audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

LETSHUOER(Shuoer)

【HiFiGOニュース】LETSHUOER、最新フラッグシップモデル「Cadenza 12」を発表:プレミアム12ドライバー・ハイブリッドIEM

LETSHUOERは最近絶好調です。彼らは現在、いくつかの素晴らしいIEMを立て続けにリリースしています。まず、超素晴らしいS12があり、その後D13、Z12と続いています。今日、私たちは彼らの最新のフラッグシップ・イヤー・モニターであるLETSHUOER Cadenza 12を…

【特集】コスパ最強中華イヤホンコレクション 2023

この記事ではオーディオレビュー記事を毎日書いており、膨大な数の中華イヤホンを普段からコレクションし、そのほとんどを測定し尽くして特性を知り尽くしている当ブログの管理人が、普段使いしているコストパフォーマンス最強の中華イヤホンを紹介します。

【HiFiGOニュース】LETSHUOER年末セール。LETSHUOERからお気に入りの商品が最大40%割引で購入できます。

この度、LETSHUOERでは、年末年始のセール開催を決定いたしました。エントリーモデルのLETSHUOER SingerからフラッグシップモデルのEJ09まで、全ラインナップをお買い得価格でご提供します。

【特集】滑らかで低歪のハイエンド級サウンドを実現する最新平面駆動型中華イヤホンコレクション 2022

イヤホンの製造技術は日々進歩しており、とくにここ数年、素材やドライバー構造において技術革新が進んでいます。今回はその中でも独特の均質性の高いサウンドで人気のある平面駆動型ドライバーを採用したイヤホンを特集します。

【特集】最高峰の音!ハイエンド中華イヤホンコレクション 2022

この記事では、オーディオ先進地域で開発された、現状最高峰の中華イヤホン製品のカタログをお届けします。

【中華イヤホン LETSHUOER S12 アウトラインレビュー】平面駆動型イヤホンの金字塔

LETSHUOER S12は優れた位相一貫性、制動特性を持ち、ハイエンド並の音域と解像度を持つ非常に優れたイヤホンです。この価格帯で最も優れたイヤホンの1つとして文句なくお勧めできるだけでなく、全価格帯見てもこれほどのサウンドバランスとオーディオスペッ…

【HiFiGOニュース】LETSHUOER X Z Reviews Z12 Gold Edition:新色&モジュラーケーブルアップグレード

今回、私たちはZ12を改良し、CNC加工された金属製のイヤーキャビティに新しい色の組合せを導入しました。Z12 Gold Editionは、Zeosのロゴの色と同じ、ゴールドとブラックのシェルが特徴です。

【HiFiGOニュース】LETSHUOER X Z Reviews Chimera:モジュラー式IEMアップグレードケーブル

LETSHUOERとZeosのコラボレーションによる限定版IEM LETSHUOER Z12の成功に続き、ZレビューのZeosとの全く新しいコラボレーション、全く新しい高純度モジュラーIEMアップグレード・ケーブル、LETSHUOER X Zeos Chimeraを自信を持ってお届けします。このモジ…

【HiFiGOニュース】限定平面駆動型中華イヤホン「Z REVIEW x LETSHUOER Z12」7/22予約開始

LETSHUOERは、S12の遺産を継承するために、HiFiオーディオ機器のレビュアーとして広く知られているZレビューのZeos氏とコラボレーションを行いました。Zeosの提案に基づき、LETSHUOERはS12の新しい限定バージョンをデザインし、"LETSHUOER Z12 "と名付けまし…

【ニュース】LETSHUOER D13:カスタム13mmDLC振動板ダイナミックドライバー搭載中華イヤホン

LETSHUOER D13は、Shuoer Acoustic Technology Company Limitedによって設計、製造された新しいダイナミックドライバーIEMです。それはShuoerのチームからの新しい 研究開発に基づく13mm DLCカスタム振動板の研究成果です。それは革新的なダイナミックドライ…

【コラム】Shuoer S12の海外レビューまとめ

Shuoerの平面駆動型中華イヤホン「Shuoer S12」の海外レビューをまとめて紹介します。

【HiFiGOニュース】Shuoer X HBB EJ07M Lava Edition:トライブリッドIEMの限定モデル

LETSHOUER、またの名をShuoer Acousticsは少し前にEJ07Mをリリースしました。EJ07の量産型として、高音域のレスポンスを向上させ、低価格で登場したのがこのモデルです。今回、LETSHOUERはHBB(Bad Guy Good Audio Reviews~とコラボレーションし、特別にEJ0…

【ニュース】あの実力派ブランドとHBBのコラボ!「LETSHUOER x HBB EJ07M Kinda Lava Edition」

人気レビュアーHBBと実力派ブランドShuoerがコラボした注目のイヤホンが登場しました。「Shuoer EJ07M HBB LAVA」です。

【HiFiGOニュース】最新型平面磁性ドライバー搭載中華イヤホン「Shuoer S12」リリース

今日、Shuoerはその最新のIEM、新製品Shuoer S12を発表しました。ミニマルなデザインで設計された最新のShuoer S12は、カスタム開発された14.8mm大型平面磁気ドライバーで強力な性能を内包しています。Shuoer S12は、複雑なCNC機械加工プロセスで作られたプ…

【HiFiGOニュース】トライブリッド7ドライバーIEM「Shuoer EJ07M」発売

Shuoer Acousticsは、フラッグシップモデル「EJ07」の量産モデルとして、新たに「EJ07M」を発売します。フラッグシップモデル「EJ07」と同様に、片側10mmカーボンナノダイナミックドライバー、Sonion Quad ESTドライバー、Sonion Dual BAドライバーの7つのド…

【中華イヤホン Shuoer EJ07 アウトラインレビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はかなり自由音場フラットに近く、静電型ドライバーにより高域の拡張性も充分なサウンドを聴かせてくれます。しかし、そのサウンドはフラットサウンド独特の張り付いた音ではありません。全体的にステージングを強調するようなサウンドになってお…

【中華イヤホン Shuoer Singer アウトラインレビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはかなり自由音場フラットに近く、静電型ドライバーにより高域の拡張性も充分なサウンドを聴かせてくれます。フラットサウンド特有のやや奥行き感の少ない全音域が張り付いて聞こえるようなところはありますが、全体のバランスが非常に良好です…

【中華イヤホン Shuoer Soloist アウトラインレビュー】力強く艶やかな歌声フォルマントへのこだわり。非常にクリアなボーカルが迫ってくるような独特のサウンドが楽曲から情熱を引き出し、高い没入感を生む

Shuoer Soloistの液体ケブラーシリコーンドライバーが技術的に非常に優れた素材であろうことは、Shuoer Soloistのサウンドを聴けばすぐにわかります。そのサウンドは非常にクリアで、質感的にも自然に近く、高品質です。1万円台でここまでクリアなサウンドが…

【中華イヤホン Shuoer Conductor アウトラインレビュー】ハーマンターゲットカーブにかなり忠実でバランスが良く、静電型らしい音像描写力もあるが、それだけにマイクロディテールや空気感の不足が少し目立つ惜作

Shuoer Conductorは中低域から中高域にかけて、比較的ニュートラルに近いサウンドを提供します。中高域で充分なディテール感を確保しつつ、全体的に自然な質感が重視されており、非常に万能性が高いサウンドです。

【中華イヤホン Shuoer Tape Pro アウトラインレビュー】中域の構造が比較的しっかりしており、硬い質感で音楽の骨組みをしっかり把握できる構築的なモニターサウンド。ビルドクオリティが優秀

Shuoer Tape Proは低域から中域にかけては比較的フラットでバランスの良いサウンドを持っていますが、高域の拡張性でやや劣る点が気になります。質感的に少し硬く、手掛かり感はしっかりしたサウンドなので、構築感があり、モニターサウンドが好きなら気に入…

【中華イヤホン Shuoer Tape Pro フラッシュレビュー】音質に優れているだけでなく、長く使ってほしいという製造者の思いが詰まった精巧なイヤホン

Shuoer Tape Proは艶やかな音を奏でるフラットモニター系サウンドです。聴き心地は安定しており、ギターは鮮やかに聞こえますが、全体の雰囲気はどこか暗く、快活さに欠けるところがあります。このイヤホンの最大の魅力はそのビルドクオリティの高さです。メ…

【中華イヤホン Shuoer EJ09 アウトラインレビュー】情報量が多く、粒度も細かい、高ディテールかつ高精細なモニターサウンド。それは分析的に音楽を楽しみたい人にとって最高レベルの相棒になる

Shuoer EJ09は高精細、高レンジ、高情報量を併せ持つ現代的なモニターサウンドを持っています。Shuoerによる5基の静電型ドライバーの実装とクロスオーバーの処理はかなり丁寧に行われているようで、全体的に歪率を低い水準に抑えており、プロ用モニターとし…

【HiFiGOニュース】最新のハイブリッドフラッグシップIEM「Shuoer EJ09」登場!!

Shuoer Acousticsは、高品質のインイヤーモニター、特にエントリーレベルの価格帯のEST(静電型)ドライバー採用IEMであるShuoer Tape Proで業界で有名なブランドの1つです しかし、このブランドの製品は低価格だけに限定されていません。 このブランドは、…

【ニュース】Shuoerから静電型フラッグシップIEM「Shuoer EJ09」登場!!

Shuoerをご存じですか?中華イヤホン好きなら、きっとどこかで聴いたことがあるかもしれません。静電型ドライバーを低価格のイヤホンに搭載し、提供したメーカーとして知られており、ほかにも最新ドライバー技術を導入したイヤホンをたくさんリリースしてい…

【HiFiGOガイド】オーディオ専門店「HiFiGO」が選ぶ、2020年最高の中華イヤホン BEST10[$200未満編]

初心者のオーディオファンが混乱しないよう、2020年のトップ10中華イヤホンを$200未満の価格帯限定でリストアップしました。予算内で手に入る最高のIEMを使用して、ハイレゾオーディオの世界に飛び込んでみませんか?

【HiFiGOニュース】Shuoerから最新の静電ダイナミックドライバーIEM Shuoer Tape Proがリリースされました

今年の初め、Shuoer Acousticsは、静電ダイナミックドライバーIEM Shuoer Tapeを手頃な価格でリリースし、世界中を驚かせました。このモデルは、その興味深い音質出力は多くの肯定的な評価を集めました。 同じような成功を続けたのち、コミュニティからの反…

【コラム】Tri Starlightは名機Tri i3のアップグレード先になり得るか?そしてそれはTri Audioの伝統的なサウンドの中でどう位置づけられるべきか[Tri Starlight/Tri i3/Shuoer Tape]

Tri Audioというブランドは中華メーカーとしても新しく、おそらくKinboofi系のわりと新しいブランドですが、そのデビュー作Tri i4はバランスの良いサウンド出力で非常に話題を呼び、さらにその後に発表したTri i3は平面駆動型ドライバー技術を導入した先進性…

【HiFiGOアナウンス】Shuoer Soloist:最新のケブラードライバーIEMがリリースされました!!

Shuoerは、優れたパフォーマンスの静電型IEM、Shuoer Tapeでオーディオファンの信頼を獲得しました。 Tapeの成功以来、ブランドはコミュニティから好評を博した多くの製品をリリースしてきました。リーズナブルな価格の静電型イヤホンShuoer Singer、フラッ…

【HiFiGOガイド】静電型イヤホンBESTコレクション!!!

良質の音楽を楽しむには、優れたオーディオ構成が非常に重要です。 しかし、最も重要なのは、その構成で使用されているインイヤーモニター/ヘッドホンです。 IEM /ヘッドホンが適でない場合、フラッグシップのDAPまたはDAC / AMPシステムでさえ役に立ちませ…

【中華イヤホン Shuoer TAPE レビュー】静電型らしい繊細で爽やかな高域表現が特徴。おすすめ

音場は広く、開放的で、ディテールにも優れており、非常に高解像度なサウンドを持っています。しかしその音はミニチュア的で、金属的な感触があり、中域の暖かみに欠け、充実感を感じづらいかも知れません。静電ドライバーらしい音を充分に実現しており、完…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事