audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【ハイエンドイヤホン JH Audio ROXANNE Universal アウトラインレビュー】ザ・コンプレスド・サウンド

ヘッドライン
icon
icon icon icon
icon

JH Audio ROXANNE Universal

JH Audio ROXANNE Universal

 

免責事項
  • このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  • これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  • 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。

 

audio-sound Score

  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:8.0/10.0
  • 高域:7.5/10.0
  • 中域:5.0/10.0
  • 低域:8.0/10.0
  • 歪みの少なさ:7.5/10.0

 

こんな人におすすめ

  • 高いイヤホンほど音が良いと信じている人
  • シックで暗い、落ち着いた音が好き
  • 有名人と同じイヤホンを使いたい
  • JH Audioファン

 

JH Audio ROXANNE Universalの概要

「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「JH Audio ROXANNE Universal」です。

 

JH Audio ROXANNE Universalの完全なレビューはこちらにあります。

 

基本スペック
  • 再生周波数:10-23000Hz
  • インピーダンス:15Ω
  • 感度:119dB
  • ピンタイプ:4pin
  • 価格帯:100000円~200000円

 

JH Audio ROXANNE Universalの特徴

イヤホンハウジングを40%小型化

イヤホンのハウジング型状を刷新した事で、筐体サイズが従来機から40%の小型化を実現。JH AudioがカスタムIEMの製造の為に保有している約33,000ペアの耳型データのうち、約1000ペアをサンプルとして使用。より快適なフィット感が得られるようデザインしました。さらにノズルの長さと角度を見直すことで、さらなるフィッティングの良さを実現しています。

 

独自のミニクワッドドライバー構成 「soundrIVeテクノロジー」

JH Audioが特許を取得している独自のミニクワッドドライバー(ドライバー4個)構成「soundrIVeテクノロジー」の採用により、23kHzまでの帯域を確保しています。

 

独自のチューブウェイブガイド「freqphaseテクノロジー」

多数のドライバー構成での時間軸と各帯域の位相を正確に制御する特許技術です。独自のチューブウェイブガイドにより各ドライバーの信号を0.01ミリ秒以内に確実に到達させ、IEMとしての役割を適切に行います。

 

ケーブルに低域調整機能を搭載(Variable bass output adjustable cable)

ユーザー自身でL/Rの低域調整可能な「Variable bass」機能をケーブル上に搭載。

 

ロック機構を搭載した独自の4ピンケーブル

独自開発の4pinアルミニウムケーブルコネクターにより、安全で強固な接続を実現。汗やホコリからも守ってくれます。

 

https://i0.wp.com/www.audio-sound-premium.com/wp-content/uploads/2022/09/JH-Audio-ROXANNE-Universal.jpg?resize=1024%2C1024&ssl=1

 

パッケージ

今回はONZOのレンタル品のため、パッケージの評価は標準の7.5とします。

 

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909023608.jpg?w=1256&ssl=1

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909023612.jpg?w=1256&ssl=1

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909023604.jpg?w=1256&ssl=1

 

ビルドクオリティ

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。フェイスプレートがとても美しいですね。

 

<https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909024143.jpg?w=1256&ssl=1

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909024209.jpg?w=1256&ssl=1

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909024206.jpg?w=1256&ssl=1

JH Audio ROXANNE Universal
JH Audio ROXANNE Universal

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909024202.jpg?w=1256&ssl=1

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909124008.jpg?w=1256&ssl=1

 

装着サンプル

装着感は悪くありません。

 

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909130713.jpg?w=1256&ssl=1

JH Audio ROXANNE Universal
JH Audio ROXANNE Universal
JH Audio ROXANNE Universal

 

音質

今回は標準イヤーピース Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

 

JH Audio ROXANNE Universalは高域で鮮明感を重視し、中域中心部も強調する変形U字型とでもいうべきJH Audioの伝統的なシグネチャーサウンドに基づいています。

 

 

音質についての詳しいレビュー内容はこちらを参照して下さい。

 

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909024529.png?w=1256&ssl=1

 

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909031823.jpg?w=1256&ssl=1

 

低域

スイッチを中間位置に設定したROXANNE Universalの低域はやや浅めですが、比較的リニアです。高域方向に持っていくと低域はさらに不足し、浅くなります。逆に低域位置だとかなり低域の存在感が強くなります。

 

中域

JH16v2 Proのときも指摘しましたが、JH Audioは本当に中域の音作りが下手っぴです。SHUREもイヤホンは本当に気色悪い中域を作っていますし、アメリカのブランドのイヤホンを買うより、JVCやオーテク、SONYの日本ブランドの安いイヤホンを買った方がはるかにまともな音がするはずです。

www.audio-sound-premium.com

 

例のごとく、コンプレッサーをかけすぎたようなダイナミックレンジの悪い、濁って平面的な中域で、単純に「ひどい」以外語るべきことはほとんどありません。私の過去のJH Audio製品のレビュー(Roxanne AIONJH13v2 ProJH Audio Lola Hybrid Universal )を見れば、いろいろ書いてあります。繰り返す必要も感じません。

 

今のところ、JHで買うならLolaかRoxanne AIONが相対的にまともな音がすると期待できる、ということくらいしか言えませんね。

 

同じJHでもBillie Jeanのような安いモデルの方がおそらく断然良い音がすると予想されます。AKが関わっているせいでしょうかね、少なくとも周波数特性を確認する限りははるかにバランスが良いです。

 

高域

JH Audioは相変わらず高域でかなり鮮明感を盛っています。というか、このブランドはSHUREの音に影響受けてるんですかね?傾向がそっくりです。おそらくJerry Harvey先生がSHUREに感化されている可能性があります。

 

しかし残念ながら、SHUREはモニターヘッドホンでは素晴らしいサウンドの名機をたくさん輩出していますが、イヤホンの方はむしろ反面教師にすべきサウンドのものばかり作っています。

 

JH AudioはSHUREイヤホンの呪縛から解き放たれるべきでしょう。まあ、これはSHUREをなぜか崇拝する傾向のある日本のポータブルオーディオ界隈も同様ですけど。SHUREが優れているのはヘッドホンの方で、イヤホンは基本的に……。

 

いわゆる「評論家」の先生方もSHUREやJHを毎回ヨイショするのには本当に苦労してると思いますね。心中お察しします。

 

音質総評
  • 原音忠実度:B+
  • おすすめ度:D-
  • 個人的な好み:D-

 

SHUREのイヤホンの音が好きなら、アップグレード先としては良いかもしれません。それは同じように1000円クラスイヤホン以下のナローレンジで、のっぺりした中域を聴かせてくれますし、ノズルを交換する手間なしに低域を調整できます。ただし解像度はSHURE製品より少し悪くなる可能性が高いのだけネックです。

 

普通の人はこのイヤホンは無視して問題ありません。

 

音質的な特徴
美点
  • 上品でシック
  • 高い鮮明感
  • 低域が調整できる

 

欠点
  • よくないクリア感
  • 不足している高域拡張性
  • 不自然な質感
  • コンプレッサーをかけすぎたようなダイナミックレンジの悪い音
  • 総じて全く価格に見合わない音質
  • 原音忠実度が低い

 

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220909/20220909142456.jpg?w=1256&ssl=1

 

 

総評

レディー・ガガやビリー・アイリッシュのような有名人や自分の好きなアーティストと同じ製品を使いたい、それによって同一感や自己満足を得たいという場合は、JH Audio Roxanne はとても魅力的に思えるでしょう。しかし、サウンド面で期待すべきものは基本的にほとんどありません。

 

オーディオ業界は音楽業界と密接な関係にあるので、音楽関係者を動員して彼らのSNSなどでの影響力を頼んでセールスプロモーションをしていることは珍しくありません。JH Audioはそれを大々的に行っているブランドの一つでしょう。日本でも最近、ア○ート近辺のブランドが同様のプロモーションを積極的に行っており、ほかにもなんとか中○さんをよく見かけることもあるでしょう。そうしたプロモーションをどう思うかは個人の自由ですが、個人的な感想としては、こういうことを露骨にして話題作りで無理して売ろうとしているブランドの製品は大抵あんまり良い音ではありません。

 

私の経験上、良い音の製品はむしろ、静かなところやもっと日常的なところ、他愛ないところで見つかるものが多いですね。人の幸せというのも、華々しく賑やかなところより、もっと静かなところにあるものです。無駄に高い値札をつけて高品質を装ったり、有名人を動員して一生懸命箔をつけているものからは、真の幸せは得られないんじゃないでしょうか。それはインチキ宗教ほど勧誘に熱心で、ほしくもない「幸せ」を押し売りし、一般に高額なお布施などを要求してくることにも似ているかもしれませんね。

 

JH Audio ROXANNE Universal

JH Audio ROXANNE Universal

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事