audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【ワイヤレスイヤホン Picun S9 レビュー】やや低域薄味のフラットサウンド。音質はチップの影響を受けやすいのか、DAPによって音質がだいぶ変わりやすい。連続再生時間は優秀

Picun S9

Picun S9

【Bluetooth 5.0 & 20時間連続再生】Bluetooth イヤホン 2019進化版 ネックバンド型 高音質 Bluetooth イヤフォン マグネット搭載 IPX5防水 スポーツ用 ワイヤレス イヤホン マイク内蔵 クリアなハンズフリー通話可能(ピンクゴールド)

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感は良好」

おすすめ度*1

Picun S9

ASIN

B07RZ6MXP9

 装着感は悪くない。遮音性も悪くなく、軽量で重い感じもない。女性でも使いやすそう。音漏れは少し。

 

 

 通信コーデックはおそらくSBCのみ対応。遅延や途絶はなく、比較的良好。ただし後述する相性問題がある。

 

【2】外観・インターフェース・付属品「連続再生時間長め」

 付属品は充電用USBケーブル、説明書。説明書には機種名が「S10」と誤植されているところがあり、ややわかりにくい。

 

 連続再生時間は最大20時間。これはかなり優秀な数値。

 

 防水性能はIPX5。雨の中でも使える。IPX5は水没には対応しないので完全ワイヤレスイヤホンだと雨の中で使うのは不安だが、ネックバンド式なら落とすことはほとんどないので普通は大丈夫。

 

Picun S9Picun S9

【3】音質「通信相性や音質相性がわかりでやすく出やすい。やや低域薄めのフラットサウンド」

 ぶっちゃけこの機種には困った。例の如くONKYO GRANBEATとは相性最悪で高域が大幅にカットされてまともな音が出ないし、a&norma SR15で聞くとドかまぼこになって音楽性が感じられず、面白味がない。SR15はたしかに中域を丁寧に聴かせるところがあり、以前ウルトラフラットなBang&Olufsen E8 2.0と繋いだときも薄味に感じたが、同じようにこのイヤホンは低域が少し引っ込んだ形のフラットサウンド感があるので、手応えがある中域にフォーカスしすぎてしまうようだ。そのため基本的に心地よく音楽を聴けると思えるのが少しドンシャリ系のSONY製DAPのみである。

 したがって以下の音質レビューも基本的にSONY NW-A55を用いているのだが、おそらくこのイヤホンは接続機器によって特に高域の印象が大きく変わりやすいと思われる。実際シンバルの存在感はDAPによって大きく異なり、SONY系DAP以外では存在感が非常に薄くなり、手かがりが薄い。

 

[高音]:中域よりは少し引っ込む印象。NW-A55で聴くと高域は充分な手がかりがあり、光沢感と空気感は悪くなく、明るさも充分にある。伸びはそれほどでもないが、シンバルのシャリシャリ感もほどよい。SR15では音場も広くなるせいか、とくにシンバルの音は繊細で細かくなり、硬めの金属的な感触が抜け落ちて感じられる。それに比例してボーカルも少し暗い。どっちが本来のPicun S9の音に近いかは正直わからん。おそらく高域は特に接続相手の音質表現に引きずられやすいというのが正解(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、菅野よう子「Power Of the Light」でテスト)

[中音]:中域は厚みも一定程度あるが、清潔感も充分にあり、ボーカルは分離が良い。ボーカルはふっくらしないし、音が盛り上がってくる感じもないので、中域強調というわけでもないだろうが、全体として見ると一番目立つかも知れない。音味はニュートラル。

[低音]:低域振動の確認のメインで使っているGRANBEATと相性が良くない機種でボツボツノイズが入るので、重低域振動の詳細な官能性への言及は信頼性が低いのでできない。その低域だが比較的角がわかりやすいのでディテールは悪くない気もするが、厚みが少なめで軽く、重低音の利きはよくないのでやや薄っぺらい(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:解像度は価格帯ではとくに高い感じはなく、音はフラットに満遍なく出ている印象。低域だけどちらかといえば、やや薄味。ボーカルは若干近め(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムはやや中身が希薄な鼓面のパリパリ感が出やすい音。地熱感に欠ける軽めのパツンパツンサウンド。シンバルは手がかりが少なく、NW-A55で聞くとき以外はやや薄味に聞こえやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは少し前に出ている程度で楽器との距離感は即かず離れず。声色はニュートラルでそれほど膨らむ感じもなく、細い感じもなく、明るさも普通。暗い印象はないが、とくに煌めく感じもない。

 

【4】官能性「明るめのフラットサウンド。中域のした方から低域にかけて手がかりが少ない」

fhána「虹を編めたら」

 相手のDAPによる高域の違いはこの曲で説明すると分かりやすいかも知れない。この曲は比較的高域方向が稠密で、とくにシンバルの音に注目すると、シャンシャンという空気感を出す音とチリチリカンカンという金属光沢感の強い音の成分が感じられるはず。個人的にはこの部分で最も違いが分かりやすい。

 で、これがONKYO GRANBEATだとそもそも色が曇って鈍い感じに聞こえて明るさが全くない。a&norma SR15はシャンシャンが優位でカンカンが聞こえてこない。NW-A55だとカンカンの手がかりが聞こえて、硬質感が出る。このカンカン音はNW-A27だとよりはっきりする。SONYは金属音にこだわりがあるのか、比較的高域で手がかりを作るのを好む傾向があり、このイヤホンだとそれがよく感じられる。

 そのため高域の手がかりが少ないSR15ではかまぼこ寄りの音に聞こえやすく、手がかりが多いNW-A55は相対的に明るく、シャリ感が出る。DAPの細かな音質の違いはイヤホンによってほとんど気にならないことも多いが、この機種はかなり影響が大きい。ちなみにどうでもいいが、ONKYO GRANBEATにつないでこのイヤホンでこの曲を聴くと、ボーカルが妙に太く、ドリカムの吉田美和そっくりに聞こえる。ある意味新鮮。

 以後、官能性についてはこのイヤホンに個人的に最適と思うNW-A55を用いる。

 


TVアニメ『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』OP主題歌「虹を編めたら」

 

(K)NoW_NAME「Starlight」

 この曲は比較的臭みもなく、きれいに聴けるかな。手がかりの数は適切か、せいぜいちょい少なめくらいに思うし、ピアノもちょっと明るめだけど、適切な濃さがあると思う。ボーカルは明るすぎず暗すぎず。実際のところ低域方向の厚みが足りないから、若干盛り上がりに欠ける気はするけど、一方で透明感はそれなりにあって、しかも透けすぎないくらいの丸みがあるから、まあ悪くないほう。

 


TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」CD-BOX 2 『Grimgar, Ashes and Illusions “ENCORE"』

 

鹿乃「Linhara Girl」

  シンバルはほどよくチクチクしながらもそれほど硬さを強調しないし、中域の清潔感と温もり感のバランスも良いから、比較的見通しよく聴ける。聞き疲れる感じもないが、マイルドすぎもしないニュートラルで、金物の尖りなんかはそれなりに聴かせつつ、全体的にはすらっとほどほどの太さの音で聴かせる。まあ典型的なフラットサウンド。低域は厚みが足りないので、この曲の場合、低域をもうちょっと膨張させて温もり感はもうちょっとほしいって人はいそう。

 


鹿乃/アルストロメリア<初回生産限定盤>

 

安月名莉子「君にふれて」

 アコースティックギターはかなり鮮明だが、中域にそれほどふっくら感はないので、黄金色に温かみを感じさせることはなく、あくまで冷たい銀色系の音。シンバルも粒が細かくボーカルも鮮明なので、若干透明度を強調した味わいが中心になるため、この曲を聴く限りかなりクリアな印象がある。ただ低域に膨らみがなく、ベースの効きも緩く、豊かさには欠ける。

 


TVアニメ「 やがて君になる 」オープニングテーマ「 君にふれて 」

 

【5】総評「個人的な感想を言えば、ちょっとおすすめしづらい」

 正直、接続する機器によって音質の印象がだいぶ変わるので、安定感がないからおすすめしづらい。比較的最高に近い条件の環境を揃えても、価格相応くらいのちょっと軽めのフラットサウンドっていう感じなので、直近に紹介した同価格帯の機種なら、個人的にはこれよりはHOKONUI H5とかQianToo QTOO-BX01のほうがまだよいような気がする。もちろん好みはあるから、最終的にはわかんないけど。

 

Picun S9

Picun S9

【Bluetooth 5.0 & 20時間連続再生】Bluetooth イヤホン 2019進化版 ネックバンド型 高音質 Bluetooth イヤフォン マグネット搭載 IPX5防水 スポーツ用 ワイヤレス イヤホン マイク内蔵 クリアなハンズフリー通話可能(ピンクゴールド)

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。