audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】Shuoer S12の海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon icon icon
icon

Shuoer S12

Shuoer S12

 Shuoer平面駆動型中華イヤホン「Shuoer S12」の海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

Shuoer S12の特徴

  • フルサイズ14.8mm平面磁性体ドライバー
  • ミニマルなデザイン
  • CNC加工されたアルミニウム合金キャビティ
  • 高純度銀メッキ単結晶銅ケーブル(3.5mm/4.4mm端子オプション)
  • 2つのカラーオプション、ネビュラ・グレー、フロスト・シルバーで注文可能

 

Shuoer S12の技術仕様

  • インピーダンス:16Ω±1%
  • 周波数応答:20Hz-20kHz
  • 高調波歪:0.5%±0.1%
  • コネクタの種類:2pin 0.78mm

 

14.8mm平面磁気ドライバー

 Shuoerは、最新のS12インイヤーモニター用にカスタムの14.8mm大型平面磁気ドライバーを開発しました。これにより、このペアは、パワフルなローエンド、鮮明なミッドレンジ、および詳細な高音域を備えた卓越したサウンドパフォーマンスを生み出すことができます。エレクトロニクスポップやその他のジャンルに最適なサウンドを実現し、最高峰の音楽ライフの提供します。

 

 

ミニマル工業デザイン

 Shuoer S12イヤーキャビティは、高精度のCNC機械加工プロセスを使用して作成されています。それらは、滑らかでエレガントなマット仕上げに研磨された高品質のアルミニウム合金材料で構成されています。

 

 

高純度銀メッキケーブル

 Shuoer S12には、高純度の銀メッキ単結晶銅ケーブルが同梱されています。サウンド信号はケーブルからの低い内部抵抗に直面し、歪みの少ない鮮明なサウンドを保証します。このケーブルには2ピン0.78mmコネクタが付いています。

 

人間工学設計

 Shuoer S12は、人間の外耳道の大量のデータに基づいて設計されており、長時間の着用でも快適なイヤーモニターとして誕生しました。しっかりとしたフィット感と絶妙なフェースプレートが互いに補完し合っています。この製品を持参するだけで、外出先でHiFiの世界を楽しむことができます。

 

 

ニーズを満たすための複数のオプション

 Shuoer S12は、フロストシルバーとネビュラグレイの2つのカラーオプションで利用できます。 3.5mmシングルエンドと4.4mmバランスのどちらかで終端を選択することもできます。

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 

 S12がランダムなトラックでも時折明るいグレアを持っていることは一度もありませんでした。カントリーからブルーグラス、フォークミュージック、女性のポップソングまで、アコースティックトラックのガントレットを通してこれを演奏しました。 S12はそれらすべてを非常にうまく処理し、私の好みに合わせてかなりの「楽しさ」を持っていました。

 

 私の意見では、S12の音のバランスは非常に安定していますが、平面駆動型らしい最速のトランジェント速度はありません。それは私のHifiman Susvaraとまったく同じ速度と精度ではなく、実際には非常によく似た価格の149ドルのヘッドホンであるHifiman HE400SEの水準に沿っています。つまり、この値札にはかなりの品質と解像度がありますが、精度はそれほどないと思います。上位層のドライバーやIEMを際立たせる、各ノートに余分なディテールや厳密なエッジはありません。それは必ずしも鈍いというわけでも、ぼんやりしているわけでもありません。それは良いことですが、素晴らしいとか例外的なとか感じるほどではありません。

 

 また、S12の音は比較的小さく凝縮されているようです。それは壮大で荘厳ではありませんが、より親密なサウンドステージとよりアップで中心的なプレゼンテーションを提供します。私はこれを気にせず、狭い音場に不快になることは決してありませんが、個人的には広くてオープンなサウンドステージが好きで、これはその水準に完全には当てはまりません。

 

 しかし、総じて、全体的に、149ドルで得られるということを考えると、小さなS12にはマイナスポイントはかなり小さいことがわかります。これは、ビルドクオリティ、アクセサリ、優れたチューニングと平均以上のサウンドの非常にうまくまとめられたパッケージです。 LetShuoerはここで非常に素晴らしい仕事をしました、そして彼らは私が試した最後の2つのIEMで大きな価値でそれを家に持ち帰りました。このブランドで状況は良くなっています!

 

長所:

  • 大きな価値
  • 楽しいチューニング
  • パンチベースと価格の良い解像度


短所:

  • やや明るい中域上部
  • ケーブルが少し重い

 

https://www.audiodiscourse.com/2022/02/letshuoer-s12-review.html

 

www.youtube.com

 

 私はLETSHUOERS12が大好きです。 リーズナブルな価格で、この価格帯でこれほど良いと思われる競合他社製品をまだ見つけていません。 私はまた、5つの主な理由から、TimelessよりもLETSHUOER S12を好みます。それは、フィット感の向上、低音のタイト化、ステージの深さ、解像度の向上、価格の安さです。

 

長所:

  • 明瞭な低音と非常に優れた高音域の拡張
  • 優れた凝集性
  • 優れた解像度(!!!)
  • 非常に優れたビルドとフィット
  • 素晴らしいケーブル
  • コストバリュー

 

短所:

  • ボーカル部門ではスリムでやや明るい
  • トップエンドのトランジェントは少し速いです

 

https://www.audioreviews.org/letshuoer-s12-review-jk/

 

www.youtube.com

 

 すでにヘッドホンタイプの平面駆動型をいくつか持っており、IEMの世界で平面駆動型を探索したい場合は、これがチケットです。 より軽い音楽のためのキラーIEMが必要な場合は、SHUOERがお返しします。 もっと本格的なハードウェアを持っていても、何か違った楽しいものを探しているなら、これらを見逃すのはばかげているでしょう。 149ドルで、それは非常に堅実な選択です。可能であればじっくりと試聴することをお勧めします。私はこの会社のスタイルが大好きで、この製品のクレイジーさが好きです。 それは私の評価におけるプラスアルファポイントです。ぜひ試してみてください。

 

https://www.ear-fidelity.com/shuoer-s12/

 

FiiO M17

 

レビュー記事

www.audio-sound-premium.com

 

まとめ

 Shuoer S12のレビューを細かく見ていくと評者によって考え方が異なることがわかります(おそらく基準としているものが違うのでしょう)が、それでも平面駆動型のイヤホンとして優れていると考えられていることは間違いなく、とくに7Hz Timelessより好印象だと語るレビューが多いですね。

www.audio-sound-premium.com

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事