぶ広東省きっての工業都市で、日系メーカーの工場も多く進出している。オーディオファンの間ではOPPOの本拠地としてもお馴染みだ。さらに、かつてはそうした大企業の社員を相手とした性産業の一大拠点として世界有数の「性都」としても知られていた。一時数十万人規模の売春婦がいたというアジア最大、いや世界最大の性歓楽街だったが、習近平政権下で性産業が徹底的に撲滅された。その跡地はいまやベンチャー企業の一大拠点になっているという。深圳にさえ進出できない超小規模ベンチャーが性風俗店舗の空き室にオフィスを構え、日夜生まれては消えているのだそうだ。東莞は米中貿易戦争の中国側の最前線の一つ。かつての2015年チャイナショック時には1年で4000社以上が倒産したという。

 正体のよくわからない「Dongguan Zeming Electronics」もそんな東莞の生んだ泡沫ベンチャーの一つだったのかもしれない。

www.recordchina.co.jp

www.sankei.com

www.sankeibiz.jp

 

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はトリプルフランジ式を含むイヤーピースの替え、マイク入力・オーディオ出力分離アダプタ、オプションマイク、英語マニュアル。

 ケーブルのタッチノイズはかすかにあるが、目立たない。ケーブル中程にコントロールインターフェースがあるが、小型なので重みなどは感じられず、邪魔にはならない。

 

Koobee V6(GH)Koobee V6(GH)

 

【2】音質

 前述したように標準状態ではあまりに装着感が悪いので、トリプルフランジ式のイヤーピースに変更推奨。これによりこの機種の持つパワフルサウンドをかなり明確に楽しめるようになる。

 

 音質的には大きめのドライバーを搭載していることもあり、全体的に音に厚みと力強さがあり、ドラムの爆発力などはかなり強烈。音場的にも密度と広さのバランスが良く、奥行き感も良い。表現としては技巧味に欠け、素直な吹き鳴らし感で直情径行に聞こえる。そのため、グロウな印象を与える光沢感の表現などは、焼け付く感じがあり、少し野暮ったく聞こえる。しかし、大抵の場合、パワフルな力強さのあるパーカッションやボーカルが細かい粗を力強い音で吹き消してくれる。意外なところではゲーミングモデルでありながら、重低音は比較的おとなしい。ドライバーの大きさのおかげか、低域音には力強い厚みがあるが、深掘り感はそれほど明瞭ではない。全体的な印象としてはドンシャリの王道を行っている。ただしパワフルすぎて、大音量では耳に刺さりやすいのだけは注意。

 

[高音]:パワフルに吹き鳴らす感じの厚みを維持した抜けを感じる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:全体的に音がぶっとい。ギターのエッジは明瞭でガリガリ攻めてくる。弦楽やピアノはあまり技巧的でなく、素直に伸びたり響いたりする印象。厚みだけはしっかりしているので存在感はあるが、演出感はあまり感じない。大きめのドライバーのおかげか定位感はかなりよい。

[低音]:中低域はたしかな厚みを感じるが、100hz以下のいわゆる重低音の領域では振動はやや鈍くおとなしい。下に向かってゆるく沈み込み、40hz以下はほぼ振動を感じない(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:2ドライバーで口径も大きめだけあって音の輪郭は比較的良く、パワフルでキレの良さを感じる。かなりアタック感も出るのでメリハリは強め。左右の定位感も良く、奥行き感も結構あり、圧迫感を感じさせすぎない(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムの爆発力は強く、粘りもあって攻撃的。ズバンズバンというエンジン音に近い印象を受ける。ハイハットの表現も粒が細かく、チリチリという緻密な光沢感も出る。地熱感もあるが、どちらかといえば爆発力が支配するので傾向としては軽快な感じではある(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:パワフルで分離感も良い。あまり演出感のない声色で自然。

 

【3】ゲーミング体験

 ゲーミング用であるが、付属にサラウンドソフトウェアはついていない。以下は手持ちのサラウンドソフトウェアを用いてテストしている。

 

 音はかなりクリアで定位感は良い。定位感は良好で、オープンワールド系ゲームでも広大なフィールドを感じやすい。衝撃音も強めに出るので、敵との戦闘の臨場感も高い。ナレーションは良く分離される。音楽表現もパワフルなドライバーのおかげで発色が良いので、ゲームミュージックも聴き応えがある。

 PUBGではチャットしながらでも、銃声音は明瞭に聞こえる。銃声は輪郭のはっきりした音なので聞き逃しにくく、把握しやすい。爆発音はかなり強烈。グレネードはかなりの衝撃力を感じさせる。

 

【4】マイク

 マイク取り外し可能。これは素直にうれしい。マイクは柔軟に曲がり、マイク品質もかなりクリアでチャット用としては十分、品質だけなら配信用にも使えそうだ。指向性は高くないので、キーボードの打鍵音などは比較的入り込みやすい。

 付け外し可能でプラグは標準的なミニジャックなので、音質が気に入らなければ、別の市販品を代用することも不可能ではない。

 

【5】総評

 かなりパワフルで音楽もドンシャリで楽しませてくれる良機種。装着感に少し難しいところがあるが、付属のトリプルフランジ式のイヤーピースを使えば大部分解決される。ヘッドホン型と違って蒸れないのも利点。

 総合的な使い勝手は悪くなく、はっきり明瞭で定位感の良い音響はFPSでも能力を発揮する。コスパ的にも装着性の問題を除けば、音質と使い勝手を考えると、かなりの優秀さを感じる。

Koobee V6(GH)

 

ゲーミングヘッドセット ps4 イヤホン ヘッドフォン ゲーム用 ゲーミングイヤホン 高音質 二重スピーカー/マイク付き/1.5mケーブル付き/PlayStation 4/デスクトップPC/ノートパソコン/MacBook/タブレット/スマートホンに対応(ブルー)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。