audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【ゲーミングイヤホン AGPTek H1 レビュー】艶味や味付けが全くなくて面白味はないけど、意外といける音質。低域が薄いのでFPS向きではなさそう

AGPTek H1

AGPTek H1

AGPTEK ゲーミングイヤホン イヤホンマイク付 マイクロフォン HIFI中低音域 ps4 イヤフォン headphone 3.5mmコネクタ付き リモコン PlayStation 4 モバイル PUBG 荒野行動 パソコン/タブレット/ラップトップ/スマホ等に適合 H1 男女兼用

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「デカい割に装着感は良い」

おすすめ度*1

AGPTek H1

ASIN

B07HHYLJNQ

 大きめの口径のドライバーを搭載していてデカいハウジングだが、ステムの角度とかイヤーウィングの付け心地とかは結構考えられていて、意外と装着感は悪くない。遮音性はあまりない。半開放型なのか音漏れもそれなりに目立つ。

 正直このくらいの最底辺価格のゲーミングイヤホンをどう捉えるべきなのかわからないところがあって、このレベルだと音質的なところよりはマイクがチャットしやすい位置にあるかとか、デザイン面でゲーミング用途に向くかって捉え方なのかな。とくに専用のアプリなりソフトウェアなりが付属しているわけでもないし。

 

【2】外観・インターフェース・付属品「低価格にしては結構良い」

 付属品はダブルフランジ式を含むイヤーピースの替え、マイク入力・オーディオ出力分離アダプタ、オプションマイク、日本語含む多言語マニュアル。

 ケーブルのタッチノイズはガサゴソ聞こえるが、それほど大きくはない。ケーブル中程にコントロールインターフェースがあるが、小型なので重みなどは感じられず、邪魔にはならない。

 

Koobee V6(GH)Koobee V6(GH)

 

【3】音質「それなりの解像度感があっていいが、音は面白味がない」

 音質的には大きめのドライバーのせいか、価格の割には刻みが良い音で解像度感はある。瞬発力は悪くなく、アタック感と音の輪郭感はそれなりに出て、尖るような音で硬質なクチャクチャしたところのある音だが、あまり刺さる感じはなく、音割れはそんな目立たない。この価格でこれくらいの解像度感だと悪くないかなと思える。ただ音に厚みはそんなになく、若干軽薄な感じはあり、自然なふっくら感もないので、ピアノなんかはピロピロした感じに聞こえる。音に艶味というかまろやかさが決定的に足りなく、音の傾向は少し硬めだが、分解能だけなら価格を考えると良い感じで味わえるかも知れない。

 

[高音]:価格の割に突き抜け感もあって悪くない。やや透明感が強調されたような音(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:全体的に透明感が強調された感じの音で、厚みもあまりない。ただ緻密感は感じやすく、解像度感は高く思える。アタック感もそこそこよく、音の輪郭感もそれなりにはっきりしているのでメリハリ感は低価格の割にしっかりしている。

[低音]:低域はブーミーな振動で100hzから50hzまで素直な減衰。40hzで沈み、30hz以下はかすかな振動感(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:個々の音の輪郭感はしっかりしており、意外と奥行き感や広さも感じられる。音は全体的に表面モサモサ、輪郭ザラザラな感じがあり、個々の音の味わいはあまり良くないが、全体像で音楽を捉えるとバランス良い鳴らし方に聞こえる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは表面がやや弾力感のある反発を出し、地熱はあまりなく、肉厚感もあまりない音。パツンパツン。ハイハットは粒感はあまりよろしくなく、ザラザラしてぎこちない発色(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:やや明るめの色合いで聞こえる。比較的自然。

 

【4】ゲーミング体験「FPS向きではない」

 ゲーミング用であるが、付属にサラウンドソフトウェアはついていない。以下は手持ちのサラウンドソフトウェアを用いてテストしている。

 

 アナウンスの分離感は良く、よく聞こえる。空間的な定位も比較的良好で、没入感はそれなりにある。ただ、ゲーミング用途としてはあまり低域に盛られた感じがないので、迫力感は出づらい。ホラーゲームでよくある、ゴォォォォという風鳴り音みたいなので恐怖感を煽る空気感を醸す表現は出づらい。

 PUBGやってみて気づいたが、足音が聞こえづらいので、FPS用途としてはあまり向かないかも知れない。FPSで使うなら中低域付近を盛らないといけないかも知れない。高域方向は瞬発力も良く、弾丸の風切り音は比較的良く聞こえる。

 

【5】マイク「それなりに便利」

 マイク取り外し可能。マイクは柔軟に曲がり、指向性はそれほどではないが、声を拾いやすい位置に持って来やすい。音質は少し粗い。

 付け外し可能でプラグは標準的なミニジャックなので、音質が気に入らなければ、別の市販品を代用することも不可能ではない。

 

【6】総評「低価格のイヤホンでは案外悪くない出来」

 ゲーミング用途としてはちょっと中途半端な使い勝手だが、価格を考えると音質的には悪くないと思わせるものがある。ゲーミング用よりは音楽用の方が意外と聴き応えがあるかも知れない。この価格にしては口径の大きいドライバーを搭載しているようで、音の瞬発力や迫力は結構出る。半開放型で音漏れはするほうなので、外出時使用にはあまり向かない。

Koobee V6(GH)

 

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。