audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

audio-sound @ hatena Highly Recommended

【中華イヤホン BQEYZ Autumn アウトラインレビュー】解像度が高く、バランスの良いサウンド。高域がマイルドで刺さりを気にする人向き。3種類のチューニングフィルターで低域が調整できる。鮮明感が悪いのが欠点

BQEYZ Autumnはニュートラルを意識したマイルドなU字型といったサウンドになっています。中低域が盛り上がったリスニングライクな音になっており、原音忠実的なオーディオマニア向きとは言えませんが、ウォームなサウンドを好む人には悪くない選択肢でしょう…

【完全ワイヤレスイヤホン RHA TrueControl ANC アウトラインレビュー】ニュートラルに近い良好なサウンドバランスで明瞭な音を聞かせる。カスタムIEMのような良好な装着感、多機能なアプリ。わりとよくできた良機種

RHA TrueControl ANCのサウンドはマイルドなU字型をしており、かなりニュートラルに近いシグネチャーになっています。解像度も良好で、かなりオーディオマニア向きの調整になっており、この価格帯の完全ワイヤレスイヤホンの中ではかなり良好なチューニング…

【完全ワイヤレスイヤホン SuperEQ Q2 Pro アウトラインレビュー】ANC性能はかなり優秀。充実感があり、響きが強く、艶のあるサウンドが好きなら悪くないかもしれない

SuperEQ Q2 Proの中低域が強調されたマイルドV字型というようなサウンドをしています。ウォームで中域に濃厚感があり、充実感を重視するリスナーに好まれる可能性がありますが、空気感が悪く開放感がなく、解像度も低いのがネックです。低域もいまいち深さに…

【中華イヤホン TinHiFi P1 Plus アウトラインレビュー】解像度と空気感に優れ、強調されたステージングによる開放的な広い音場が魅力。エネルギッシュで楽しいが、金属的に聞こえやすいのが難点

TinHiFi P1 Plusは中域の広さを重視してチューニングされているようです。非常にステージングの良い開放的で広大な音場表現が魅力ですが、音は少し金属質に聞こえやすい傾向があります。

【ハイエンドイヤホン Symphonium Helios アウトラインレビュー】わずかに金属的に聞こえるが、鮮明感の高いほぼ完全なニュートラル系サウンド。優れた定位感と質感の再現度で圧倒する

Symphonium Heliosのサウンドは全体の原音忠実性が高く、ニュートラルに近いため、非常にバランスに優れています。個人的には少し低域が物足りないですが、モニター的で正確なサウンドを持っており、質感と定位感の両面の表現で優れているため、ニュートラル…

【中華イヤホン Moondrop KATO アウトラインレビュー】優れたバランス。くっきり解像度のモニター的なスチールフィルタと響きの穏やかなリスニングライクのブラスフィルタ。一粒で二度美味しい

Moondrop KATOはかなりニュートラルに近くチューニングされており、わずかに奥行き感が強調されています。左右の音が少し耳元を離れて前方に位置する、前方定位するモニタースピーカーを意識してチューニングされているようです。

【ハイエンドヘッドホン beyerdynamic T1 3rd Generation アウトラインレビュー】広い音場にゆったりした音楽を上品に聞かせるリスニングモデル

beyerdynamic T1 3rdは充実感の高い、中域充実型の高級感のあるサウンドを鳴らします。全体的に音場が広く感じられますが、中域は暗めで静寂感重視の味付けになっており、クランチ感やエッジ感に欠けるところがあるので、音楽の構築感で少し物足りない印象を…

【モニターヘッドホン OneOdio Monitor60 アウトラインレビュー】高い解像度でデッドなスタジオサウンドの雰囲気を忠実に再現。グルーヴが豊かで躍動的なサウンドが魅力

OneOdio Monitor60は全体のバランスは中域で凹んだニュートラルサウンドという形をしています。全体のバランスはよく調整されており、低域は浅いですが、高域はかなり高いところまで拡張されており、抜けが良く、鮮明感も高めです。何より中域から高域で解像…

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS H2 アウトラインレビュー】ニアフィールドモニタースピーカーにサブウーファーを足したようなサウンド。その意味で非常に良質なスタジオチューニングの機種だが、解像度で物足りない

SoundPEATS H2はかなり原音忠実的なサウンドを持っており、スタジオチューニングを意識した調整になっています。中域上部から中高域が強調されて聞こえ、明るく音楽を楽しむことができます。ボーカルも生き生きしてますね。この価格で手に入るイヤホンとして…

【開放型ヘッドホン Pioneer SE-MASTER1 アウトラインレビュー】日本の一流エンジニアと海外の一流スタジオディレクターによる夢のコラボ。それはモニタースピーカーの音をほぼ完全に再現する

Pioneer SE-MASTER1は拡散音場に基づいて非常に合理的かつ丁寧にチューニングされており、ほぼ完全にフラットなモニタースピーカーサウンドをリスナーの耳元から少し前方に形成します。Pioneer(ONKYO)はスタジオリファレンスとして使えるモニタースピーカ…

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T13 アウトラインレビュー】少しゆったりした音場で雄大に音楽を聞かせるメロウサウンド。カスタマイズ性も高く、長時間再生可能。優れた入門機種だが、通信品質だけ少し不安

低価格機種ですが、全体的に音場をゆったりと、楽器音が少し響いてまろやかに聞こえるように、うまく調整してあり、上品かつ雄大でありながら優美でもある絶妙なラインを攻めているリスニングサウンドです。構築感が足りないので、ソリッドなサウンドが好き…

【開放型ヘッドホン GRADO SR225X アウトラインレビュー】甘く切なく吐息が生々しく聞こえるエロティックなボーカルと色気のあるギターはお好きですか?

GRADO SR225Xは吐息が強調される最高にセクスィーなボーカルと甘くまろやかに聞こえるギターサウンドやピアノを愛するエロティックサウンド好きのための最高の選択肢の一つです。艶やかな中域を聞かせるためにGRADOは独特のステージ感の音場を作り出し、SR22…

【完全ワイヤレスイヤホン Tribit FlyBuds C2 アウトラインレビュー】鮮明感に優れ、クリスタルクリアな中域重視のモニターライクサウンド。低域はスカスカ

Tribit Flybuds C2はインナーイヤー型特有の低域に弱点を持っているものの、中域から高域にかけてかなりニュートラルに近いサウンドを実現しており、明るく鮮明なモニターライクなサウンドが期待できます。

【DAC/プリアンプ AIYIMA DAC-A6 レビュー】コンパクトでコスパの良いDACプリ。わずかでもより完璧な音質を求める場合はTopping D50sをどうぞ

人間の聴覚をほぼカバー(117/120)するダイナミックレンジを持っているAIYIMA DAC-A6は、家庭用のDAC/プリアンプを探しているユーザーにとって、最も最適な選択肢の一つです。

【完全ワイヤレスイヤホン XROUND FORGE NC アウトラインレビュー】ゆったりした空間に綺羅星のように輪郭を伴って鮮明に浮かび上がる楽器音。荘厳で雄大。良好な時間周波数応答による高解像で明瞭性の高いサウンドは価格を超越する

XROUND FORGE NCのサウンドは中域が少し引っ込むゆったりした音場感を持っており、音楽を雄大に聞かせます。音楽の雰囲気はやや暗く、全体的に落ち着き静かで、荘厳な印象で聞こえます。その表現は原音忠実的とは言えませんが、充実感があり、上品でシックで…

【中華イヤホン SonicMemory SM2 アウトラインレビュー】ややウォーム寄りのニュートラルチューニングで聞き心地は良いが、高域の抜けの悪さと中域の明瞭度の悪さが気になる

SonicMemory SM2は全体が非常にニュートラルに仕上げられており、サウンドバランスはかなり良好です。ただ私の個体はどうも左右差が少し大きいらしく、そこらへんが音質に影響している可能性があります。

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free Pro 2 アウトラインレビュー】華やかで色気のあるサウンドが好きならおすすめ。女声ボーカルが特に印象的に聞こえる。上質なビルドクオリティと良好な装着感も美点

EarFun Free Pro 2のサウンドは低域から中域までかなりニュートラルを意識した調整になっていますが、中域上部にやや強調があり、高域も少し強調されています。そのため全体としてはドンシャリ気味のサウンドになっており、中域はやや暗く聞こえる傾向にあり…

【中華イヤホン SeeAudio Bravery アウトラインレビュー】ボーカルフォーカスが良いが、中域が妙に暗く、地味。彩度に欠けるドライなサウンドだが、聞き心地は安定しており、モニターしやすい分離感があり、高域の解像感が高い。高域好きな人向き

SeeAudio Braveryのサウンドはかなりユニークで、中域のボーカルを穏やかに優しく前面方向に押し出しつつ、暗い印象で聞かせます。音楽は全体的に色味が薄く、密度感もややスカスカで、一般に低域から中域下部は明瞭度の点でもややぼんやりしがちです。全体…

【ハイエンドヘッドホン HiFiMAN Arya アウトラインレビュー】優れたニュートラル系サウンドでミキシングモニターとしても優秀

HiFiMAN Aryaは優れたニュートラルサウンドを持っており、低域はモニター的で十分な深さに到達していながら強調感なくレイヤリングがスムーズです。また、平面駆動型らしいインピーダンス特性の安定感があり、サウンドパフォーマンスの均質性に貢献していま…

【完全ワイヤレスイヤホン urbanista LISBON アウトラインレビュー】良好な装着感と長い音楽再生時間。ワークアウト用に向く。音質は充実感のある響きの豊かなサウンド

urbanista LISBONは長年SENNHEISERのサウンドチューニングに携わったことで有名なアクセル・グレル氏がチューニングを担当したと言いますが、サウンドシグネチャーはたしかにSENNHEISERが好みそうな充実感重視でステージングを強調するサウンドです。

【完全ワイヤレスイヤホン AceFast T2 アウトラインレビュー】中域がうるさいのが玉に瑕だが、比較的よく練られたボーカル重視のチューニング。ANC性能は現状価格帯最強

AceFast T2のサウンドは中域でやや硬く、ボーカルは吠えがちに聞こえやすい典型的なTinnyサウンドです。中域音がかなりくっきりして聞こえるので、印象的な解像度で最初は優れて思えるかもしれません。

【ハイエンドヘッドホン HiFiMAN HE-R10 Dynamic Version アウトラインレビュー】力感豊かで充実感に優れ、自然なアンビエンスの感じられる前方定位的なサウンドで、いつまでも聴いていられる

HiFiMAN HE-R10 Dynamic Versionは採点するとあまり良くありませんし、オーディオマニア的にもとくに優れているとは思えません。たとえばVictor JVC HA-MX100VやYAMAHA HPH-MT8のほうがオーディオマニア的観点で言えば、はるかに優れています。しかし、HiFiM…

【中華イヤホン ThieAudio Legacy 2 アウトラインレビュー】ボーカルが美しく映え、全体の鮮明感も高いニュートラルリスニングサウンド。中域の透明度が高い

ThieAudioの自信通り、Legacy 2は1万円ちょうど位の価格で最も競争力のあるIEMの一つであることは間違いありません。透明度が高く、鮮明で、見た目上の解像度も高いにも関わらず、実際にはそれはモニター的というよりリスニングライクです。

【完全ワイヤレスイヤホン QCY HT03 アウトラインレビュー】ANC性能は優秀。機能性も高く、使い勝手に優れる。低域強めのドンシャリサウンドが好きならおすすめ。コスパが高い

QCY HT03のサウンドは低域が強めのドンシャリサウンドです。低域はパワフルで楽しいですが、中域が遠く、少し窮屈に聞こえるかもしれません。中域から中高域までは原音忠実性も高く、構築感があるので音の骨組みが明確に聞こえます。また人によっては少し篭…

【中華イヤホン TRN VX Pro アウトラインレビュー】繊細でシルキーなシンバル表現、息遣いの強調されたエネルギッシュなボーカルが魅力的。TRNが生んだ爽快なダイナミックサウンド

TRN VX Proは比較的バランスの取れたV字型といったサウンドを持っています。中域は前傾的でボーカルを押し出しつつ、中域上部はやや暗く聞こえる調性になっています。歯擦音をうまく抑えながら息遣いやクラッシュ感が少し強調されるので、非常にエネルギッシ…

【中華イヤホン IKKO OH1S アウトラインレビュー】ディテールがはっきり聞こえるブライト系モニターサウンド。ただし歯擦音が強すぎて人を選ぶ

全体の原音忠実度が高く、聴感上のニュートラルに近いサウンドなので、モニター的と言えるサウンドですが、高域が強調されすぎており、歯擦音や刺さりがきついという固有の欠点があります。高域の聴覚が減衰している人には素晴らしいイヤホンに思えるかもし…

【中華イヤホンケーブル Tripowin Jelly レビュー】取り回しの良いイヤホンケーブル。基本的に音質変化を期待して買うものではない

Tripowinのイヤホンケーブル「Jelly」をレビューします。高音質のために銀メッキOCC+グラフェン銅ミックス線+OCCを組み合わせたケーブルらしいですね。

【ポータブルヘッドホンアンプ IKKO Zerda ITM01 レビュー】600Ωのバカ食いスタジオモニターヘッドホンですらぎりぎり鳴らせるパワフルドングル。「MOVIE」モードが楽しい

IKKO Zerda ITM01はこの手のドングルアンプの中では低価格でありながら、IKKOらしいビルドクオリティの高さと駆動力の高さが魅力です。大抵のヘッドホンであれば問題なく鳴らせ、コネクタもマグネット交換式ですぐに付け替えられるので外出先で駆動に困るこ…

【完全ワイヤレスイヤホン Sudio T2 アウトラインレビュー】カジュアルで生活に溶け込むようなデザイン。クリアでパリッとしたクリスプサウンドでスピード感のある音。ANC性能は強力とは言い難い

Sudio T2のサウンドは全体が聴感上のニュートラルに近く、自然に近い質感と繋がりのよい中域、自然な定位感、比較的高い録音忠実性を提供します。全体は広めのU字型構造になっていることから、中域は少し薄く聞こえやすいため、充実感に欠け、アコースティッ…

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier NeoBuds Pro アウトラインレビュー】高音質コーデックに対応する高機能完全ワイヤレスイヤホン。ANC品質も高い。音質バランスも良好だが、金属質に聞こえやすく、歯擦音は少し強い

Edfier NeoBuds Proはイコライザーによって2種類のサウンドを提供します。クラシックモードはよりフラットで中域寄りに聞こえるかまぼこサウンドを、ダイナミックモードはより聴覚上のニュートラルに近いサウンドを提供します。当ブログではダイナミックモー…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事