audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン Pioneer SE-E8TW レビュー】1万円を切る完全ワイヤレスイヤホンとしては音質は悪くない。明るいドンシャリ。付属のヒアスルーイヤーピースは面白いが、通信品質はキツい。

Pioneer SE-E8TW

Pioneer SE-E8TW

パイオニア Pioneer 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き イエロー SE-E8TW(Y) 【国内正規品】

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感は悪くない。独特のヒアスルーイヤーピースは周辺音の聞こえが良い代わりに低域スカスカになる」

おすすめ度*1

Pioneer SE-E8TW

ASIN

B07L3PV4CQ

 ハウジングは軽量で耳への収まりも良い。遮音性そこそこ。音漏れ少し。この機種には切り込みが入れられたヒアスルーイアーピースが付属していて、それに替えると低域が減る代わりに外環境音の聞こえが良くなるが、音漏れもシャリシャリ目立つようになるので注意。

 

 SBC/AAC対応。通信品質は1万円以下くらいの価格帯でも良い方ではない。テストした感じ、同価格帯のライバルの中でも通信品質はそれほど堅牢とは言えないSOUL ST-XS2に劣る印象。街中では結構途切れる場面が多い。

 そうすると同じドンシャリ音質だし、ヒアスルーも完備しているし、IPX7で防水性能も高くて装着感も良く、スポーツ向きというSE-E8TWの利点の全てをより高い次元で実現していて、しかも安く買えるST-XS2のほうがハズレが少ないとは言える。ちょっと厳しいね。

www.ear-phone-review.com

 

【2】外観・インターフェース・付属品「連続再生時間などスペックは物足りない」

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、専用充電ケース、説明書。イヤーピースはヒアスルータイプが付属する。

 

 連続再生時間がイヤホン単体で最大3時間。ケース込みで最大9時間。防水性能はIPX5。連続再生時間の3時間はまあ許せるとしても、最大再生時間のスペックで10時間ないってのはさすがにどうかなぁとは思う。実際上そんなに長く音楽聴くことは、私の経験からすると、日常生活ではまずないんだけど、旅行とかに持っていくことも考えると、10時間はさすがに短すぎないかな。

 

Pioneer SE-E8TWPioneer SE-E8TW

【3】音質「刻みの良い明るい高域と元気な低域の組み合わせ」

 音質はドンシャリ系の音なので、安っぽいと評価されやすいところがあるが、少なくとも完全ワイヤレスイヤホンの中ではしっかりした音の組み立てがされているドンシャリである。高域方向もシャリシャリさせつつもシンバルの空気感はきれいに感じられるので、それほど安っぽい音ではない。むしろ後述するように個人的な印象では、ドラムとシンバルの組み立ては悪くないどころか良質なくらいなので、音質で同価格帯の機種に引けを取っているわけではない。

 

[高音]:パリパリシャリシャリ系。シンバルは明るく、空気感のある音で弦楽もパリッと明るく朗らかに伸びる。派手めではあるが、高域は丁寧に組み立てられている(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、菅野よう子「Power Of the Light」でテスト)

[中音]:中高域に明るみがあり、女性ボーカルは明るめに浮かび上がる。ギターや管楽は少し明るさが強く、浮かれた印象を受けるかも知れない。

[低音]:100hz~30hzまで太い振動。20hzでほぼ無音。低域が少し引っ込んでいるので、やや存在感が強め(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:中高域から高域にかけてのあたりのディテールが強調される。低域も深みがあり、濃い重量感を感じられる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムはボディがしっかりしており、地熱感も充分に感じられる。バズンバズンという重い火力のある音。シンバルはしっかり白味のある浮き上がりの良い音で刻みはかなり細かく、シャリシャリシャンシャンと空気感も多めに出す。パーカッション周りのコントラストはしっかりしている印象(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:明るめで女声ボーカルの浮き上がりがよい。男声ボーカルはやや中性的。

 

【4】官能性「はっきりした明るさのあるキャラクターでわかりやすい音」

Rasmus Faber「Are You Ready」

 この曲の味付けの中で結構大事な役割を担っているシンバルの色彩がかなり丁寧で、粒感と空気感がこの価格帯にしては詳細に感じられるので、さわやかな酸味となって心地よい。かなり深く重低音を見せるベースラインが量感の割に深掘り感を演出しているので、上下の高低感にしっかりとした高さが感じられ、ダイナミクスを味わわせてくれるとともに、空間にすっきりした感じを生み出している。中高域付近にちょっと厚みがあって豊かになるので、そこでシンセにつややかさと芳醇さをフレーバーとして付け加えており、充実感も少し増しているので、「ドンシャリ」という言葉が想像させるような、高音と低音だけが単純に聞こえる音質ではなく、その間をつなぐ中高域がそれぞれを孤立させずにつなげている。女声ボーカルの聞こえも良い。

 


ホエア・ウィ・ビロング

 

Poppin' Party「CiRCLING」

 ギターは明るく、浮かれ気味。ピアノも明るく、キンキンとした上向きの音。ドラムとベースは重く黒みがあるが、スピード感も充分で疾走感をきれいに出す。低音はがんばってはいるが、この曲を聴く感じ、音場全体は明るめで、とくにシンバルの空気感なんかが結構きれいに聞こえて意識が上向く。ボーカルも上方向に伸びていくコケティッシュな声色で純粋にアイドル系。こういう曲は、パイオニアが本当に得意だよねっていう音質の王道を行く。

 


CiRCLING

 

下地紫野&悠木碧「Harvest Moon Night」

 低域の重みは量よりは深さで表現されるので、この曲でも重厚で豊かとはいかないにしても、高域が映えるだけのコントラストはしっかり出ている。本来中低域あたりで出すべき濃厚感は、このイヤホンの場合、中高域の煌めき感が肩代わりしていると言えるが、豊かな味を感じることは事実。艶やかで少し明るい色彩感があって、楽しげに聴かせてくれる。また高域方向の空気感が清々しく、すっきりとした味わいもある。

 


TVアニメ『ハクメイとミコチ』ED主題歌「Harvest Moon Night」

 

南壽あさ子「flora」

 中高域にマイルドな味わいがあり、ピアノもツヤツヤして聞こえるし、ボーカルにも甘味と煌めき、透明感がある。息感にも自然な温もりがあり、明るいながらも詳細なディテールと温度感がある。ピアノや弦楽も明るいながらに厚みもしっかりあり、浮いた感じでなく、豊かに中域につながって聞こえる。低域の重みもわかりやすく感じられる。

 


forget me not 【初回生産限定盤】

 

【5】総評「音質は聴き応えがあるドンシャリだが、通信品質は辛い」

 音質はドンシャリと言っても、パイオニアらしいエッセンスが中高域あたりに感じられて、ボーカル周りに豊かさがあり、きれいに聞こえる。個人的には好みな音で安っぽくはなく、ドンシャリというだけで安い音だと判断するのは早計。低域の量感はたしかに不足感があり、深みを出してワイドレンジ感を意識している印象を受けるので、中低域に「豊かさ」を求める人には平たい感じに聞こえやすいだろう。中高域の煌めきと高域の空気感はかなり美しい。したがって音質はそれほど悪くないが、スペックや通信品質といったハードウェア面での物足りなさが目立つので、総合的にガジェットとしての魅力には些か乏しいと判断せざるを得ない。

 

Pioneer SE-E8TW

Pioneer SE-E8TW

パイオニア Pioneer 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き イエロー SE-E8TW(Y) 【国内正規品】

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。