audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

アウトラインレビュー

【中華イヤホン KiiBOOM ALLURE アウトラインレビュー】高解像かつ透明性の高い中域を優美に聞かせるニュートラル系IEM

KiiBOOM ALLUREは100ドル以下のイヤホンとしては抜群に近いオーディオスペックを持っており、サウンドバランスの点でも良好なニュートラルサウンドに仕上げられています。少なくともハイエンドクラスのサウンドを低価格で実現していることは事実です。KiiBOO…

【中華イヤホン Truthear HOLA アウトラインレビュー】中域がツルツルのメロウニュートラルサウンド

滑らかでメロウなサウンドが好きならTruthear HOLAはかなりおすすめしやすい機種です。サウンドバランスもほとんどニュートラルでやや中域が強調された感じとなっており、価格帯ではよく調整されているほうでしょう。

【中華イヤホン TANGZU Wan’er S.G アウトラインレビュー】重厚感のある低域と濃厚でマイルドな聞き心地の中域を兼ね備えたイヤホン

TANGZU Wan’er S.Gは全体的にマイルドで滑らかな聞き心地の良いサウンドを持っています。高域はかなり安全なので、高域に敏感な人には比較的好ましいイヤホンと言えるでしょう。

【中華イヤホン QKZ x HBB Khan アウトラインレビュー】暗く重厚感のある低域寄りU字サウンド

QKZ x HBB KhanはU字型のサウンドシグネチャーを持っています。低域を豊かに聞かせてくれるイヤホンを探しているなら一考の価値はあります。

【中華イヤホン SeeAudio Yume II アウトラインレビュー】バランスの良い温かみのあるサウンド。豪華なパッケージが魅力

SeeAudio Yume IIはほぼ完璧にニュートラルかつフラットでバランスの良いサウンドシグネチャーを持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Air 3 Deluxe HS アウトラインレビュー】バランスの良いAir 3のサウンドを継承しつつ、LDAC対応した正統後継機

SoundPEATS Air 3 Deluxe HSは同ブランドのAirシリーズの現状における最終進化形にふさわしいサウンドを持っています。ケース筐体自体は少し大きくなったものの、相変わらずイヤホン本体は小型軽量で、装着感も快適です。通信品質も安定しており、アプリの機…

【中華イヤホン TinHiFi C2 Mech Warrior アウトラインレビュー】透明度が高く、レンジ感も優れたスタジオチューニングライクサウンド。現状におけるTinHiFi史上最高傑作のひとつ

TinHiFi C2はほぼ完璧にニュートラルなサウンドシグネチャーを持っています。ただし高域と低域の両方でエネルギーはやや弱いため、バランス的には中域寄りになっています。

【中華イヤホン Open Audio Witch アウトラインレビュー】重厚なV字サウンド。低歪

Open Audio Witchは低域と中高域が強調されたV字型あるいはW字型のサウンドシグネチャーを持っています。

【開放型ヘッドホン Sivga Phoenix アウトラインレビュー】耳が疲れた日には最高のヘッドホン

Sivga PhoenixはハーマンターゲットカーブOEを意識した中域充実系のサウンドシグネチャーを持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン Angry Miao CYBERBLADE アウトラインレビュー】良好なANC性能と通信品質を実現し、低歪で多彩なサウンドを聴かせる佳作

Angry Miao CYBERBLADEは非常にニュートラルなサウンドシグネチャーを実現しており、その表現力は十分に耳の肥えたオーディオマニアを満足させる水準にあると評価できます。とくに中域は非常にみずみずしくきれいに印象的に聞こえます。

【中華イヤホン Open Audio Alkaid アウトラインレビュー】明瞭で繊細、詳細なディテールをこぼすところなく伝える優れたモニターイヤホン

Open Audio Alkaidは総じて価格帯の水準を満たしており、ハイエンドイヤホンにふさわしい実力を備えています。 それは繊細で煌めきのある高域を持ち、奥行き感のある音場と分析性に優れたサウンドを高解像度で聴かせます。

【ハイエンドイヤホン JH Audio ROXANNE Universal アウトラインレビュー】ザ・コンプレスド・サウンド

JH Audio ROXANNE Universalは高域で鮮明感を重視し、中域中心部も強調する変形U字型とでもいうべきJH Audioの伝統的なシグネチャーサウンドに基づいています。

【中華イヤホン FloAudio CALLA アウトラインレビュー】メロウで奥行き感のある音を奏でる優れたリスニングイヤホン

FloAudio CALLAは低域を強調したV字型のサウンドバランスになっています。

【ハイエンドイヤホン JH Audio Lola Hybrid Universal アウトラインレビュー】10万円超えの……その2

JH Audio LOLA Universalは高域で鮮明感を重視し、中域中心部も強調する変形U字型とでもいうべきJH Audioの伝統的なシグネチャーサウンドに基づいています。

【モニターイヤホン Etymotic Research ER2SE アウトラインレビュー】ニアフィールド系モニターイヤホンの良入門機種。素晴らしい品質管理を低価格で実現

Etymotic Research ER2SEは典型的なEtymoticターゲットに近い中域充実系のサウンドを持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン Moondrop(水月雨) NekoCake アウトラインレビュー】良好なANC性能と通信品質を実現し、低歪で多彩なサウンドを聴かせる佳作

Moondrop NEKOCAKEのMoondrop Classicモードはこのブランドの特徴であるVDSFターゲットに基づく、かなりニュートラルに近いサウンドシグネチャーを持っています。

【モニターヘッドホン Behringer BH770 アウトラインレビュー】ビッキビッキに高輝度で高精細な音を聞かせる分析系モニター。装着感は良いが、聴き心地は良くない

Behringer BH770は高域を強調したサウンドシグネチャーを持っています。

【ハイエンドイヤホン JH Audio JH16v2 Pro Universal アウトラインレビュー】10万円超えの……

JH Audio JH16v2 Pro Universalは中域上部が凹んだ、中域下部を強調するサウンドシグネチャーを持っており、ケーブル途中のスイッチで低域量を調整することができます。

【モニターヘッドホン Behringer HPS3000 アウトラインレビュー】明るく高解像なサウンドのモニターヘッドホン。ただし定位の再現度に難あり

Behringer HPS3000は中域を強調する中域充実型サウンドを持っています。

【モニターヘッドホン Behringer HC2000 アウトラインレビュー】明るい中域を高解像で聞かせるギンギンモニター

Behringer HC2000は中域を非常に強く強調するスーパー中域充実型サウンドを持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン Honor Choice EarBuds X3 Lite アウトラインレビュー】奥行き感を強調した典型的なV字型サウンド。解像度は高い

Honor EarBuds X3 Liteは中域の中心部が凹んだ典型的なV字型のサウンドシグネチャーを持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier W220T アウトラインレビュー】Snapdragon Soundに対応し、通信品質も優秀。マイルドで聴き心地の良い音が好みならおすすめ

Edifier W220Tはマイルドな聞き心地の明るい中域を重視したサウンドシグネチャーを持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T18 アウトラインレビュー】バランスが良いサウンドを長時間聞きたい人向け。マルチポイント対応&通信安定性は高い

QCY T18はハーマンターゲット2017に近い、低域を強調したバランスの取れたサウンドシグネチャーを提供します。

【中華イヤホン RAPTGO LEAF D01 アウトラインレビュー】高い解像度で透明な中域を実現する価格帯最高クラスのスタジオモニターサウンド

RAPTGO LEAFは定評あるスタジオチューニングターゲットの一つであるSonarworks Targetに近いバランスで調整されており、多くの人にほぼニュートラルかつ原音忠実性の高いサウンドを提供します。

【中華イヤホン RAPTGO HOOK-X アウトラインレビュー】良質なスタジオチューニングモニター。色鮮やかな美しい中域でボーカルをきれいに描き出す

RAPTGO HOOK-Xは定評あるスタジオチューニングターゲットの一つであるSonarworks Targetに近いバランスで調整されており、多くの人にほぼニュートラルかつ原音忠実性の高いサウンドを提供します。

【モニターヘッドホン GRANPRO V1 アウトラインレビュー】かまぼこモニター。長時間の快適なリスニングモデルとしておすすめ

GRANPRO V1は中域寄りのサウンドシグネチャーを持っています。どちらかというと中域下部が主張する音なので、中域充実系とはいっても高域方向寄りで艶やかなCLASSIC PRO CPH3000とは異なる、充実感の高い系統の音になります。

【中華イヤホン 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko アウトラインレビュー】サウンドバランスや歪率の低さは優秀だが、解像度が低いのが難点

この製品は名前の通り著名なレビュアーで、私も大変尊敬している「Crin」が関わっています。7Hz x Crinacle Salnotes Diokoの周波数特性を確認すると、Crinがこのイヤホンのために素晴らしいサウンドバランスのグラフを用意したことが簡単に確認できます。

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T20 アウトラインレビュー】インナーイヤー低域番長

QCY T20は典型的な「低域番長」です。ただしインナーイヤー型は低域量が装着感で変化しやすいため、低域量をコントロールすることは可能です。

【完全ワイヤレスイヤホン JVC HA-AE5T アウトラインレビュー】国産ブランドの矜持を見せる絶妙のチューニングと高品位な品質管理

JVC HA-AE5Tは非常にバランスの取れたサウンドシグネチャーを持っており、原音忠実性が高いフラットサウンドであり、かつニュートラルにも近い万人向けのサウンドを提供します。レンジも優れており、低域から超高域までバランスよく聞こえるだけでなく、BASS…

【モニターヘッドホン RØDE NTH-100 アウトラインレビュー】聞き疲れ感を徹底的に排除しているかまぼこモニター。それはたしかに歴史を変えた

RØDE NTH-100はハーマンターゲットカーブOEを中域寄りにしたようなサウンドシグネチャーを持っています。スピーカーのような前方定位感がある音場を形成します。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事