audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】FiiO FH9の海外レビューまとめ

ヘッドライン

FiiO FH9

FiiO FH9

 

 FiiOの新作フラッグシップIEM「FiiO FH9」の海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

FiiO FH9の特徴

  • 片側7ドライバーのハイブリッド構成
  • 第2世代DLC振動板を採用した自社開発の13.6mmダイナミックドライバー
  • Knowles社製バランスド・アーマチュア・ドライバー6基
  • 交換可能なチューニングフィルター
  • セミオープン型の音響設計
  • ステンレス製アングルドMMCXコネクター
  • 高純度の純銀製ケーブル
  • 交換可能なターミネーションプラグ
  • 豊富なアクセサリーコレクション

 

FiiO FH9の技術仕様

  • インピーダンス:18Ω@1kHz
  • 感度:108dB
  • 周波数特性 10Hz〜40kHz
  • 最大入力電力:100mW
  • 本体重量:12.8g
  • ケーブル長:約120cm
  • 価格帯:50000円~100000円

 

FiiO FH9

 

評価の高いFHシリーズの最高峰

 FiiO FHシリーズは、DD(ダイナミック)ドライバーとBA(バランスド・アーマチュア)ドライバーを搭載したハイブリッド設計のIEMです。最新のFHシリーズでは、自社開発の13.6mmDLC振動板を採用したDDを1基搭載して低域を、Knowles社製のBAドライバーを6基搭載して中域と高域を担当させています。

 

FiiO FH9

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 FiiO FH9は、私がレビューしたFiiO IEMの中で最も優れた音響性能を持っています。これはFiiOチームの努力と野心の証です。彼らの長年の進歩を直接見てきた者として、その努力と技術を高く評価しています。ここで唯一足りないのは、ミドルレンジのノートサイズです。それ以外は、高性能なIEMだと思います。

 

 FH9には、トレブルフィルターとスピンフィットチップを使用することをお勧めします。バランスと低音の質感だけでなく、優れた解像度と透明性を備えた、広々とした高解像度のプレゼンテーションが可能になります。FiiOはトレブルフィルターを付けたままIEMを発売しても良かったのではと思います。私としては、これが今年最後のオススメです。FiiOさん、お疲れ様でした。

 

https://www.headfonia.com/review-fiio-fh9/

 

FiiO FH9

 

 このレビューは噴飯物です。わかります。今年、私は幸運にも様々なヘッドホンをレビューすることができましたが、FH9はMangird Xenns Upのような優れたセット(これは今でも大好きです)をも凌ぐ、私の一番のお気に入りです。オーディオは非常に個人的なもので、音楽ライブラリによって異なりますが、私にとっては、このイヤホンはシンプルに傑出しています。FiiOはFH5SとFD5で受けたフィードバックをすべてFH9に反映させました。この価格で、このイヤホンは素晴らしい選択肢であり、FiiOのデザインに対する飽くなき野心の勝利と言えるでしょう。

 

長所:

  • 美しいバランスのとれた音質
  • 優れた製造品質(チタン製シェル)
  • プラグを交換できる優れたケーブル
  • 前モデルで懸念された点をほぼすべて解決

短所:

  • 音場は良いが、素晴らしいとは言えない

 

https://www.mmorpg.com/hardware-reviews/golden-ears-fiio-fh9-review-with-the-fiio-x-jade-audio-ka3-2000123901

 

FiiO FH9

 

 FiiO FH9は、巨大で大胆、かつ広々としたサウンドシグネチャーを持つ素晴らしいサウンドのiemです。


 FiiO FH9は、その巨大で大胆、かつ広々としたサウンドを特徴とする素晴らしいIEMです。

 

 このイヤホンは、フラッグシップクラスの技術的なパフォーマンスを犠牲にすることなく、楽しい、全くエキサイティングなイヤホンです。

 

長所:

  • 本物の低音の伸びと爆発的なダイナミクスを持つ、大きく大胆なサウンド
  • 楽しい、エキサイティング
  • クリアで明瞭な中音域
  • スムーズで伸びやかな高音
  • 詳細かつクリア
  • フラッグシップレベルの技術力
  • 開放的で広々とした音場と正確なイメージング
  • 優れた製造品質
  • 名作ケーブル
  • 充実したアクセサリーパック
  • 大きさの割に、かなり快適

短所:

  • 低域が支配的すぎる
  • 中低音の透明感と重厚感に欠ける
  • 音楽的というより、やや技術的
  • かなりかさばる、重い
  • パッシブノイズアイソレーションは中程度

 

https://www.head-fi.org/showcase/fiio-fh9.25603/review/27536/

 

FiiO FH9

 

 イヤホンでのプレゼンテーションで、クラブのような体験をしたいですか?FH9は多彩なサウンドを備えていますが、ひとつだけ一貫していることがあります。それは、大胆なフルボディとバランスのとれたサウンド、そして、大きく、存在感のあるサウンドです。もちろん、正確さ、ディテール、イメージング、音色に優れた製品は他にもありますが、それを実現するためには、もっととんでもない出費を覚悟しなければなりません。

 

 FH9は、魂を揺さぶり、血液を循環させ、鼓動を高揚させ、お気に入りの音楽を没入して聴くために耳に入れるタイプのイヤホンです。分析的なリスニングには向いていませんが、ディスコテックが耳に入れば、分析などお構いなしです。EDMやベースのジャンルでは、間違いなく私のお気に入りの一つです。FH9は、背徳を感じるIEMの1つです。このタイプのイヤホンについてはご存知でしょう。イヤホンの世界では、何が正しくて何が正確な音なのかにとらわれすぎています。時には、自分の音楽に没頭するために必要なのは、耳で聴く大胆な5.1chのようなものです。FH9はそれを見事に実現しています。

 

長所:

  • 非常に素晴らしいプレミアムパッケージで、この業界で最高のアクセサリーのいくつか
  • プレミアムな純銀製の太いモジュラーケーブルは、あなたのソースに必要なあらゆるタイプの終端を備えています
  • チタン合金のCNC精密加工されたシェルは、長持ちします
  • ドライバが呼吸できるようなオープンデザイン
  • フラッグシップはニュートラルである必要はありません
  • FH9は、ベースヘッド愛好家を満足させる低音と大胆なサウンドシグネチャーを持っています
  • FH9は、付属のチューニングキャップで簡単に3種類のサウンドを楽しむことができます
  • 広大な音場
  • 特に低音重視のジャンルで聴くのに最適なイヤホン

短所:

  • 背面のグリルが開いているため、パッシブアイソレーションにやや難がある
  • チューニングキャップが小さく、ノズル径の先端の太さが細い
  • ソーセージのように太い指には向かないかもしれない
  • この価格のイヤホンとしては、最も正確で、最も良い音質ではありません
  • 着色されたサウンドシグネチャーは、いくつかの色付けを好むかどうかに依存します。

 

https://www.head-fi.org/showcase/fiio-fh9.25603/review/27492/

 

 

まとめ

 レビューを読む限り、FiiO FH9はわりと楽しみがいのあるイヤホンのようです。FiiO自身は周波数特性のバランスの良さ、マルチドライバーハイブリッドにも関わらず、インピーダンス特性の一貫性の良さを兼ね備えていることをアピールしています。

 

FiiO FH9

 

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事