audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】中華イヤホン Kinera Imperial Skuldの海外レビューまとめ

ヘッドライン

icon

Kinera Imperial Skuld

Kinera Imperial Skuld

 

 Kineraの5BA中華イヤホン「Kinera Imperial Skuld」の海外レビューをまとめて紹介します。こちらから別のレビューも読むことが出来ます。併せてお楽しみください。

 

Kinera Imperial Skuldの特徴

  • ひとつひとつ手作業で塗装された美しいハンドプリントデザイン
  • 5BAドライバー構成
  • 駆動しやすい

 

Kinera Imperial Skuldの技術仕様

  • モデル名:Skuld(スクルド)
  • インピーダンス:23Ω
  • 感度:120+-2dB
  • 周波数帯域:5Hz-40kHz
  • ケーブル長:約1.2m(リケーブル対応)4.4mmバランスプラグ
  • 価格帯:5000円~10000円

 

Kinera Imperial Skuld
Kinera Imperial Skuld
Kinera Imperial Skuld
Kinera Imperial Skuld

 

Skuldの背景

 Kineraの最近の製品は、有名な北欧神話のキャラクターからインスピレーションを得てデザインされており、そのキャラクターの名前が付けられています。このSkuldもそうです。北欧神話によると、運命の女神である三姉妹はノルンと呼ばれています。Skuldは3人姉妹の中では一番の末っ子で、未来の罪を記録し、そのために神々に警告を与える存在です。

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 Kineraは、IEMの世界でステップアップを図り、より「大人っぽい」音色と模範的なデザインと製品体験の両方を手に入れたいと考える人々にとって、非常に魅力的な提案を行いました。美しさは見る人の目の中にあることは確かですが、Skuldのデザインは、私の意見ではシンプルにゴージャスであり、あなたは$550で見事によく作られた、アクセサリー付きのIEMを手に入れているのです。サウンド的には、SkuldはKineraのミッションである「バランス」を実現しており、中域のディテールとトーン、そしてよりニュートラルでテクニカルなサウンドへのアプローチを好む人にアピールするボイシングになっています。暖かみのある、あるいは瑞々しい音色を好む方は、まず試聴されることをお勧めしますが、最初に感じた欠点を克服し、よりニュートラルでリニアなサウンドに変換するための印象的な技術的要素がふんだんに盛り込まれています。

 

https://www.headfonia.com/kinera-skuld-review/

 

 Kinera Imperial Skuldは、いくつかの理由でとても気に入っています。アダプターはプラグが長く突き出ていますが、接続の選択肢はいくつかありますし、アクセサリーリストも十分です。私はほとんど4.4mm接続のソースを使用していたので、この点については全く問題ありませんでしたが、これが唯一の不満点でした。

 

 Skuldの最も気に入っている点は、何時間でも楽しめる飽きのこないサウンドシグネチャーです。このIEMは、最初は印象的な音ではなく、何日も座って聴いているうちに、このIEMが生み出すディテールのレベルの高さを実感し、だんだん好きになる傾向があります。

 

 この予算レベルでは、かなり厳しい競争がありますが、Skuldは、ソフトなトーンで、丁寧で、このような快適で聞きやすいIEMであることで、通常積極的に調整されたIEMのグループの中に快適に座っています。

 

https://headfonics.com/kinera-imperial-skuld-review/

 

 Skuldは、IEMデザインとアートの交差点であり、素晴らしいチューニングと優れた技術力の組み合わせにより、私がこれまで聴いた中で最も首尾一貫した、レイヤーの厚いプレゼンテーションを実現します。

 

長所:

  • クラス最高のビジュアルデザイン
  • 優れたケーブルとアクセサリーセット
  • コンパクトで快適なシェル
  • 圧力解放ベント
  • バランスのとれたサウンドチューニング
  • クラス最高のコヒーレンス(音像一貫性)
  • 優れたレイヤリング
  • 美しく伸びた高音域

短所:

  • 男性ボーカルが少し箱鳴りする
  • フルボディの表現が分離を妨げない
  • 音場の奥行きに不満がある

 

https://theheadphonelist.com/kinera-skuld-review-new-leaf/

 

www.youtube.com

 

 スクルドがノルンの一人なのに、Kineraがもう一つNornという名前のモデルを出しているのは面白いですね。 もしかしたら、他の2人の姉妹はKineraが将来リリースするモデルになるかもしれません。

 

 Skuldは、私がこれまでにテストしたKineraのモデルの中で、すぐに一番気に入ったモデルになりました。見た目が素晴らしいだけでなく、ディテールと質感がよく、ニュートラルに近くなっています。しかし、Skuldは市場で非常に競争の激しい場所にあるので、見た目と質感だけでは、その場所で検討する価値のある唯一のモデルになるには十分ではありません。キットは非常に頑丈で、3.5と4.4アダプターが含まれていることもプラスに働いています。しかし、他のモデルも同様のキットを提供しているので、選択肢は狭まりますが、唯一の選択肢になるわけではありません。また、フィット感も、競合製品の中には耳の小さい人が使用できないものもあり、耳の大きい人には不快に感じるかもしれません。

 

 高音域も、競合製品の中には少し明るく、長時間のリスニングには少し疲れるものがあるので、助かります。  これらのうち、どれが欠けても有利にはならないかもしれませんが、それらすべてが組み合わさっているため、Kinera Skuldは人気が出ると思われます。この価格帯では、非常に優れたインイヤーモニターです。

 

長所:

  • ソリッドなビルド
  • 素晴らしいルックス
  • ニュートラルに近いシグネチャー
  • 丁寧な高音

短所:

  • 最小限の重低域
  • 中低域の影響を低減すべき

 

https://audiofool.reviews/2021/09/05/kinera-skuld/

 

 Kineraのライブラリーの中で最も満足度の高いインイヤーモニターの一つです。Skuldのシェルの美しさのレベルは見る人の目次第ですが、サウンドシグネチャーは、彼らのセレクションの中で最も一貫して楽しめるチューニングの1つとなっています。フラットでありながら、生き生きとしていて、細部まで鮮明です。インパクトのある低音がないのは気になるかもしれませんが、よりバランスのとれた正確な音色を好む人はSkuldに群がることでしょう。価格もハイエンドとエコノミーの中間に位置し、ちょうど良い感じです。Skuldは、最も聴きやすいIEMの1つであり、優れた分離感とレイヤー感を備えています。

 

長所:

  • 外観
  • コネクターオプション
  • セパレーション
  • 中域の明瞭度

短所:

  • 低音が少ない

 

https://majorhifi.com/kinera-imperial-skuld-review/

 

www.youtube.com

 

 全体として、Kinera Imperial Skuldの性能には非常に満足しています。私がハイエンドアンプを持っていて、Kinera Skuldがどれだけスケールアップするか、特に低周波数帯域で確認できればよかったのですが。それでも、Kinera Imperial Skuldは、この価格帯の他のIEMでは得がたい、最も透明で崇高な美しい中音域を生み出しています。そして、それはそこにとどまりません。高音域は非常にスムースでディテールに富み、素晴らしいダイナミクスとトランジェントを生み出し、優れたイメージング、レイヤリング、サウンドステージを備えています。これほど多くのパラメータが右肩上がりになっている製品を見つけるのは、最近では本当に難しいことです。もしこの価格帯のIEMを探しているのなら、Kinera Imperial Skuldをチェックするべきでしょう。

 

長所:

  • 透明で滑らかな中音域
  • 滑らかな高音と詳細な高音
  • 素晴らしい音場感
  • ディテール
  • クラフトマンシップ

短所:

  • 低域にエネルギーがない
  • ケーブルにL/Rの目印がない

 

https://www.head-fi.org/showcase/kinera-skuld-hand-painted-multi-ba-iems.25347/review/27196/

 

 Kinera Skuldは見た目も豪華で、高級なアクセサリーがすべて付いています。この価格帯でBAのセットアップをしなければならないのなら、お金を払う価値があると思います。この価格帯で聞いた中で最もスムーズなチューニングが施されています。高域は甘く、中域は夢のようで、低域はまるで上質の熟成スコッチのように滑らかです。平均的な解像度とマイクロダイナミクスのため、スタジオモニターとして使用することはできませんが、慌ただしい一日の仕事の後に、リラックスしたラウンジで、そのバターのように滑らかで壮大なプレゼンテーションによって、眠ったり瞑想するのを助けるような体験をすることができます。

 

長所:

  • ニュートラルでバターのように滑らかなチューニング
  • 甘く疲れない高音
  • 重みのある夢のような中音域
  • ニュートラルな低音レスポンス
  • 非常に良い高さと深さ
  • 豪華な外観と高級感

短所:

  • 音場の広さがなぜか狭く感じる
  • 解像度は平均的
  • 重低域が少しシャイに感じることがある。

 

https://www.head-fi.org/showcase/kinera-skuld-hand-painted-multi-ba-iems.25347/review/27050/

 

www.youtube.com

 

 Skuldは真面目なIEMで、Nornは楽しい響きのIEMです。これはKIneraが意図的にやったことなんです。Skuldの最大の魅力は、どんな音源を投げてもそれに適応する力です。これによりSkuldは、みずみずしいボーカル、滑らかな高音、そしてぎりぎりの低音を備えた多才なIEMとなっています。

 

長所:

  • 完璧なフラットサウンドシグネチャー
  • どのようなソースにも適応できる
  • 音場に深みがある
  • イメージングが的確である
  • 中音域が非常に豊かである
  • シェルが絶妙に見える
  • 全体的にリッチな感じが良い

短所:

  • ローエンドが物足りない。
  • 高域もロールオフしている。

 

https://www.head-fi.org/showcase/kinera-skuld-hand-painted-multi-ba-iems.25347/review/26985/

 

Kinera Imperial Skuld

 

 イヤーシェルにLとRのインジケーターがないなど、細かい点を除けば、Skuldはこの価格帯では良いIEMだと思います。結論として、Nornは低音とマイルドなV特性を好む人に適しており、Skuldは良質な中音域と豊かなボーカルを切望する人に適していると言えるでしょう。Kineraは、同じ価格帯で2つの非常に個性的なサウンドと外観を持つIEMを提供することで、良い仕事をしたと思います。Nornはより楽しいサウンドで、Skuldはよりニュートラルでバランスの取れたサウンドです。

 

長所:

  • 手塗りの樹脂製シェルが美しい
  • 優れた中音域、特に女性ボーカル
  • 疲れを感じさせないサイン
  • トーンバランスが良い

短所:

  • IEMにL/Rのマーカーがない
  • ランブルが不十分

 

https://www.head-fi.org/showcase/kinera-skuld-hand-painted-multi-ba-iems.25347/review/26858/

 

Kinera Imperial Skuld

 

 Kineraの最新作であるSkuldは、フラットな周波数特性が好きな人が幅広いジャンルに使える優れものです。以前、私はKinera Nornを使用していましたが、そのサウンドは非常にエネルギッシュで低音に富んでおり、正反対でした。個人的にはとても気に入っています。しかし、Skuldも負けてはいませんから、NornとSkuldはお互いをよく高め合っています。

 

 Skuldは汎用性が高いので、聴いているジャンルに合わせて自分好みのEQにすることができます。中音域はディテールに優れ、前方に配置されているため、全体的に魅力的でエネルギッシュな印象を与えます。高音域は空気感がよく出ていて、周波数帯域の分離がとても良好です。ローエンドはスターショーではないかもしれませんが、オールBAのiemとしてはよくできていて、速く、タイトで、コントロールされていますが、最もパンチのある、重く、攻撃的なものではありません。このベースは、技術的な面で調整されているので、楽しさは期待できません。

 

 全体的にSkuldは、フラットさとニュートラルさを必要とする人に最適な選択であり、それゆえ「AN UNCOLOURED CHAMPION(着色感のない王者)」の名を冠しているのです。

 

長所:

  • きれいに調整されたフラットな音
  • 印象的で空気感のある中音域
  • 素晴らしい分離とディテールの再現性
  • 音場の奥行き
  • クラフトマンシップ
  • 付属品

短所:

  • インパクトのあるローエンドではない
  • 高音域の伸び

 

https://www.head-fi.org/showcase/kinera-skuld-hand-painted-multi-ba-iems.25347/review/26710/

 

Kinera Imperial Skuld

 

 Skuldのチューニングとプレゼンテーションは好みに大きく左右され、基本的にニッチなセグメントを対象としています。いくらレビューを書いても全貌はわかりませんので、購入前に試聴することをお勧めします。Skuldは、豊かで自然な中音域に憧れ、技術的なことはあまり気にせず、ゆったりとした体験を楽しみたい人にとって、(高価ではありますが)非常に良い選択肢になることでしょう。

 

長所:

  • 豊かでバランスのとれた中音域
  • 心地よい滑らかな音調

短所:

  • 両端が大きくロールオフする
  • 技術的な面で遅れをとる

 

https://www.head-fi.org/showcase/kinera-skuld-hand-painted-multi-ba-iems.25347/review/26661/

 

 この価格帯の競合機種が多い中、長所と短所がありますが、私にとっての最大の長所は、そのボーカルとまとまりです。このような、ヴォーカルとまとまりの良さは、ポップスやEDMなどにも適していると思います。そして、私としては、これよりもNornの方が好きでした😁でも、ボーカルと滑らかな高音が好きなら、これはとても良いですよ。

 

長所:

  • 本当に良いバランスのボーカル
  • ステージングが素晴らしい
  • ニュートラルシグネチャーはあなたの好みかもしれない
  • 分離が良い
  • 質感のある低音
  • 良好なイメージング
  • 滑らかな高音
  • アダプターは常にプラスポイントになる

短所:

  • ダイナミクスはそれほど良くない
  • 微細なディテールが欠落している
  • 本物の深みがない
  • ケーブルのアップグレードが必要
  • 重低域と低域はもっとボディが必要です。

 

https://www.head-fi.org/showcase/kinera-skuld-hand-painted-multi-ba-iems.25347/review/26554/

 

Kinera Imperial Skuld

 

 これ以上何を言えばいいのか、このレビューですでに述べたことがほとんどすべてです。しかし、すべてを要約すると、Kinera Skuldは、スムーズでバランスの取れたサウンドを提供する素晴らしいデザインのIEMです。この価格帯で聞いた中で最高のボーカルと、疲れを感じさせない細部まで作り込まれた高音域を再現します。低音はダイナミックドライバータイプのIEMのようなパンチや深みはありませんが、豊かで洗練された表現でその存在感を示しています。$500のセグメントには、DUNU EST112DUNU SA6など、倒すべきタフなコンテンダーがいることは知っています。しかし、Skuldはスムーズなチューニングと美しいルックスで、その地位を維持していると言えるでしょう。

 

長所:

  • バターのようにスムーズなサウンド
  • リッチな中音域
  • イヤーシェルの外観が非常に美しい
  • 簡単に電源供給ができる(必要駆動力が低い)
  • バランスケーブルの品質が非常に良い

短所:

  • 同価格帯のハイブリッドドライバーNorn IEMと比較すると、特に低域にパンチがないように感じられる

 

https://www.head-fi.org/showcase/kinera-skuld-hand-painted-multi-ba-iems.25347/review/26484/

 

Kinera Imperial Skuld

 

 

まとめ

 Kinera Imperial Skuldについては、私の友人のBanbeucmasが周波数特性を測定し、公開してくれています。それを見る限り、ウォームニュートラルライクといった感じで、悪くはないかもですが、価格帯最高と言えるようなものでもなさそうな気がします。実際に現物を測定してみないと詳しいことはわかりませんが、不快な要素は少なく、中域中心でほどよくマイルドに聴かせてくれそうです。

 

Kinera Imperial Skuld

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事