audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン Antro TouchTwo C5S レビュー】やや薄味ながら深みを出してくれる重低音と、明るく眩しいくらいの中高域の透明感を共存させて聴かせる機種。TouchTwo C5の亜種。おすすめ

Antro TouchTwo C5S

Antro TouchTwo C5S

【令和最新版 超大バッテリー容量】Antro Bluetooth イヤホン ワイヤレス スイヤホン 150時間連続駆動 LEDディスプレイイヤホン CVC8.0ノイズキャンセリング IPX8防水 左右分離型 自動ペアリング Siri対応 ボリューム調節可能 片耳&両耳とも対応 iPhone/ipad/Android適用 マイク付き 技適認証済

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「柔らかな付け心地」

おすすめ度*1

Antro TouchTwo C5S

ASIN

B07YYBFLHK

スペック・評価
連続再生時間/最大再生時間

7h/150h

Bluetoothバージョン 5.0
対応ワイヤレスコーデック AAC/SBC
防水性能

IPX8

音質傾向

弱ドンシャリ、チャリチャリ、ドンドコ、アタック感がある、透明感がある、光沢感がある、爽やか、清潔、澄んでいる、潤いがある

 ハウジングの耳に当たる部分はカスタムIEMのように立体的になっており、装着感は良く、外れにくくなっています。遮音性もそこそこよさげです。

 

 対応コーデックはAAC/SBC。ONKYO GRANBEATHiby R6 Proで交互に繋ぎながら接続品質をみました。テストしたのは某関東ターミナル駅周辺です。比較的通信品質は安定しており、駅の改札付近でもほとんど途切れません。バスロータリー付近や人の多いところでは途切れが見られましたが、価格帯では通信品質は高めです。

 

テスト環境

 今回のテストはHiby R6 ProとONKYO GRANBEATで行っています。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

【2】外観・インターフェース・付属品「モバイルバッテリー機能付き」

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、専用充電ケース、説明書。

 

 充電ケースは容量3500mAhもあり、モバイルバッテリー機能が付いていて、スマホを丸々一台充電できるほどです。

 

Antro TouchTwo C5SAntro TouchTwo C5S

 

【3】音質「ツヤと光沢が多く、透明感の高い中高域を深みのある低域が支える」

 この機種はA.A TouchTwo C5Hiyoo A8-C5の系列に属し、とくに後者とは外観までそっくりでほぼ違いがありません。以前Touchtwo C5のレビューで上記2機種の聞き比べを行い、音質差については紹介しましたが、このC5Sもこれら2機種とは音質が微妙に異なっています。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

 単純化すると、C5→A8-C5→C5Sといくにつれ高域の明るさは増し、音場にツヤ成分が増し、透明感が出ます。一方で低域はC5→C5S→A8-C5という順で存在感があります。その結果、A8-C5はかなり濃厚感が強い懐のある出音になりますが、C5Sはどちらかといえば明晰な透明感のあるのびやかな出音になっています。

 したがってこの系列では単純に解像度を求めるならば、おそらく最も明瞭感があるのはC5Sであると思われますが、一方で個人的にはA8-C5のメロウな音の方がぶっちゃけ好みだったりします。

 

 そういうわけでこのイヤホンはこの系列の中では最も高域が明るく、音場全体の見通し感に優れ、ディテール感の高い音になります。ただしその分、高域で風通しが少し強くなっており、ボーカルはサ行を少し強調する息感重視の音になっているほか、高域弦楽やピアノはやや煌めき感が強くなって派手に聞こえるようになりました。

 音質的にはTouchTwo C5は少し劣るので除きますが、AA8-C5とC5Sは価格帯では標準以上のレベルを備えていると言えるので、どちらを選んでも満足できると思われます。そのため、とくに明るく伸びやかなボーカル表現が好きならC5Sを、豊かな広がり重視でコクのある音が好きならA8-C5を選ぶという形で良いと思います。

 

 好みもあるので一概には言えませんが、たとえば次に挙げる2曲のうち、1曲目の「ブルーアワーに祈りを」のほうが聴きたいなら、おそらくC5S、2曲目の「mnemonic」のほうが聴きたいならA8-C5を選んでおけば、基本的に満足度がより高いと思われます。

 

音質因子評価
音質因子 評価
鮮やかさ
(鮮やか/色味が薄い)
やや鮮やか。全体的に音の光沢感が強く、鮮やか。

鋭さ

(鋭い/鈍い)

普通。光沢感は強く、中高域でエッジの強調は感じるが、低域に一定の量感があって丸めてくれる感じがある。
明るさ
(明るい/暗い)
明るい。中高域の光沢感は強めで明るい。
派手さ
(派手/地味)
派手。中高域は少し眩しいくらいなので派手に感じる。
硬さ
(硬い/柔らかい)
やや硬い。中高域の硬さがやや目立つ。
尖り
(尖っている/丸みがある)
普通。中高域が硬い感じではあるが、低域が柔らかめなのでバランスが取られている。
穏やかさ
(穏やか/騒々しい)
やや騒々しい。中高域がやや目立ちやすく、少しガチャガチャしやすい。
力強さ
(力強い/嫋やか)
普通。ドラムにパンチがあり、アタック力を感じるが、厚みはあまりないので、軽快。
豊かさ
(豊か/貧弱)

普通。中域は清潔に傾いており、低域も厚みは多くない。全体的に少し透明で清潔な感じがあり、ややモニター的に感じられる。

太さ
(太い/細い)
普通。高域で少しスリムに聴かせる感じはあるので、曲によってはわずかに細く感じられる可能性がある。
手触り
(ざらざら/滑らか)
滑らか。全体的に音は滑らかである。
粒感
(きめの細かい/粗い)
やや細かい。中高域は充分に明るく、ディテールの強調が見られる。
清潔感
(澄んだ/濁った)
やや澄んでいる。音場は明るく、見通しが良い。
潤い
(潤いのある/乾いた)
やや潤いのある。ボーカルにしっとりした感じは感じられ、アコースティックギター音にも潤い感がある。
重さ
(重い/軽い)
普通。低域は結構深みを出すが、音場全体は明るく、軽やかなところがある。

 

ボーカル因子評価
ボーカル因子 男声 女声
澄んでいるか
(澄んでいる/濁っている)
やや澄んでいる やや澄んでいる

明るいか

(明るい/暗い)

明るい 明るい

伸びやかか

(伸びる、突き抜ける/天井感がある)

伸びやか 伸びやか

潤っているか

(しっとりしている/乾いている)

しっとりしている しっとりしている

太いか

(太い/細い)

やや細い やや細い

濃いか

(濃い/薄い)

普通 普通

子音が強調されるか

(目立つ/目立たない)

やや目立つ やや目立つ

 

空間因子評価
空間因子 評価
主に中域の密度
(ぎっしり/スカスカ)
ややスカスカ
主に高域の高さ
(抜けが良い/天井感がある)
抜けが良い
主に低域の深さ
(深掘り感がある/浮き上がりがよい)
やや深掘り感がある
主に低域と中域の横幅
(広い/狭い)
やや広い
主に中域の奥行き感
(奥まる/前屈み)
やや奥まる

 

美点
  1. 中高域のディテールが良く、ツヤも強く明るい
  2. 低域に深みがある
  3. やや透明感の強いサウンド
  4. 解像度感が高い
欠点
  1. 中域での充実感が薄い
  2. 音がややチャラく、派手めでガチャガチャしやすい
  3. やや風通しが良すぎ、人によってはすっきりしすぎた音に聞こえる

 

[高音]:高域は中高域で一番明るさを強調するが、高域の高い方もそこそこ出ていて、シンバルはシャンシャンした明るいところも粒立ちよく出る。本当に高いところはやや抑えられていてシャープネスは相対的に抑えられているが、それでもボーカルのサ行はやや目立つ感じはある。刺さる感じはたぶんないと思われるが、全体的に明るく派手。アタックもやや強い(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、菅野よう子「Power Of the Light」でテスト)

[中音]:中域は中高域に比べて後退しており、奥行き感を感じ、やや清潔。ボーカルや楽器音はそのため、若干細めにキラキラ感高めに聞こえる感じがある。さらに中高域音が目立つせいか、音にやや硬い感じがある。

[低音]:100hz~40hzまで、鈍く重たい振動。30hzで沈み、20hzでほぼ無音。低域では中低音はそれほど強調されず、中低音の下辺から重低音あたりの広がりが意識されやすく、重心が低く、ベースとキックが少し強調されるような深掘りサウンド(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:基本的にはドンシャリ。低域はやや床面を深く、中域は清潔で、中高域で音が浮き上がって聞こえてくるようなワイドレンジ感がある(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムスは上辺が明るく、スネア・タムの鼓面がビシバシ明るく感じられる。バスドラキックは重めに聞こえるが、中盤は清潔で胴鳴りはやや薄味に聞こえる。明るめのバッツンバッツン。シンバルも明るめで高いところのシャンシャンまで白味を出して浮き上がる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:男声ボーカルは明るく、やや細く、サ行にも少し強調があるので清潔な印象を受ける。少し中性的。女声ボーカルも少し清潔でサ行がやや尖る感じがある。上辺に向かって伸びやかで少し媚びる感じはあるが、さらに高く伸びるので、爽やか系のすっきりボイスに聞こえやすい。

 

【4】官能性「上で明るくキラキラ爽やか、下では少し深掘りされる若干煌めき感の強い清潔系のドンシャリサウンド」

777☆SISTERS「MELODY IN THE POCKET」

【GRANBEATで鑑賞】清潔系のドンシャリで艶やかさを出しつつも、基本的には風通しが良い感じはこういう曲と相性が良さそうです。ドラムはパリパリタムタムした明るめの上辺と、少し明るめにドスッと引き締めるキックの二元論で分離感が強く、基本的には上辺が若干強く軽快に聞こえますが、下での引き締まりもあるので浮つきません。ボーカルは伸びやかで艶やかさを出しつつ、突き抜けもよく、爽やかさもある思春期を思わせる若々しい声色です。シンバルが少しシャリシャリ派手めに浮き上がり、鼻につくところがあり、またギターが若干薄味なのが少し好みを分けるかも知れませんが、基本的に爽やかで歯ごたえのよいシャキシャキしたサウンドで楽しめます。

 


MELODY IN THE POCKET【初回限定盤】

 

東山奈央「月がきれい」

【Hiby R6 Proで鑑賞】この曲の透明感はきれいに感じられます。音場全体に明るさと風通しの良い感じがあり、清潔です。ボーカルもスースーした息感を強調しながら、少し艶やかに伸びていくので、清澄感のある声色になります。楽器音も全体的に明るさを強調してキラキラして聞こえてくる感じになります。一方で低域にも少し深みが感じられるので、やや中高域が浮き上がるバランスでありながらも、音に一定の安定感が感じられます。透明で伸びやかにこの曲を楽しみたいならおすすめできます。

 


イマココ/月がきれい (アニメ盤)

 

安月名莉子「be perfect, plz!」

【Hiby R6 Proで鑑賞】個人的にはこのくらいの曲になるとこのイヤホンはややかしましく、中域の不足が意識されてきます。音の光沢と尖りがかなり露骨にキラキラシャリシャリするうえに、ボーカルもかなりサ行とツ音が強く、ギスギスして聞こえます。音量を上げるとこの尖りはますますきつくなるので、聴き苦しいところが増してしまう感じがあります。

 明るめのアニソン向きな印象を受けますが、元々清潔感と光沢感を強調している感じの曲だと意外とガチャガチャしやすいところはあるかもしれません。中域はやはり少し不足気味のような気がします。ぶっちゃけこの曲は中域が濃く、低域もより深みをはっきり出すA8-C5のほうが聴き心地が断然良いです。

 


TVアニメ「 慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ 」エンディングテーマ「 be perfect, plz! 」

 

【5】総評「低価格で煌めきと爽やかさを共存させた解像度重視の音を聴きたいなら、おすすめ」

 透明感と煌めき感のある高解像度系サウンドが好きなら、低価格ではおすすめできる機種の一つです。曲によっては、ややはっちゃけすぎるところはあり、うるさいところが出やすいところがあるのは気になりますが、ガールズロックやアイドル系の曲を清潔感を出して爽快に聞かせてくれるでしょう。

 

まとめ
  • 清潔感と派手さを兼ね備えた音で解像度が高い
  • 通信品質は比較的良好で、バッテリー品質は高い
  • ガチャガチャしやすい

 

Antro TouchTwo C5S

Antro TouchTwo C5S

【令和最新版 超大バッテリー容量】Antro Bluetooth イヤホン ワイヤレス スイヤホン 150時間連続駆動 LEDディスプレイイヤホン CVC8.0ノイズキャンセリング IPX8防水 左右分離型 自動ペアリング Siri対応 ボリューム調節可能 片耳&両耳とも対応 iPhone/ipad/Android適用 マイク付き 技適認証済

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。