audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

アウトラインレビュー

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Air S アウトラインレビュー】低域を少し強調したニュートラルサウンド。優れたサウンドバランスかつ低歪。ANCは効果が薄い

EarFun Air Sは非常に優れたニュートラルなバランスを持ち、歪率も非常に低い優秀な完全ワイヤレスイヤホンです。

【モニターヘッドホン CLASSIC PRO CPH3000 アウトラインレビュー】非常に優れた解像度。中高域を重視した鮮やか、かつ艶やかな音

CLASSIC PRO CPH3000は中域寄りのサウンドシグネチャーを持っています。

【ハイエンドヘッドホン ONKYO A800 アウトラインレビュー】日本のオーディオ業界が生み出した最高峰ヘッドホンの一つ

A800のサウンドバランスは多くの人にとって非常に優れていると言えることが期待でき、解像度や歪みの少なさの点でもハイエンドにふさわしく、一般にそれは日本製ヘッドホンの最高峰の一つとして語るにふさわしい実力を持っています。

【中華イヤホン LETSHUOER S12 アウトラインレビュー】平面駆動型イヤホンの金字塔

LETSHUOER S12は優れた位相一貫性、制動特性を持ち、ハイエンド並の音域と解像度を持つ非常に優れたイヤホンです。この価格帯で最も優れたイヤホンの1つとして文句なくお勧めできるだけでなく、全価格帯見てもこれほどのサウンドバランスとオーディオスペッ…

【中華イヤホン Yu9 U-556 アウトラインレビュー】ER4Bの弱点を克服し、より自然な質感を実現した優れたEtymoticクローン

Yu9 AudioはU-556をEtymotic Research ER4Bを快適にリスニングできるバランスに再解釈し直したモデルとして作ったとしています。実際そのサウンドはEtymoticターゲットでややうるさく聞こえやすい中域をニュートラルで自然に近づけたバランスになっています。

【中華イヤホン Yu9 U-554 アウトラインレビュー】よくできたエティモティッククローン。ER4Bの代替機。ボーカル曲やASMR用にお勧め

Yu9 U-554は低価格でER4BやER4SRを手に入れたい場合に検討できるクローンイヤホンです。装着感や使い勝手は本家に勝り、サウンドは周波数特性以外の特性も含めて、オリジナルにかなり寄せて作られています。装着感など総合的に考えると、上位互換のように使…

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier TO-U2 mini アウトラインレビュー】おしゃれな外観が魅力。通信品質も悪くないが、サウンドは独特

Edifier TO-U2 miniはインナーイヤー型らしく、明るいブライト系のサウンドを持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T3 アウトラインレビュー】重厚なV字型ドンシャリサウンド。ANCはおまけ

パンチの強い太いドラムキックが気持ちよく、充実感もあるサウンドが好きなら、UGREEN HiTune T3はかなりお勧めできるイヤホンです。全体的なイメージング性能も良好で、鮮明感のある立体感が強調されたサウンドは楽しい音楽を提供します。ただし、全体の原…

【完全ワイヤレスイヤホン Tronsmart Onyx Ace Pro アウトラインレビュー】明るく詳細なサウンド。原音忠実性が比較的高く、鮮明ではっきりした音を聞かせる。通信品質も優秀

Tronsmart Onyx Ace Proは優れた通信品質とビルドクオリティを持ち、はっきりとした鮮明感の高い、原音忠実度も良好なサウンドを聴かせるインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンです。インナーイヤー型特有の浅くて薄い低域が欠点になるものの、総じて悪く…

【完全ワイヤレスイヤホン MUINE T1 アウトラインレビュー】優れた質感と定位感。響きの豊かなサウンド。通信品質とANCは優秀

MUINE T1は低域寄りのニュートラルサウンドを持っています。中域から高域にかけてかなりニュートラルに忠実なため、優れた質感と定位感を両立させています。ただし低域は若干強めのため、中域はやや奥で聞こえ、透明度は物足りないかもしれません。

【完全ワイヤレスイヤホン 1more EVO アウトラインレビュー】独特の中域充実系サウンドは好みを分ける。ビルドやANCは十分に価格に見合う機能的なイヤホン

1more EVOは全体のバランスが中域に寄った中域充実系のサウンドになっています。いわゆるかまぼこに聞こえやすい音で、ボーカル付近が近めに張り出して聞こえます。

【中華イヤホン Hidizs Mermaid MM2 アウトラインレビュー】オーディオスペックは価格以上。独自ダクトチューニング搭載。全体バランスはどのノズルも低域寄り

Hidizs Mermaid MM2は標準の金ノズルではやや中域寄りのニュートラルを意識したV字型サウンドになっています。高域寄りに調整するとされる銀ノズルでは実際には中域上部から中高域が強調されます。

【中華イヤホン Audiosense TX15 アウトラインレビュー】深みのある低域を持つシックなサウンド

Audiosense TX15はオーディオスペックで優れていますが、サウンドバランスで中域を犠牲にしており、あまり万人向きとはいいがたいイヤホンです。

【中華イヤホン Moondrop CHU アウトラインレビュー】妥協しないブランドのエントリークラスは一味違う

Moondrop CHUは中域を重視したニュートラルサウンドを持っています。低域の深さにも優れており、重厚感もわりと良く表現することができます。

【中華イヤホン Unique Melody Maverick Ti アウトラインレビュー】Uniqie Melodyらしく無難に仕上がった機種

UniqueMelody Maverick Tiはサウンドバランスとオーディオスペックを総合的に考えると、おそらく10万円台の平均以上であるとは思われ、イヤホン全体の中でもわりと上位の位置にいるとは思います。

【完全ワイヤレスイヤホン Tranya T10-B アウトラインレビュー】よくできたBass Boostモード。中高域が印象的なサウンド。安定した通信品質。無難な選択肢

Tranya T10-Bは価格帯では悪くない選択肢です。とくに中高域のエッジがきれいに聞こえるので、エレキギターやアコースティックギターが印象的に聞こえます。スネアもキレがあり、中域の立体感の再現度は優秀ですが、高域はおとなしめで解像感や分離感はいま…

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T1 アウトラインレビュー】ほぼ完全にニュートラルなサウンドバランスでハーモニクスの豊かなサウンドを聞かせる通好みのリスニングイヤホン

UGREEN HiTune T1は非常にバランスの良い、ほぼ完全にニュートラルなサウンドを実現しています。Super BassモードのサウンドはV字型で低域がかなり強調されます。

【中華イヤホン Tingker TK160 アウトラインレビュー】深みのある低域と、非常にクリアで明るく朗らかな耳当たりの良い中域が魅力の優れたリスニングイヤホン

Tingker TK160は非常にクリアでマイルドな中域が魅力のリスニングイヤホンです。オーディオスペック的には価格を完全に超越していますが、高域はややおとなしすぎ、のびやかさに欠けるのが気になるかもしれません。高域に敏感な人がボーカル中心で音楽を楽し…

【中華イヤホン 7Hz Salnotes ZERO アウトラインレビュー】優れたバランス感覚と秀でた解像度を持つ一貫性のある高品質サウンド

低価格で優れたスタジオチューニングのイヤホンを探している場合、ZEROは真っ先に考慮すべき数本のうちに数えることができるでしょう。それはオーディオスペック面で総じて価格の水準を超えており、数万円する値札のついた多くの機種よりおすすめできるイヤ…

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune X6 アウトラインレビュー】臨場感と包容感を重視した没入的な空間表現。エネルギッシュでダイナミックなサウンド。実用的で効果的なANC。良好な装着感

ライブ感のある、空間全体に音が響くような、床鳴りの強い音楽を楽しみたいならHiTune X6はかなりおすすめできます。ゲーミングモードに切り替えれば、わりと自然なアコースティクスで音楽を楽しめるのも魅力です。

【完全ワイヤレスイヤホン EnacFire E60 アウトラインレビュー】少し暗い空間で重厚感と自然な倍音の響きのあるサウンドを味わえる優れたリスニングモデル

EnacFire E60は中低域が強調された緩やかなV字型ないしU字型のサウンドシグネチャーを持っています。

【中華イヤホン UniqueMelody 3D Terminator アウトラインレビュー】エッジに優れ、キレのあるサウンドを聞かせる

UniqueMelody 3D Terminatorはニュートラルに近いかなり優れたサウンドバランスを持っており、全体の原音忠実度も高く、クリア感や解像度も価格の水準を満たしているため、価格帯ではかなり優れた選択肢になります。

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier Hecate GX07 アウトラインレビュー】LHDCに対応し、Edifierらしいバランスの良いサウンドの機種。ANCとアプリのカスタマイズ性は平凡だが、独自デザインが光る

Edifier Hecate GX07はノーマルモードではかなりニュートラルに近いバランスになっています。ANCモードでのサウンドバランスの変化は大きくありませんが、ゲームモードでは空間性が強調されたV字型に近いシグネチャーになります。

【日本製イヤホン intime 碧Ti3 Edition2 アウトラインレビュー】音楽に重厚感とライブ感を求めるなら悪くないかもしれない

intime 碧Ti3 Edition2は低域寄りの重厚なサウンドを持っており、少しゆったりしたリスニングイヤホンを求めているなら、悪くないかもしれません。とはいえ、総じて価格帯では平凡な機種です。

【ハイエンドイヤホン Campfire Audio DORADO 2020 アウトラインレビュー】熱気があり、ライブ感のあるドライなサウンド

DORADO 2020は低域重視のサウンドシグネチャーを持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Air Pro SV アウトラインレビュー】アプリ対応を除けば、性能的にも音質的にもAir Pro 2のほうが上手。高域に敏感だったり、響きの豊かなサウンドが好きならこっちのほうがよいかもしれない

EarFun Air Pro SVはかなりニュートラルに近くチューニングされており、EarFun Airシリーズの伝統に連なります。EarFun Air Pro 2に比べると、やや中域寄りというか中低域寄りになっており、高域の刺激が抑えられた代わりに、鮮明感ではやや物足りなくなって…

【ワイヤレスヘッドホン Edifier W820NB アウトラインレビュー】実用的なANC、安定している通信品質、バランスの良い聞き心地の良いサウンド。外出時に使いやすい高コスパ機種

Edifier W820NBはニュートラルを意識したV字型のシグネチャーを持っています。ANCモードをONにすると低域が引き締まり、ややモニター的な音にシフトします。

【ゲーミングヘッドセット EKSA Air Joy Plus(E3 Plus) アウトラインレビュー】左右の定位の把握を重視したFPS向きのゲーミングヘッドセット

EKSA AirJoy Plusはゲーミングヘッドセットらしく、左右の定位感を重視した、やや奥行きが強調された中域に音が集まる変形V字型のチューニングになっています。左右の方向感がかなりわかりやすくなるよう左右の耳に定位が多く分散するよう調整されており、FP…

【ハイエンドヘッドホン GRADO GS2000e アウトラインレビュー】原音忠実性の高い、優れたリスニングヘッドホン

GRADO GS2000eは中域以上でほぼ完璧にニュートラルなサウンドを持っています。低域は量的に物足りなく思うかもしれません。

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier X3 To U アウトラインレビュー】Edifierらしいバランスの良いドンシャリサウンドで音楽を楽しく快適に聞ける

Edifier X3 TO Uは中域がやや暗いV字型のほぼニュートラルなサウンドシグネチャーで非常にバランス良く調整されています。尖りや刺さりがほとんどなく、快適に聞けるリスニングモデルです。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事