audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ

Shanling M8は、豊かで成熟したサウンドと、充実したトーンとダイナミズムを持つ、独自の個性を持った優れたDAPです。デュアルAK4499EQとオペアンプの組み合わせは、真っ黒な背景の中で素晴らしいバランスを持つ音楽的にプリミティブなサウンドを実現します。

【中華イヤホン Shuoer EJ09 アウトラインレビュー】情報量が多く、粒度も細かい、高ディテールかつ高精細なモニターサウンド。それは分析的に音楽を楽しみたい人にとって最高レベルの相棒になる

Shuoer EJ09は高精細、高レンジ、高情報量を併せ持つ現代的なモニターサウンドを持っています。Shuoerによる5基の静電型ドライバーの実装とクロスオーバーの処理はかなり丁寧に行われているようで、全体的に歪率を低い水準に抑えており、プロ用モニターとし…

【ハイレゾイヤホン newspring NSE1000-G アウトラインレビュー】詳細かつ鮮明で深みのある叙情に満ちたサウンドを実現するドンシャリイヤホン

「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「newspring NSE1000-G」です。

【ハイエンドイヤホン Campfire Audio ANDROMEDA 2020 レビュー】高域は歯切れ良く、輪郭をきれいに、硬めの明瞭感のある構築的な音楽を聴かせるディテールサウンドを持つ。またハキハキした元気の良い女声ボーカルはとても活き活きしている

Campfire Audio ANDROMEDA 2020は非常にディテール感に優れた輪郭のきれいな明瞭感のある少し硬質なサウンドを聴かせてくれます。女声ボーカルも活き活きと聞こえ、精彩のある音は実際以上に解像感が高く思えます。そのサウンドはやや平面的でレンジ感の点で…

【中華イヤホン qdc Dmagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。個人的には少し静寂感が足りない

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。そのサウンドとパッケージ/ビルドクオリティは充分価格に見合うものだと思われますが、音質は若干静寂感に欠け、演出感も強いように思えます。…

【ハイエンドヘッドホン SENNHEISER HD800S フラッシュレビュー】重厚さと広がりの良い音場を兼ね備える。正統派リッチサウンドを聞かせてくれるヘッドホンの王者

SENNHEISER HD800Sはリスニング向きのヘッドホンとしては理想形の一つであり、その評判に違わぬ名機です。その生み出す出力は適度に重厚で派手さと広い音場と静寂感も兼ね備えた、SENNHEISERらしい正統派のリッチサウンドで、アコースティックな曲を中心にど…

【ハイエンドイヤホン Campfire Audio ARA フラッシュレビュー】艶やかで鮮明かつディテールの高いサウンドを持ち、女声ボーカルが甘く嫋やかに美しく聞こえる。高域がチャラくて軽薄に聞こえるのが本当に玉に瑕

Campfire Audio ARAは中域に丁寧にフォーカスされるボーカルが美しいイヤホンです。それはパワフルなサウンドのイヤホンではありませんが、リファレンスサウンドと言うにふさわしいバランス感覚とディテールを持っています。印象的な歪みの少なさもハイエン…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー Astell&Kern KANN ALPHA インプレッションレビュー】それはFiiO M15を追い落とすことが出来るのか?

KANN ALPHAはKANN CUBEをより手軽に持ち運びたいというオーディオファンの夢を半ば実現しています。音質が少し変更されているのは残念ですが、機種の棲み分けという点でも全く同じものを作ってもしょうがないので、その点は批判するところではないかも知れま…

【ワイヤレスイヤホン beyerdynamic XELENTO Wireless フラッシュレビュー】歪みが少なく、開放的な音場で聴かせるハイエンドイヤホン。高域に少し癖を感じ、力感に不足が出やすいところと通信品質以外は欠点らしい欠点がない

beyerdynamic XELENTO Wirelessは歪みの少ないクリアで全音域のバランスが良いサウンドを持っている万能系のイヤホンです。そのサウンドはbeyerdynamicらしい、少し開放型ヘッドホンに寄せたような音作りで、力感より音場の開放感を重視しています。高域で少…

【ハイレゾ対応イヤホン newspring NSE1000-B レビュー未満】音はおそらく低域寄りのドンシャリ。しかし、左右差がひどすぎてレビューになりませんでした

newspring NSE1000-Bはおそらく低域がやや持ち上がった典型的なU字弱ドンシャリの音質を持っていると思われます。基本的なチューニング方向はNSE1000-Aとおそらくほとんど変わらず、高域を引っ込めてバランスを調整したように思われます。ブラスらしい全体的…

【ハイレゾ対応イヤホン newspring NSE1000-A フラッシュレビュー】すごく品が良く、高解像度で聴き疲れない、きれいな音がするドンシャリ。でもなんでかなぁ、この音、感動しないんだよね。個人的にはすぐ飽きました

典型的なV字ドンシャリを高解像度で聴きたいなら悪くない選択肢ですが、これに10万以上出す意味って何なんだろうかってイヤホンです。個人的にはこれでなくちゃ聞けない音って面白みがなく、没個性的な音で、チューニングの妙味みたいなものが全く感じられま…

【コラム】ドスパラのゲーミングノートPC「GALLERIA GR2060RGF-T」が魅力的すぎて思わず買ってしまいました

GALLERIA GR2060RGF-TはゲーミングノートPCとしては比較的軽量で持ち運びがなんとかでき、スペックに対してのコストパフォーマンスが優れており、価格帯の標準的なゲーミングスペックは十分に満たしているだけでなく、Ryzen第3世代のCPUを搭載したマルチスレ…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン qdc Dmagic:qdcのフラッグシップIEMはトリプルダイナミックドライバーを駆使するパフォーマー!!

オーディオファンの間ではお馴染みのブランドであるqdcですが、このたび最新のフラッグシップインイヤーモニター(IEM)であるqdc DMagic-Cをリリースしました。 qdcの新たなラインナップである「Dmagic Circle」シリーズに属しています。 このイヤホンは、q…

【HiFiGOレビュー】フラッグシップ中華IEM Kinera Baldr:そのサウンドはまさに神の似姿

今年はこれまでのところ、私たちオーディオファンにとって素晴らしい年になっています。多くの新製品が登場し、その中にはDunu Luna、Tri Starlight、Softears Turiiなどのフラグシップ・インイヤーモニター(IEM)もあります。 Kineraはこれまで断続的に、…

【ハイエンドヘッドホン GRADO GS2000e フラッシュレビュー】GS3000eの下位機種に当たりますが、おそらく多くの人にとって、ディテール感はより優れて聞こえる機種です

今回はGRADO GS2000eを取り上げます。GRADOは高い人気を誇るアメリカのヘッドホンメーカーです。GS3000eはそのGRADOのステートメントシリーズの最上位から2番目に当たり、同社のウッド製ヘッドホンのハイエンド機種に位置づけられています。

【ハイエンドヘッドホン ULTRASONE Edition 8 EX フラッシュレビュー】ウォームな低域の支えの中で、明瞭感のある甘くコケティッシュなツヤのあるサウンドを聞かせてくれる「歌うヘッドホン」

今回取り上げる機種はULTRASONE Edition 8 EXです。ULTRASONEは1990年12月に設立されたドイツのオーディオメーカーで、独自のS-Logicと呼ばれるサラウンドサウンドシュミレーションテクノロジーを使っているのが特徴です。直接音が耳に到達する従来のヘッド…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Softears Turii: 完璧なサウンド出力を持つ、渦を巻く永劫回帰と調和の物語

Softearsは、中国を拠点とするHi-Fiオーディオ機器製造ブランドです。このメーカーはクラス最高のフラッグシップレベルのインイヤーモニター(IEM)を製造しており、非常に高い評価を受けている2つのIEM、Softears RS10とSoftears Cerberusを成都ヘッドホン…

【HiFiGOアナウンス】SoftEars Turii シングルダイナミックドライバーイヤホンがリリースされます。$1399で4月27日から出荷されます

2017年に設立された中国のHifiブランドSoftEarsは、ハイエンドのイヤホンを専門としています。このブランドはSoftEars CERBERUSとSoftEars RS10の開発に2年をかけ、2019年に成都のヘッドホン展示会でそれらを直接$2000USDの価格帯で発売しました。 2019年上…

【HiFiGOレビュー】iBasso DX220:ポータブルプレーヤーレビュー!

iBassoは、デジタルオーディオプレーヤー、DAC、そして最近ではイヤホンでも知られ、長年にわたってその製品が市場に出回っています。 iBassoが新しいフラッグシップを半年または1年もリリースしていなければ、何も起こりませんでした。 DX200は依然として「…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン DUNU Luna:ベリリウムIEMがもたらす異次元の音楽体験!!

私たちは皆、DUNUを精巧なIEMを製造する中国ブランドとして理解しています。このブランドはオーディオファンコミュニティに向けて、素晴らしいIEMを製造してきました。DUNU DK-4001やDK-3001 Proは、この有名なマルチドライバーハイブリッドIEMの列に加わっ…

【コラム】ハイレゾデジタルオーディオプレーヤー Astell&kern SA700海外レビューまとめ

Astell&Kernがブランド7周年記念モデルとして発売したDAPがSA700です。正直言うと私はなんでこの価格帯に新しい機種出してくる必要あるのか、最初はAstell&Kernの意図というか戦略がよく分からなかったのですが、実際のところ、この機種の音は店頭で聴いてみ…

【6BAイヤホン EarSonics S-EM6 V2 ファーストインプレッション】甘いボーカルとスラッシュ感がありキレのある音の鳴る、明るい音場を持つフラットサウンド

非常にすっきりとした、しかし中域でも充分な実体感のある透明感と輪郭感に優れた音を鳴らしてくれるイヤホンです。空間は非常に風通しが良く、歪みが少なく澄んだ雰囲気があります。個人的にはアコースティックギターのサウンドが秀逸だと思っており、アル…

【HiFiGOレビュー】Lotoo PAW6000:クイックレビュー

Lotooの高い評価は、主にオーディオビジネスのプロフェッショナルレコーディングサイドで生まれてきたもので、堅実で評判の高いオーディオレコーダーによって獲得されてきました。 2014年に最初のPAW Goldが誕生したのもプロサイド製品としてでした。インデ…

【ニュース】FiiO M15国内発売がついに始まる!3月27日リリース決定!

今年のポータブルオーディオ業界において最大のニュースとされていたのが、ハイエンドポータブルオーディオプレーヤーFiiO M15の登場です。M11 Proは国内販売が非常に遅れたため、国内販売がいつになるのかについて大きな関心が寄せられていましたが、国内正…

【ハイエンドヘッドホン ULTRASONE Edition 8 EX ファーストインプレッション】明瞭感が高く、透明感のある、甘味と艶の感じられる非常に美しいメロディアスなサウンドを持つ

官能的で甘く、潤い感のある音が好きなら、このヘッドホンを見逃すのは勿体ないです。ポップス。ロック、ダンス、JAZZ。とにかく匂い立つ暁を覚えない春の夢のような心地で音楽を楽しみたいなら、このヘッドホンは最高のお供の一つです。夜明けを知らない、…

【フルバランスデジタルオーディオプレーヤー SOUNDAWARE M2Pro レビュー】音の透明度が高く、中域で奥行きがあり、つややかな音を鳴らす。電池持ちもそこそこ良く、駆動力も高め。おすすめ

音質はかなりナチュラルでしかも高解像度でおすすめでき、使い勝手もシンプルかつスペックは充分です。外観が選り好みされそうではありますが、ダサくはありません。 有線イヤホンやヘッドホンしかつながず、本体にたくさんの楽曲ファイルをそのまま入れて再…

【FiiO M15 vs Astell&Kern a&ultima SP2000 比較レビュー】真のハイエンドはどちら?

世界的DAPメーカーであるFiiOの最新DAP M15は旭化成のフラッグシップDACチップであるAK4499EQをデュアル搭載しています。業界最高水準のこのDACチップを2基も搭載しているDAPは地球上に2つしか存在しません。そう、FiiO M15と……Astell&KernのフラッグシップD…

【HiFiGO レビュー】LOTOO PAW 6000 vs PAW Gold Touch

オーディオファンの皆さんは、2018年にリリースされたLotoo PAW Gold Touchのことをよくご存知でしょう。そして、PAW Gold Touchが飛ぶように売れ続けているのは事実です。しかしですね……Lotooは同様のモデル、PAW 6000をリリースしました。PAW Gold Touchの…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 ファーストインプレッション】現状で最高のポータブルDAPと思える圧倒的機能性とハイエンドの音質

FiiO M15のファーストインプレッションはかなり驚くべきもので、10万円台の高パフォーマンス機と比べても同等か、より優れた音楽再生環境を提供してくれるはずです。アンプパワーは充分にパワフルで、音質もナチュラルかつ高解像度でバックグラウンドノイズ…

【HiFiGOレビュー】FiiO M15:フラッグシップの風格!

中国を拠点とするデジタルオーディオプレーヤーブランド FiiOは2019年12月28日にフラッグシップであるFiiO M15を発表し、2019年を大盛況の中で終えました。FiiO M15はFiiOのラインナップの中でフラッグシップと言われていますが、その音質が世界中で高く評価…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事