audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】イコライザー(EQ)とは何でしょう?どうすればうまくEQを適用できるのでしょうか?

f:id:kanbun:20200522190807j:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

イコライザー(EQ)とは何でしょう?どうすればうまくEQを適用できるのでしょうか?

 EQまたはイコライザーは、オーディオプロジェクトの重要な部分を占めています。楽曲は普通、販売される前に、適正に処置されています。エンジニアはそれをミックスしてマスターし、どのプラットフォームでもうまく聞こえるようにします。リスナーは、それを再生するのにヘッドホンまたはスピーカーを使用できます。 ただし、エンジニアはそれが配信されるメディアに関係なくプロジェクトをミックスします。したがって、想定されるすべてのシナリオを予期して補正します。EQは音楽制作の基本的なプロセスです。エンジニアはこれについてを熟知しています。したがって、ほとんどの場合、配信された楽曲のサウンドは優れています。EQのいくつかの基本的なヒントを知ることで、音楽をより楽しむことができます。iBasso DX160などのデバイスでは、柔軟なPEQを提供して、mango OSを通して好みに応じて楽曲を微調整できます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/mmexport1590123812091_large.jpg?v=1590124837

 

イコライザーとは何ですか?

 まず最初に、事実に立ち向かう必要があります。EQはイコライゼーションを指します。Mighty wikiは、「電気信号内の周波数成分間のバランスを調整するプロセス」と述べています。大胆な発言です。次に、「バランス」という言葉を強調しましょう。適切な「EQ」とは、音楽の周波数間の完全な調和を見つけることです。 さらに、希望のバランスの操作プロセスを知る必要があります。

 私たちは非常に広い範囲の周波数を聞くことができます。正確には20Hz〜20kHzの範囲です。各楽器は特定の周波数のエネルギーに影響を与えます。EQは、ミックス内のコンテンツを一貫して設定します。 ですから、それによりすべてがバランスが取れ、クリーンに感じられます。

 低域、中域、高域に基づいて周波数を分解できます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/mmexport1590127543164_large.jpg?v=1590135543

 

音色と周波数

 音色は、サウンドの違いを生み出すものです。ただし、2つの楽器が同じノートを演奏している場合は、両方が独自の音色を出しています。

 音色は、さまざまな音の実際の結果です。私たちの脳はそこから情報を取得します。

 サウンドは、単なる正弦波成分です。それらは調和的または非調和的な形で存在します。

 EQは音を調整することができます。それは、さまざまな音符や楽器の音量の変化です。

 ただし、EQの見た目については誰もが知っています。多くのオーディオ機器で低音と高音のノブを見ました。ハイエンドデバイスには、より多くのダイヤルがあります。これらのダイヤルを使用すると、特定の周波数範囲のゲインを制御できます。それにより、機器のサウンド出力を微調整できます。

 さて私たちは、主に次に挙げるものと一致させるためにEQを使用します。

  1. 私たちの好み。私たちは皆、好みが異なります。その上、私達はおのおの独自の形で音を聞きます(人間が聞くことのできる音質には個人差があります)。人によって低音が好きかもしれませんし、高音が好きかもしれません。ですから、音の好みに基づくEQの調整は人によって異なります。
  2. 機器の欠点:オーディオギアのチューニングに問題がある可能性があります。したがって、それは少し聞き苦しく思えるかも知れません。そういう場合、EQを使用してそれを補正できます。

 

EQの基本

 EQとは何かを理解したら、早速その使い方を見てみましょう。まず、EQには2つの部分があります。

  1. 中心周波数
  2. 帯域幅

 中心周波数については思い当たる節がないかもしれません。調整したい特定の周波数のことです。

 帯域幅は、Qと呼ばれます。これは、調整の選択の狭さを表します。5つのバンドを持つEQと10つのバンドを持つEQのノブを比較してみましょう。5バンドのQは10バンドのQより広いです。したがって、10バンドの方がより細かく調整できます。したがって、Qを狭くすると、チューニングが細かくなります。イコライザーによってはQは針のように細い場合もあります。

 

イコライザー調整の仕方

 主に2つの方法でEQを調整することができます。

  1. ブースト
  2. カット

 ブーストは特定の周波数を強調し大きくします。特定の範囲の音量(振幅)を上げることができます。したがって、ブーストすることで、目的の周波数の出力が増加します。

 コインの裏側を見てみましょう。つまり、カットが減少であるという感覚を得る必要があります。聞きたくない特定の周波数範囲のゲインを下げることができます。したがって、これはカットと呼ばれます。

 

 一見対等に思えますが実際には、「カットはブーストよりも優れています」。

 

 当然、ブーストがなぜ悪いのかを尋ねることができます。なぜブーストよりカットの方が優れているのでしょうか?
 ブーストが多すぎると、歪みが生じる可能性があります。しかし、歪みは一般的に歓迎されません。したがって、私たちは反対のことをすべきです。ブーストを行うと、明快さが低下し、波形の位相変化などが追加されてしまう可能性があります。

 

 カメラのISO感度について知っていますか? ISO感度を上げると画像は明るくなります。しかし、上げすぎると、ざらつきが発生します。EQのブーストはそのようなものと考えることができます。

 EQをより穏便に行うためには、2つのステップを実行する必要があります。

  1. マスター出力を上げる(メインボリュームを上げる)
  2. 調整したい周波数をカットします

 適切な方法を行うことにより、すべてが歪みのしきい値未満に保たれたまま、優れたチューニングが得られます。EQについてはオーディオエンジニアリングの格言があります。 「カットするなら狭く、ブーストするなら広く」。

 

EQの柔軟性を大幅に高めているHiby OSを備えたHiby R3 Pro

EQの柔軟性を大幅に高めているHiby OSを備えたHiby R3 Pro

 

耳はそれぞれ違う

 まず、音は非常に主観的なものです。 それは常にあなたの個人的な経験に依存します。精神的および身体的状態の両方がそれに影響を与えます。楽曲を聴いている音は人によって異なります。つまり、EQは個人の好みを反映しています。したがって、EQの作り方を学び、自分に最適なものを見つける必要があります。だから、広く知識を吸収し、深く潜ってください。

 

周波数範囲を知る必要があります

 低音が多かったりシンバルが少なかったりするかもしれません。ですから、それらの音がどこにいるのかを知る必要があります。一般に、楽器は異なる周波数を持っています。 周波数チャートは明らかに役立ちますが、すべてが含まれているわけではありません。

 通常、すべての楽器は10kHz未満の範囲に留まります。シンバルとハイハットは少し高いです。重低域とは、20Hz〜60Hzのサウンドを指します。雰囲気のある実体感を生み出します。ただし、聞き取りにくいです。キックドラムとベースギターは、60Hz〜250Hzの間でステージに登場します。

 一般に、エレキギターとボーカルはおよそ80Hzから1kHzの間に存在します。ただし、250Hzから1kHzの範囲が最も重要な部分です。ほとんどの楽器はここにあります。この領域を過度にブーストすると、トラックが濁って聞こえる場合があります。一方、カットしすぎると、中途半端に聞こえる場合があります。

 ギター弦のピッキングに重点を置く場合は2kHzあたりをブーストします。ただし、6kHz〜16kHzの範囲でブーストすると、少し高音が重視され、抜けの良さ(風通し)が得られます。 低域を強くしたい場合は、20Hz〜250Hzの範囲をブーストする必要があります。

 

Shangling Q1は、コンパクトサイズのポータブルオーディオ機器ですがパワフルです

Shangling Q1は、コンパクトサイズのポータブルオーディオ機器ですがパワフルです

 

正確な周波数を見つける

 周波数を上げることは常にお勧めしません。むしろ、聞き苦しい範囲を見つけて追跡し、下げるのが良いでしょう。通常、これは狭いQで実現できます。耳障りな音がするまで、あれこれいじくり回してみてください。次に、その耳障りな音のするQを押し下げます。それによってその不快部分を追い出します。

 これを行うことによって、音楽がより望ましい形で提供されます。さらに、歪みやノイズに直面することはありません。次に、マスターボリュームを上げて、目的のリスニングレベルを取得します。

 

Fiio M11 proは完璧な駆動力を持っています

Fiio M11 proは完璧な駆動力を持っています

 

ローパスフィルターの機能

 20kHzを超える音は必要ありません。聞こえないからです。疑問がある場合は、その水準を超える周波数の音を確認してみればわかります。それにもかかわらず、十分に訓練された耳を持っていて、20代前半の若者は、それを感じることができるかもしれません。しかし、何も聞こえないと言っても差し支えありません。したがって、20kHz以上の周波数をカットしてください。 これは「ローパスフィルターの追加」と呼ばれます。

 

 次に、シンバルやその他の楽器が最も好きになるポイントを調整します。 EQを学ぶには、聴覚を信頼する必要があります。

 

XDUOO XD-05 Plusは、ローパスおよびハイパスフィルターを内蔵した優れたDACアンプです

XDUOO XD-05 Plusは、ローパスおよびハイパスフィルターを内蔵した優れたDACアンプです
ハイパスフィルターについて

 ハイパスフィルターは低域をカットします。 ヘッドホンまたはウーファーが高品質の重低音を再生するのに能力が十分でない場合は、重低域の周波数を取り除くことができます。したがって、50Hz付近にEQカーブがあっても問題はありません。このプロセスによって、ハイパスフィルターが追加されます。

 

コンパクトなDACアンプE1DA 9038S Gen 2も柔軟なEQ環境を提供します

コンパクトなDACアンプE1DA 9038S Gen 2も柔軟なEQ環境を提供します

 

プリセットについてご存知ですか?

 プリセットが付属している多くのアプリを使用することができます。これらは、EQの学習方法の基礎を提供します。リソースを使用すると、それによって知識が得られます。プリセットは通常、EQをよく知っている専門家によって作成されます。そして、EQをゼロから始めるのは少し難しく、時間がかかります。そういうわけで、プリセットを選択し、微調整を加えて、独自のものにするのがよいでしょう。

 さらに、EQはさまざまなプラットフォームで使用できます。ハードウェアEQも使用できます。Androidユーザーには、「Neutralizer for Android」が役立ちます。デスクトップユーザーの場合は、VB-AudioのVoicemeeterSonarworksのTrue-Fiを使用できます。

 一般的なソフトウェアベースのEQには2種類あります。 グラフィカルEQとパラメトリックEQです。これについてはいずれ機会があるときに説明します。

 そういうわけで、プリセットを試してみてください。 微調整して独自のEQを楽しみましょう。高品質のオーディオ機器が必要な場合は、HiFigoにアクセスしてください。 最も重要なことは音楽を聴き続けることです。

 

  • 元記事の公開日:2020/05/22
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事