audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】信長の野望・大志PK 新武将作成 いにしえ武将編その1[ゲームリプレイ]

ヘッドライン
icon icon
icon

信長の野望・大志 PK

信長の野望・大志 PK

 今回はいにしえ武将編です。昔は架空シナリオではいにしえ武将はお馴染みだったんですけど、信長の野望では最近減らしているのかな?三国志13PKなんかたくさんいましたけど、いにしえ武将を増やすことには賛否両論ありそうですよね。

 まあすでに私は今川家で今川氏親今川了俊増やしたり、井伊家で井伊共保増やしたりしてますけど。

 

 

過去記事

信長の野望・大志の記事一覧

新武将作成

 戦国時代の諸家には比較的縁の深い南北朝の武将を中心に増やしてみます。

 

赤松円心

f:id:kanbun:20190221002057j:plain

f:id:kanbun:20190221002105j:plain

 イメージは完全にランバ・ラル。ゲリラ屋の戦法で弱小大名家でも活躍してくれる名将。架空シナリオ「群雄集結」では名門・赤松家再興の柱石として活躍してくれるはず。

 

 

赤松満祐

f:id:kanbun:20190221003735j:plain

f:id:kanbun:20190221054543p:plain

 個人的に好きな人なので追加。高校日本史を習っている人には「嘉吉の乱」で名前が出てくるだけの人っぽい感じですけど、どんなイメージ持ってますかね?主君に好き放題やられて困った普段は温厚な中間管理職の人が不満を溜めすぎて暴発しちゃった系の話だと思ったりしません?実際はたぶん、この満祐って人は名門らしい自尊心の高い爺様。結構腕っ節も強く、武門としての誇りと責任感も持ってそれなりに仕事も出来る有能な人だったっぽいです。ただ自尊心は異様に高く、根に持つところもあるタイプです。

 嘉吉の乱の時はそもそも将軍家に所領問題で文句を言われて煮え湯を飲まされたのは2回目で、元々怒りっぽい性格なのに憤懣やるかたない状態にされていたうえ、1回目の持貞事件のときに周りの経験豊富な幕閣が助けてくれたのと違って、このときは満祐自身が幕閣の最長老で他に経験のある幕閣はおらず、将軍と彼との間を取り持つ人脈は少なかったのが不幸の原因。他の幕閣もまさか長老格で一番幕府政治に通じ、蟄居させられていた老練な満祐が将軍暗殺なんて大事をしようとしてるなんて考えず、赤松一族が宴会に将軍を招いたのは、満祐も認めたことでしょうから、ようやく怒りを鎮めて仲直りする機会を設けたのだと思ったのかも知れません。

 「万人恐怖」の義教様の側も放っておいても鬼籍に入る元老を暗殺する必要もないですし、たぶん満祐は当時の幕閣の中でも浮いた存在で政治力はほぼ皆無になっていたはずです。実際将軍暗殺後に幕府側の対応が後手に回りがちになり、時間的余裕があったにも関わらず、満祐はほとんど有効な善後策を講じることができていませんし、一門をまとめることすらできていません。

 そんな満祐爺様を戦国時代で大活躍させたいじゃありませんか?私はさせたいので作りました。満祐について楽しく知りたければ、手っ取り早いのは下の参考図書。

 


徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか (講談社現代新書)

 

山名宗全

f:id:kanbun:20190221010240j:plain

f:id:kanbun:20190221010247j:plain

 西軍の主将・山名宗全御大。個人的に、戦国時代で活躍させたい人上位に入る巨魁です。作らないわけがないですな!山名家を再興してもらいましょう。

 

 

 

山名時氏

f:id:kanbun:20190221010507j:plain

f:id:kanbun:20190221010515j:plain

 遠い先祖の時氏様も応援に来てくれます。

 

 

長尾景春

f:id:kanbun:20190221010549j:plain

f:id:kanbun:20190221010557j:plain

 北条早雲をして、こいつにはちょっと敵わないなと思わせた乱世の梟雄。架空シナリオで長野家を乗っ取らせて大活躍させてみませんか?どうですか?
 最近黒田基樹先生によるクソ面白い本が出てます。

 


太田道灌と長尾景春 (中世武士選書43)

 

 

上杉顕定

f:id:kanbun:20190221011008j:plain

f:id:kanbun:20190221011015j:plain

 この人も好きな人です。越後上杉家から宗家に入り、自身が正統と信じる堀越公方を擁して古河公方と関東の行く末を争うつもりでいたら、長尾景春の反乱が起こってそれどころじゃなくなっちゃって、いつの間にか堀越公方もいなくなっちゃったみたいな劇的状況変化を体験しつつ、晩年は覇権を握りつつあったのに局地戦であっさり戦死しちゃった苦労の人。

 ゲームに落とし込むと、どうしても能力が辛くなりがちで、蒼天録に出てきたときも中の上くらいの人になっていますし、私もそれくらいを目安に今回作成しましたけど、関東自体が前代からの怨恨なりしがらみなりに取り憑かれていた混乱の時代にあって、あちこちに火種が燻る火薬庫だったこの地方を曲がりなりにも安定した方向に持っていった政治手腕は高く評価されてもいいくらいです。関東全域、越後、奥州、中央政局まで見据えた俯瞰した戦略眼を持っていたと肯定的に評価することも可能でしょう。

 この人の死が、なんだかんだいって関東の重し・安全弁だった山内上杉家の没落を招き、戦国化を加速させたところもあります。

 どうです?顕定さまに再び関東安定の夢を見させてあげようではないですか?不甲斐ない子孫に変わって、関東越後を統べる大上杉王国を建国しましょう!

 


上杉顕定 (中世武士選書24)

 

太田道灌

f:id:kanbun:20190221012024j:plain

f:id:kanbun:20190221012034j:plain

 長尾景春の野望を打ち砕いた人。一般的には戦国時代前半を代表する名将です。長尾景春が梟雄・謀略家タイプの知将なら、こちらは正統派軍師タイプの知将という感じにデザインしてみました。

 

 

 

足利尊氏

f:id:kanbun:20190221012504p:plain

f:id:kanbun:20190221012514p:plain

 室町幕府を開いた名将です。負けても負けても最後は勝つ。

 

 

高師直

f:id:kanbun:20190221012604p:plain

f:id:kanbun:20190221012615p:plain

 むしろ活躍させたかったのはこの人。最近再評価が著しい高師直様。高師直についてよく知らない人に是非読んで欲しい参考図書が下に。


高 師直: 室町新秩序の創造者 (歴史文化ライブラリー)

 

 

足利直義

f:id:kanbun:20190221012943p:plain

f:id:kanbun:20190221012952p:plain

 おそらく日本史ファンの中では兄貴の尊氏以上に人気があったんじゃないかと思う直義さん。一昔前は室町幕府初期の統治機構に大きな影響を及ぼしたとされていましたが、最近は高師直さんのほうがむしろ統治機構面での業績における再評価が進んで、なんとなく守旧派っぽいイメージになりつつあるのかな?

 「群雄集結」でだけ関東に古河足利家が復活してるので、そちらに配置して兄弟対決を楽しんでます。

 

 

楠木正成

f:id:kanbun:20190221013307p:plain

f:id:kanbun:20190221013318p:plain

 北朝の赤松円心と並ぶゲリラ戦のプロ。あっちがランバ・ラルなら、こっちはヤン・ウェンリーかな。でもヤン・ウェンリーを「ゲリラ屋」なんて言ったら、ファンに怒られそう。私もファンですけど。

 

 

 

北畠顕家

f:id:kanbun:20190221013536p:plain

f:id:kanbun:20190221013548p:plain

 南北朝時代最強の名将、顕家さん。奥州から都まで遠征してくる壮大な作戦(無理難題とも言う)を都合2度敢行し、1回は完全に実現し、尊氏の心胆寒からしめた名将。2回目もほぼ成功しかけましたが、最終局面で新田さんとうまく連携できなかったのだけが悔やまれます。この日本史上最大の強行遠征に比べれば、秀吉の中国大返しなどまだまだ。兵法にも通じ、軍旗には「風林火山」を掲げていたとか。若くして死にますが、すでにして武田信玄の境地に達していたのかもしれません。天才ぶりは武勇知略に留まらず政治にも発揮され、父の薫陶を受け政治の理非にも通じていたといいます。

 架空シナリオ系では弱小北畠家の心強い味方になってくれますが、「大志繚乱」では石田三成と古今忠臣コンビを組めます。戦国の世に、あるべき忠義を見せてやろうではありませんか!

 

 

つづき

www.ear-phone-review.com

 

 

サウンドハウス

人気のワイヤレスイヤホン おすすめランキング

どれを選んでいいか分からない、接続の仕方がイマイチ分からないという「ワイヤレス初心者」の方々のお悩みを一気に解決!自分に合ったワイヤレスイヤホンの選び方、おすすめの製品をご紹介します。

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事