audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】ミドルレンジ・ドングルアンプの定番機種「Shanling UA3」の海外レビューまとめ

ヘッドライン
パソコン工房GeForce RTX 3070 Ti / 3060 / 3050搭載ノート大幅値下げ!
icon icon
icon

Shanling UA3

Shanling UA3

 

Shanlingの人気ドングルアンプ「Shanling UA3」の海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

Shanling UA3の特徴

  • AKM AK4493SEQ DACチップセットとDual Ricore RT6963アンプチップを搭載
  • 高い互換性
  • 3.5mm シングルエンド & 4.4mm バランス出力
  • 超低ノイズ
  • 小さなフットプリント、大きなパワー

 

Shanling UA3の技術仕様

  • 入力:1x USB-C
  • 出力端子:
    • 1x シングルエンドジャック 3.5mm
    • 1x バランスジャック 4.4mm
  • DACチップ:AKB AKB4493SEQ DAC
  • アンプチップ:デュアルRicore RT6963
  • 出力電力:最大211mW @ 32Ω
  • 対応サンプリングレート:
    • PCM 最大32bit/768kHz
    • DSDはDSD512まで
  • 対応OS:
    • Android
    • Windows
    • Mac
    • iOS
  • UAC対応:
    • UAC 2.0
    • UAC 1.0

 

新品 AKM AK4493SEQ DACチップセット & デュアルリコアRT6963アンプチップ

長年にわたり、AKMのDACはShanlingのオーディオ設計の中核であり、私たちのハウスサウンドをすべてのファンに届けるために重要な役割を担っていました。しかし、2020年にAKMの工場で火災が発生し、AKMの将来が分からなくなり、代替手段を探さなければならなくなりました。2021年のリリースのほとんどに影響が出ましたが、過去34年間積み上げてきた厳しいHi-Fi基準を維持しながら、なんとか移行に成功しました。

 

2022年初頭、AKMはDACのラインナップを一新し、私たちはすぐに新しい設計に取りかかり、この最新世代のDACの可能性に飛び込んでいきました。UA3はこれらの設計の最初のもので、リリースされたばかりのAK4493SEQ DACを使用し、AKMのサウンドを初めてポータブルDAC/AMPのUAラインにもたらしました。Shanling UA3は、AKMのAK4493SEQ DACチップとRicore RT6963アンプチップを搭載したプレミアムデュアルDACチップセットです。超低歪みと高SNRの高品質なハイレゾ信号のデコードを提供します。Shanling UA3は、透明でクリーンなサウンドパフォーマンスを体験できます。32bit / 768khz、DSD512までのハイレゾに対応。

 

Shanling UA3
Shanling UA3

Shanling UA3

 

高い互換性

Android、Windows、Mac、iOSに対応。iOSで使用する場合は、専用のLightningケーブルが必要です。UAC2.0およびUAC1.0モードに対応し、Nintendo Switchなどのゲーム機や古いデバイスでも使用可能です。

 

Shanling UA3

 

3.5mmシングルエンド&4.4mmバランス出力搭載

UA3は、人気の高いUA2をベースに、UA5からいくつかの機能を引き継いでいます。バランス出力はより堅牢な4.4mmコネクタを採用し、ボリュームや再生コントロール用のハードウェアボタンを追加し、電源出力はUA5と同様に改善されています。バランス4.4mm接続とシングルエンド3.5mmヘッドホン出力端子のどちらを必要とするかに関わらず、ShanlingはUA3にそれらを装備しています。ヘッドホンやイヤホンをお好みの終端オプションでペアリングしてください。UA3の定格出力は最大211mW @ 32Ωの出力を持っており、あなたのヘッドホンを楽にパワーアップさせるには十分すぎるほどのパワーです。

 

Shanling UA3

 

超低ノイズ

低ドロップアウトのレギュレーターを使用することで、バックグラウンドノイズのレベルを全体的にコントロールし、不要なノイズやヒスノイズのないクリアなサウンドを維持することに成功しました。

 

Shanling UA3

 

小さなフットプリント、大きなパワー

ポータブル音楽プレーヤーは、ポケットに入らないのであれば意味がありません。Shanling UA3は、どこにでも持ち運べるように設計されています。どんなポケットにも入り、その大きさについて考え直す必要はありません。

 

Shanling UA3

 

パッケージ

Shanling UA3

Shanling UA3

Shanling UA3
Shanling UA3

Shanling UA3

Shanling UA3

 

ビルドクオリティ

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 

Shanling UA3とUA2の主な違いは、バランスコネクタからの出力が前者の方が若干大きいことと、ハードウェアボタンが用意されていることです。その他は、サイズとデザインに明らかな違いがあるだけで、ほとんど同じです。全体として、UA3は非常に魅力的なデバイスに見えます。前モデルがすでに素晴らしかったのですが、UA3がもたらした小さな変更は実際に非常に良く、そこにあったいくつかの欠点を修正しています。対応フォーマットの柔軟性や、大きな出力を考えると、Shanling UA3はスマートフォン用のDACというよりも、パソコンでも高品質な音楽を楽しみたい、パソコンをメインソースにしたいという場合に最適な選択肢になるのではないでしょうか。本当に素晴らしい小型デバイスです。

 

長所

  • 非常にコンパクトでよくできている
  • バランスのとれた出力
  • Nintendo SwitchとSteam Deckに対応
  • 極端なハイレゾフォーマットに対応
  • ハイパワーな出力

短所

  • 若干かさばる


www.soundphilereview.com

 

www.youtube.com

Shanling UA3は、価格の割に非常に良い音質のドングルDACです。このドングルがより高いスコアを維持し、他のほとんどを上回ることを妨げている唯一の側面は、ゲインを純正の状態でかなり高く設定したときにボリュームにかなり敏感であることですが、これはファームウェアアップデートで対処できますし、Eddictプレーヤーによって改善されるかもしれません。

 

このDACはディテールを抽出する能力が非常に高く、ステージングもうまく、実際、他のものよりかなり優れているので、AKMはこのドングルDACに高い効果を与えているようです。

 

つまり、低価格で重厚かつ良い音の出力、良いアプリ、頑丈なボディを持つ、このクラスのヘビーヒット候補と言えるでしょう。

 

長所

  • 適度な駆動力
  • 軽量化
  • クリーンなデザイン

 

短所

  • ボリューム設定時の初期ゲインがやや高い

 

headfonics.com

 

www.youtube.com

 

Shanling UA3は、110ドルという価格で、性能の割に良い価格設定になっており、造りも良く、造形も秀逸です。前面のボタンがクールな美しさを醸し出しており、実用的な使い心地です。レザーケースを装着したままでもボタンにアクセスでき、携帯用として十分に実用的なサイズに仕上がっています。

 

結局のところ、もしあなたが少しリラックスした、穏やかで疲れないリスニング体験を探しているなら、もしあなたがSwitch、Android、Windowsマシンでうまく再生できる普遍的な互換性のあるドングルのアイデアが好きなら、そしてもしあなたがバックグラウンドノイズ/ヒスのない、良いドライブ力を探しているなら、Shanling UA3は優れたDAC/アンプドングルで110ドルの価格で完全に購入を推奨します。

 

www.audiophile-heaven.com

 

www.youtube.com

 

AKMがゲームに復帰し、Shanling UA3がモバイルDACチップAKM4493SEQを利用して、私たちドングルユーザーにより暖かく滑らかなサウンドのポータブルDAC/アンプを提供してくれるのは嬉しいことです。シングルとバランス出力のオプションを1つのデバイスにまとめ、ゼンハイザーHD6XXでさえも正当なリスニングレベルで駆動できるほどパワフルです。150-200Ω以下のヘッドホンに適しているDACドングルを探している人にとっては素晴らしい選択肢となるでしょう。

 

長所

  • パワフル(SoC設計の2倍の性能)
  • ハードウェアコントロール
  • 取り外し可能なUSB-C to USB-Cケーブル(IOSケーブルは別売りです。)
  • 3.5mmおよび4.4mmバランス出力

 

短所

  • 類似のドングルより厚い/大きい

 

www.audioreviews.org

 

www.youtube.com

 

UA3をテストしているとき、私は自分が聴いていることを忘れていました。これは、使っている機材があなたを音楽の中に引き込み、音楽があなたの記憶の奥深くに連れていってくれる場合にのみ起こることです。UA3は、ダイナミックでリアルな、そして技術的に見事なサウンドで、昔のアナログ時代を思い起こさせるのです。実用面では、ソフトウェアモードにも対応したハードウェアボリュームキーと、アプリによるDACコントロールが、UA3を群衆から引き離し、偉大な類似製品と同様に最前線で良いポジションを確立するのに役立っているのです。AKMのスローガン「Velvet Sound」にまさに相応しい製品です。

 

www.androidbrick.com

 

 

まとめ

読んですぐにわかるように、Shanling UA3の評価は非常に高いことがわかります。この世で最も鳴らしにくいヘッドホンの一つ「beyerdynamic DT990 Edition 2005 600Ω」をこれで駆動してみましたが、ボリューム24/32という余裕のある水準で十分な音量が得られました。DT990 600Ωでフルオーケストラを大音量で楽しみたいという無茶ぶりには、さすがに応えることはできないとは思えますが、ポップスなら問題ないでしょう。またこの水準なら、どんな音源であれ、64Ω以下のインピーダンスの一般的なヘッドホンで音圧感に不足を感じることはまずないと思われます。

 

私もここ数日使っていますが、使い勝手の上でも癖がなく、私が普段使っているHiBy Musicアプリと問題なく連携し、不具合もなく使用できています。発熱は相応にありますが、類似製品の中では熱が少なめに思えますね。

 

Shanling UA3はデジタルオーディオプレーヤー(DAP)を買うことなく、スマホで良質なサウンドを手頃な値段で手に入れたいという人にとって真っ先に検討すべきものの一つで、おそらく多くのポタオデユーザーにとってDAPを買うより現実的な選択肢になると思われます。DAPより劣っている点は敏感なIEMを駆動するときにボリューム調整幅が大きすぎると感じる可能性があることでしょう。一般的な16Ω以上のインピーダンスのイヤホンではあまり不満はないと思います。

 

同じ価格帯にはHidizs S9 Proという、これまた評判のいい優れたドングルアンプがありますが、使い勝手はUA3のほうがボリューム調整があるだけ少し有利に思えます。スマホはともかく、タブレットなどで使う場合、手元で音量調整できるのはやはり便利なシーンが多いでしょう。

 

スペックや対応ファイルビットレートもほぼ同等ですが、THDはスペック上、UA3がわずかに勝ります。あとはHidizs S9 Proが2.5mmバランス対応で、UA3が4.4mmバランス対応だという点に違いがあります。個人的な意見では、スペックと使い勝手を比較した場合、一般的にどちらかといえば、UA3のほうが仕様面でも使いやすいと思います。

 

 

 

サウンドハウス

人気のワイヤレスイヤホン おすすめランキング

どれを選んでいいか分からない、接続の仕方がイマイチ分からないという「ワイヤレス初心者」の方々のお悩みを一気に解決!自分に合ったワイヤレスイヤホンの選び方、おすすめの製品をご紹介します。

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事