audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】カスタム平面駆動型+PZTドライバー。これまでにないコンセプトの中華イヤホン「RAPTGO HOOK-X」の海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon icon icon
icon

RAPTGO HOOK-X

RAPTGO HOOK-X

 

 平面駆動とセラミックドライバーのかなり珍しい組み合わせで大注目の中華イヤホン「RAPTGO HOOK-X」の海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

RAPTGO HOOK-Xの特徴

  • APTGO カスタマイズ両面9層PTZドライバ
  • フルオープン音響設計、より良い聴感と装着感
  • 究極のクラフトマンシップを示す精緻な細工
  • プラグ配線を交換することで、干渉を低減することが可能

 

RAPTGO HOOK-Xの技術仕様

  • ドライバー:14.2mm平面駆動+ダブルフェイス9層PZT駆動
  • 装着タイプ:インナーイヤー
  • 感度(1KHz):>105dB SPL/mW
  • 周波数帯域:≤20Hz- 40KHz
  • インピーダンス(1KHz):15Ω
  • コネクタ:0.78mm 2pin
  • 終端プラグ:2.5mm/3 5mm/4.4mm
  • イヤホンケーブルの長さ:1.25m
  • パッケージ内容
    • RAPTGO HOOK.Xイヤホン*1
    • 0.78 2pin OCC銀メッキ同軸シールド線+2.5mm/3.5mm/4.4mmプラグ
    • イヤホン用バッグ*1
    • ヘッドホン用シリコンスリーブ(イヤーピース)*3 (S M L)
    • 保証書および取扱説明書*1

 

RAPTGO HOOK-X

 

カスタム平面駆動型+PZTドライバー、新発想の新しい試み

 HOOK-Xは、全周波数帯域で優れた音響性能を持つ14.2mmの大型Planarドライブを採用しています。カスタマイズされたPTZドライバーは、フルレンジサウンドの補正と骨伝導の高エネルギー振動を同時に考慮することができます。このドライバーのコンボという新しい試みにより、HOOK-Xは壮大な音場と臨場感を実現しています。その優れた特性により、20Hz〜40KHzの周波数特性を容易に実現することができます。

 

RAPTGO HOOK-X

 

RAPTGO カスタマイズ両面9層PZTドライバー

 RAPTGOは、軍に供給実績を持つPZTドライバーサプライヤーと共同で、HOOK-X PZT全周波数補償を開発しました。PZTセラミックの駆動をより良い状態に最適化するために音響衝撃のシミュレーション実験を重ね、全周波数の音を補正することができるようになりました。PZTセラミック駆動は振動応答性にも優れていますが、音と振動の二重の補償を通じて、イヤホンの全周波数帯域が優れ、音場が大幅に改善されます。

 

RAPTGO HOOK-X

 

フルオープン音響設計、より良い聴感と装着感

 HOOK-Xは、イヤホンのバックキャビティにフルオープン音響設計を採用し、オープン型ヘッドホンと同様の優れた通気性を実現すると同時に、イヤホンの耳への圧迫感を軽減し、聴き疲れを軽減することが可能です。

 

RAPTGO HOOK-X

 

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 HOOK-Xは、興味深いパッケージです。競合製品より少し高いだけで、市場には珍しいセミオープン型インイヤーの1つです。最初は嫌いだったのですが、聴き込むうちに「ハマった」と言えるほど面白いサウンド・シグネチャーを持っています。

 

 クリアで鮮明で前に出るような、スピード感のある高解像な音や表現を求めている方には向かないでしょう。もっと控えめで、こぢんまりとした、耳に優しいアナログ感のある音を求めていて、きれいでクリアな中音域を犠牲にしてもいいのなら、これは全く悪い選択ではありません。通常、このような「アナログ」タイプの音は、(Vision EarsやSonyのギアを除いて)ひどいチューニングになってしまうのですが、この製品は、時間をかけて私を引き込み、通常のリスニングパターンの良い代替品として楽しませてくれる、驚くほど良い仕事をしています。

 

長所:

  • 暖かく心地よいアナログサウンド
  • スワップ可能なコネクター(全て付属)
  • オープンバックのシェルデザイン
  • 平均以上の音場とイメージング
  • 非常に快適なデザイン

 

短所:

  • 中音域のディテールと解像度に欠ける
  • 遮音性に欠ける(気になる方のみ)
  • ケーブルが絡まりやすい

 

https://www.audiodiscourse.com/2022/04/raptgo-hook-x-review.html

 

www.youtube.com

 

 Raptgo Hook-Xのクオリティの高さに驚かされたのは言うまでもありません。そのサウンドは、広々としたサウンドステージ、深み、そして様々な周波数帯域での豊かなレスポンスなど、私にとってかなりの中毒性があります。239ドルという価格をはるかに超えるパフォーマンスで、現在入手可能な最高のオープンバックIEMとしての価値を即座に示してくれます。この製品に惚れ込まない人はいないでしょう、私がそうであったように。

 

https://majorhifi.com/raptgo-hook-x-review/

 

www.youtube.com

 

 まず最初に......この音こそが、私がこの価格帯を好きな理由なのです。なぜかというと、たまに石油を掘り当てたり、金を見つけたり、四つ葉のクローバーにつまずいたりすることがあるからです。

 

 どんな価格帯でも、このレベルの再生能力には本当に感心します。何度でも言いますが、この音はどんな価格でも特別なんです。では、なぜまた、この価格帯が好きなのか?それは、1000ドルを払えば良い音を手にすることができるからです。誰でもというわけではありませんが、高価な買い物をすれば、それなりの成果が得られる可能性は高くなります。

 

 謎は......混乱は......これが239ドルだというマジックからきているのです! たしかに239ドルは安くはありません。239ドルという価格は、特に音が気に入らなければ、大金です!しかし、もしあなたがHOOK-Xが実現していることに本当に感動するならば(そして、あなたはそうなるでしょう)、それは賢明なお金の使い方だと思います。

 

 私がIEMに夢中なのをご存じでしたら、もしかしたら私があらゆる種類のシグネチャーが好きだと思うかもしれません。でも、HOOK-Xは本当に唯一無二の存在です。ユニークで、ちょっと変わっていて、でも一番好きな方法で変わっています。彼らは特別なソースを積み重ね、それを巧みに調合しているのです。

 

長所:

  • 新しいドライバー技術による新しい音の可能性
  • 骨伝導
  • ピエゾテクノロジー
  • 平面技術
  • フルオープンバック技術
  • 未来を感じさせる

 

短所:

  • 録音の悪い音楽には何も加えず、ありのままを再生する。

 

https://www.head-fi.org/showcase/raptgo-hook-x.25798/review/28375/

 

www.youtube.com

 

 

レビュー記事

www.audio-sound-premium.com

 

まとめ

 Antdroidの測定値を見る限り、たしかにRaptgo Hook-Xの周波数特性は興味深い形をしています。高域の伸びは悪くなさそうですから、そうですね、See Audio BraveryとかTin HiFi P1 Plusのような音が好きなら気に入るかもしれません。

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

 

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事