audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン XROUND VERSA フラッシュレビュー】繊細なサウンドを持つ明るい完全ワイヤレスイヤホン

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA (バーサ)ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 IP67防水規格 クアルコムQCC3020搭載 マイク内蔵 6mmチタンコートドライバー SpinFit 別注 可動式コンフォートイヤーピース付属 ブラック XRD-XV-01BK

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 XROUNDは台湾のオーディオメーカーでサラウンド技術を利用したオーディオデバイスを開発しています。XROUND VERSAはこのブランドから初めて出る完全ワイヤレスイヤホンで、現在絶賛クラウドファンディング中です。

 特徴としては4大最新サウンド技術が盛り込まれていることが謳われていますが、個人的にチタン製振動板が一番効果が大きい気がします。これがこの機種の繊細なサウンド表現に貢献しているんだろうと、あくまで自分勝手に予想しています。

 

https://hayabusa.io/makuake/upload/project/8124/detail_8124_15736492573641.jpg?width=640&quality=95&format=jpg&ttl=31536000&force

 

f:id:kanbun:20200507114754p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Recommended」として、比較的多数の人にとって買って損がないオーディオ製品であると推奨します。

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:8h/32h
  • 防水性能:IP67
  • 対応コーデック:aptX/AAC/SBC

 

パッケージ

 イヤホンのパッケージ全体のデザインはこの価格帯では結構しっかりしたパッケージで、わりと豪華かも知れません。パッケージの表面にはオクターブバンドのようなデザインがあしらわれていますが、これは内箱をスライドすると色と高さが変化するようになっています。

 付属品はイヤーピース(2種類)とイヤーフックの予備、充電用ケース、充電用ケーブル(Type-C)です。

 

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

 

装着サンプル

 小型ハウジングで軽量です。イヤーフックが付いており、耳への収まりは良好です。この機種はいわゆるKISS系と思われる機種で、デザインの基幹部分はNUARLAVIOTの製品と類似性があります。

www.ear-phone-review.com

 

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

 

接続品質

 価格帯ではかなり優秀な方です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では良好です。距離耐性も優秀らしく、5m離れてもシームレスで乱れはありません。遮蔽物があっても大丈夫なようです。ただしQCC3020機種に時々あるのですが、接続当初にわずかに通信が荒れやすいです。またときどきごくわずかにプチッとします。

 ホワイトノイズはほんのわずかにありますが、かなり敏感な人でないと気にならないのではないかと思います。

 

ワイヤレス充電に対応

 Qi規格のワイヤレス充電に対応しています。地味な機能ですが、なかなか便利です。

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [AET07 M装着時]左右別
  2. [AET07 M装着時]左右平均
  3. [AET07 M装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [AET07 M装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [noise isolating M装着時]左右別
  6. [noise isolating M装着時]左右平均
  7. [noise isolating M装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [noise isolating M装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  9. [CP360 M装着時]左右別
  10. [CP360 M装着時]左右平均
  11. [CP360 M装着時]左右別(自由音場補正済み)
  12. [CP360 M装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  13. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み)
  14. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み/2khz-24khz拡大)

 ※「AET07 Mサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA

 

 周波数特性を見るとご覧の通り、比較的フラットです。サウンドシグネチャー的には高域が重み付けされているので、U字あるいはブライト系サウンドと言えるかも知れません。低域から中域はほとんど平坦で、重心は全体的に軽っぽいサウンドになります。

www.ear-phone-review.com

 

 サウンド出力は全体的に明るく、繊細ですが、若干軽いバランスになっています。中域以下ではボーカルが一番前に出てくるようなバランスになっており、ボーカルの下は基本的に清潔で、存在感があまり感じられないようになっています。そのボーカルは女声ボーカル向きと言える、少し上向きな調整になっており、ボディよりはニュアンスに重点に置かれています。子音は少し尖りますが、一般的にきつく感じることはないはずです。

 中高域以上でやや手がかりが多く、エッジも相対的にシャープに描き出されるので、緻密で繊細な音になります。どちらかというとクール傾向かも知れませんが、酷薄で聴きづらい感じにはなっておりませんし、音数の割にガチャガチャしません。少し頭でっかちに聞こえやすいところはあります。

 以下で、おそらく価格的にも機能的にも競合する機種と比較しますが、それによりこの機種の特徴はさらにはっきりするでしょう。

 

NUARL N6 Pro/Lypertek TEVIとの比較

 下のグラフはおそらく価格的にも音質的にも競合するだろう、NUARL N6 ProLypertek TEVIとの自由音場補正済み周波数特性の比較です。使用イヤーピースはN6 ProははCP360 S、XROUND VERSAはCP360 M、LyperTek TEVIは標準イヤーピースのSサイズです。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

 わかりやすいように1khzで交差するようにグラフを調整しています。1khz以上の中域上部以上を拡大したものも掲載します。

XROUND VERSA vs NUARL N6 Pro vs Lypertek TEVI

XROUND VERSA vs NUARL N6 Pro vs Lypertek TEVI

 あくまで周波数特性に表れる音域バランス上ではよりドンシャリ傾向のあるNUARL N6 Proとよりフラットに近いXROUND VERSAの中庸の選択肢がLypertek TEVIであるという理解で概ね間違いありません。ただし音域の高低バランスの上ではTEVIが3機種のうちでは最も低域寄りでウォームサウンドです。

 TEVIはVERSAよりも暖かく実体感がある音を奏で、音楽的で、N6 ProはVERSAよりもさらに高域で繊細で低域も存在感があり、全体的に音が派手です。おそらくドライバーの差によって、TEVIは音の鮮明感では一段劣りますが、N6 ProとVERSAの音をどちらが鮮明で繊細と感じるかは個人差がありそうです。それでも一般的にはN6 Proのほうが一段上と判断されるでしょう。少なくとも私の聴感上はN6 Proに軍配を上げます。

 音場に関して言えば、少なくとも奥行きや立体感の面でVERSAよりN6 Proのほうが優秀だと判断されることが多いだろうということは言えます。硬い音が好きな人には、一般にこの中では最も硬い音がすると思われるので、VERSAがおすすめできます。

 

 そういうわけでVERSAの立ち位置はちょうどTEVIとN6 Proの間を埋める価格設定で、TEVIよりはクールサウンドで鮮明感も高いが、音質的にはもうちょっと手を伸ばせば届くNUARL N6 Proと比べると、総合的にはやや劣るかもしれないというのが私の評価です。

 とはいえ、それは一般的なまとめ方で、明るい女声ボーカル好きなら、VERSAがこの中では一番魅力的に感じられるかもしれませんし、低域を嫌う人には最も好まれる可能性のある「モニターライク」なイヤホンでしょう。

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースはCP360 Mサイズを用い、aptXで接続しています。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 音質は価格を考えるとかなり良好で標準以上と思われますが、しかし価格的には、同じような音質でより自然なサウンドで機能性に優れたTEVIと、より高解像度のサウンドで音場に優れるN6 Proの中間点に位置し、しかも実質的に両者と変わらない購買圏にあって大した価格差がなく、音質的にも使い勝手の上でも競合しやすいというのが非常に悩ましいポイントです。

 

 使い勝手なども総合的に判断すれば、「Highly Recomennded」にふさわしい品質である気もするのですが、両者との比較の結果やクラウドファンディング製品(2製品ほどのサポートが一般的に期待しづらい)であることも考えて、「Recommended」に留めました。

 

XROUND VERSA

XROUND VERSA

XROUND VERSA (バーサ)ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 IP67防水規格 クアルコムQCC3020搭載 マイク内蔵 6mmチタンコートドライバー SpinFit 別注 可動式コンフォートイヤーピース付属 ブラック XRD-XV-01BK

 

by カエレバ

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事