audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】FiiO FA7Sの海外レビューまとめ

ヘッドライン

FiiO FA7S

FiiO FA7S

 

 FiiOの新作フラッグシップIEM「FiiO FA7S」の海外レビューをまとめて紹介します。日本では1/21発売が決定され、国内販売価格は44,550円程度を見込んでいるとのことです。

www.ear-phone-review.com

 

FiiO FA7Sの特徴

  • 高性能なKnowles BAドライバー
  • 精密な3ウェイ周波数クロスオーバー
  • 高級感のある316Lステンレス製イヤーキャビティ
  • 第3世代のインダストリアル・グレード・デザイン
  • 高純度銀メッキ単結晶銅ケーブル
  • しっかり接続できる角度付きMMCXコネクター
  • ツイストロック式の交換可能な終端プラグを採用
  • ハイレゾ音源対応

 

FiiO FA7Sの技術仕様

  • インピーダンス:18Ω
  • 感度:111dB/mW
  • 周波数応答範囲:10Hz〜40kHz
  • 重さ:約8.4グラム
  • 価格帯:30000円~50000円

 

6台のBAドライバーを搭載した爆発的なパフォーマンス

 FiiOは、最新のFA7Sに高性能バランスド・アーマチュア・ドライバー・ユニットを6個搭載しました。FA7Sの心臓部と核となるドライバーには、高品質のKnowles社製BAドライバーを採用しています。Knowles社のHODVTEC-31618 Bassセットを採用しており、非常に強固な低音域レスポンスと良好な伸びを実現しています。高音域には、Knowles社の高音域用ドライバーセットRAD-33518*2を採用し、滑らかできめ細やかな音を実現しています。中音域には、FA7S専用に開発されたノウルズ社製ドライバーセットを採用し、ユニット全体として高品質なパフォーマンスを実現しています。

 

FiiO FA7S

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 FiiO FA7Sは繊細な音を出すため、注意と発見が必要ですが、一度正しいヒントを見つけると、ソフトマナーで非常に明快なキャラクターを探している人を喜ばせる、暖かくバランスのとれたサウンドシグネチャーで報われるでしょう。

 

 しかし、ソフトロック、ジャズ、アコースティックアンサンブル、ボーカルが多い音楽はFH7が最適で、一般的に中域の解像度と透明度が必要な音楽です。

 

 FiiO FA7Sは、ソフトなキャラクターと温かみのある低音、ニュアンスとディテールを表現する能力を備えた中音域を求めるなら、良い買い物と言えるのではないでしょうか。

 

https://headfonics.com/fiio-fa7s-review/

 

 FiiO FA7Sで再び、ブランドは偉大な努力を達成し、約束したことを保守的な価格で正確に実現しました。

 

 FiiO FA7Sは、従来のFA7から外観、内部ともにアップグレードされ、外観だけでなくサウンドも向上しています。新しいセットアップは意図したとおりに機能し、どんなジャンルやソースにも合う、正確でバランスのとれたサウンドシグネチャーを提供します。サウンドステージは素晴らしく、中音域は素晴らしく、そのすべてが316Lステンレススチール製のシェルにきちんと収まっています。この価格帯では最高の選択肢の1つです。

 

 全体として、私の唯一の不満は、平均以下のアイソレーションですが、それを除けば、このIEMについて悪いことは書けません。そうです、FiiOはまたもや成功しました。

 

https://www.headfonia.com/fiio-fa7s-review/

 

www.youtube.com

 

 全体的に、FiioはFA7sで本当に良い仕事をした、それは完璧なインイヤーではないものの、付属の大規模な範囲のイヤーチップ、ファンシーケーブル、ハード防水ケース、まともなハードウェア仕様ともちろんまともなオーディオプレゼンテーションとFiiO FA7sはこの価格帯に多くの恩恵をもたらします。

 

https://audiomonsta.com/fiio-fa7s-solid-inside-out/

 

 FiiOはこの製品で傑出した仕事をしました。FA7sは素晴らしいハイレベルなオールBA製品で、そのサウンドを実現するために優れたBAを使用しています。私が考える限り、より自然なサウンドで、優れたバランスの汎用性のあるチューニングのオールBA設計の1つです。

 

 私はこれまで、中音と高音にBAを使用したハイブリッド設計を数多く聴いてきましたが、使用されているBAドライバーの品質が原因で、特にその音色のキャラクターが不足しているように感じられました。

 

 FA7では、そのような問題はありません。非常に自然なフルボディのトーンキャラクターから、音に高さと深みを持たせてステージをうまくイメージさせるなど、その技術的な素晴らしさが表れています。この価格で、6BA設計の優れたイヤホンの1つを見ているようなものです。

 

 最近、FiiOからプレミアムイヤホンのリリースが相次いでいますが、このモデルはその中でも「赤毛の継子(無視され冷遇されている存在)」といえるかもしれません。ハイブリッドやダイナミック型に目が行きがちですが、これは見落とされているかもしれません。音質と仕上がりは、この価格で明確なバリューステートメントで締めくくられています。

 

 物理的な低音の不足は、高音と中音がいかに洗練されたサウンドであるかで簡単に補うことができます。もちろん、金属を遮断するイヤホンとして最高の製品であることは言うまでもありません。

 

 Fiioは、またしても魅力的な製品を世に送り出してくれました。いつもながら、お読みいただきありがとうございました。

 

長所:

  • ステンレススチール製のオールメタルハウジングに6個のハイエンドKnowles BAを搭載しています。
  • FDシリーズのシェルを使用しているのは、実は良いことです。
  • コンパクトで人間工学に基づいたデザイン。
  • 標準的な樹脂製デザインに比べ、オールメタル製が際立っています。
  • オールメタルで通気孔がないため、より高いレベルのパッシブアイソレーションが得られます。
  • 8芯のLC-RC単結晶銅メッキケーブルが付属。モジュラー方式であらゆる終端処理が可能
  • 4種類のチップセット、mmcxツール、ウォータープルーフキャリーケースHB1が付属しています。
  • 能率が良いですが、ヒスりやすい音ではありません。
  • 音は非常にバランスが良く、これまでで最もニュートラルにチューニングされたFiioのイヤホンです。
  • ソリッドなBAの低音と高度に洗練された中音域と高音域。

短所:

  • 適度な低音強調。低音マニア向けには作られていない。今回チューニングノズルがない。

 

https://www.head-fi.org/showcase/fiio-fa7s.25563/review/27327/

 

 

まとめ

 たぶんFiiOの最近の製品の中で、最も注目されていない機種がFiiO FA7Sです。全体的な出来が悪いというわけではなさそうですが、FiiO FA9という面白い機種がすぐ上にいるため、これを買うよりお金をためてFA9買ったほうが良さそうという印象があり、いまいちオーディオファンの心をくすぐることに成功していないようです。国内価格もFA9と1万円程度の差と、あまり変わらないように見えやすいのも難点ですね。

www.ear-phone-review.com

 

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事